真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲第3部」最終回「日本海海戦」

<<   作成日時 : 2011/12/25 20:56   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 15 / コメント 6

いよいよ出るか東郷ターンの丁字戦法!!ってなところで「以下次週」、この一週間仕事が手につきませんでしたよ!今日なんかもう待ちきれなかったんで横須賀の記念艦三笠に再見学に行ってきました。東郷閣下以下の皆さんが並んでいた最上階にはその時の皆さんの立ち位置が貼ってあって、誰でも「坂の上の雲」ごっこができるように・・・ってなお話はまた別の機会に・・・(赤面)。さあああって始まりますよ!日本海海戦!!!

アバンは明治16年の真之さんと子規さんが蒸気船に出会った横浜風景。いっぽう明治38年対馬!緊迫する三笠艦上!東郷閣下右手を挙げて左へおろし!と〜りか〜じ・・いっぱい!天気晴朗ナレドモ波高シ〜〜〜!

東郷ターンの丁字戦法の七段構え!大勝利!
 敵正面で旋回を始めた連合艦隊、バルチック艦隊の面々は大喜び。東郷は狂ったか?神の加護だ!止まった目標だ!撃て撃て〜!とまあ、集中砲火を浴びる三笠以下の日本艦。一直線に進む敵を広がって受け止めようという目論見ですか。うわ、波を被って!三笠艦内は大騒ぎ?うわ!被弾した!血を吐いて転落!痛そうやな〜!
 普通はすれ違いざまにババンバンと撃ち合うのがよく見る光景ですけど・・・。船の大砲が横にいっぱいついているから広がりきって集中砲撃したらこっちが有利なの?でも旋回中にはそうそう攻撃はできないわけで、敵さんからは撃たれ放題の射的の的みたいになっちゃってますよ!肉を切らせて骨を切る森の石松みたいな、打たせて打たせて一発逆転クロスカウンターの矢吹丈みたいな、いずれにしても日本人の大好きなパターンではございますねえ。
 って、すっごいスケール感!実写も頑張ってるしCGも全然貧相じゃないし!煙ももくもく上がってるしいいっ!
 距離六千四百!射撃を開始します!ヨシッ!と閣下の合図あり、撃て撃て撃ち返せ!連合艦隊の六インチ砲の威力に驚くロシア軍。これが鞄というやつか?秋山真之参謀の方策は一点集中。とにかく敵の先鋒を先ず撃ちやにわに2〜3艘討ち取るべしってのが日本水軍の戦術だそうで、それを応用した真之参謀の大発明。
 そういえば五輪の書にもありましたか、大勢を相手にするときには大回りしながら向かっていき敵を一人ずつ切っていけみたいな教えが・・・。
 ロシアの艦隊に被害が出始めました。やったあああ!いい色の炎でしたね!敵味方どちらも必死に戦う様子がありありと。いい演技つけてますねロシア側の皆さんも!慌てふためいて浮き足立って、火災!なんということだ!泣いてますよロシアの方!うわ、ボロボロ!傾いているう!
 オスラービアが沈没しつつあるぞー!なぎ倒される水兵!火がついて燃える水兵!とうとう沈むか?傾いた?滑り落ちていく兵士たち!死んでいくのはやっぱり同じ人間、痛々しい事ではございますが・・・あ、神経の細い真之参謀、なんだか恐怖感?
 三笠側にも被害甚大。あの白かった軍服が真っ黒け・・・。飛び散る破片!司令塔にまで被弾?東郷閣下を掠める破片!距離四千六百!いよいよ甲板上の十二ポンド砲にも射撃命令!より生身の体が剥き出しに近い構えになりますよねえ、ええ、今日見てきましたよ、敵からも狙われている訳でカナーリ怖い場所でした!
 BGMがバレエ音楽みたいで、みんなで惨たらしい死のダンスを踊りまくっているような感じ!
 敵旗艦スワロフ中部上甲板を狙って一斉射撃!一点集中!たちまち火に包まれるスワロフ!司令官が大怪我!?さっき傾いていたオスラービアがとうとう海の中へ!沈没!沈んでいく兵士たち!BGMを切って砲弾や足音などの効果音だけにして悲惨なロシア艦司令官の独壇場がまた、魅せましたねえ〜。
 初手から敵に大損害を与え、さらに真之参謀のくり出す七段構えの昼夜を分かたぬ怒涛の攻撃。昼間は艦隊による砲撃三昧で、夜になったら駆逐艦と水雷艇がくり出して夜襲の奇襲。無慈悲やな〜。
 戦いの行方が見えてまいりました状況ですが、連合艦隊にも多大な被害があり、三笠の下甲板に累々と横たわる負傷者たち。あらやだ、そんなところを何とも思わず歩いてきちゃったわ!すみませんすみません・・・。
 軍医の方は大忙し。通りかかった東郷閣下、だいぶけが人ができましたと話しかけられまして返して曰く、もっとできるつもりじゃった、と・・・。それもまあ指揮官としての覚悟なんでしょうねえ、戦争なんですから味方に犠牲が出るのは織り込み済みと。でも真之参謀!はっとして絶句して立ち尽くします!なんて惨い、なんて惨い戦いなのでしょう!?
 日本海海戦の報告を受ける内地の海軍省、山本権兵衛海軍大臣以下の面々。大喜び・・・って言う感じではないですねえ、ホッとして虚脱感ではありますけど、まだテキ艦隊を全滅させたわけではありもはん、ですって。
 まだまだ戦っております連合艦隊。一発も撃ってこない敵艦。ニコライ一世号に白旗が掲げられました。もう砲撃を止めましょうという真之参謀ですが、敵はまだ前進しておるじゃなかかと攻撃絶賛続行の東郷閣下。壊滅的な大打撃、泣きそうになっちゃう秋山真之参謀。やがて敵艦の機関が停止して完全降伏となりました。全艦発砲中止、Z旗を降ろせ〜!撃ち方やめ〜〜〜!お、終わった・・・終わったああ。凄惨な悲しみと達成感と、ちょっと放心した真之参謀。秋山行け、とおっしゃる東郷閣下。
 ニコライ一世号に乗り込んだ真之参謀。敵さんにも無数の死傷者・・・ボロボロやん。ナーバスになっちゃってますねえ真之参謀。敵の中に単身入ってっちゃって、いやああ狂乱の奇行士ぶりを発揮してますねえ、今夜も〜〜〜。
 艦内にみなぎる緊張、何するつもりやねんこの男は、みたいな冷ややかな目線。戦死者の前まで行って、跪いた?合掌?なむ〜〜〜。

その頃東京根岸の子規庵では・・・
 子規さんのお仲間が勢ぞろいで戦況を話してます。のんびりしてますねえ〜。淳さんがおる限り連合艦隊が勝つと保障するとおっしゃるのは高浜虚子さん?淳さんがいる限り喧嘩に負けたことはなかったんだとか。河東碧梧桐さんも同調して明るく在りし日の淳さんとノボさんの思い出話。そこに律さん、アニさんは喧嘩弱かったがの〜と混ぜ返しちゃって。
 最後に夏目金之助漱石さんがご登場。能天気に軽口をたたきすぎて律さんにたしなめられてます。自分の無力が悔しくて妬ましかったすみません。私は怖いんだ。バルチック艦隊に負けたら日本はロシアの植民地になってしまう。文学も芸能も日本語が使えなくなる、日本の文化はお終いだ。今頼れるのは軍人になったと蔑んできた秋山なんだ・・・と。合間合間に子規さんが登場。在りし日のお姿がみんなの胸に去来したって趣向ですかねえ。
 もっと素直に言わんかね、友達として秋山がんばれと〜〜〜。律ちゃんは相変わらず癒し系ですねえ〜。そういえば途中でお稲荷さんに季子さんがいたと夏目さんが言い出しまして、なぜそれを早く言わんとばかりにみんなして見に行くと、一心不乱にお祈りしている季子さん!みんなしてお稲荷さんに拝みまして候。そしてノボさん子規さんの墓前にホトトギス新刊をお供えするお母上。いい景色ですねええ。

大勝利・母の死・ポーツマス条約
 ボロボロのロシア艦で英語で交渉している真之参謀。私は降伏するがロシアの他の艦がどうなったか教えてもらえるかとおっしゃる敵司令官。真之参謀答えて曰く・・・残念ですがネボガトフ提督、他のロシア艦隊は敗北し少なくとも11隻が沈没してしまいました、と。
 日本側の損害は水雷艇三艘、に対し、ロシア側は主力艦は全滅!すっごい大勝利、って言うか出来杉かも?まさに世界が驚いた!こりゃあもう白人優勢の時代は終わったのかも、みたいな。
 号外号外大勝利!との知らせが市中にもたらされ、それを読んで抱きしめて喜ぶ季子さん。好古お兄ちゃんの奥様の多美さんは息せき切って大勝利よ!と母上の貞さんにお伝え!かわいいねえ多美さん!でも母上の貞さんは・・・お布団?ってことはご病気なんでしょう母上。いやあ、まったくもってご老人な竹下様!でも大喜びよ!
