真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第18回「龍馬!登場」

<<   作成日時 : 2015/05/03 20:42   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 2

そー来ましたかー。いやほら、「龍馬伝」の時も久坂玄瑞様の所に来てましたよ、龍馬様!ただまあ、あの時の久坂様はすでにいっぱしの大人物って感じでしたけど〜〜。それにほらほら、いろいろ苦戦してるからってここで他藩の人気者の龍馬様にスポットあてまくってたら、肝心の主人公様がますます・・要らない子化してしまいそうでええっ!
それはそれとして、本日はゴールデンウイーク特別企画でBSで総集編放映のテコ入れ!これ見とけば今からでも遅くないよって集客策のようで〜。改めて縮めて再編集されるとイイ感じでしたね!あらでも、年末の総集編の最初はこれの再放送なの?うううむ・・・。とまあ本日はこの流れてBS視聴での感想でございます。更新はもちろん8時42分にいたしますけど〜。

 安政七年二月。運命の雪の日までもうすぐですよ彦ニャン様!萩の杉家では笑顔の日常。障子の張り替え?相変わらず前向きですねえ。悲しみが大きいから余計に明るく振る舞ってる感じ?
 高杉様は身を固められて、寅兄様の百日忌もお済ませになって、ほっこりした感じの文様、寅兄様の肖像画にお供えしつつ近況報告。でも気になるのは夫の久坂様、むすっとして何か思いつめてらっしゃるご様子。後々の悲劇の種が着々と育ちつつある嫌な予感です〜〜〜。

 杉様が元松下村塾にやってくると、そこには文之進叔父上様が看板を前に、もうしまいじゃここもこれまでじゃと嘆いてらっしゃる。いえ、これからです!と空元気で返す文様がアテにするのは義理の兄上小田村伊之助様だ!松下村塾を引き継いでくれると言う目論みかああ〜。細かなボケワークはカメラさんの得意技〜〜〜。
 いやでも伊之助様には別の御下命、越氏塾という藩校の付属校の先生になれとの辞令発動!口答えしても通用しませんのよ、だってお役人なんですもの〜!周布様がおっしゃるには、塾生たちが何をしでかすか分からないので今松下村塾を復興させるわけにはいかんのじゃと言い含めまして候。

 さて運命の3月3日です。旧暦としては珍しい季節外れの名残雪。駕籠を待つキミの横で僕は刻限を気にしてる〜〜。お雛様も凛々しくって素敵ね。血の繋がらない娘の彦根の姫様にこれを譲ると殊勝な事をおっしゃるお内儀様。静かで幸せな家庭生活の井伊直弼様でございます。今日は早く帰る・・・フラグだ〜〜〜!
 と、とつぜん、パァァン・・っとこもった発射音!某歴史ヒストリアではこの一発で既に致命的であったんだとか〜。桜田門外の変、勃発〜〜〜!椿の花が落ちただけのイメージ映像でお茶を濁してしまいましたか・・・。

 公式発表の前に非公式で諸方に井伊暗殺の裏ニュースがいきわたったご様子。モチの論で萩の杉家にもお手紙到来!ままま、まさか塾生の誰かがか〜〜〜!と浮足立つファミリーの面々!・・・だったら塾生を寄せ付けなきゃいいのに、ってのは言わないお約束お約束。
 痛恨の極みじゃ〜〜〜!ってつまり先を越されたと地団太踏むのは久坂玄瑞様。アンタやる気だったんすか〜〜〜!梅兄様も呆れ顔ですよ〜。百合之助パパ上様と滝ママ上様はでも、寅兄様の仇が死んだというのにそれほどの感動はなく、むしろ相手のご家族を思いやる淡々とした心境?最早恨み辛みを解脱して悟りの境地に入られましたかのようで・・。おもいっきし目が泳ぐ久坂様、やり過ぎっちゅうかなんちゅうか本中華・・・。
 梅兄様の奥様の亀様はでも、父上母上は穏やかに見えるが内心はどねえにおつらい事かと思いやって心配されております。いい嫁だなあ亀様。文様は取ってつけたように、伊之助様が松下村塾を復興させてくれるから・・と言いかけますが、でも小田村様は三田尻の越氏塾に行かれると聞きましたけど、と亀様!文様の思惑全て外れて大崩れだ〜!

 文様が怒りのあまり小田村家にやって来ましたよ!まあこんなにしても、この人がいなくても、歴史には何の影響もないってのが見えちゃってもう、大河の主人公としてお気の毒でお気の毒で・・・閑話休題!小田村家に殴り込むも、実の姉の小田村嫁の寿様に良いようにあしらわれちゃってお引越しのお手伝いだ!こりゃあもう転勤確実だ!
 伊之助様曰く、やっぱり怒っちょるか?文様返して、はい怒っちょります!この時代にまあ、なんちゅう生意気な義妹でしょう?っていうか世間知らずマックスバリュー?でも松下村塾を守るためにはこうするしかないと言い聞かせて謝る義兄上様。こうなると文様も納得せざるを得ませんでした〜。

 そんな文様に嬉しい驚き!入江九一、野村靖の被害者兄弟、そろって釈放でございます〜〜〜!寅兄様の巻き添えで牢屋に繋がれたとしか思えない野村兄弟ですが、出獄のご挨拶にやってくるのはやっぱり杉家!律儀ですなああ。あ、塾生が揃ってお出迎えの祝宴!前原一誠様は密告の件を改めて謝罪して平伏・・するところを止めた入江様。おかげで死罪にならずに済んだんじゃと〜。
 二の足を踏む塾生の代わりに己の誠を貫いた松陰先生、今思えば先生もそれで救われたんじゃという苦しい言い訳をするのは久坂様だ。いやでも、先生のプランには無理がありますともっと真正面から強く言うべきだったと思いますよ、あなたも・・・。
 ともかく同窓会と化した出所祝いの席は、松陰先生の思い出話や物真似で盛り上がってまいりました。「君の志は何ですか」見つけにくいモノですか〜・・・。そんな中、久坂様高杉様はほとんど無言で・・・なにか心に期するものがお有りの様でございます。宴会が引けた後、皆が楽しそうで久しぶりにほっとしましたとおっしゃる文様。松下村塾をいつかまたと言いかける文様。久坂様は何かでも奥歯にものの挟まった様なお顔です・・・。

 翌年、長州藩では長井雅樂様が「航海遠略策」という建白書を提出します。その内容は言わずと知れた幕府追従策で、朝廷から改めて開国の勅をお出汁頂こうと言う!これはこれでブレのない信念の賜物なのかも知れません。破約攘夷だなんて戦争必至ですものねえ・・・。
 当たり障りなく事を収めようと言う長井様の折衷案に対して、だがそれでは各地で高まる熱をどうなさるのか〜と言いつのる伊之助様。が、しかし、多勢に無勢で伊之助様は孤立するばかりでございます。
 晩、料亭での内緒の会合。行燈の灯りで舞い踊り、優雅ですねえ。長井様と周布様の手打ち?そろそろ折り合いをつけましょうと?うまいこと互いのメンツを立てあって、結局長井様の案に周布様も乗るって話ね?伊之助様も同席してむりくり盃を頂戴しております所に、久坂玄瑞様ご乱入だ〜!ありえにゃ〜い!
 伊之助様は義理の義理の弟を庇って、私が呼んだんですとか取り成してますけど!ダメだよ〜〜。捨て身にも程があるよ久坂様〜。長井様の建白書は、単に甘言の奸計に過ぎないと一刀両断!このままではこの国は内から滅亡しますとおっしゃる久坂様ですけど、後世からの後出しジャッジメントは開国正解としか思われず〜〜〜。
 国を開き通商で優位に立つと言う論はむしろ松陰の考えに通じると言い出す長井様、これに超短気な久坂様が切れた!何故今さら我が師の名を?江戸に行けば死罪になると知っておったんじゃろおおおお!やり過ぎだって久坂様〜っ!
 あいつは先生を見殺しにしたんだと一時の感情に翻弄されてる久坂様に対し、俺は寅次郎の熱を、魂を、受け継ぐと決めたんだ、この先この国を変えてみせる!と遥かに大きな思いを打ち明けたのは伊之助様だ!人物勝負で伊之助様の圧勝だ!!さらに久坂様に対し、考えろ今お前がすべきこと、お前の志は何じゃ?と大きな命題を下された伊之助様なのでございました。まっこう小者に見えちゃうなあ久坂様・・・。物理的な背の高さは存分に表現されてましたけど〜〜〜。

 自分の思いを受け止めてもらえず塞ぐ青春の蹉跌の様な久坂様を塾生の皆様が訪いまして、一致団結。こんなんでええんか長州は!先生の言う草莽くっきとは、草莽の志士たちがこの国を変えろと言う教えだと言い出されました久坂様。こおなったら幕府の役人も無能な公家も諸大名も顧みるに値せん、藩の決定ももはや小事!長州が滅亡しても構わん!大義の為に雑草のような草莽の志士がこの国を変えるのだ〜〜〜!聞きようによったら正面切ってのテロ宣言かああ?この人なんも分かってへんで伊之助先生〜〜!
 塾生の皆様が集って来たと?彼らが危ない思想を進化させてるとはつゆ知らぬ杉家の面々。皆が寅次郎の本を読んでる?どうせまた汚いなりをしとるんじゃないか、風呂を沸かしましょう、それからお腹、何かこしらえんとねえ・・・そこに文様、もうここにしか主人公の活躍のしどころはないとばかりに、お握りいっぱ〜い!たあああんとこさえてお持ちします。敏ちゃんの仕草がいちいち心に残りますねえ、お上手ですわご指南役様〜。
 が、塾生の皆様は目もくれずに作業続行!なんですかこの張りつめて切羽詰まった熱気?松陰先生の「講孟余話」の写本を作って売り出す?・・どうして木版画になさらないんでしょうねええ。不思議。
 写本を売って軍資金にするの?何かあったら京都へ向かうため?さらに何かあった時のお墓のお金?ななな、何で皆、自分が非業の死を遂げる事が前提でらっしゃる?病死じゃだめだ華々しく戦うて散らんといけん?寅兄様の死にたい病が蔓延してるううううっ!
 さすがの文様も愕然としておへそを曲げられて、松下村塾はどこへ行ったんでございますか!江戸や京へ行って誰を斬るの?何人死ぬんですか?望んではいけんのですか、夫婦らしい暮らしがしたいと〜〜〜!これはさっき見た寿様の幸せそうなお姿の影響もあるんでしょうねえ。
 久坂様は返して曰く、もはや座してただ学ぶような時代じゃない、立ち上がるんじゃ!そんなの寅兄様はどう思われるでしょうと言いすがる文様ですが・・先週までの寅兄様を考えると結構大喜びなんじゃないかなああ・・。そういう松陰先生を乗り越えていく塾生を応援するようなアレがあなたの役目なんじゃないかなあ、と思われてなりませぬ。
 先生はもうどこにもおらん!じゃからこそ俺はその志を〜〜〜!と感情をぶつける久坂様。文様は悲しみのあまりお餅もこねられなくなっちゃてもう・・苦労するなああなたも。
 松下村塾が再開したが既に学問の場ではなくみな戦国武者のように勇み立っていると・・・寿様も伊之助様も心配顔・・・。

 と、そんな時に、小汚いなりをした背の高いお侍が・・・いよいよ来ました!龍馬様!あ、まだ文様にはどこの誰とも訳ワカメ・・・って、だからっていきなりボッコで叩かないっ!そんなキャラじゃなかったでしょうあなたはああ!
 わしゃ怪しいもんじゃないきに〜〜・・・ここで福山さまが出てきてくれることを心のどこかで願っていた愚かな私・・・いえ、伊原様で何の不平不満もございませんのですけど〜。
 とにかく三角四角い仁鶴、いつぞやの通り久坂様に会いに来た坂本龍馬様でございます。武市半平太様をアゴと読んでいるとか、足を洗う水でお顔を洗っちゃって身繕いをせねばなどとおっしゃる!お約束通り我が道を驀進する龍馬様の明るい言動に思わず引き込まれる文様。いやいや・・長州のメンバーよか魅力的な人物にしちゃったら・・今後のドラマの展開が思いやられて冷汗〜〜!
 松陰先生の遺品の精米機などを目にしつつ・・・精米機って、あんまり印象に残ってないなああ・・・。本を読みながらお米を搗いていた?うううむ、ブツブツ・・・。松陰先生はどういうお人であったかと問う龍馬様。一見のお客になぜか心のありったけをぶちまける文様。
 優しい人でした、でも寂しい人でした、こんまい頃から神童と呼ばれ厳しく育てられてずっと一人で、やからせめて私たち家族だけはただの寅兄として、普通の暮らしに戻そう戻そうとして、でも逝ってしまいました、消えておらんくなった・・・、何がイケんかったんでしょう?泣いて止めりゃあ良かったんか、どうすりゃあ生きちょってくれたんか、知らん松陰なんてそんな名前、私たちにとってはただの・・と涙をこぼす文様。見せ場ですよ文様の感情が迸る〜〜。
 でも・・そんなに身の上を打ち明けちゃうのお嬢さん?そんなに聞き上手だったの龍馬様?某みのさんも顔負けですね!っていうか夫の久坂様よりも心が通い合ってませんか?アブにゃ〜〜〜い!
 龍馬様のご回答は、おまんの兄上に会えたら、聞きたかったことは「フレーヘード」!兄上の書いた文にあったと言う「フレーヘード」。異国の言葉で自由、何もんにもとらわれない、ようわからんけんど、まっことええもんに思える。おまんの兄上は消えたのではなく自由になったぁ、そうは思えんかや?遥か斜め上の成層圏なお答えだけど、晴れ晴れとしてぽっかり明るく、まさに龍馬が行く〜〜〜!
 兄上は今フレーヘードじゃき〜、吉田松陰はこの国の志あるもん皆ををつなぐ男の中の男フレーヘードじゃき〜〜〜!意味分かって言ってんのかなあ、この人・・・。わしもぉやるき!何にもとらわれん!我がなすことは我のみぞ知る・・!一応わかっているっぽいんで良しとしましょう坂本様。フレーヘードじゃき〜〜!文様もなんだか少し明るい気持ちになられた模様〜。
 っていうか、でも、いいんすか?長州の人でなくて土佐の坂本龍馬様が全部もってっちゃいましたけど!どう見ても人物の魅力と大きさで圧倒しちゃいましたけど!こうなると長州におきましては、幕末イケメンの育て方・失敗例、になりかねませんけど!大丈夫なんすか?脚本の方〜!

 龍馬様との面会の後、松陰先生の精米機の前で米粒を拾ってる久坂様。坂本龍馬、存分に語り合うた、と充実感?文様曰く、お強そうな、そうでもなさそうな、どこか怖いような、お優しそうな、不思議なお人でした〜。
 あらためて久坂様がおっしゃるのは、俺は種にならんと!先週松陰先生の寅兄様が言い残したお言葉、一粒の籾として次の春の種となれますよう・・ってのにかけてる!?俺は一粒の籾として次の種とならなければいけないと。単なる籾殻か米粒かはこれから何をなすかで決まる。どうかそれを見定めてくれ。ようやったといつかそう思って欲しいんじゃ。お前にだけはようやったと思ってもらいたい・・純愛の告白のようでいて、じつは松陰先生の妹って所に価値を見出しているとも思える久坂様の激白!文様はやさしく手を添えて、やがてハグ・・ぎこちないなああ、でも一応ハグってらっしゃいますけど、うううむ、なんか複雑〜〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「花燃ゆ」 #18 龍馬!登場
松陰が死んで、唐突に龍馬登場。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2015/05/03 22:04
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹18松陰を失った文の下に龍馬が現れ松陰は自由になりみんなのものになっ...
大河ドラマ「花燃ゆ」第18話は松陰が処刑され数か月が過ぎた頃桜田門外で大老井伊直弼が暗殺され幕府の権威は大きく失墜する事になった。そんな中松陰を失いこの先の道しるべが ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2015/05/03 22:18
【 花燃ゆ 】第18回 「龍馬!登場」感想
兄・吉田松陰(伊勢谷友介)が亡くなり、喪失感の中にいる文(井上真央)。 そして松陰を処刑した江戸幕府大老・井伊直弼(高橋英樹)が桜田門外で暗殺された。 混乱の中、再び集った松下村塾の塾生たちは、決死の覚悟でじょういの準備を進める。 不安に駆られる文は夫の久坂玄瑞(東出昌大)とも気持ちがすれ違ってしまう。 そんなある日、思わぬ訪問者が杉家にやってくる。 文が出迎えた客人は土佐藩士... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2015/05/03 22:39
花燃ゆ 第18回「龍馬!登場」感想です。
・・・今日は回想シーンで 松陰先生が出ましたが・・・何だかもう随分昔のシーンの様な気もする・・・(泣)でも ちょくちょく回想シーンでいいので出て来てください、伊勢谷さん... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2015/05/03 23:28
花燃ゆ 第18回「龍馬!登場」
大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。 第18回「龍馬!登場」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/05/04 12:52
「花燃ゆ」感想 第十八回「龍馬!登場」
もう今週から龍馬が主人公でいいんじゃないかな! ...続きを見る
きまぐれひまつぶし雑記帳
2015/05/08 00:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
桜田門外の変、拍子抜けする感じでしたね。もっと、激しい感じを想定していたんですが。しかし、井伊大老、聞けば、襲撃朝に、藩邸まえに襲撃を警告する文書が竹竿につけられて届けられていたとか。しかし、警告文を大事そうにしまい、登城したとか。いつも覚悟してたんでしょうか?

一方、塾の面々、遺された者たち。って感じですね。しかし、死を急いでる感じもします。
前回の松陰様の御両親の「寅が帰ってきた。」と、嬉しそうな表情のほうが、悲しみを感じさせますね。
鹿二郎
2015/05/05 05:19
鹿二郎様、おはようございます〜
まさかワンカットも襲撃シーンがないとは!
ビックリしました!英樹様の見せ場でもあったでしょうに。
井伊様のご覚悟はご立派、命の覚悟をしなければできないお仕事だったんでしょうねえ。
塾生の面々は、同じ死ぬ覚悟ではあっても、なんでそんなに死にたいのか!君の志は死ぬ事なんか?と問い詰めたい気分が・・・
真田
2015/05/05 09:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第18回「龍馬!登場」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる