NHK大河ドラマ「八重の桜」第45回「不義の噂」

うっわっさをしっんじ~ちゃっいっけったいがっ!!・・・いやあ、先週のラストのあの表情からして、これは単なる噂ではなく!汝の罪は汝の上に既に現れり~~~、みたいな。どうなっちゃうんでしょう、時栄様。普段真面目で健気な人がこうなるともう驚愕!怒涛の非難殺到?・・・普段ちゃらんぽらんな人がたまに真面目にやったらうんと褒められるのと比べて余りにも不公平でしたか?いやでも、ほらほら、それがキャラというモノなのではないかと、ハイい~。

 おおお!いよいよ出ました!琵琶湖疏水の大工事!これも覚馬兄様のお手柄なんでしょう?まっこと偉大な兄様でございますこと~~~。水運の大連絡路が出来て京都は大復興の倍返しや~~~!人間のやり直す力はたいしたもんだとおっしゃる兄様。それを聞いて頷く大垣屋様親子。息子様の大沢様もも凛々しく頼もしい感じですよ。広島の選挙とか山手線運転見合わせとか、今宵も何だかテロップが騒がしいですねええ。
 八重様は義理の父母に西洋大判焼きのワッフルを献上して喜ばれてます。上手くやってんなあ。意外や意外八重様が気に入られてる感じですよ襄様の父様母様に!襄様は今はボストンにいらっしゃるんですか。女学校にいろいろあって寂しがってる暇もない?そんな所にやって来た久栄様。あの人が嫌いや!え?あのひとって・・・青木様ですか?あの人がいはったら母様が変わってしまう?うあああ、不倫疑惑の第一声はなんとなんと南都六聖拳、時栄様の愛娘の久栄様から始まったようで~~~!

 突如として沸き起こった嵐は、ジャパンミッションが同志社女子学校の支援を廃止の廃校決定!アリス先生は職場放棄?ずうっと対立してましたものねえ、八重様っていうか生徒一同と。いやいやでもでも、そんな事ではめげねえ八重様!元熊本バンドの市原先生も金森先生も困り顔ですが、八重様曰くこれはチャンスです!ミッションに頼りきって来たのがむしろ間違いであったこの機会に学校を作り変えましょうと、前向きなご発言。襄様のいない留守をしっかり守って守り過ぎてその遥か斜め上を行く勢いですよ!奥様!
 八重様から事の顛末を聞いた覚馬兄様は顔を曇らせて、資金確保と経営担当者をどうするかとおっしゃいます。八重様はそれでもめげずに、だったら京都の実業家の方にご助力を願おうともくろんでらっしゃる。そもそも兄様は京都商工会議所会長?そりゃあ顔も広いわ!頼りになるなあ兄様~。
 時栄様は先週登場の書生の青木様を北野天神の縁日に連れて行ったとか?こりゃあ八重様気になりますわ・・・。ってなところに!当の青木様、時栄様とお手手つないでご帰還だとか!久栄様が見咎めて大騒動?母様は不道徳やわ~~~!
 青木様ったら、兄様の御前に乱入ですよ!そして言うよう、時栄さんをなんと思っておいでだべか?妻ですか?それとも・・・。どうしましたか、やけに常軌を逸して興奮されてますけど。同情されてるわけ?これじゃあ時栄様は奴隷のようだと?まあ確かに、覚馬兄様のために己を殺して尽くしに尽くしてきた感はございますねえ時栄様。八重さんには自由であれと言っておきながら時栄さんには忍従を強いる、先生は偽善者だ!!!・・・うむ。確かに。視聴者の方も少しそんな風に思ってました。でもそれって自由意思だったのではないかともおお~。
 それ以前に青木様の態度はおかしい!何か間違いがあったのかと問う覚馬兄様。時栄様が答えて曰く、なんもあらしまへんえ~。身の回りのお世話をするうち青木様が勘違いしたのだと言い訳を尽くされてますよ。
 最初は国へ返すとおっしゃっていた兄様のご裁量は、時栄様のとりなしもあってちょっとゆるくなりまして、青木様は大坂の学校へ転校!この家から追い出して一件落着?時栄様との間には何もなかったと言い張ってとりあえずことを納める手はずですか。なるほどさもアリなん・・・。

