NHK大河ドラマ「平清盛」第25回「見果てぬ夢」

ここ何回か本当にめっさ面白いんですけど!伏線も回収されてきましたし、清盛様もそれなりの人物に描かれてまいりましたし、いろいろ得心が行きまして腑に落ちること腑に落ちること。いろいろありましたけどやっぱり見続けてよかったなああって~。

 播磨の守・太宰の大弐となった清盛様、貿易の実務を握って大躍進。一方義朝様は左馬の守どまり。帝の座は二条帝に移られましたけど、政の実権は後白河院様側近の信西入道が握っておりました。清盛様と義朝様の二人の間の差が戦の火種になろうとしていた!うわ、わかりやす~い。

 由良御前がお仕えしてきた統子様が上西門院様となられ、その蔵人となった頼朝様。さっそく病床の母にご報告、めでたきかなめでたきかな。由良御前も嬉しそう。きれいなお顔ですねえ。でも父の義朝様はライバル清盛様との格差が広がるばかりだし、さぞやお辛きことでしょうとうれしき仲にもさめざめとした悲しみのあり。厳しいですねええ。

 政の予算編成の計算をなさっている信西入道。算木っていうの?割り箸みたいなのを並べて計算してらっしゃいます。これでは大学寮の再建はできぬな…とかなんとか。忙しなく忙しくあれやこれやと思いを巡らす信西入道、税の報告をしていた清盛様もやや呆れつつ暖かい笑顔で、いい関係ですね。
 ここで信西入道の奥様が明かすエピソード、かつて宋のお坊様が日本に来られた時、宋の言葉を流暢にしゃべる信西入道がことのほかご活躍。言葉もできるし物知りだし、すごいねすごいね!中国語だね!信西入道!どうしてそんなに宋の事を知っているのかと問われれば、いつか遣唐使が復活したらお役にたちたいから一所懸命勉強したのですと!宋のお坊様感に入った!この人こそ生き観音だと拝んじゃったんですって!いい話ですねええ~。でも清盛様はちょっと揶揄するような笑い顔でしたけど・・・。

 お子様に帝の座を譲って上皇となられた後白河院様、で、両派はやっぱり対立?それぞれの派閥が対抗意識で何だか殺伐とした雰囲気よ?そんな中で水を得た魚のごとく思う存分活躍されてらっしゃるのは信西入道!唯我独尊ってな感じ?成り上がりの入道めがと二条帝派が憎々しげににらんでました。まさに目の上のたんこぶ!
 後白河院様はでも相変わらずのほほ~~~ん?ブルブルブルブルブルドッグな藤原信頼様を大いに買ってらっしゃる後白河院様、信頼を近衛大将にしてやってくれと信西入道に申されますが、しかししかし、信西入道断固拒否!近衛大将は特に際立った働きもないお方にやすやすと与えられる官職に非ずっ!言っちゃった言っちゃった!ひゃあああっ!
 特に際立った働きもないとはだれの事か!と信頼様ご立腹!軽佻浮薄なお人柄と高き家柄のみにて公卿にお上りになった方にござりますと!真っ向唐竹割りに言い放つ信西入道。信頼様はもう、面白うないのおう!とは言わないの?信西入道にしてみたら個人と個人の好悪の情で事を運ぶ後白河院様のお振舞こそ諸悪の根源!唐の玄宗皇帝の故事、楊貴妃に入れあげてお国を滅ぼしちゃった絵巻を献上。ですが。後白河院様にそのイヤミ・・・ゲフン、いえいえ、戒め戒め、暗喩としての戒めは全然届かなかった様子・・・。後白河院様・・・ちょっとお暗い感じですかねええ。真っ赤なお召し物は優美で軽やかで魅力的でしたけど~。

 一所懸命馬の鞍を磨いている源氏一同。の傍らでショボーンと座っているのが義朝様。どうしました?空元気でもいいからもうちょっと棟梁らしくしてくださいよおおー!見るに見かねて当のライバルの清盛様が助け舟?奥方のために宋の薬が要りようならばいつでも言うてくれ、と~~。ご本人は親切のつもりなんでしょうけど、義朝様がこれを受け入れられるはずもなく!貴様の助けなど借りぬ!って、まあそうでしょうねええ~。
 信西入道と組んで甘い汁を吸いおってみたいに責める義朝様。返す清盛様は、かつての父の言葉、源氏と平氏のどちらが強いかはもっと先に取っておくことはできぬか云々を引用して、それもこれも朝廷への影響力を得るため、信西殿の知力を利用しておる、と。力でのし上がってこその武士の世ではないのかとなおも突っ込む義朝様ですが、清盛様は返して曰く、それが通用せぬ事はかの戦で思い知ったであろう!・・あ、つまりこないだの保元の乱ですね。武力で活躍して戦場でいっくらブイブイ言わせても、戦後の論功行賞で思いのままに差配されちゃったら全く持っての骨折り損!しかも身内まで斬らされちゃって踏んだり蹴ったりみたいな~~~。
 でも清盛様の棟梁道かくあるべしってな御忠告も馬耳東風な義朝様、藤原摂関家も落ちぶれちゃって後ろ盾もなくなっちゃって、父の首を斬りながら左馬の守どまり、妻が病に倒れたのも俺のふがいなさの故だ!とご自分を責めるばかり。いえでもその左馬の守様のシャレで今や鯖の神様として大人気ですよ?横浜市の和泉川界隈では・・・閑話休題。
 とにかく落ちぶれるだけ落ちぶれちゃった感じがする義朝様、もうやけくそみたいに馬の鞍を磨いちゃって・・・。そのお姿を心配そうに見守る清盛様なのでございました。

 さてさて、どうしてこの番組のナレーションがあんなに清盛様びいきだったのかようやく明らかになるようで!ってのは、清盛様と頼朝様の初邂逅みたいよ!統子様あらため上西門院様の殿上初めの儀にて、固めの盃のお酒を注ぐ係りを仰せつかった頼朝様!まずは清盛様に?って、ここで酷い陰口!あれが親殺しの義朝の子か!みたいな!頼朝様すでにアップアップ?
 清盛様の存在感に圧倒されて緊張しちゃってお酒をこぼした!なんたる粗相か!っていうかなんたる小心者か!ああもう泣きそうよ頼朝様!なさけな~い!
 清盛様は余裕綽々一発かました!やはり最も強き武士は平氏じゃ、そなたのような弱きものを抱えた源氏とは違うっ・・・あれ、これっていつぞやご自分が源氏の義朝様から言われた言葉じゃないですか?がばっと立ち上がって憎々しげに睨み返した頼朝様の闘魂炎上、一方清盛様は何だか嬉しそうなお顔。
 いやあ~でもやっぱり源氏の方が面白いわ!どう考えても紆余曲折の波乱万丈の疾風怒濤のドラマが満載なのは源氏の方なんじゃないかしらねええ。いえ、だからこそ今後の脚本家の方の腕に期待大!なんですよ、ええ、ホントに・・・。

 その源氏では由良御前がいよいよ危ない感じ?こうなると本質は小心者って言うか気持ちの優しい義朝様はもう大崩壊!正清、参るぞ、六波羅だ、清盛に会うて宋の薬を都合してもらうのだ!
 瀕死の病人の由良御前の方がよっぽどしっかりしてらっしゃって、なりませぬ!平氏に頭を下げてはなりませぬ!と、義朝様をお止めします。義朝様は、そなたの命には代えられないとおっしゃいますが、それは棟梁として言っちゃダメでしょう~~~。
 由良御前はそんな義朝様のお気持ちが嬉しいと受け止めて、しかしでも私を誇り高き源氏の妻として死なせて下さりませ、と魂の覚悟の訴え!成長しましたね、この方も~~~。しかも真っ白な病人メイクがむしろ初々しくって美しいこと美しい事。でもそのまま意識を失われまして、由良御前は虚しくなられて失せにけり失せにけり。義朝様のアップだけ細かく画面が揺らいでいるのは一種の心理描写だったのかしらねええ。こういうのってあんまりやり過ぎない方が・・・
 一方常盤御前は由良御前の訃報に思わず手を合わせてらっしゃいます・・・。

