NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第2回「父の仇」

本気ですか?いえその、予告編を拝見しますともう江姫様は大きくおなり遊ばされてて、あれはあのままですか?ほら、万福丸様串刺しの刑とかは華麗にスルー?じゃあじゃあ、例の件のドクロのお酒はどうなるの?・・・まあこの後平然と信長様の庇護のもと暮らす以上、不都合なエピソードではあるんでしょうけど、にしても随分思い切りましたねえ・・・(汗)

 海岸で楽しそうにしているご一行。お市様と三姉妹様は伊勢上野城で兄・織田信包様の元、穏やかで楽しくお暮らしに。初姫様と江姫様は貝獲り合戦。で姉妹喧嘩!相変わらずやってますねええ。ってなところに信長様より呼び出し状。安土城天守閣完成を見に参れと。
 お顔を曇らす茶々姫様と初姫様、江姫様は大喜び。ってのはあなた、驚くじゃあないですか、江姫様にはまだ産みの父の仇が誰であるのか知らされてはおりませんでしたっ!
 無邪気に天下の織田信長に会えると喜ぶ江姫様がいじらしい~の段でございます。何だかやたらに元気でしたねえ。信包様はご兄弟の信長様とは違って実に穏やか~な好人物でございました。っていうか老成しすぎ?

 お召し物が綺麗!よそ行きのお着換え中の江姫様、姉上達の不審な不機嫌ア~ンド未だに自分に父・浅井長政様の死についてはっきりとした説明がないのもご不満。
 安土の街並み、中世の日本の文物に交じってポルトガ~~ル風の西洋人とか西洋の甲冑が垣間見えて、土色の町中にご一行の原色っぽいお籠ときらびやかなご衣装が浮き上がってました。あらでも随分あっけらかんと無防備なのね?
 お山にそびえる安土城、巨大!中に入るときらびやか、言語道断のキンキラキン!金箔貼りまくり~の、縁起の良い絵は描きまくり~の、蒔絵だか螺鈿だかとにかく豪華よ奥様!一体いくらかかっているのかしら?
 でまた説明している若衆がイケメン!坊丸・力丸の森兄弟ですって!思わず見とれる三姉妹様。赤黄緑・・・まるで信号みたい?で、この森兄弟には更にお兄さんがいらっしゃって、それが例の森蘭丸殿だとか~。
 で、いよいよ謁見の間へ・・・。三姉妹様は先程よりは少し落ち着いた色合いで、でも品の良い柄のお召し物。母上様は貫禄ですねえ。三姉妹様のお着物の丈が短めなのは娘らしさの演出かしら?
 大広間に延々と居並ぶご家来衆とまずご挨拶。信長様ご嫡男・信忠様もまたちょっとニヒルっぽいイイ男。柴田勝家殿や徳川家康殿ともご挨拶をすませて、いよいよ信長様のおなり・・・。このシーン、何だかお部屋が狭く感じられたのが不思議。浅井三姉妹としては仇の中に身を置いているわけで、その緊張感を漂わせていた初姫様は小技が効いてました。浅井家滅亡の事を匂わす柴田殿の口上をそれとなくそらす様子もまたそれなりに。
 若きイケメン森三兄弟とご一緒に出られますとまるで野獣みたいよ信長様。江姫様は乙女モードの憧れの・・・あ、あの、これ、笑う所ですか?急に何だか連続小説みたいよ?
 ツンケンモードのお市様、そっぽ向いてうわべだけのご挨拶。複雑な表情の姉上達、出来てますねえ、緊張感。で、やっぱり一人だけ連続テレビ小説みたいな役作りでお目目キラキラなのは江姫様だけ。浮きまくってますねええ~。
 今またここで浅井家滅亡時の恨み事を言い始めたお市様。うわっ!険悪ムード!!信長様も短刀を持ち出してお怒り!ってなところにやって来たのが秀吉様。安土城完成のお祝いに毛利攻めの戦地から戻って来たとかで信長様はまたもお怒りモード!「誰が戻って来いと言うた!この大ウツケの猿めが~!」
 ガンガン殴ってますけど、ありがたき幸せですと平身低頭な秀吉殿。そこにいるのはお市様?小谷城落城時、長政様を切腹するまで追い込んでごめんなさいと謝り出しました!KY!!柴田様に襟首掴まれてひっくり返される秀吉様。これは何?どういう事?とビックリ仰天の江姫様。
 自室に戻って江姫様に全てを話すお市様。ショックの余り、なぜ今まで話してくれなかったかと声を荒げる江姫様。そんな江姫様をいさめる、というか逆切れしたのは初姫様。
 お前だけがのうのうとお気楽に生きてこられたのだ。あの信長という男は比叡山まで焼き打ちし、死に追いやった父上のドクロで盃を作らせ家来と酒を酌み交わしたのじゃ!あああ~~、でましたねえ、ドクロ~~~。言葉の上だけですけど~。このパートも初姫様大活躍?
 さてその夜・・・夜具に岐阜県の郷土玩具のさるぼぼが寝てましたねえ。で、みんなが寝静まった所で一人抜け出した江姫様、家康殿と酒を酌み交わす秀吉様に忍びよって・・・殴りかかったあああっ!?あり得ニャ~~~い!!!んで、このまま私を叔父上の所に連れて行けと命じる江姫様。真面目なシーンの盛り上がりどころなんでしょうけど逆にコミカルに思えてしまうのはどうしてでしょう?ここで盛り上がっとかないと今日の放送は山梨になってしまいそうなのにいいっ!岸谷様のキャラ?もあるんでしょうけど、BGMもなんだか軽すぎるような・・・。
 江姫様が信長様の寝室に近寄ると突然付き出される槍!何しに来た?お訪ねしたい事がございまして。なら入れ・・・。身内とは言えあっけない展開ですねえ。
 父を自害に追い込んだのは・・・と問えば、平然といかにもこの信長じゃ、それが戦じゃと答える信長様。先ほどとは打って変わって静かに、お主の父は類稀なる武将であった、ワシが腹を切る事になってもおかしくなかったとおっしゃる信長様。延暦寺を焼いたり本願寺を攻めるのも、きゃつらは信心の衣に隠れて権勢を我がものとしようとしている輩だからだ。ワシは神も仏も知らん、己しか信じぬのじゃ。って、姫様に帝王学を授けてどうするのかしら?
 ここでまたもドクロが出ました~~!あれは本当ですかと江姫様が問えば、それは単なる噂に過ぎん。闘い合った相手への礼節として、ドクロをハクダミにして一緒にお酒を酌み交わしただけだと。あああ、出ましたよ映像も!綺麗なドクロ!しゃれこうべ!!つまりこれ手打ちの追悼の宴であったと、上手い事まとめましたねえ~~~。あ、でも、ドクロは三つありましたけど、長政様と後はどなただったのかしら?
 いかなる理由があっても父をあやめた織田信長を許せませんという江姫様。お前は俺に言いたい事を言う、面白いやつだ。男だったら良き武将になったやも知れんな。そちのその心根こそ宝。そのまま己を信じ己の思うまま存分に生きよ!とおっしゃる信長様。ってな所に姉上様お二人が見参!懐刀抜いて江姫様を守る構え。お市様まで起きて来て、お二人の早とちりと分かって落着。またまたいがみ合う初姫様と江姫様。信長様破顔一笑。面白い。そちは面白い娘を産んだなあとおっしゃる信長様。この者たちに見どころがあるなら、それは浅井長政の血を受けているからだと主張するお市様。
 森三兄弟の父と長兄は浅井長政との戦で命を落とした。いってみればあの者たちにとって浅井長政は仇。それをそちたちの世話役につけたのは理由がある。戦では昨日の敵が今日の友、侍たるもの憎しみにとらわれていてはやっていけないからだとおっしゃる信長様。それはおかしい!というお市様に、女子に戦は分かるまいと返せば、お市様決然と、女子には女子の戦がございます。本日ただ今を生きる事が即ち女子の戦でございます!と、ご自分の来し方の重みを込めて言い放ちました。
 ・・・なんだかこの、信長様の壮大な釈明言い訳の段、みたいな・・・(汗)
 一件落着落ち着いて、秀吉殿と家康殿が話し合うには、あの姫様は信長様と似ておられる・・・と。ううう~~~ん、むりくり主人公を持ち上げている苦しさが!北大路様がおっしゃるからまだ聞けますけどお~。
 翌日江姫様がどこにいるかとお市様が探したら、軍議中の信長様をじっと見つめて憧れるお姿が・・・。父の仇と思いつつも信長様に心惹かれて行く江姫様なのでありました。

 さて本日のファッションは、赤を基調にいろんなお着物の江姫様、ちょっと落ち着いた感じででもあでやかなお市様。眼福でした。でも本筋の演技の方は、江姫様のパートは何だかこう、エンストしながらようやっと走っている感じ?お市様がセリフを引き取ったら随分ホッとしましたもの。この先どうなるかちょっと心配ですねええ。あ、そうか、本日のエピソードはきっと、江姫様はまだローティーンっていう設定?だったらまあ・・・ゲフンゲフン、ま、ま、ま、ドクロの件に決着がつきましたんで良しとしますか!・・・って、厭だわ私、ドクロの事にこだわりすぎ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2011年01月16日 21:17
妙にツッコミどころが…。
今年は悩ましいです。
真田
2011年01月17日 00:02
ryi様、今晩は~~~。
悩ましいって言うか、手強いですよ?
今年の大河は手強い事になりそうな悪寒です~~~!
あ、それと、本日のエピソードは江姫様が6歳の頃に当たるんですって!?
いやあ~、今年はいろおおんな意味で・・・しっかりしなきゃ!
ベシベシっ!ええもう私も気合を入れ直して挑む所存でございます~~~。
haru
2011年01月17日 08:42
おはようございます。
有り得ない展開に連続に驚きました。6歳のお江は神出鬼没でついていけなかったです。残り二つのドクロですが、たしか長政の父と朝倉義景だったと思います。また来ます。
http://blog.livedoor.jp/haru1106/
かえ
2011年01月17日 08:53
江姫が浮いて見えたのはまだ幼い娘という
設定だったのでしょうけど...気になりました。
まだ始まったばかりですし、気長に見ようと思います。
姫たちのお召し物が素敵でしたね♪

真田
2011年01月17日 19:44
haru様、こんにちは~。
驚きでした!6歳の女の子があそこまで!?
っていうか、6歳の子供にやりを突き付けてたの?信長様!
ドクロのあと二つは浅井父上様と朝倉様?信長様にしてみれば仇敵トリオでしたか~~。
真田
2011年01月17日 19:51
かえ様、こんにちは~。
やっぱり気になっちゃいますよねえっ!ここは・・・ひとつ、集中力で補いましょう!
両の瞼を閉じりゃあ6歳の江姫様が見えてくらあ、みたいに~~~!
って、ダメだわっ!ドリフの学校コントが思い浮かんじゃって!
ランドセルしょった江姫様の両隣りにカトちゃん&志村がっ!
後ろには一升瓶抱えた小学生の荒井注がああああっ!!!
ハアハアハアハア、まままま、お召し物はお綺麗でしたし、やがて年恰好も上がってまいりましょうし、
長い目!長~~~~い目で・・・・って、往年の小松親分が脳裏を駆け巡りだしましたあああっ!!!

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第2回

    Excerpt:  第二回「父の仇」1579(天正7)年の春、北近江の小谷を離れた市と娘の3姉妹は、伯父である信包の居城、伊勢上野城に身を寄せ静かに暮らしていた。市は長女の茶々や次女の初の... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-01-16 20:45
  • NHK大河ドラマ「江~姫たちの戰國」第2話

    Excerpt: 宮澤りえの茶々、水川あさみの初、上野樹里の於江が早くも第2話から登場。 Weblog: 仙丈亭日乘 racked: 2011-01-16 20:58
  • 【江~姫たちの戦国~】第二回

    Excerpt: 天正7年、春。小谷落城後、平穏に暮らしてきた江(上野樹里)たち三姉妹の元に安土城を完成させた信長(豊川悦司)より招待状が。父の仇である信長と江は始めて対面する。天正7年、... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2011-01-16 21:05
  • 江~姫たちの戦国~ 第2回「父の仇」

    Excerpt: 大河ドラマ・レビュー 『江~姫たちの戦国~』第2回です。 あらすじ・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2011-01-16 21:11
  • 『江~姫たちの戦国~』第2回「父の仇」

    Excerpt: 1579年伊勢。兄・信包の暮らす伊勢へ身を寄せる市と茶々、初、江。無邪気な初と茶々。しかし市は、あの小谷落城の夢を見ると。。兄・信長からの文。初は知らない。。織田信長を天下... Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2011-01-16 21:13
  • 大河ドラマ 「江」 #2 父の仇

    Excerpt: 江は何も知らず、市たちは心に秘めて安土へ向かいます。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2011-01-16 21:24
  • 江 -姫たちの戦国- 第2回「父の仇」

    Excerpt: 物語は市と三姉妹が伯父である織田信包の居城である伊勢上野城に暮らし、海岸で楽しそうに遊ぶ場面から始まります。波打ち際ではしゃいでいる姿を見ているとなんだかこれは大河ドラマというよりも家族の団らんを感じ.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-01-16 21:27
  • ★大河ドラマ『江』おじうえに会える♪

    Excerpt: なんかな~やっぱ「のだめ」のコスプレに見えてしまうけどぉ~天真爛漫な江(上野樹里)ちゃん。。まだ子供だね~~(いくつなの?)第2回「父の仇」公式ページはコチラやっぱりかっ... Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2011-01-16 21:28
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆2戦国の掟を知り信長から己を信じて思いのまま思い存分生きよ!

    Excerpt: 16日大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第2話を視聴した。 今回は浅井家が滅ぼされてから6年後の 1579年(天正7年)市と3姉妹は 伯父・織田信包の元で平穏な日々を送っ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-01-16 21:35
  • 江6歳の巻

    Excerpt: 「江は何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているかを確信しました。それは心根です。」「江 姫たちの戦国」第2回「父の仇」はこの大河で、観光で儲けようとして... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-01-16 22:03
  • 『江』 第2回「父の仇」

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメントお市と三人の姫たちは、小谷落城の後、伊勢上野城で暮らしていました。そこは信長の弟である織田信包の領地で、伊勢湾が広がる浜辺で成長した江と初が遊んでいます。そこへ届い.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2011-01-16 22:05
  • 江~姫たちの戦国 第2話 感想「父の仇」

    Excerpt: 江~姫たちの戦国ですが、江(上野樹里)や市(鈴木保奈美)、茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)は織田信包(小林隆)の伊勢で保護されています。江は無邪気に海辺で貝を採り、初と争いますが、饅頭騒動に続く第二.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-01-16 22:35
  • 〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第2回「父の仇」

    Excerpt: 初回放送を、正月ボケと 間に「坂の上の雲」が挟まってしまったので すっかり見忘れてしまった。 土曜日に再放送を で本日2回目放送を連荘で観た上で 満を持して、これより参戦いたしやす。 前回の「龍馬.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2011-01-16 22:42
  • 〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第2回「父の仇」

    Excerpt: 初回放送を、正月ボケと 間に「坂の上の雲」が挟まってしまったので すっかり見忘れてしまった。 土曜日に再放送を で本日2回目放送を連荘で観た上で 満を持して、これより参戦いたしやす。 .. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2011-01-16 22:44
  • 『江~姫たちの戦国』第2回~ああ見えて浅井三姉妹は小学生

    Excerpt: 『江~姫たちの戦国』 第2回「父の仇」 【 大河ドラマ=ノンフィクション 】 大河ドラマは”ノンフィクション”ではないから、ある程度は脚本家の自由なのであるけど、ついつい「大河ドラマ=史.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-01-17 10:30
  • 江は歴史上NO1の女性かも知れません!!

    Excerpt: お江の素朴な疑問に答える信長、何かへん かなり違和感を覚えましたね 朝倉義景・浅井久政・長政の髑髏事件も全否定。 滅ぼした武将の髑髏を金箔で覆うのが勇猛な死者に報いる為 の儀式だとは… 驚きはお江が.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2011-01-17 12:54
  • 江~姫たちの戦国~【第2回】NHK大河ドラマ

    Excerpt: 父の仇  ファンタジー大河ドラマ~~~~~~っ!!!勘弁してください…。 第1回を見たときから、こりゃ最後まで見ることはないなと思っていたんですが、第2回を見てそれが確信に変わりました。上野樹里の江.. Weblog: だらだらぐーたらぐだぐだ日記 racked: 2011-01-17 13:46
  • 「江~姫たちの戦国~」第2回 そんなに沢山...

    Excerpt: 今日も最初の10分を見逃してしまっております(^^;)なかなか最初から見るのが難しい日曜8時です。さて 今日は江が 信長さんが父の仇と初めて聞かされてでも 直接自分で信長さんに... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2011-01-17 14:11
  • 【江~姫たちの戦国~】第2回と視聴率「父の...

    Excerpt: 第2回の視聴率は初回の21.7%より上がって、22.1%(関東地区)でした。初回より上がって、良かったです♪(^^) 「女の戦は、生きること」市のその言葉が、このドラマのテーマか... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2011-01-17 17:52
  • 「江~姫たちの戦国」第2回「父の仇」

    Excerpt: 安土だよ!全員集合!! ○あいかわらずお江はのだめ ○安土の会議は、お市、三姉妹、織田信長、信長の子三人、徳川家康親子、柴田勝家、豊臣秀吉、明智光秀。オールキャストだね ... Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2011-01-18 06:08
  • 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第2話『父...

    Excerpt: あらすじ・キャストなどは Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-01-18 14:43
  • 『江 ~姫たちの戦国~』 第1話、第2話

    Excerpt:  ドラマとしては面白いかもしれませんが、大河ドラマとしてはどうなんでしょう。でも、『天地人』はひどかったから、こんなものかもしれませんね。  まず、気になった点は、史実や通説や逸話と異なっていたり、.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2011-01-20 00:35