 満州で相変わらず激戦を繰り広げている陸軍の秋山・お兄ちゃん・好古隊長に母上ご逝去の知らせの電報。豪胆なお兄ちゃんもさすがにしんみり。で、淳は間におうたかのとつぶやくお兄ちゃんでした。海戦の方はもうケリがついたわけで、運が良ければ最期を看取ってあげられたかも?
 あ、タッチの差で間に合わなかった!!本土に帰ってきた真之参謀、津田沼駅で出迎えた季子さん、さっそく向かうは好古お兄ちゃんのお家!そこにはすでに、母の顔にはすでに、白い布があああっ!淳が帰ってくるまではうちは決して死なん待っててやるのが母の務めだとおっしゃっていたんだそうです。松たか子様、気のいい兄嫁ぶりでしたねええ。
 でも心に深い闇を抱えてしまった真之参謀の言うよう、アシは世の中のお役に少しは立てたんじゃろか?教えてくれんかのう母さん・・・とまあ悩みと苦悩を露わになさいます。死に顔でまた魅せますねえ竹下様。お通夜のシーンがまたよく作りこまれてますねっ。さすがはスペシャルドラマ、障子のつぎはぎ具合までどこもかしこも手抜きなしっ!
 真之参謀その夜さらに妻の季子さんに、海軍をやめようかと思う、死んだ人間をぎょうさん見すぎた、もうこれ以上人が死ぬことに耐えられん、坊さんになりたい、坊さんになって供養をせにゃならん、日本人もロシア人も等しゅう供養したい!と号泣して弱音を吐く事吐く事・・まあ軍艦の中でこんなこと言えなかったでしょうし、お気持ちはわかりますともわかりますとも。季子さんも思わずもらい泣きして優しく抱きしめて差し上げましたとさ。いつぞやの自転車デートのお二人がこんなに悲しい夜を迎えるとは・・・(涙)
 大きな流れではここでアメリカのルーズベルト大統領が仲介してポーツマスで日露講和条約。日本側の代表は元ネズミ大使の小村寿太郎外務大臣。
 でもねえ、確かにここまでは日本の大勝利ですけど、じゃあもっと戦争を続けましょうって事になっちゃっちゃあ、体力のない日本が到底かなう相手ではない大国ロシア。むしろ交渉は日本に不利な展開になりまして、結局賠償金も取れずに終わりました。
 まあ日本の独立と領土を守れただけで良しとしなければならないのでしょうが、国際情勢などろくに知らされてない民衆は大激怒!もっと戦争だ!って日比谷公園焼き討ち事件の戒厳令。なんだか今現在のどっかのお国を見ているような気が・・・(汗)

それぞれの結末
 真之参謀・・・もう元の素に帰って真之さんって感じね。着物に袴にハンチング、なかなかイイ感じね。戦争には勝ったけど心の傷は癒えることなく。子規庵を訪ね・・・た訳じゃないの?素通りして、今度はお墓参り?悩みを抱えて何処までも何処までも当てもなく歩く、そんな気持ちなんでしょうか。子規庵のお庭には約束通りの鶏頭の花。母上も律ちゃんもお元気なようで何より〜。
 自分の実績や成果を誇るでもない質素な墓石。子規さんらしいなあ。鎌倉の古刹みたいないい雰囲気のお墓でしたねえ。それに真之さん、お写真で拝見する本物の真之さんのお顔にホントに似てきましたね!
 秋山真之さんはその後、海軍を辞めることなく・・・。真之さんの文章は日本の文章の規範の一つとなった。連合艦隊解散の辞がその代表作だったんだとか。勝って兜の緒を締めよ!
 陸軍も帰ってまいりました。乃木将軍を笑って迎える児玉総参謀長。ようやく終わったのう、また生きながらえた。うん。これから先いったいどうなるかのう、じっくり見届けなければなるまいのう・・・とおっしゃる児玉様。何一つ変わりはせんと毅然と言い放つ乃木大将。うううん、最後の顔見せ?
 維新からここまで、これほど楽天的な時代はなかった、悲惨な歴史もあったけど、でも楽天的だったんだよと念押し。明治は良かったと言う・・・ああ、いい風景だなあ。桜!吉野かしら?坂の上の雲をのみ見つめて坂を上った時代・・・に落とし穴があったりなんかしちゃってと思うのはちょおおっとうがちすぎかしらねええ〜。
 四国の風光明媚な緑の風景の中、秋山兄弟が闊歩してます!お舟を浮かべて兄弟仲良く魚釣り?随分揺れてますねええ!大丈夫?船酔いとかしなかったの?のんびり昔話の秋山兄弟。お前はようやった、ようやったよとおっしゃる好古お兄ちゃん。恐縮しまくりの真之弟くん。いい感じで釣ってますけど釣れてませんで、しかもまた、また随分揺れてますよおおっ?
 で、真之さんは大正7年満49歳で病没。みなさんいろいろお世話になりましたこれから一人で逝きますから・・・とのご遺言(涙)
 一方お兄ちゃんの方は幸せな人生が続いた模様です。陸軍大将で退役し、故郷松山に戻って中学校の校長先生になりました。話に聞くところでは軍人風を吹かさない優しく立派な教育者ぶりだったとか〜。
 昭和5年71歳で病没。確か糖尿病で壊疽で片足を切り落とされてたんでしたっけ。「馬曳け!行くぞ奉天へ!」とうわごとを言えば、奥様の多美さんが「あなた、馬から落ちてはいけませんよ」と〜〜。安らかに息を引き取ったお兄ちゃんでした。これまさに王道人生!っていうかこれご本人なの?老けメイク完璧!多美さんの受けも完璧!
 完璧メイクってなところで、完!ですかっ!いやあ、三年間本当にありがとうございました〜〜〜!でもでもやっぱり、やればできるよNHK!映像でしっかり語ってくれてました!出演者の皆様にも、スタッフの皆様にも、ただただひたすら、感謝感謝でございます〜〜〜!!!

 大団円!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
坂の上の雲 最終回 「日本海海戦」 NHKは、我々は司馬遼太郎の意思を受け止める事が出来たか?
冒頭からの圧倒的な30分間の映像。 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2011/12/25 21:12
坂の上の雲 最終回 「日本海海戦」 我々は司馬遼太郎の意思を受け止める事が出来たか?
冒頭からの圧倒的な30分間の映像。 ...続きを見る
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2011/12/25 21:13
坂の上の雲 第13(最終)回「日本海海戦」
3年かけて放送(毎年12月)した本作もいよいよ最終回。 まさに「大河ドラマ」というのにふさわしいスペシャル・ドラマ『坂の上の雲』。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2011/12/25 21:48
スペシャルドラマ 「坂の上の雲」 日本海海戦
ついにクライマックス。 そして一番の見せ場が訪れました。 秘技東郷ターン、炸裂です。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2011/12/25 21:56
最終話「日本海海戦」
(・_・)坂の上の雲とは何なのか? ...続きを見る
義風捫虱堂
2011/12/25 22:03
「坂の上の雲」第3部最終話常識に捉われない戦術でロシア艦隊を撃破し勝って兜の緒を締めよと言い残した
「坂の上の雲」第3部最終話バルチック艦隊との戦闘が始まった。三笠の東郷は直前でターンを指示し斜め回頭したのち三笠は反撃に転じ旗艦スワロフ目掛けて砲撃し、その多くが命中 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2011/12/25 22:18
『坂の上の雲』 最終回「日本海海戦」
&amp;nbsp;ついに決戦のときは来ました。東郷司令長官の指揮でターン戦法を開始した三笠と艦隊に、ロシア軍の砲弾が降りそそぎます。しかし、この10分間に耐えたのち、敵艦隊の進路を完全におさえた連合艦隊は一斉に砲撃を開始。強力な下瀬火薬を装填した日本海軍の砲弾が、次々とロシア軍艦に命中します。旗艦スワロフの甲板や側面にも砲弾は命中し、艦内は火炎に包まれました。日本側にも被害は出ますが、集中砲撃を受けるロシア艦隊のほうがダメージは大きいようす。戦艦オスラビアは巨体を傾けて沈没し、他の艦も火災や爆... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2011/12/25 22:27
坂の上の雲 最終回「日本海海戦」
3年にわたり圧倒的な描写とスケールによって、我々を魅了してきた坂の上の雲もとうとう最終回となってしまいました。原作はあえて読まずに余計な先入観を持たないように映像に集中するようにしてきましたが、それも最後なってしまうのがなんだか寂しく感じます。 前回の終わりから始まった日本海海戦。バルチック艦隊を東郷ターンと呼ばれる丁字戦法で、次々と打ち破っていきます。敵戦艦の前で急ターンするのは知っていたのですが、それによってどのようなメリットがあるのかは事前に「その時歴史が動いた」の第1回放送で予習ができて... ...続きを見る
あしたまにあーな
2011/12/25 22:32
坂の上の雲 第13回・最終回 感想「日本海海戦」
坂の上の雲ですが、東郷平八郎(渡哲也)が敵前で船を回転させるとういう奇策でロシア軍は静止目標を撃っているようになります。しかし、その10分の間に仕留めることはできず、今度は日本の反撃となりますが、日本海海戦も迫力あったと思います。秋山真之(本木雅弘)は戦闘中も定期的に豆を食べていますが、東郷たちと一緒に先陣に立って堂々としたものです。 ダンカンは「と〜〜〜りぃ〜〜かぁ〜じぃ〜〜・・・いっぱいっ!」と緩急をつけますが、「話聞くよ〜〜〜〜長くなってもいいよ」くらい緩急をつけます。 戦闘中の軍艦は... ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2011/12/25 22:57
明治のオプティミズム 〜坂の上の雲・日本海海戦〜
『降る雪や 明治は遠く なりにけり』 ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2011/12/25 23:01
【坂の上の雲】第十三回(第3部4話)
真之(本木雅弘)立案の「七段構えの戦策」により、連合艦隊はバルチック艦隊に壊滅的打撃を与え、 歴史的勝利を収める。しかし日本の国力は限界にきていた。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/12/26 02:21
坂の上の雲 第3部・最終回(第13話)の感想
NHK総合で放送されたスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部・最終回(第13話)の感想など。最終回・第13回「日本海海戦」公式サイトからあらすじを引用します。〜〜〜1905(明治38)年5月27日、巨大な艦影が1艦また1艦と三笠の前に姿を現し、いよいよ連合艦隊とバルチック艦 ...続きを見る
オタクと呼ばないで
2011/12/26 07:00
スペシャルドラマ「坂の上の雲」最終回
物語に、幕が下りた… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.A
2011/12/26 08:35
坂の上の雲 「日本海海戦」〜お世話になりました。これからひとりで往きますから。
 真之(本木雅弘)は揺れる。  海戦史上、最高の大勝利をしたにもかかわらず、その顔は晴れやかでない。沈痛だ。  日本海海戦の後の、真之の生涯は<抜け殻>のようなものだったのだろう。  「わしは少しは世の中のお役に立てたのじゃろうか」と真之は問い続ける。 ...続きを見る
平成エンタメ研究所
2011/12/26 09:34
『坂の上の雲』第13回(最終回)「日本海海戦」〜日本勝利でナショナリズムがムクムク
『坂の上の雲』第13回 「日本海海戦」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2011/12/26 11:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
1時間半が45分より短く感じたこの数週間でした。
来年の大河は…。どうなるでしょうか。
ryi
2011/12/25 21:56
ryi様、こんばんは〜。
今年の大河はどうなることかと思いつつ、
そのまま突っ走られてしまった感じですけど、
でええもでもでも、最後にこのスペシャルドラマで〆てもらえて妨害の大喜びの大感動!
来年の大河は・・・うう〜〜〜ん妙に汚い清盛様ですけど、
逆にそこが期待できるのかも?きれいすぎるアレよりは・・・(汗
真田
2011/12/25 22:29
こんばんは。
最後までしっかり作り込まれていて良いドラマでしたね!
大河ドラマが微妙だったので。。。。
こちらは安心してみる事が出来ました。
来年の松ケン清盛がどうなるのか、かなり心配です(汗)
かえ
2011/12/25 23:50
こんばんは。
>英語で交渉している真之参謀
挨拶だけですよね。交渉はフランス語ですよね。ロシアの貴族界はフランス語が公用語だから。(英語もできるでしょうけど。)
そして生きて帰った彼らは、革命による殺戮の嵐にさらされることになる。祖国に誓った無私の忠誠のゆえに彼らは永遠の罪びととなり、決して許されることはない、偉大なる祖国。
ま、それなりに学校の先生とかになって生き延びた人もいるみたいですが。クロパトキンとか。
薬草になりたい
2011/12/26 00:33
かえ様、こんばんは〜。
良かった!今年はもう最後にこれがあってホントに良かった〜〜〜!
来年はどうなりますか・・・まさにこの言葉をNHKに送りたいですね「勝って兜の緒を締めよ!」
真田
2011/12/26 08:18
薬草になりたい様、こんばんは〜。
あ、そうでしたね。結局通訳の下役を連れてったんでした。
でも軍人さんもやっぱり学がなきゃ駄目ね?弾道計算とか外国語とか、いろいろと〜。
ロシア革命!同じ国民同士で血みどろの戦い!厳しいですねええ・・・
真田
2011/12/26 08:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲第3部」最終回「日本海海戦」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる