キルホーマン・ロッホゴルム・2019

画像
アイラ島の蒸留所のキルホーマン。ピートが高めのガツンと来る系のモルトをこさえておられます。
そんなキルホーマンのピートたっぷりな所を、シェリー樽100%で熟成させた限定品がこちら。毎年一回限りのリリースで、12年以上の熟成期間のも含めた五つのビンテージをバッテッド。15000ほど作った内、日本に出荷された840本の内、…の一本でございます~。
香りがピートでフルーティ。濃い匂いが両方来まして、それ程強くはないんですけどよく馴染んだ感じです。お味の程はと申しますと、濃いねピートが!そしてフルーティでスイートなお味も濃くて!両方が濃厚に良く混ざった感じ。いやいや、混ざったと言うよかもっとこう、やっぱり馴染んだって感じがいたしますのでございますよお父さま!そして後味が…なんと申しますかこう、昔どっかで食べた駄菓子のニュアンス!それが何か分からんのですけど、懐かしくて美味しいいい~。

"キルホーマン・ロッホゴルム・2019" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。