 さてしかし、信西入道に反発する対抗勢力は日増しに強く・・・なんだかかつての悪左府様と同じですよね?似た者同士だったんですねええ。だったらもっとうまく立ち回って手を組んだらよかったですのに!って言うのも今や後の祭りでしたか。ううう~~む。
 一番怒っているのは藤原信頼様。無能だと名指しされたような行きがかりでしたものねええ~。怒り狂った信頼様はなんとなんと南斗六聖拳!対立しているはずの二条帝派と大同団結?二条帝様の寵臣を呼びつけてますよ?お互いにニタ~と笑ってお辞儀する姿に鳥肌が立ちましたよ!お仕えするお方は違えども倒すべき敵は同じじゃ?うあああ、敵の敵は味方じゃと?政治の闇!魑魅魍魎!狐と狸の化かし合い、みたいな~??

 信西入道は清盛様の貢物を前にほくほく顔。そんなところに最近の大河に不可欠のエピソード。近所の貧しい庶民に施しをして喜ばれて・・・ううう~~~ん、そんなミクロな事で・・・。
 でも清盛様は大喜びっていうか大尊敬よ?時子様と語らいながら、いかに信西入道の政が素晴らしいかを力説。広く薄く税を取るようにしたから貧しき民の暮らしが楽になったんだとか。明子様を失った時には宋の薬も手に入れられぬこの国の仕組を恨んでらっしゃった清盛様ゆえ、この信西入道の手腕にはベタ惚れ!っていうか信西入道の国造りに賭けるぞ!とまでおっしゃって!ひいいいい、これもフラグですね?フラグでしょう?んもう!わかりやすすぎっ!そしてあいつも昇ってくるのを待つ・・・と・・・

 その「あいつ」の義朝様。常盤御前に甘えにきてますが、今回ばかりは、っていうか今後はもうここに来ないでと絶縁宣言の常盤御前。私はもう殿の逃げ場にはなりとうござりませぬ!うわああ、追い詰められた義朝様!義朝様破滅のカウントダウンが聞こえてくるような事態となってまいりましたよ奥様!
 信頼様に呼び出された義朝様に驚愕のご下命!信西の首を取れ!そもそも源氏に煮え湯を飲ませてきたのは信西入道!信西の首を取れ、さすれば官位も領地もみな思いのままぞ?お前の敵も俺の敵も一緒だ!って?義朝様はまずは断固固辞。一族の棟梁としてさような大それたことはいたしかねまするうう~~~!再度信西の首を取れとダメ押しをなさる信頼様、ですが今日のところは思い通らず・・・面白うないのうってなお顔。今日は何だか迫力ありますねえ、信頼様。

 信西入道はいろいろ計算の末、遣唐使を復活させる目途が立ったと鬼気迫る喜びよう。なんだか病気みたいにやつれてますけど、それだけ一所懸命計算してたってことですかね。清盛様もビックリ。思えば海賊騒ぎのころから、宋へ渡ろうって話で盛り上がっていたお二人でしたっけ。で、遣唐使再現のために信西入道が頼りにするのはやはり清盛様。まずは熊野への出張をご要望です。大願成就にはまず熊野詣じゃ!ははははは、承知した~!こんなに絵に描いたような仲良しこよしじゃあもう、来週あたりでアレですね信西入道~~~!!!

 源氏のお館では頼朝様が父・たそがれの義朝様に、平清盛とはどういう人間かお尋ねされてます。ここで義朝様が持ち出したのが、いつぞやのくらべ馬!ぺったんこに凹んだ清盛様をさらに打ち負かして罵倒することで決起を促した義朝様の段ですよ!ロケの風景がきれいでしたねええ~。で、打ち負かした清盛様に義朝様が投げつけた言葉が、最も強き武士は源氏じゃ!云々!あのエピソードを語られました義朝様。俺はうれしかったのだ、あ奴が立ち上がってくれたことが、生涯競い合える相手が見つかったことが・・・。でも今見返しても、きったないお顔だなあ清盛様・・・。
 ここまでわかりやすく説明されたら視聴者も頼朝様もようやくこうやくすっかりスッキリ腑に落ちましてございます。こないだ頼朝様を見くびって罵倒して、でも反発した頼朝様のお顔を見て笑ってらっしゃった清盛様の心中!こうして頼朝様の燃える闘魂に火をつけてくださったのが平清盛であったと!!
 鎌田正清殿も調子を合わせて、清盛はきっとくらべ馬の時の殿と同じ顔をしておられたのでしょうな!ここまでお膳立てが揃っちゃったら頑張らなきゃ!義朝様!って所ですけど、ご本人は何だか泣き笑いめいた感じ?でもなんだか、やりそうっていうか、やるかも?お庭の鷹さんもちょっと緊張感よ?

 熊野詣の出立準備の清盛様。時子様も大活躍。いい奥方になられましたね!家貞様は今は亡きご先代の忠盛様の鎧兜にご報告。お歳を召されましたねええ~。ようし者ども!出立じゃあ~!
 熊野へ向かって旅の途中の清盛様、紀伊の国田辺にご逗留。真夜中起きだした家貞殿と二人シミジミ話してます。新しき世の事、新しき世を作るに欠かせぬ二人の事を考えておったのじゃと清盛様。
 京の館で算木で計算中の信西入道、一方信頼さまのもとに参ずる義朝様。今宵の二元中継ですね?やがて、信頼様、二条帝派の面々の御前で・・・これは決起集会ですか?信西入道の館の周りが騒がしくなり、カタカタカタカタと地響きが!ものすごいですね!まるで地震みたい!なんだかもういつぞやの「馬鹿が戦車でやって来る」のワンシーンを彷彿とさせるような、って、討ち入り!?いよいよかああ~~~~!!!



悪党平清盛 革命児の仁義なき戦い (SAKURA MOOK) (単行本・ムック) / 笠倉出版社
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 悪党平清盛 革命児の仁義なき戦い (SAKURA MOOK) (単行本・ムック) / 笠倉出版社 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

2012年06月24日 21:28
いやぁ、面白いですよ、最近。
とくにここ数回は素晴らしい。
この勢いで視聴率が戻って欲しいですねぇ。

今回は田中麗奈で終わりかと思いましたが、
あの伏線の回収とさらに伏線を敷いていくところがよかったです。
2012年06月25日 07:07
ryi様、こんにちは~
田中麗奈様の美しくも悲しくも気高くも儚くも美しくも悲しくも・・あ、一周しちゃった!
とにかくすっごく心に残る演技でらっしゃいました!
伏線もいちいち五臓六腑にしみ渡る感じで!伏線とフラグと伏線とフラグと・・そういう係り結びでポンと膝を打つのって気持ちいいんですよねえ、これが~。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「平清盛」第25回

    Excerpt: 同じ土俵に立つために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206240004/ 平 清.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-06-24 20:44
  • 大河ドラマ 「平清盛」 #25 見果てぬ夢

    Excerpt: 平治の乱へと一気に進むようですねぇ。 後白河帝の譲位、二条帝の即位。 火種はつきません。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2012-06-24 21:23
  • 『平清盛』 第25回「見果てぬ夢」

    Excerpt: JUGEMテーマ:大河ドラマ保元四年、二条天皇が即位したあと、朝廷内部はまたも分裂。こんどは帝による親政派と、後白河上皇の院政派が争いはじめます。そんな状況のなか、信西はさらに強大な権力をふるうことに.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2012-06-24 21:31
  • 平清盛 第25回「見果てぬ夢」

    Excerpt: 今週も『平清盛』のお時間です♪ あらすじ・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2012-06-24 21:32
  • 王家の政争の行方 ~平清盛・見果てぬ夢~

    Excerpt: 今回は伏線の結晶が多かった気がするなあ。 とんとん拍子に出世する清盛と、低い位に甘んじなければならない義朝 多分義朝には清盛の出世が妬ましかったからこそ、清盛の厚意も断ったんだろうが。 .. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-06-24 21:34
  • 平清盛 第25話 感想「見果てぬ夢」

    Excerpt: 平清盛ですが、驕る信西入道(阿部サダヲ)の栄耀栄華も槿花一朝の夢とあいなります。後白河院(松田翔太)の後ろ盾で国家予算も割り箸のように自在に扱いますが、遣唐使を復活させたいと夢も語ります。 信西入道.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2012-06-24 21:35
  • 平清盛 第25回「見果てぬ夢」

    Excerpt: 今回は少しばかり見所が多かったように感じます。というのも生きるのに必死であり、何とか自分の一族の誇りを取り戻し、自分たち中心の世の中にしようとする源氏の思いが強烈に全面に出たからでしょう。そのくらい今.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2012-06-24 21:48
  • 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第25回「見果てぬ夢」 MVS塚地武雅は「裸の近衛大将」を狙う!

    Excerpt: 中途半端な引き眉を叱ったドランクドラゴン塚地武雅。 端役かと思ったら毎回登場の上に、えらい重要な役割。 よう考えたら藤原信頼って平治の乱を起こした張本人だからね。 その藤原信頼が狙った「近衛大将」の.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2012-06-24 22:00
  • 【平清盛】第25回

    Excerpt: 出世を果たしていく清盛(松山ケンイチ)と、父・為義(小日向文世)を犠牲にしても 身分が上がらない義朝(玉木宏)。信西(阿部サダヲ)の策略の犠牲になった義朝の心に 無念が渦巻き始める。 一.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-06-24 22:41
  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男25清盛の存在感に頼朝は圧倒され義朝は清盛との差を埋めるために信西を討つ決心を固めた

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第25話は信西の後ろ盾を持つ清盛は出世を続けていくが、義朝は身分の上がらないままの状況にありますます平氏と源氏の差が広がり続けていた。そんな中義朝 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-06-24 23:19
  • 平清盛、欲と欲!!

    Excerpt: 平治の乱へのプロローグとしてドラマはかなり面白くなってきましたが、 どうも清盛と義朝の対立がメインに描かれている気がしてなりません 清盛が主人公なので仕方の無い事なのかも知れませんが&he.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2012-06-25 17:46
  • 『平清盛』 第25話「見果てぬ夢」

    Excerpt: 清盛と義朝  清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)、平氏と源氏を対比させることで、義朝の苦悩、決意を描き、義朝の心が平治の乱の動きに傾いていくのが主題であった。 ?殿上の闇討ち(第4話)での誓い .. Weblog: 英の放電日記 racked: 2012-06-25 17:59
  • 平清盛 第25回感想

    Excerpt: 今日は連れ合いが飲み会につき、この時間にも参りました~。まずは!ごめんなさいっ! 今回も録画したのを夕方見ましたっ!視聴率には貢献できてませんが(また最低記録更新のニュ... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2012-06-25 21:45
  • 平清盛 第25回「見果てぬ夢」

    Excerpt: あまりにも突っ込み所満載でしたが、面白かったです。由良御前のご退場は寂しいです。 平治の乱は、平治物語ベースで、まさに従来の説が描かれそうです。義朝が恩賞が公平で、信西に娘の縁談を断られたことも家格の.. Weblog: トホホなたわごと racked: 2012-06-25 22:58
  • 平清盛 第25回「見果てぬ夢」~阿須田家の長男・中川大志くんカッコイイ

    Excerpt: 『平清盛』第25回「見果てぬ夢」 最初の方で、信西(阿部サダヲ)が淡海(たんかい)という宋の僧侶と会ったとき、宋の言葉を堪能に操り、知識にも長けている様子が描かれ、信西が”遣唐使再開”に備えてい.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2012-06-26 10:52
  • 【平清盛】第25回感想と視聴率「見果てぬ夢」

    Excerpt: 「見果てぬ夢」 第25回の視聴率は、前回の12.1%より下がって、10.1%でし Weblog: ショコラの日記帳・別館 racked: 2012-06-30 12:11
  • 【平清盛】第25回感想と視聴率「見果てぬ夢」

    Excerpt: 「見果てぬ夢」第25回の視聴率は、前回の12.1%より下がって、10.1%でした(関東地区)。ここのところ、連続して、少しずつ上がってきていたのに、今回、一気に下がってし... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2012-06-30 12:11