NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第22…はナシヨ!麒麟がくるまでお待ちください の3

いよいよ6月30日から収録再開だとか!よかった~♪あれ、でも~…そもそも最初の撮影開始は去年の6月頃でした。って事は放映の再開は何時になるのでしょう?あ、でも収録中断したのは4月ですから、普通に考えて8月中には放送再開できるはず。ま、まあ超特急で進行されるんでしょうけど、ひと月や二月はかかりますよねえ、きっと~(汗

ゴホン、さああって本日のマデマチは~~「利家とまつ」!。加賀百万石の祖、前田利家様と奥様の愛の物語。スタジオの方にはいつもの英樹さん様と麒麟川島様、バウバウ松村様に加え、利家役だった唐沢寿明様でございます。アナはいつもの桑子お姉さ~ん♪見どころは夫婦愛!おまかせくださりませ!
でんっででんっでんっででん

 傾奇者だったころのが印象に残っているといいう唐沢様。五右衛門みたいなメイクで槍をふるって街中で暴れてまっせ、利家様~。あ、このころは犬千代様か。
 奥様になる前のまつ様。こんなに小さいころに手を出してたんか!犯罪か?金平糖で手なづけてはるわ~。でた!松嶋菜々子様になったまつ様!まつ様からのアタックだ!父の形見を渡して逆プロポーズ~。利家様と共に戦いとうございます!女が弓を引かなくてもよい時代を!金平糖まいて喜ぶまつ様。後ろの紅白の梅が印象的だわ~。
 え?まつ様の父の形見の笄を失くした?香川照之様の藤吉郎様に盗人の疑いが!だがさにあらず、真犯人の坊主殺害!それを見た信長様。切腹を命じられました。ここでまつ様が申し開き、わたくしにお任せ下さりませ!信長様を通せんぼだ!死ぬで普通。信長様にはたかれても縋り付くまつ様!
 利家様にもたらされる信長様からの御差配。どこへでも行くがよい!助かった~。柴田勝家様はマツケン様か~。そんで合戦で大暴れだ。一方で後の秀吉・木下藤吉郎様が頭角を現してきた。このままでは猿に追い抜かされる?信長様曰く、藤吉郎の方が上だと非情な算定評価。
 やけ酒で大宴会の利家様を襲ったまつ様。お座敷に銭を撒いて邪魔して、利家様に子供を預けてとっとと帰る~。残された利家様は泣きべそかいてる~。出世をしたければやけ酒の金で家来でも雇えと~。あなたは前田利家、男の中の男!今度はおだてて働かすんだわ~。美男美女だね~♪女性の働きを描いた大河であった。
 とうとうライバル秀吉様の配下にされてしまう利家様。面目丸つぶれだなあア。利家様独断で城攻め…この門は何回か視た感じがするんだわなああ。んで激怒する秀吉様。大将はこのわしだ!軍規違反ではにゃーか?お前は真の友だろう、戦で上司になった真の友の顔に泥を塗るのか~?
 どうしても手柄が立てたかったと白状する利家様。しばらく絶交するという秀吉様。んだが次のターンが来た!上杉軍と激突する織田軍。柴田勝家様と対立する秀吉様。その果て先陣を離れ撤退しちゃった秀吉様。信長様の御沙汰は、切腹!腹を切るのじゃ!
 ここで利家様が動いた。信長様のご前で命乞い。小刀を抜いて…切腹?ではなく!髷を落とした!秀吉を救えないようでは武士の恥!坊主にでもなると申すかと問われ、お館様の心は誰よりも分かっていると思うておりました!その心の鏡が曇ったことが悲しい。まつと二人秀吉の菩提を弔ってまいります~。
 でた!「で、あるか」。んで秀吉様の助命成立。秀吉、一発殴らせろという利家様。あ、ほんとに殴った!この恩は一生忘れんという秀吉様。友を助けるのは当たり前田の利家だ!がっしと抱き合う友と友~。ザンバラ髪が変に似合ってるから困るわ、利家様。利家を演じる上で、己を知るのが大事だったという唐沢様。

 …と、ここで信長役の反町隆史様にスポットが当たった!大河ドラマ&時代劇も初挑戦だったとか~。反町様が収録でテレ参戦。人間味あふれる信長を演じてほしいというリクエストがあったんだとか。
 思い出の名シーンは…利家様にお礼を言って頭を下げた信長様!今まで人間を信じたことがない!信じたいが血と裏切りばかりで信じられなかった!しかし貴様だけは信じる!信じると決めた!貴様は出世をせぬであろう?必ずわしの傍らに置くからだ!おぬしの命、わしが守る!また抱き合ってるよ~。
 「で、あるか」で救われた。「で、あるか」「であるか」「で…あるか」あのセリフで完結できちゃう♪決めゼリフってな、そういうものなんでしょうなあ~。明智光秀役がショーケン様だ!打擲できるか?大先輩を?撮影前は眠れなかったんですって、反町様。
 そんで問題の虐待の段。おおお、怖いぞ信長様。その程度の働きで自分が苦労したなどと言うな!ほんとにショーケン様が額を打ったの?でもいいシーンだったと言ってくれた!やっぱり役者だ~。
 そんでもうこの頃から発声に障害が出てたんですねえ、ショーケン様…(涙。

 なんとまあ力強い信長様であったことよ~。人間!五十年!ってところは叫び声で、そのあとは節をつけて炎の舞~。若さゆえの重みのなさをきっちりカバーする演技方針だったようにも思われ~。おお、そこに利家様が駆け付けた!もはや手遅れ!さらばじゃと微笑みを残して消える信長様のイメージ映像。盛り上がるわなあ~。

 イケメンが多かった?伊藤英明様、竹野内豊様…おおお!及川ミッチー様も出てたんだ!相棒が二人が共演か~。天下人の秀吉様を支える大大名となった利家様。まず秀吉様に死期が訪れた。秀頼様の後見人となった利家様。高嶋政宏様の家康様が怖いわ~。
 家臣たちが利家様を持ち上げて家康を襲撃する計画に、いったんは反対する利家様。ですが、涙の説得を受け、秀吉の遺言に反するのなら家康を切ると決断する利家様。病と称して家康様を呼び出した。お茶を差し出すまつ様。家康様の後ろの家臣の方、お茶碗を持つ手が震えているのは細かい演出でしたねえ~。んで、しばし貯めて後、口にする家康様。その飲みっぷりを見届ける利家様。
 まつ様が邪魔だという家康様に対し、一触即発の事態。利家様曰く、切ろうと思っていたがやめるわ。男の名誉にかかわるから。ワシの別れの舞を見て帰れとおっしゃる。重い槍を振り回して、思いやりを表現されておりまする~。あ、膝をついた。すかさず駆け寄り、忘れんぞと声をかける家康様。何か通じるものはあったろうな、ここ~。
 そしていよいよご臨終。まつ様に看取られて微笑みを残して旅立たれまして候。愛しい利家様を見送って涙涙のまつ様のお姿が美しい~。

 利家様は幸せな人だったんでしょうね。まつ様がいてくれて、という唐沢様。NO.1にならなかったからこそでしょうねと言うバウバウ松村様。この夫婦愛がたまらないですね、やっぱりシメは英樹さんだ~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント