NHK大河ドラマ「西郷どん」第22回「偉大な兄 地ごろな弟」

ジゴロ?って、女性を金づるにする女たらしのスケコマシ・・と思ったら!違いモス違いモス!「地ごろ」とは薩摩言葉で「田舎者」の事でごわした~!申し訳あいもはん~!

 みんな喜べ!吉之助さぁが薩摩に帰ってくっとじゃ!三年ぶり!その間に井伊大老暗殺!幕府の勢力が激減して、久光様の存在が全国的に大評判?愛妻の愛加那さんと涙の別れで気張れ愛加那で薩摩へと帰ってきた吉之助どんでございます。名前の方は菊池源吾改め大島三右衛門!相変わらず変名生活が続きますなあ。
 正助どん改め大久保一蔵どんが案内して、国父つまり藩主の父上の久光様の元へと向かいモス。てんてっけてんの~せっごど~~ん!OPは島唄バージョンが継続する構えでモス。

 国父様にお目見えの吉之助どん。えらそうに受け止める構えの久光様。亡き兄の遺志を継いで政を変える!でも吉之助どん曰く、それは無理!斉彬様がご存命でなければできない計画でした!あなたがそれを実現できっこない!衷心からのご進言ですけど、久光様はだんだん機嫌が悪くなってますで~。
 ありのままを申し上げちゃった吉之助どんに対して怒り心頭の久光様!おいを薩摩しか知らん地ごろとぬかすか~!でたっ!タイトル回収!
 怒り心頭の一蔵どん。んだけど吉之助どんは冷静に受けて、亡き殿の遺志が分かってないと付き放つ~。

 いつものお寺で、吉之助どんの歓迎パーチーの宴会場・・ですが、当の吉之助どんが深刻なお顔。一蔵どんと何かあったのかな?取り囲む精忠組の面々も途方に暮れております。
 そこに遅れてやって来た有馬どん!吉之助どんに向かって、きいたっど、おはんさっそく国父様とぶつかったそうじゃの!はは~~ん、やらかしちゃったか吉之助ど~ん。今や有馬どんは藩校の先生として働かれているそうな・・。
 国父様は自分の器が分かっていないと言い放つ吉之助どん。江戸で生まれ江戸で育ち、幕府の重臣にも他藩の藩主にも仲間がいた斉彬様に対して、薩摩生まれの薩摩育ちの久光様が、兄上の方策を受け継ぐのがそもそも無理筋だと?

 吉之助どんは、出兵しても日本を変えることは出来んと、国父様をこき下ろしたそうな。自分の考えを申し上げただけだとシレっとしております。ここは少し人物が大きくなられた感じですなああ。んだけど吉之助どんの赦免嘆願をしてきた一蔵どんは面白くないですわ、これは。
 しかもほら、一蔵どんは国父久光様を見込んでらっしゃる!ここに後年のアレの芽があるのかなああ~・・。
 ここで有馬どん曰く、精忠組は藩の言いなり、吉之助どんの居場所ではない。おいと一緒に来いや~・・有馬どんは精忠組から離れ独自路線・・おいと一緒に京へ上れ!つまり、脱藩した上で京都でひと騒動起こそうとしている訳ですよ!脱藩浪士を目指すと~。薩摩の幼馴染の間で路線が違ってしまってたのか~!

 いがみ合う精忠組メンバーと、有馬どんのご一統。吉之助どんはこれを一喝、血を流せばよかちおもっちょっとか!つまり今は日本の国力を高める時で、薩摩から兵を出したり京で騒動を起こしている場合ではなく、策を練る時じゃ!と~。かつての吉之助どんの斉彬様への進言も、決して戦を起こすための行軍ではなかったんでしたっけ。
 腐った幕府を倒さんでこの国を変えることは出来ないと言い残して、藩校のご一統とともに席を立つ有馬どんなのでありました。一触即発?海江田どんはなんとか取り成してらしゃいましたけど~。

 吉之助どんの諫言もむなしく、着々と出陣の支度を進める久光様。命に従わないのなら島流しで済まさんぞとすごむ斉彬様。先達として下関へ行けと命じられます。事ここに至っては言うてもせん無しと、素直に命を受ける吉之助どんなのでありました。
 討幕の為脱藩しようとする有馬どんを止めようと駆け付けた一蔵どん。土下座までして行くなと諫める!・・・今作では、西郷どんよか大久保どんの方が大人物に思えてしょうがないわ~。んだけど結局、脱藩してしまう有馬どんとそのご社中なのでありました。

 村田どんとともに下関に到着した吉之助どん。薩摩と関係のある豪商・白石様の所にご逗留。すると白石様曰く、薩摩が立つと聞いて諸藩の有志がぞくぞくと結集しているとか。結構うまく行くかもしれませんねえ久光様・・
 さらに白石様のおっしゃるには、薩摩の兵を迎えるための資金三十両を、吉之助どん弟の信吾どんが持って行ったとか~。これまさか押し借りの類じゃあ・・ないですよねえ(汗)。弟の成長が実感できない吉之助どんはなんとも複雑なお顔です。京で何をしっちょっとか・・

 既に京には薩摩の若い獅子が集まっておりました。そんななかで幅を利かせているのが西郷信吾どん!結構好待遇んでちやほやされてる気配ですなああ。上座やし~!芸妓のおゆうさん御登場。信吾どんは一目ぼれ?

 その頃久光様は薩摩を出立。それに呼応して長州の久坂玄瑞様やら土佐の武市半平太様やらが暗躍する気配!彼らが何を目論んでいるかというと、薩摩が到着したところで幕府の役人を襲い、騒ぎを起こす!すればいやがおうでも薩摩は討幕の渦に巻き込まれていく~~!吉之助どんはそう読んでご心配。さらにそこに、有馬どんまで京へ向かったと聞いちゃあ、じっとしてはいられもはん!なんとか彼らを止めようと旅立つ吉之助どん。これ、国父様に知られたら厳罰は免れませんけど~!

 殺伐とした気配の幕末の京の町・・もうなんだかすっかり既視感ですねえ。そんななかに到着した吉之助どん・・下関から京との距離感が狂いそうですけど、お顔を隠してひっそりと。あれ、村田どんも一緒なの?あなたは来なくても良かったんじゃないかなああ。
 馴染みの旅籠・鍵屋さんの仲居も馴染みのおトラどん。再会を喜んで泣いてはるわ~。抱きついてはるわ~!なんだかわかんないうれし涙のご口上だ~!・・・んでもこの人、愛加那さんの事を知ったらなんて言うかなああ。うわ!大声で西郷はんどす!まるっきり広報してはるわ~。

 鍵屋さん曰く、有馬どんはこちらには姿を見せていない、と~。そして最近は薩摩や長州の侍はなにかと繁の屋という茶屋に集まっているとの情報提供。西郷はんの弟はんも派手にようお遊びやとか~。吉之助どんの顔色が変わりました。怒ってるわ~。さっそく信吾どんがいると言うお茶屋に向かった~!
 なんと!弟は遊び惚けて不良やってた!いくらあったら身請けできるのかと、先ほどの芸妓の方に直談判!芸妓さん曰く、あなたを田舎もんとは言わないが、西郷吉之助はんは大きくて立派なお方!・・・あなたとは段違い平行棒ってか~!
 そんな所に兄さぁが乱入!うあ!兄さぁ!とビックリ仰天する信吾どん。傍らには綺麗なべべ着た芸妓の方!怒った兄ちゃんは強いで!信吾どんに詰め寄って問い詰める!死んだ父上や母上が見たら泣くど!
 やさぐれモードの弟は反抗してます。ずっと家におらんかったくせに今更アニキ面すっとか?もうおいに指図すんな!おいは脱藩して有馬さぁについていっとじゃ!ああじゃあ、もうすっかり尊王攘夷の心になってるんだわ、信吾どん。
吉之助どんは有馬に会わせろと詰め寄る!だがすばしっこい信吾どんは隙を突いて逃げだす!後に残った吉之助どん、ここの払いを払おうといたしますと、こんなに丁寧なお侍はんは見たことがない。聞いた通りの立派なお方。
 この芸妓さん、おゆうさんと仰るそうで、吉之助どんを責めないばかりか、有馬はんの居場所なら、うち知ってますえ~。なんとまあ親切なお方で。

 有馬どんら薩摩の脱藩浪士が潜伏しているのは、伏見の寺田屋・・いろいろ因縁のある旅籠ですわ~。そこに押し入って有馬どんと相対した吉之助どん。自分の命をお前たちに預ける!お前は自分の命を捨てる覚悟、倒幕の玉に命を捨てる覚悟、そんな人間と話をする以上、こちらも覚悟はできている、有馬さぁ・・腹を割って話そう!肝の据わったご仁ですなあ。
 なんたって幼馴染のお二人ですから、こうなると正直に話し合えるわけですよ。国父様が斉彬様の真似事をしてもうまく進まない!と諭す吉之助どん。んだけど有馬どんの計画では、自分たちは京都所司代を斬り今日から幕府を追い出す!先頭を切って諸藩の志士たちの先駆けとなる!すれば事は動く!腐った幕府は倒れ尊王攘夷の志を遂げる!・・・そんなんしたら列強諸国の餌食やがな・・・
 いずれそうなるかも知れん、じゃっどん今じゃなかと諭す吉之助どんでございます。誰が幕府にとって代わる?徳川の世を終わらせても、右往左往するうちに異国の食い物になるだけ。民の為に異国に負けない強い国に生まれ変わる!それが亡き殿の真の遺志である!と~。殖産興業みたいな夢を語ってましたねえ、斉彬様。
 今はおはんらの命おいに預けてくい。なんだかすっかり今回大人物に育ってますよ吉之助どん!心が震えたわ!どげんしてもやるち言うならここでおいを切れ!おいの屍を越えて行けばよか!吉之助どんの赤心に触れた有馬どん、わかった、早まったことはしないと約束してくれました~~。
 なんだよおお~!互いに肩をぶっ叩き合って和解してんじゃんよ~!男ってこういう所がバカで素敵!

 一応事は収まりまして、西郷兄弟も仲直り。お布団並べて就寝です。さっきはすまんかったと言う吉之助兄さぁ。おいはこれまで兄さぁと鰻を取ったことも、相撲を取ったこともなか・・・と、これまでの寂しかった心情を話す弟・信吾どん。兄上の事は人から聞くばかりで、寂しさとコンプレックスから反抗的になってたんか・・・ここでもタイトル回収~。
 でも今日初めて知った、兄さぁは命がけで生きている。兄さぁは眩しすぎて・・と告白する弟。でも思いもよらず自分の名前が大きくなって人気者となってしまった吉之助どんも、この状況には当惑気味。三年間の島暮らしは長かったようで~。信吾、苦労を掛けたのう、寂しか思いをさせて済まんかった。おはんはよう気張ったとじゃ!兄弟の和解にもらい泣きをする村田どんです。この人も、ええ人やなああ。

 その頃下関ではとんでもないことが起こっておった!久光様を蔑ろにして、その命に背いた西郷は切腹じゃ~!国父様はいきり立ってますけどもおおお!

この記事へのコメント

鹿二郎
2018年06月17日 20:25
こんばんは。
 西郷どん、帰郷早々国父様に地ごろとは・・田舎者って説明がありましたが、意味合いとしては結構馬鹿にしたもので、勇気アル発言ですね・・・・
 しかし西郷どんも、帰郷したら仲間は血気盛んで、政治状況は変わってて、戸惑ったでしょうね。
 しかし弟君、後の初代海軍大臣も、若き日は結構な遊んで・・・笑
 しかし、志士達の女遊びって、結構刹那主義にも見えます。
2018年06月18日 07:20
鹿二郎様、おはこんばんは~。
帰ってくれば大活躍の吉之助どんですが、
出過ぎて打たれる杭のような顛末となりました。
女遊びでもそうですけど、全体的に志士の皆様は刹那的に見えてしまいます。
有馬どんと他藩浪士との関りも描いてほしかったような・・

この記事へのトラックバック