 京都の顔役の方に資金援助をお願いする八重様。でも乗り気でない?うううむ、となって次のシーンは、顔役の皆様が事業参観してます!言わずと知れた同志社女学校。これはきっと八重様の差し金ですね。寄付金を募るための。あ、硝子戸の向こうで鼻高々にしてますよ!八重様っ!!
 もちろん大垣屋様とその息子の大沢善助様もご同席。活発な授業風景は皆様のハートを射止めた感じですよ。ただあの、異国のキリスト教徒になれって言うのはちょっと・・・と思ったら、大沢様がナイスフォロー?この学校はキリスト教徒にならんでも構いまへんのや、と~~。確かにジャパンミッションの方から手を切って来たんですから、もう早や何でもアリなんでしょう!これで京都の皆様がパトロンになられるのなら一層激しく何でもアリーナアンジェリーナ!ジョリー!
 授業参観大成功で陰のフィクサーの大垣屋様も一安心のこの時に、改めて八重様に申し出るのは時栄様の処遇。時栄様はこれまで覚馬様のために人生を棒に振って縁談も棒に振って尽くしてこられたと、だから一遍だけ目え瞑って許してやっとくれやす・・ですって!まあ確かにねええ、そこまで言われちゃっちゃあねええ、鬼の目にも涙ですよねええ。あ!いえ!八重様が鬼だって言っている訳じゃあないですからねっ!とにもかくにも優しい聖歌の流れる中、大垣屋様のお墨付きも出まして女学校の存続は安泰になりました。
 優しい聖歌が流れ続ける中でシーンは変わりまして、ここら辺のつなぎ方がなんともはや嬉しいなああ!私の好みなんですよこういう演出!・・・閑話休題。覚馬兄様が改まって時栄様におっしゃるには、二人で洗礼を受けねえか?俺は自分の罪を悔い改めようと思う。お前も一緒に洗礼をうけて一からやり直してみねえか?重要なセリフですよねええ、これ!自分のために一人の女性の人生を踏み台にして来たっていう意識はちゃんと持っておいでだ兄様!いやあ、このセリフがなかったら視聴者もちょっと覚馬兄様は自分勝手な人だって思いかねないところを見事ひっくり返して、やっぱり兄様!日本一~!みたいな。
 さっそく揃ってゴードン様から洗礼を受けてらっしゃいます兄様ご夫妻。これで二人は洗礼を受けて生まれ変わったと、今日から新しく生き始めんのだしっ!と第二の結婚式みたいな感じで祝福する八重様でした~。めでたしめでたし?・・でも時栄様が改めておっしゃるのはうら様への妬みの恨みのコンプレックス!?旦那様の中にはずうっとうらさんがおんねや!歳もとらんと綺麗なままで!うううむ、そんなに簡単に収まらないかも、この問題。

 娘十八番茶も出花の明治十八年!この年の12月、太政官が廃止されて内閣制度が発足、いよいよ近代的な政治体制にシフトして来ましたなああ。そして初代総理は千円札の伊藤博文閣下なり~~~!
 同じ月のクリスマスま間近の頃、襄様がご帰国!桃太郎様みたいにザックザックと5万ドルもの寄付金を集めて堂々の凱旋帰国!やっぱり襄様!やればできる子だと思っておりました!私はっ!で、帰って来るなり八重様にデレデレグダグダな襄様でした!ああやっぱり。
 そんな所に帰って来た厄介モン!青木様まさかの来襲!時栄様に会いたくて帰って来たとなあああっ?断固拒絶する時栄様!青木様逆襲!あんた酷い人だ、優しいそぶりで誘ったのはあんたじゃねえか?いやそれを言うか!?男らしくないですよ青木様!あ!抱きしめた?
 うわあああ!そこが出入りの業者に何もかも見られてるうううっ!さっそく京都の街を駆け巡る悪い噂!時栄様と青木様はデキているって言う面白おかしい噂話、でもこれキリスト教徒である山本夫妻にとっては致命傷!
 青木様・・今まで気づかなかったんですけどブロガの皆様のお書き込みを拝見してたら、こないだまでやってた仮面ライダーのライバルライダーの方!言われてみれば確かに同じ俳優様!ですけど、髪の毛の色とか口調とかマヨネーズとかを変えたら全く別人に見えてしまいますねええ!まさに役者の面白さ!
 汝姦淫するなかれと言うキリスト教の教えに背いたと疑われている時栄様。それは夫である覚馬兄様の落ち度でもあり、また義理の義理の弟の襄様にも火の粉がかかってまいりまして、アメリカンボードから集めたお金を伝道のために使わずに自分の学校のために使うのかと言う・・・あちら様にしてみたら当然の主張なんでしょうけどねえ。厳しい・・。

 改めて時栄様を問い詰める八重様。何もなかったんだべ?でも時栄様、とうとう隠しきれず!覚馬兄様の心に居る理想像のうら様と自分とは違う、自分は生身の人間だと、言い寄られたら手え握られたら抱きすくめられたら・・うわああじゃあやっぱり本当に不倫してたのおおお?何もなかったと信じてた八重様驚愕!!
 時栄様の境遇と越し方を思えば情状酌量の余地は300haくらいはありそうなもんですけど、でもこの時このタイミングは余りにも不味かったですよねええ。
 何て事してくれたんだなし!出てってくなんしょ!この家から出てってください兄とは別れでください!と言い放つ八重様!鬼!あ、いえ、心心、心を鬼にして申し渡しておいでです!
 そんな所に帰ってきた覚馬兄様は、今度の事の始末はおれが付けると・・商工会議所をやめて来られた?もういい騒ぐなと、事を治める構えですが、今度は時栄様の方から、うちを離縁してくださいっ!とうとう破局がやって来てしまいました~~~!八重様もらい泣き・・・。山手線運転再開・・・ああもう気が散るテロップううっ!ま、まああの、事故がらみですからしょうがないですけどねえ、はい。

 これまで何度も助けてくれた時栄様、時栄様が居なかったらきっととっくに死んでいたに違いない覚馬兄様。離縁するにもそれ相応のご配慮がありました模様です。これからの暮らしはちゃんと見てあげるの?そこん所はちょっと安心です。
 後の事をこまごまと言い含めて、雪模様の中家を出る時栄様。と、そこに出てきた久栄様。一言怨みを言いたいみたい。母様が傷つけたのは父様だけやない、ウチの事も裏切ったんや~~~、みたいな。いやいやこれはイカン!だれか止めなきゃ!言わなきゃいい事まで言い出す前にだれか止めなきゃ!と、ここで八重様が一計を案じまして。敢えて乱暴に時栄様を掴んでは投げ・・ではなく!掴んで押し出して、早ぐ出て行げ!と追い出しにかかります!この人はもう山本家の人ではねえって!鬼!鬼の表情ですよ八重様!
 実の母が手荒く追い出される絵を見せられては黙っていられません!杜子春!いやあああ!やめて~~~!母様に酷い事せんといて~~~!と、八重様の術中に嵌って時栄様を庇って同じサイドに寄り添う久栄様!・・・子供やなああ・・・。
 ま、まあまあとにかく、時栄様と久栄様、今生の別れに清く仲良く美しく互いを思いやって涙を流すことが出来まして候。ここで敢えて敵役の、泣いた赤鬼の青鬼の役を買って出て見事その務めを果たされたのは八重様!やっぱり八重様、鬼がお似合い!・・いや、いい意味でいい意味で!(汗)
 これでよがんべ母親を憎んだまま別れたら久栄が救われねえ、と佐久母上。八重様に対して、おおきにと頭を下げて去って行く時栄様。報われない人生だったなああ、時栄様も・・・。覚馬兄様の回想シーンの大活躍はかなり胸に来ました。
 最後のシーンは八重様の鬼の目にも涙の・・・あ、いや、いい表情でしたねええ~。雪もイイ感じに振ってました久栄様はまたすごいお顔で泣いてましたねえええ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鹿二郎
2013年11月11日 03:48
おはようございます
昨夜は夫婦の問題に他人が口を挟みすぎて・・不幸な結末を、といった感じに見えました。夫婦といっても、人間ですから、愛情がある反面、不満の1つや2つはあるもんです。しかし、大抵の夫婦は仲直りして、円満な夫婦生活を送ってます。
 覚馬様・時栄様夫婦もそうなれるはずだったのに・・・

 八重様、世間体以上に、先妻のうら様のことが頭にあったのでしょうか? 
”お姉様は潔く身を引いたのにあなたと言う人は”と、いった感じで。

しかし、覚馬様の穏やかな表情はなんとも・・・優しげでもあり、哀しげでもあり。

つくづく思うのは、人とは複雑な感情をもつものです。
2013年11月11日 08:13
鹿二郎様、おはようございます~。
許す気満々だった覚馬兄様。兄様がこんなに有力者でなかったら、時の流れにうずもれて何事もなかったように修復するのかもしれませんねえ。
東北で一人寂しく神社で祈り続けているうら様の事を思えば、そうまでして結婚したくせにみたいな気も致しますが、大垣屋様が話された女の人生すべて捧げて兄様を支えてきた顛末を思えば、とても責める気にはなりません時栄様。
青木様の兄様糾弾の言葉にも一理も二理もございました。潔く己の罪を認めて悔い改めてやり直したいとおっしゃった兄様、いろいろあったけど男前ですねえやっぱり。
Ricky
2013年11月11日 12:30
昨日ひさしぶりに、何の気なしに「八重の桜」を見ておりやした。

例の場面で青木がいった「誘ったのはあんたじゃねえか」の
前のセリフがどうしても聞き取れなくて(老人なので・笑)、
さっそくググってたら、ヒットしましたよこのブログ様が。

いやいや、キャロラインしばた以上のおもしろさ。
主な場面は、ほとんど全部実況中継解説入り(緊急テロップも再現)、
それも元セリフの内容を変えずに微妙に脚色しているので面白い上に、
とめろ、とめろとけしかけなきゃいけないほどに突っ込みまくってくれてるので、
どうにも笑いがとまらねえ。

いやはや、おそれ入谷の鬼子母神。みあげたもんだよ、屋根屋のTバッグってくらいに、
楽しませてもらいやした。

私としては、八重が前の亭主を見捨てて、ジョーとくっついたころから、
気分が悪くて(老人なので・笑、そのうえ史実なのに)毎回は見てなかったけんじょ、
これからは本編みないで、
こちらの実況中継風解説ブログを見せてもらおうと思っております。

これからも、きばってお書きくだされませ、なし。
2013年11月12日 21:14
Ricky様、初めましてお今晩は~、アア~~ンドいらっしゃいませ毎度ありいい~~~♪
お褒めにあずかり恐悦至極にございます~~~。某チャンネルの実況板上がりの私の、拙い実況with感想文をご覧いただいて、少しでも楽しんでいただけましたのならもう望外の大喜び!
喜んじゃったり踊っちゃったりもう大変!ありがたやありがたや~、これからもがんばりますともっ!命っ尽きるまでええええっ!!!

この記事へのトラックバック