NHK大河ドラマ「真田丸」第22回「裁定」

イイヒトキャラがもう鉄板になった感のある今作の秀次様、この後の運命が気になって気になって!間違っても殺生関白にはなりそうにありませんし~。ドラマストーリーブックによると秀次様のご切腹には大胆な新解釈を持ち込んだと書かれてまして、いやあ・・ワクワクしちゃう!
物語の方はいよいよ小田原攻めも目前に迫るころ。信繁様にはその前の一戦っていうか試練の時!秀吉様の御前で北条の板部岡様と舌で勝負よ!これまさに新しい時代の戦でもあり責任重大。怖いですよ板部岡江雪斎様!よっひまかっ?とは一線を画した演技!まああちらでもたまにやる気を出した時には怖いお顔でしたけどねええ~。閑話休題。

 沼田裁定開始!裁判長は秀吉様、副裁判長が秀次様、脇を固める事務官が三成様と片桐様。被告・真田・信繁様VS原告・北条・板部岡江雪斎様の裁判闘争。徳川・本多正信様は証人って役回りですねえ。争いの種は沼田領!
 沼田は上杉家のお舘の乱に付け込んで北条が奪い取ったものだという板部岡様。沼田はそののち武田のモノとなったはずで、どうして今更領有権を主張するのか分け分からんと返す信繁様。片桐様が沼田城のそもそもの成り立ちを解説・・長い!と殿下が一括。今度は沼田がいかに大事な土地なのか解説する片桐様。上野と越後の境にある要衝にして天然の要害!って、こちらもサッサと切り上げて先へ進む!
 どちらが先に城を有していたかが大事だという板部岡様。いやいや先に領していたというならそもそも上杉に返すべきだと、信繁様好調な舌の滑り出しでございます。だがしかし、板部岡様も負けてはいません。真田が織田信長様に従属したとき、沼田城の支配者は滝川一益様と定められ、真田はその配下って位置づけでした!ええ、ええ、私どもも今作で見てまいりましたっけ。んで、本能寺の変で滝川様が浮足立ったところに付け込んで奪い取った!!いやそれはつまり騙し討ちだと、主人を裏切り沼田を掠め取ったのだと責める板部岡様!
 信繁様を怒らせる作戦ですよ、これに乗ってはダメです!ここは冷静に「異議あり!」・・じゃないの?「おっしゃるとおり!」ひいいい!乗せられてるのおお~?おっしゃる通り!騙し取り!掠め取り!勝ち取りました!ナルホド~~~、時は戦国波乱の時代、堂々と力で勝ち取ったんだから真田のモノだと~~。秀吉様がウケてるし~。休廷~~~。

 信繁様がお隣の部屋に隠れている昌幸パパ上様に中間報告。なかなかいいぞ~今のところ全く互角じゃ~!と父上。あと気になるのはまだ何もしゃべっていない本多正信様の出方だけ。笑いながら信繁様のお胸をどつく昌幸様!偉い力がこもってますえ~。
 休廷中に話し合う信繁様と板部岡様。これは戦だぞと板部岡様。若い身空でどうどうと立ち討つ信繁様。こうして我らがやり合う事で真の戦はせんで済むのだと板部岡様。なんだかちょおおっと信繁様の事が気に入ったようなお顔でしたよ、板部岡様。
 そんなところにきり様。秀次様に差し入れの大きなおにぎり!信繁様には小さなおにぎり!やたらと小さくてお粗末で!これはあれですよ、怪しいですよ!秀次様ときり様!沼田城は私も大好きとプロモーションですかね、きり様・・。

 裁定再会~。三成様が持ち出したのは天正十年の徳川と北条の盟約。あの時は真田は徳川様に従っていて、徳川北条和睦の条件として沼田城を北条に引き渡す事と取り決められたのですと板部岡様が持ち出す起請文!「突きつけ」だ!これには「待った!」真田にだってあるもん!くまもん!起請文!と信繁様が持ち出したのには、徳川が真田に対し沼田の安堵を約束しております!さっきのと同じ年の事でした。
 お捨て様を抱いたままことの顛末を聞いていた秀吉様、ここで念押しの一言は、つまり徳川は真田と北条の両方に沼田を渡すと約束してしまった?こりゃあ一番悪いのは徳川か~?いやいや、あとは徳川がどっちの約束を重んじるかってだけだと秀吉様。法廷ドラマに嫌気がさしたのかむずかるお捨て様。秀吉様もめんどくさくなられましたか、後の事は秀次に任すとおっしゃって裁判長交代~。
 
 ここで板部岡様が持ち出すのは盟約の格の違い。徳川と真田は主従の親子関係で結ばれた約束。徳川と北条のは違う、国と国との約束だ!なんだか某県の基地問題とか思い出されてしまいますねええ。
 信繁様の主張は、先に交わした真田との起請文が優先されるべきだと!だがしかし!それって、徳川様は真田との約束があるにもかかわらず、それを踏みにじって北条と約束を交わしたと言っているようなものだと!徳川を敵に回すつもりなのか、徳川をウソツキ呼ばわりされるのかとがぶり寄り!とにかく居並ぶ家臣の前ではっきりと沼田は北条に譲り渡すと徳川様が申されたのだと主張する板部岡様。危うし真田!
 だがしかし!ここで正信様から「異議あり!」だ~~。はてさて合点がゆきませぬな。徳川は北条に沼田を譲り渡す気はござらなんだ!北条に伝えたのは奪い取るなら好きにせよという事~~~!がが~~ん!つまり譲渡の事実そのものを否定されました~~!
 その証拠に、起請文には手柄次第と書かれているはず!手柄次第、つまりてめえの力で分捕れっちゅうことですかい?片桐様が改めて起請文を確認しますと、ありました!確かにここに!手柄次第と書いてある!秀次裁判長代理もご確認!
 板部岡様にしては、そんなのあんまりだ、徳川殿は沼田城を譲り渡すといったではないか!お主も聞いていたではないか!正信様返して曰く、忘れもうした~。板部岡様絶体絶命!なんだこれは~~~!
 秀次裁判長代理はさらにきつい一言。「譲り渡す」にせよ「奪い取る」にせよ、それは沼田城が真田の城であることを暗に認めていることにならないのか、と~~。もし本当に本来北条のモノであるのなら、「取り返す」「奪い返す」というべきである。語るに落ちるとはこの事、違うか江雪斎?やるうう~~!板部岡様撃沈~!裁定の結果は後ほど秀吉様から下されると決まり、閉廷。これは一本あったかああ~?
 まさか秀次様、きり様への恋慕の情から真田に味方してくれたわけでは・・ないですよねええ~?

 若き勝利者、弁舌で見事強敵を打ち破った信繁様、正信様にお礼を申し上げますと、ややつれない態度でいなす正信様。必死で戦う若者をみたら手を差し伸べてやるのが年寄というもの・・いやいや、まだまだ腹に一物ありそうな感じですけどねえ、正信様。
 信繁様さらに、昌幸パパ上様に得意顔のご報告。よう頑張ったな勝戦じゃと大喜びのパパ上様~。と、そこに三成様が難しいお顔で入って来た!昌幸様がここにいるのは先刻ご承知でしたか~。信繁様に向かって、余計なことをしてくれたな、お主のお蔭で算段が狂った!
 ってのはそもそも殿下は沼田を北条にくれてやって上洛を促すおつもりであったと。沼田裁定は真田の顔を立てるために形だけで済まつつもりで、まさか勝つまいと思っていた信繁様が頑張っちゃったんで、にっちもさっちもどうにもこうにもブルドッグ!ここは折れてくれぬか安房の守殿~~!
 沼田領は諦めてくれと手をついて頼まれちゃっちゃア、さすがの頑固者も折れてやらないわけにもいかず、昌幸様もやむを得ずご納得。沼田引き渡しにご同意。がしかし、沼田のはずれにある名胡桃には真田家代々の墓があります。あそこだけは渡すわけにはまいりませんと条件闘争だ。なんとしても話を纏めたい三成様が今度は折れて、ならば名胡桃はそのまま真田に残すと確約して手打ちでございます。
 この真田家累代のお墓があるってのは実は父上お得意の出まかせの嘘八百!名胡桃城はひときわ高いところにあり沼田が丸見え!つまり一番良いところをゲットだぜ!!食えない男ですねえ昌幸様~。でもそこが素敵~~。

 さて殿下にご許可を得た三成様の裁定は、沼田城を含む沼田領の2/3は北条に、名胡桃城を含む1/3は真田に~。沼田城が北条に渡った以上、氏政様の上洛を拒否する理由もなくなって、これで万事平和的にうまく・・いかないですよね、きっと。

 案の定の矢吹丈、板部岡様から上洛を進言されても拒否する氏政様。名胡桃城を真田に残したのが気に入らないから?沼田城の受け渡しに二万の大軍を派遣されました。殿下は千以上の兵を動かしてはならぬとの仰せ、必要ないはずの大軍を動かしたって事は・・・さては!
 これでは北条を攻められないと不満顔の殿下。つまらん!殿下にしたらこれで氏政様が反旗を翻して、戦に持ち込みたかった感じ~。
 一方真田側では、沼田城代解除の矢沢頼綱殿の涙!初めてこの人にマジで感情移入出来た瞬間でした。三十郎殿にそろそろ家督をついてはどうかと言い出す信幸様。こういうのが一番長生きするんですよと三十郎殿。うわ!柱に自分の身を縛り付けたよ頼綱殿!ワシはこの城とともに死ぬううッ!同情してやったそばからこうだよこの爺さん!大好きっ!多少乱暴に扱っても死にはせんと頼綱殿を強制撤去させる信幸様。辛い立場だなあああ。

 そんなこんなの中、これまた案の定の島村ジョー!沼田城に入った北条家臣の猪俣邦憲様、突如名胡桃城を攻略!力で奪い取った!信繁様が沼田を奪い取りましたってのは以前のはなしで、いまそれをなさるって事は、殿下の天下惣無事令を真っ向から無視するって事ですけど!それでもう戦は必定じゃないですか?大丈夫ですかねえ北条様・・・って大丈夫じゃなかったのは歴史の事実ですけどねええ~~。
 浮足立つ上田城の真田家の面々、名胡桃城代の鈴木殿は責任を取って自害!昌幸様のお留守を預かっている信幸様の責任大!どうするどうする!うああ!どおおしてここに?本多忠勝様がご乱入ですよ!断固攻めるべしと!いやでも、今度ばかりは忠勝様に引きずられずに言い返した信幸様!舅殿は口を挟まないでいただきたい!ここは真田!あなたは徳川様のご家来!速やかにお戻り願いたい!殺されるかと思ったら、忠勝様は大喜び!婿殿よう言うた!一皮むけた婿殿にご満足の様子よ!ご機嫌さんで帰られましたよ忠勝様。わかんない人だなあ・・・。とにかく、慎重に構える信幸様は、出陣の支度を整えつつ、佐助殿を京の父の元へ走らせました。

 小田原城の氏政様は猪俣殿の暴走をむしろ喜んでらっしゃる。これが北条攻めの口実になるのではと心配する板部岡様。秀吉など関係ないとタカをくくっている氏政様。いやあ、これはもう油断大敵っていう・・。

 佐助殿から報告受けて、パパ上様は怒り心頭、武将の血も煮えくり返ったか!意趣返しじゃ!名胡桃城の奪還をお許しくださいと秀吉様に申し出た!信繁様のご忠告で、今はもう勝手に戦を始めちゃだめだって事は飲み込めましたかパパ上様!
 ですけど秀吉様、ここはワシに預けてくれんかとおっしゃる。つまりこれで北条攻め!殿下自ら北条を討ち滅ぼす口実にしてくれるわと~~?三成様はでもまたも押しとどめ、名胡桃城返還と氏政様の上洛を促す書状をご提案です。
 やっぱり呑み込めてない昌幸様!っていうか、戦国武将の権化みたいな昌幸様はそろそろ時代の流れから取り残されてきたのかも・・・(涙)。
 やけ酒の昌幸様と出浦殿。城を取られても手をこまねいてみているだけとは・・・。愚痴ついでに聚楽第は東の守りが手薄じゃ、攻め落とせるぞ!みたいな合戦談義でございます。もうそういう時代ではなくなっちゃったのかなあっていう・・悲しく悔しいお二人のご様子を拝見して胸が張り裂けそうな信繁様と佐助殿でございました。

 書状が届いた小田原城、案の定のタイガージョー!なぜ秀吉が口を挟むのかと、氏政様はさらにおへそを曲げられまして候!書状は丸めて破った!んでも、これが北条攻めの口実になると見抜いている板部岡様は必死に殿を説得されておりますけど・・・。交渉決裂~。
 京でお茶をされている秀吉様と利休様。これで討伐の口実が出来ましたなああ、と利休様・・・。うわ~、利休様思いっきりけしかけてる。これは秀吉様におもねっているだけなのでしょうか、それとも腹のうちに何か別の目的でもあるのかしら、今作の利休様は真っ向からの好戦派ですよねええ~。
 とうとう関白殿下の大音声、これまでさんざん救いの手を差し伸べてきたのだ、北条攻めじゃ!すぐにしたくせよ!・・・ここまで北条攻めの直前の鍔迫り合いのやり取りを丁寧に見せてくれたのは嬉しいですねえ。以前の徳川様の伊賀越えも面白かったですし、眼福眼福~。

 氏政様はまだ、この小田原城がある限り負けはせぬと自信満々だ。武田にも上杉にも屈しなかった天下の名城!奥州の伊達とは盟約があるし徳川だってこっちに引き込めると読んでらっしゃる?ってつまり西の秀吉・東の氏政で天下二分の計ですかね?
 駿河に派遣される板部岡江雪斎様。ホントに大活躍ですね、板部岡様!あっら、こ~んな~ところにいたべおか~。だがこの時秀吉様はあっというまに空前の大軍勢をまとめ上げた!もうアカンやんか!
 徳川に寝返りを促す密使のずぶ濡れ板部岡様ですけど、家康様は京に向かっていると、居留守を使って会見自体を断固回避です。氏政様の構想は脆くも崩れ去りまして候~。これで終いじゃな北条はと引導を渡す家康様。
 ただ一人やる気を見せている氏政様ですけど、あなたにはもう未来はないのでございます~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

鹿二郎
2016年06月07日 08:59
おはようございます。

 沼田裁定、面白かったですね・・部屋もお洒落で、関白殿下の座す席も凝ったつくりで。
 しかも、天下人として、大名の領地を裁定するのは気分もよろしいはず、この機に氏政様も上洛すれば万事安泰だったのに・・・
 一方、昌幸様、甲冑部屋に隠れて息子に入れ知恵のシーンも良かったですね。勝ったと喜んでたところに、三成様の懇願、昌幸様、土下座されたら案外、割譲に同意されるですね・・そういえば家康公や氏政公は命令口調で、それが気に入らなかったのでしょうか・・

 しかし名胡桃城は先祖の墳墓の地と嘘をついて確保しましたが、昌幸様、北条氏が攻撃してくることを読んで、名胡桃城を確保したのでは?という見方もあり、だとした策謀家ですね昌幸様。

 しかし氏政様、天下の情勢が読めてなかったのでしょうか。小田原城に籠城して抵抗を最初から想定してるあたり、ダメなような・・今ならいろいろな手段で豊臣軍の軍事力が読めますが、当時は限られた手段での情報ですので、関東の覇者と化し、最大の勢力となった北条が負けるはずない。と思い込まれたのでしょうか。

 しかし、氏政公の台詞に「沼田周辺に1万、いや2万・」って、当時の日本は兵士が大勢いたんですね。同時期、イギリスとスペインが戦った海戦で世界帝国だったスペインが動員した兵力が5万5千、その半分を一貴族に過ぎない大名でも動員できてしまうとは・・

 
2016年06月07日 18:55
鹿二郎様、おはこんばんは~。
沼田裁定!面白うございました!ほかの大河ではこの経緯はスルーされがちでしたけど、こんなに面白くなっちゃうんですねええ~。なんとなく時代の流れからはみ出しつつある悲哀が漂って、父上がますます魅力的に~~!
野生動物でも相手が自分より大きいか小さいかは大事な分け目!そこが読めてなかったからには滅亡は必須であったような気がいたします、氏政様。二万の軍勢を意のままに動かす豪勢な身分、それで勘違いしてしまったんでしょうかねええ・・。
はああ!ももも、もしかしてもしかるすと!秀吉様のご姉妹が嫁いでこないからおへそを曲げられてるとかっ?そんなに欲しいんですか!朝日様がああ!!

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「真田丸」第22回

    Excerpt: 第22回「裁定」北条氏政の沼田城明け渡し要求を断固拒否する真田。北条を上洛させたい秀吉を判事役に、原告・北条、被告・真田の戦国裁判劇の幕が上がる。信繁は真田の代表として... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2016-06-05 21:02
  • 真田丸 第二十二回「裁定」

    Excerpt: 第二十一回「戦端」はこちら。 前回の視聴率は16.8%と下降。笑点の28.1%というとんでもない数字をはじめとした日テレ日曜夜の鉄壁バラエティ軍の、というよりいつもは無印のフジで中継されたバレー.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-06-05 21:11
  • 真田丸 第22回「裁定」

    Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第22回「裁定」 あらすじ・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-06-05 21:34
  • 〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第22回「裁定」感想 feat. 「惣無事令」の真意

    Excerpt: 先週の予告からも、 三谷幸喜の本来の手法の密室での法廷物、 と勝手に喜んでいたら、その部分は前半のみ。 今回に限らず、最近の大河ドラマは 「戦争は極力避ける」 と言う姿勢が目立つ。 秀吉の主要政策と.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2016-06-05 23:00
  • 真田丸 第22回「裁定」

    Excerpt: 完全に現代の裁判ドラマの雰囲気に仕立て上げた内容でしたが、途中から信繁の言っていることがイマイチよく分からず、双方の言い分がよく分からない方向に向かいます。結果としては真田の優勢で終わりましたが、その.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2016-06-05 23:11
  • 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い22沼田裁定で信繁は論戦を勝ち取ったが戦回避の為に沼田は明け渡したが氏政は攻めた事で北条攻めが決まった

    Excerpt: 大河ドラマ「真田丸」第22話は沼田城を巡る裁定が行われ、信繁、江雪斎、正信の3者による論戦が始まった。それぞれ主張をして一進一退の議論が尽くされるも、最後の議論で徳川が ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-06-05 23:49
  • 【真田丸】第22回 「裁定」 感想

    Excerpt: 北条氏政(高嶋政伸)の沼田城明け渡し要求を断固拒否する真田。 北条を上洛させたい秀吉(小日向文世)を判事役に、原告・北条、被告・真田の戦国裁判劇の幕が上がる。 信繁(堺雅人)は真田の代表として弁舌.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2016-06-06 06:11
  • 大河ドラマ「真田丸」 #22 裁定

    Excerpt: 沼田をめぐる真田と北条の争い。 口での戦。 どうなるのでしょう。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2016-06-06 06:32
  • 真田丸 第22回「裁定」 もうホントに簡単...

    Excerpt: ホントは昨日書きたかったのに書けなかった真田丸の感想(^0^;)ジャンプ感想も書く月曜日ゆえ、簡単感想になってしまいますが書かせてくださいませm(__)m原告が北条、被告が真田。そこは... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2016-06-06 15:54