真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「西郷どん」第41回「新しき国へ」

<<   作成日時 : 2018/11/04 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

なんですかこの、行き当たりばったりだったんですねえ、明治新政府!ってな感想を持ってしまいました前回のOA。んだけどこれって結構当たっているのかも?ついに断行された廃藩置県も、財政窮乏の成れの果てみたいな気もしてまいりもす〜〜。

 雪蓬様の教えを受けている菊次郎クン、っどっど〜〜ん!爆音!大砲か?いやお空に花が!花火じゃ!美しか〜。国父久光様がやけくそで打ち上げてらっしゃる?西郷、ワシはまだまだ終わらんぞ〜〜!…そこまで西郷どんに対抗心を燃やさんでも〜。今中央で実権を握っているのはむしろあなたの子飼いだった大久保一蔵どんではありもはんか〜〜?てんてっけてんの〜せっごど〜〜ん!

 廃藩置県後の新政府の内部は、薩長が牛耳って、土肥その他が不平不満?結局つまりどこまでいっても、天子様の下の公平公正な政にはなっていかないんだなあ、これが〜。
 ってな所に起こります欧米使節団!不平等条約を是正するためのデモンストレーション?にしたって、政府の要人がこぞって一緒に渡欧する必要があったんですかねええ〜〜え。
 ここは西郷どんも不審顔でございます。岩倉様、木戸様、大久保様、伊藤様、ここまで薩長の要人が留守になる必然性と安全性は果たして一体…。伊藤様は推進派?欧米の繁栄と強さを見る音は日本国指導者の急務であると?なんだかな〜。
 岩倉様が、っちゅうこっちゃ、よろしいなご一同と発言すれば、ご一同からは何の反応もなく。これはもしかして…何かの罠かもおおおっ!後に残る土肥の面々は、主流派の留守の間に何かやらかす構えですわ〜。

 いまや大蔵卿の大久保どんの執務室。竹馬の友の西郷どんが来訪して今後のご相談。土佐と肥前の輩が、自分が留守の間に主導権を掌握しようとしていると告白する大久保どん。やっぱりさっきのは嵐の前の静けさでもしたな!
 さらに我らの故郷鹿児島でも、久光様を中心に不穏な動きがあると言う大久保どん。士族にも民たちにも…不満が募っている?その窮状をじかに天子様に見てもらいたい、つまり帝の巡幸を実現したいと言う西郷どんですが、それは簡単には出来そうもなく〜。
 大久保どんにとどまって欲しい気持ちの西郷どんですが、今は異国に学ばねばならぬと言う大久保どん。さらに申して、日本国内の事はオハンに頼むとお願いの段。これを快く引き受ける西郷どん隆盛様なのでありもした〜。
 更に返す刀で愛息・菊次郎クンに、異国に行ってみんかと、つまり見聞を広めるために海外渡航してみないかと問いかける文を認めました西郷どんでございました〜。行きたくなければ行かなくても良いとあやすご家族。糸母上は、行くか行かぬかは自分で決めろ!人に聞く事ではないと言い放つ!確かに男子の志、そうあるべきでございモスな〜。
 久光様は民から上申された苦情の文を前に大激怒!何より激怒しているのは洋装断髪のご家来衆に!そんなんだから国が乱れるのだと仰る!そこに追随するのは海江田どん。いまや懐刀でございモスな。

 西郷どんの長屋で村田どんの祝いの酒席。宮内大丞に任ぜられた?これまた大出世でんがな〜!
 んでそこに薩摩出の出世組がご見参〜。川路どんも今回の海外渡航にご同行、ポリス創設へ向けてのお勉強でんよねえ〜。中村半次郎改め桐野利秋どんとそのご社中もご降臨。桐野どんは陸軍少将に任じられての大出世だとか〜。
 今日は三人まとめての祝いじゃと喜ぶ西郷どん隆盛様…え?え?村田どんにしては、こんな話は恐れ多くてお受けできない?どこまで自己評価が低いんでしょうか新八どん!
 村田どんの訴えを一先ず横に置いといて、西郷どんが三人にかけるお言葉、川路は何時も沈着冷静、桐野は誰よりも先陣を切る、そして新八どんは…おいと同じ島流しと言う辛酸をなめても明るか気性はち〜っとも変わらん!いつも腹を空かせちょっが、おはんはハラワタまで清か男じゃ!ソげな男じゃってじゃ、天子様にお仕えするのはオハンのような男でなければいかんと持ち上げる持ち上げる〜〜♪
 ご一同が盛り上がる中、新八どんのお腹の虫がぐうう〜と鳴った!うわあ…またか〜♪そこまでギャグ要因になり切らんでもええのに〜。そもそもこの方、西郷どんの巻き添えで島流しになってしまったような気がしてしょうがないんですけどねええ、私〜。

 宮中改革に取り掛かった西郷どん。新八どんも含めた新選の、天子様のお付きの衆。西郷どんがチョイスした精鋭の中には、山岡鉄舟鉄太郎様のお姿もございましたで〜!お相撲を取っていただく?新しい時代にふさわしい天子様になっていただこうと言う、言ってみればスパルタ教育なのかも〜。
 ほらほらさっそく衝突だ!天子様と相撲を取るなど言語道断つつじだと声をあげたのは旧宮中の皆様。これから天子様は全国にそのご意向をお示しあそばされねばなりませんとつっぱねる西郷どん!
 御簾から出ていただいての全国巡幸までをも訴え出る西郷どん隆盛様でございます!天子様ははご聡明にして豪気なお方、いったんお帰りあそばされたかと思わせた後、御簾から出て議場にご降臨で!この提案を快く受け入れられまして、朕に力を貸してくれと西郷どんと良い関係が構築され出されまして候。
 天子様の御判断を邪魔しようとする近習たちに対し、ご一同お静まりあれ!畏れ多いですぞと諫めたのは鉄舟様!では頼むぞ西郷!いやあ、天子様がええ男や〜。

 いよいよ詔が下されまして、遣欧使節団の旅立ちの時が参りました。凛とした天子様の読み上げを心して拝聴する面々。後を引き受ける筆頭顔役は言わずと知れた西郷どん隆盛様。お馴染みの軍服姿や〜♪岩倉様が釘を刺すのは、自分たちがいない間は何もするな!人事も動かすな!約束は守るんやで?大久保どんが補足して、新しか政に手を出す余裕はないだろう?と〜。それでも一つ心残りは鹿児島のことじゃ。
 これつまり、国父様を中心とした不平派を何とかしなければという課題なのでございます。国父様とはいずれ話をしなければならないと言う西郷どんに、頼んだぞと手と手を組んで後事を託して旅立って行かれた大久保どんなのでございました〜。こうして西郷どんは名実ともに留守を預かる事となりました。

 なんですか物語は急こう配ですなああ…閑話休題。さっそく政府の改革を迫る居残り勢力。それを取りあえず抑える井上様と西郷どん。財政の主導権を我が手に工作が絶賛進行中なのですな。んだけど、いささか味方の数が少ないような気が〜。
 ご近所様の噂話でも、日本各地で一揆や打ちこわしが勃発、民の暮らしはちっともよくならない!むしろ悪くなってる!こんなんなら徳川様の世の方がましだ!って〜。西郷どんは立つ瀬なしや〜。

 と、ここで弱り目に祟り目のスキャンダル勃発!陸軍の銭を勝手に持ち出してた!政商への不正資金供与ですって!当時としては超高額の65万円を無断貸し付けの上リベートを受け取ってたとかって!俗にいう「山城屋事件」!矢面に立たされたのは陸軍大夫の山県有朋様でございます。長州一派をやっつけようっていう魂胆で意気上がる土肥の面々?ここで即決斬り捨てようと刀を振り上げる半次郎どんのきりの様!いやでも、それはいささか急進過ぎ〜。
 山県更迭の総攻撃、これを受けるのは留守居任され役の西郷どんなのでございます。禁止されてた人事をいじるの?さあさあどうする〜!三条実美様からの意地の悪い追及に、ついに西郷どんも決断せざるを得ませんでした。山県様お役御免!山城屋様は自己責任の自主切腹!悲惨な結末や〜。

 その気はないのに政府を一手に引き受けさせられて、難題積載の西郷どんですが、もう一つ避けては通れない懸案のあり〜。それは鹿児島、国父様。
 海江田どんが久光様からの苦情を携えて上京!廃藩置県で薩摩の人々の民の不満が高まり、そんな民を治めるためには、島津久光を県令に任命せよとのご意見でございます。
 そんな事を認めてしまったら、日本全国で同じことが起こる!そんなことは出来んと断る西郷どんでございモス。おいたちは「新か国」を作ったとじゃ!もう後戻りはできん!
 そして続けて、天皇巡幸が予定されている、ついてはその時、国父様のお目通りをおぜん立てするからと、海江田どんを宥めすかしてこの場をしのいだ西郷どんなのでありもした〜〜。あまりの大ごとに海江田どんは言葉に窮してしまいましたねえ。
 鹿児島の西郷家でも大騒動ですよ!天子様と一緒に吉之助どんがやってくる!なんてことでしょう!雪蓬様はお酒を断って天子様をお待ちする所存よ。そして菊次郎クンは海外渡航の答えをどうするかお悩み中。それにしても最近の大河って…セットに既視感がありまくりまクリスティー?

 明治五年、天子様は新国家の君主として西国各地を巡幸されまして候。鹿児島にては久光様が謁見の光栄に浴されまして候〜。んだがしかし、その時の天子様の御恰好が西洋の洋服姿だったことに驚き憤る久光様!いやでもスマートでカッコよかったですけどねえ、天子様〜。

 西郷どんを呼び出して、こいがお前が我が兄斉彬とともに作りたかった新か国か?西郷どんを責める国父様。兄上がこれを見たらどう思われるかと、西郷どんの一番痛い所をえぐっております。嫌な男やなああ〜。
 んでも西郷どんは涙を浮かべて、我らつまり自分と斉彬様には共に目指した新しい国があった、そのために国父様を欺いたこともある、でも今の政府の状態はそれとはかけ離れている、きっとおいは蹴り飛ばされるに違いながと!全てを受け入れて謝罪の姿勢の低姿勢ですよ〜。
 今のままでは民百姓にも、戊辰の戦で命を散らしたもんたちにも、我らに全てを託してくだされた徳川の方々にも、顔向けできもはん!もの凄く弱音を吐きまくる西郷どんでございます。
 このやっせんぼ〜!やりぬけ!最後までやりぬくんじゃっ!と、西郷どんを叱咤激励し始めた国父様なのでございます。やってやって、やりぬいて、それでも倒れた時はこの薩摩に帰って来い!突然のイイ人ターンですよ久光様!後は若いもんに任せればよかあ!
 西郷、新か国ちゅうとは、これからの若いものの為にあっとじゃ。ああそれは一理も二里もございますなああ〜。お言葉有難く頂戴いたしましたと頭を下げる西郷どん。下がれ…いや待て、天子様のお召し物はあい〜はいか〜んっ!すぐに考え直せと、ちょっとにやけながら注文を付ける久光様。それを受ける西郷どんは国父様の胸の内も引き受けて少しうれしそうな笑顔でございました。
 これもしかして、国父様のイイ人ターンの退場フラグ?ううう〜〜む、そこまでされなくてもよいように思ってしまうのは罰当たりですかねええ〜〜〜(汗)。

 西郷家に帰って来た隆盛どん。そこにやって来た菊次郎クン、お願いがありもす。おいも異国で学びとうございもす!それは自分でよう考えて決めたことですねと確認する糸母上。これまで迷っていたけれども、今日天子様のお姿を拝して心が決まりました。天子様のお姿はきらっきらしく心が震えました!よう言うた!いい子だなあ、菊次郎クン!あなたに投資したいわ!

 糸どん曰く、愛加那さあの気持ちがよう分かいもした。つまり今や自分の子と思っている菊次郎クンを旅立たせる心の痛みよ!じゃっどん菊次郎さあが決めた事ならしっかり後押し!あいがとな、おいも一つ気張らにゃいかんのう〜と元気回復の西郷どんでございます。

、それにしても、心が震える程きらっきらしい天子様のお姿だったと、洋装の天子様が若いものにはこう見えていたって事で〜。因循姑息の国父様…でしたが、若いものはこうなんですよ〜。もしかして初めて島津斉彬様と出会った時の小吉君もこんな感じだったんですかねえ〜。とまあ、心のうちでちょおおっと国父様をやり込めている西郷どんなのでございますかな〜?
 今宵はここらで良かろうかい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「西郷どん」 #41 新しき国
打っていたものが全て消える(>人<;) ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2018/11/04 21:48
【西郷どん】第41回 「新しき国へ」感想
…廃藩置県が突如断行され、薩摩では久光(青木崇高)が怒りに任せ花火を打ち上げ続けた。その後、岩倉(笑福亭鶴瓶)や大久保(瑛太)は、不平等条約改… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2018/11/05 05:18
西郷どん「新しき国へ」
気がつくと、明治維新に。オープニングも、変わってて感動ナレーションの西田敏行は、西郷さんの御子孫、だったのですね。なるほど。個人的に、主人公、隆盛(鈴木亮平)の恰幅良さと、ラスト、明治天皇(野村万之丞)の行幸を見て、菊次郎の留学の決心が固まる展開が、インパクト、だったのでした。      (ストーリー)廃藩置県が突如断行され、薩摩では久光(青木崇高)が怒りに任せ花火を打ち上げ続けた。その後、岩倉(笑福亭鶴瓶)や大久保(瑛太)は、不平等条約改正を目指して欧米視察に出ることに。西郷(鈴木亮平)は、菊... ...続きを見る
のほほん便り
2018/11/05 06:33
西郷どん 第41話「新しき国へ」
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSを録画で鑑賞。 第41回「新しき国へ」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/11/05 12:53
第41
話の西郷どん #41「新しき国」 ...続きを見る
半秦絆記
2018/11/10 07:47
『西郷どん』、悪くはないんだけど…(第39〜41回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第39〜41回の感想です。まずはあらすじ。明治時代になって東京を退き、薩摩改め鹿児島に戻った西郷隆盛(鈴木亮平)。政府のことは大久保利通(瑛太)に任せ、東京に出仕するつもりはなかったが、横山安武(笠松将)の ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/11/15 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「西郷どん」第41回「新しき国へ」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる