NHK大河ドラマ「いだてん」第21回「櫻の園」

チェーホフの四大戯曲…いやいや、これからいだてんの舞台は女子高になる噂からして、吉田秋生様の方の櫻の園でしょうなああ~。
んで、おなごの王に俺はなる…じゃなかった!おなごの体育ば俺はやる!予告編で堂々と宣言してましたねえ、四三先生!いろいろ障害だらけになりそうだけど、大丈夫何とかなるって!ニューヘアスタイルだって見慣れれば慣れるって

大正9年、アントワープの敗北の後ヨーロッパを放浪の四三君。ストレイシープだね。そんな所に槍が!先週の振り返りから、元気よく走り回る女子選手へ、赤ちゃん抱えてサッカーかい?
なんだか元気を取り戻した四三君。選手の写真ばとり始めたです。スクールでスポーツやってるらしいで。マラソンランナーでオリンピック選手と聞いて、四三君大人気よ。16位と言ったところが、16歳と思われてる?にしても海外ロケらしき映像が綺麗な事綺麗な事~。
自分の夫はベルリン五輪を目指してた。でも徴兵されて戦死。彼の形見がこの槍です!さっきの槍投げの方にそんな過去が。槍でも投げなきゃやってられない!くそったれ~、とドイツ語で叫んで投げてますで。
 誘われて四三君も槍投げ!嬉しそうに~。楽しそうに~。悲しみを乗り越えて、運動って楽しいなああ!ぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱ~~んっ!

 帰国した四三君、ミルクホールでシマさんに見せるフォトグラフ。さっきのベルリンでのスナップですな。溌剌とスポーツに励んでいる女子選手。敗戦国のドイツだって、この元気溌剌ファイト一発ぶりですよ。髪増えましたね?増えるばっかでいっちょ伸びん。まるでもう、スチールタワシですな。
 母は強か、おなごは強か、ドイツは立ち直る!女子はもう立ち直っとる!おなごの番たい。おなごの体育ば俺はやる!って事は女学校の教師になろうって魂胆ですな。思えば叶う、この時代の教員免許は無敵ですなああ。
 いまなら間に合う、シマちゃんがオリンピックに!と、そこにスッキリした紳士が登場。日本橋の百貨店にお勤めの増野様。トクヨ先生の代理でお見合いしたお相手よ。現在交際進行中?うひょおおお!

 スヤさんとも再開。お父ちゃん!お父ちゃんバイ!そう呼びますか~。お父ちゃ~~ん♪先週の報告会から播磨屋さんに?足袋の播磨屋さんは業務拡大で衣料品まで取り扱うハリマヤ製作所となっておりました。大将、儲かってますなあ~。播磨屋坊ちゃん大きくなったなああ~。こういうのが大河ですわ~。
 とうとう金メダルはとれなかったが悔いはない、引退するという旦那の言葉にホッとしているスヤさんです。もう30歳ですか~。ですけどこの旦那は一筋縄じゃあいかんとでっす!女子体育を普及さすために働く!東京で!
 スヤさんが乗っていた自転車だって、立派なオリンピック競技、立派なスポーツばい。出て来たよまた例の女子アスリートのお写真。竹早の第二高女に赴任ばすっと~。東京府立第二高等女学校ですとか~。
 四年に一遍こういう話をする…四年に一遍くらい言わせてください。一緒に暮らせると思っていた…今度は女子体育の金栗…たまには池部四三になってくれんのですか、と~。熊本へは帰らないという旦那の言葉。交渉決裂、不承不承熊本へ帰ろうとするスヤさんを遮って、お前はそばにおってくれ、東京で一緒に暮らそうと提案する四三お父ちゃん。あこがれの東京夫婦生活ですわあ。ハグだ、涙のハグだ~。おお~い!なんだか違うドラマみてえだと志ん生師匠のツッコミ♪いいじゃんラブストーリーでも~。

 さてその頃浜松では、これもオリンピックで敗北された水泳の内田選手が報告会。田畑まーちゃん政治君ももちろん同席。西洋人には歯が立たなかった、クロールはスピードが違う、日本泳法は全く通用しなかった!ガガ~~ん!勇ましく出発した内田選手は最下位となって戻って来られました。浜名湾遊泳協会一同はまるでもう、ショ~~ック!
ショックの余り桟橋から浜名湖に飛び込んだまーちゃんです。が、彼の洋服から財布をガメた!この不届き者…むろんオムロンダイアポロン、そんな事するのはこの人しかいません、美濃部孝蔵!何やってんのよ~。そのお金で汽車に乗って東京へ?んもう。

 東京は浅草へ帰ってまいりました、毎度おなじみの美濃部孝蔵君でございます。盗んだお金で走り出し、ようやく戻ってまいりました。とりあえず凌雲閣の居酒屋に入ったら…清さんだ!居酒屋始めたんだ~。そしてそこには…
 じゃじゃん!なんとなんと南斗六聖拳!小梅さんがいた!二人はプリキュア…ではなく、二人はご夫婦になってました!小梅さんの方がぞっこんなの?意外や~。と、そんな所に美川君。二人がこうなっているのに小梅さんに言い寄る気配?諦めの悪い男だなあ~。
 小梅さんが美川君を怒鳴りつけて、さっさと熊本に帰りなっせ!言われてやんの♪美川君が不幸になるとなんだか愉快だなあ。達者でねと声を出さずに言う小梅さんも、イイ女だなあ~。こんちきしょうと捨て台詞で走って逃げたわ美川君~。いやお気の毒だけどさああ~。
 こうして何度目かのやり直しで、孝蔵君は古今亭円菊として二つ目となりまして候。なんだか上手になってるの!席亭さんも満足げだわ~。

 四三先生の新職場、第二高女はシマさんも務めております。こうなりますとシマさんもシマちゃん先生ですわな。いや~大河ドラマらしくていいねえこの時間感。
 校長はこれから体育にも力を入れるとか調子のよいご挨拶ですが…実際はたまにいけ好かない男性講師がやって来るだけですとふてくされ気味のシマちゃん先生なのでありました。
 女の園ばい、気後れするバイ。四三先生のお手並み拝見。こんちはっ!素っ頓狂に元気で明るくて、まるでこれテニスの松岡師匠みたいじゃん。なんだか少しニコヤカな雰囲気になって来た?上々の乗り出しですなあ。そんで俺は体育をやる!
 そんで諸外国の女性アスリートたちの写真を貼りだして、強健な肉体こそが最高の美!変な頭で変な事を言い出す先生だと思われている気配でございます。放課後体育やるぞ~!と参加を呼び掛けても…ポツーン。

 四三先生の第二ラウンドは、欧米と日本の女性の体の違いを図示して説明!恥ずかしいわ!その頭!…い、いやいや、スチールタワシはちょいとこっちへ置いといて、ドッコイショのショッと。まるで裸の絵よ!西欧人のようにボリュームバイ!お嬢様達には刺激が強すぎるとば~い。

 スヤさんとシマちゃん先生に叱られている四三先生。こんなスケベな人になぜ?って~。そんなつもりじゃアなかったのに~…
 第二高女にテニスの指導に来ていたいけ好かない高師ってのは、なななんと、永井先生だ。肋木からようやく一歩踏み出したか~。大先輩の永井先生にどうしたらよいか尋ねる四三先生。したら、女子への指導にはエチケットが重要だとのお答え。一番気に入っとる服を着て香水をつけなさい…って、それはどうかなああ~?
 第三ラウンド、四三先生はオリンピックで来たユニフォームでたっぷり香水を口の中にまでつけて、これはアブノーマルのあぶちゃんだ~。隠語で噂話の悪口大会!
 実演会の四三先生、何やってんのよ~。見るに見かねてやって来た三生徒。村田ちゃん以下の四人組。梶原ちゃん、溝口ちゃん、白石ちゃん…だとか。
 村田ちゃん曰く、竹早…ってのは第二高女の所在地にして通称なんですな、その竹早はシャンナイスクールと呼ばれています。シャンってのは美人の事で、美人が一人もいないから、シャンナイスクール!失礼にも程があるわ~。んで、その上運動なんかして色が黒くなって足が太くなったら、嫁の貰い手が無くなります!
 体育なんて私たちには必要ないという生徒たち。ここで四三君呼び止めた。四三先生の必殺技、人たらしが炸裂か?一度でいいから槍を投げて?皆が見てるし君たちがこのまま戻れば俺の面目が丸つぶれった~い?深々と頭を下げて頼み込んだで~。

 んで、一度試しに槍を投げてみたら、窓から見ている全校生徒が拍手喝采!これ、悪い気はしませんよねええ。見物人もよって来たで。梶原ちゃんノリノリだ~。村田ちゃんは襷掛けで、くそったれ~!ドイツ女史と同じだわ~。見事にとんだ!村田ちゃんすっご~い!
 大喜びの四三先生。先生香水強過ぎ~~!諸君は皆美しく可憐な少女バイ!俺にいわせりゃ、オールシャンば~い♪お世辞じゃなかよ!お日様の下で体ば動かして、もっともっともっともっと…シャンになるば~い♪口が上手くお成りだねえ、四三先生…。

 今度は走高跳だ~♪みごと生徒たちを口車に乗せることに成功した四三先生。ハリマヤの大将に竹早のスポーツウェアを作ってもらいました。胸に大きなTマーク!しかも短パン!これ、当時としてはずいぶんショッキングなスタイルだったんでしょうなあ。
 生徒たちが恥ずかしがっとるった~い♪そこはシマ先生、さっさと着替えて!とハッパをかける。シマ先生もがぜん張り切り出したで。

 治五郎先生は神宮競技場の模型をご披露だ。しかもお人形でオリンピック開会式を上演。金栗もいる!女子選手もいるで!シマちゃん先生、夢が広がるねい。
 こうなりますとシマちゃん先生には潰しておかなきゃならない案件がございましたっけ。トクヨ先生からのおこぼれの縁談話。お相手の増野様に、教師としての仕事と選手としてのオリンピックの夢に取り組みたい、ついては縁談はなかった事にして欲しいとの通告でございます。
 諦めたくないんです。私まだ何も成し遂げていないから…胸が痛むなああ。んだけど増野様は斜め上の神対応やった~。結婚したら出られないんですか?出ましょうよ!結婚して子供を産んでオリンピックにも出たらいい!ママでも金かああ~。
 続けてください。仕事も。走るのも。結婚のために何も犠牲にして欲しくないんです。もうそんな時代じゃない。何十年先を生きているのかこの紳士は~。んだけどここまで言われたら胸を突かれちゃうわ~。そりゃあシマさんだって結婚を決意するわ~。
 五りん君の語り。自分の母の事でも思い出した?泣き出したで!

 仲人はやっぱりこの人、金栗ご夫妻!足を出しても結婚できました♪しっかり捕まえとかんとマラソン選手は逃げ足が速いから♪和やか~な結婚式ですな。新郎新婦と仲人夫妻と記念写真をパチリ。
 ここで志ん生師匠にもお目出度い話があったという五りん君。大正11年には…結婚してますね!おりんさんか~。

 考えてみたら大正ロマンももう終盤。この後の、冷酷苛烈な運命が、いやがおうにも視聴者の、胸に湧くよな塩梅の、今日この頃の曇り空ぁぁ~。

"NHK大河ドラマ「いだてん」第21回「櫻の園」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。