NHK大河ドラマ「龍馬伝」第46回「土佐の大勝負」

キャラは立ってる熱演してる、その場その場を見ているとテンション高くて引っ張り込まれる、セットも衣装もスケール感とリアル感が満載で迫力ある映像で好印象。ただまあ、人物の変化とか伏線とか歴史の成り行きとかはあまり重視していない感じがしました。あと、幕府側の描き方が通り一遍で雑な悪役だったのと、薩摩や長州の描き方も不足気味だったような・・・。あ、総括にはまだ早かったかしら?(赤面)
 本日は土佐の大殿様山内容堂公の説得と後藤象二郎殿の活躍と乙姐やんとの最後の対面ですか。盛り上がりそうう~~~。

本日のアバンタイトル~~~
 海を前にして龍馬君。桂浜?銅像が生きているみたいなポーズ!運び込まれるミニエー銃。緊張してアップアップの象二郎殿。銃の山を見て驚く容堂公。それはどっちを向いて使うのかという大殿容堂公。この際龍馬君との会見を進上する象二郎殿。全く無視して立ち去る容堂公でした~~~。
 
大殿様に面会申し入れ
 もう9月の月末?運命の11月15日・・・って、明日じゃないですかっ!坂本龍馬様の御命日!なむなむ~~~。このドラマの龍馬君もその運命の日まで後わずかとなってまいりました。
 いよいよ容堂公と直接対決するために土佐にやって来た龍馬君、さっそく後藤象二郎殿に再度大殿様との謁見申し入れのおん願いたてまつり候。前に一度ご尊顔を拝した事がありましたのは勝先生のお伴でしたっけ。思えば遠くに来たもんだ、ですねえ~~~。
 でも大殿様は気乗り薄。何としても~~~と言い募る龍馬君です。喉に大汗かいてわかっちゅうとおっしゃる象二郎殿、切羽詰まってますねええ。

故郷の人々~
 龍馬が戻んて来たぜよ~~~!とハイテンションで龍馬君帰還!は~るかなる四万十~川~そ~の~し~も~~~♪久しぶりに・・・あ、あれ?なんだかついこの間帰って来ていたような気も・・・(汗)。ハンペン先生&以蔵君の最期の時に帰って来て悪乗り気味の活躍をしてましたっけねえ~。あの時は象二郎殿をコテンパンに・・・。
 兄上に縁切り状まで書いてもらって、東洋様殺しの下手人は自分であると宣言して、これでもう二度と会えまい故郷の人々と思っていたら、また会えました~~~!いやあ、これだから人生は分かりませんねえ~。
 龍馬が帰って来た!坂本家は大喜びさああっ!!特に乙姐やん!ヌカミソだらけの手で頬を挟まないで~~~~!臭いがじゃ~~~!優しいママ母様はお亡くなりになられてました。そして気のイイ姪っ娘の春猪ちゃんには子どもがっ!やっぱり時の流れは止められませんねえ~。
 今回は大殿様に会って直談判するために帰って来たという龍馬君。ご家族の面々はハトが豆鉄砲?でもまあ、それはそれ、これはこれで、早速催されます再会記念パーティー!そこには岩崎家の方々も招かれて!楽しそう~~~♪
 弥太郎君の仕事ぶりをお尋ねになる弥太郎君ママ。あの子は図に乗ってませんか?と念を押すママさん、パパさんは、あいつはそれだけではなくその上を行かねばならんと熱講演。弥太郎は自分を持っている、弥太郎だけの生き方を知っていると請け負うた龍馬君。弥太郎パパさんごっ機嫌~~~♪

一方起業家弥太郎君
 龍馬君の言った通り、いよいよ藩の手先ではなく、自分の意志を持ったビジネスマンとして生まれ変わりつつある弥太郎君。土佐商会でのお仕事を済ませた後自分自身の商売に取り掛かっておりますと、元部下だった二人の上士がやって来て、「わしらにも手伝わせてくれんかい?」と。この間の弥太郎君の啖呵を受けて呼応して、これからは身分ではなく実力のある者が商売を切り開くのだと心を決めて部下に立候補、弥太郎君を担いで一旗揚げる心意気!いよおおおおしっ!これでここももう上士も下士もない新しい時代に踏み出したがじゃああっ!

土佐藩内では異論激論オブジェクション?
 龍馬君が持参した1千丁のミニエー銃。このデモンストレーションが話題を呼んじゃって、土佐藩内を揺るがす大騒動となっております。これをもって薩長につくのか?それとも幕府を守って戦うのか?どっちにするのっ?
 龍馬君になびく人、反発する人、砂浜で対決?ってか暗殺?ひと悶着・・・。でも全てにおいて上回っている龍馬君は反発する上士たちとも無理やりシェイクハンド。
 これはねええ・・・大殿様がどっちに決断しても反対派がひと暴れしそうな勢いかも~?ってな状況で象二郎殿はしつこく粘り強く大殿様を説得してます。実は下士の分際で東洋様に認められ、薩長同盟という大きな仕事も成し遂げた龍馬君が妬ましくて腹立たしくて認めたくはなかった象二郎殿。でもこれも世のため日本のため、そんな小さい感情に振り回される自分を脱皮したのでございます!「どうか坂本龍馬に会うてくださいませ!!!」とうとう大殿様が折れまして、龍馬君との会見が許可されました。
 砂浜の龍馬君と大殿様の御前の象二郎殿との二元中継!今年のお得意のパターンでしたねえ~~~。BGMのギター(?)もイイ感じでしたよお~。

堂々たる日本人!!
 相変わらず何を考えているのかよく分からない容堂公。底知れぬ妖怪って言うよりも優柔不断って感じよ?龍馬君が大政奉還の建白書を書いて欲しいと願えば、それには答えず「わしが憎うは無いか坂本?」と問いかけます。龍馬君答えて曰く「憎いです。下士が上士に虐げられちゅうこの土佐のあり様が憎いがです!」うああ、緊張!!けんど憎しみからは何ちゃあ生まれん!憎むべきはこの国の古い仕組みじゃきに!!!
 最初は下の土間に座っておりました龍馬君ですが、大殿様と同じ座敷にまで上がり込んじゃって!周りのお侍は刀の柄に手をかけて!狼藉者は承知の上で熱くふてぶてしくシリアスに説得。
 これからは幕府も藩も上士も下士も必要なし!日本は新しい国になるべきです。武士という身分もなくす!この国は武士が力でするのではなく志のあるものが議論して治めるべき!!!その先駆けになるのは土佐藩、山内容堂様であるべきです!ご決断を!ご決断を!大政奉還の建白書を書いてください!と大挑発。象二郎殿も龍馬君に並んで座って、二人して「ご決断を!!!」
 幕府も藩も無くすと言う驚天動地のコペルニクス的大転換にはさすがの容堂公もビックリ?「武士も大名も無くなったら何が残るがじゃ?」龍馬君の答えは、スッカラカンもドウモセンゴクも耳の穴かっぽじってよおおっくお聞き!残るものは即ち、
 「日本人です。異国と堂々と渡り合う日本人が残るがです。」
 くうううう~~~~!涙が吹き出ますねええええ~~~!!!

どうするどうなる坂本家?
 会見の後、坂本家で晩ご飯を食べる龍馬君。おいしそうです~。だいぶ落ち着いて静かになったなあという龍馬君。兄上は、ワシが死んだら誰がこの家を守るのか?龍馬、坂本家の家督を継いでくれんかえ?龍馬君の答えは、ちょっと待ってよお~。もうちょっと!もうちょっとでワシの大仕事が終わりますき、その時にはこの家に戻って来ますきに~~。そんじゃきもちっと待っててつかあさい。
 ううう~~ん、安請け合いしちゃって大丈夫かにゃあ・・・

涙涙のメンパッチン・・・じゃなかった建白書!
 いったん会見を打ち切ってどうするか思い悩む容堂公。傍らに控えしは象二郎殿。建白書を書いたら土佐藩は無くなってしまうかもしれない。大殿様のご決断なら家臣は従いますと象二郎殿。大恩ある徳川家に最後通告の引導を渡すのか山内容堂!涙をこらえて建白書を書き始めました!こうしてみると義理と人情と大恩のため身動きとれずに身もだえてらっしゃったんですねええ容堂大殿様・・・。にしても字がお上手!!!
 それと、今日の演技を見て象二郎殿のお気持ちはよおおおっく伝わりました。これまで不足していた分も含めて満腹にしていただきました。良かったですよおお、覚悟が伝わって来ましたよ、青木様~~~!!
 そして、建白書を見せられて大感激の龍馬君。最初っから大殿様がこれを書くと確信していたかのような龍馬君の態度を改めて大殿様が問えば、武市半平太の牢に来られて同じ地べたに座られたと聞いて確信しておりましたと。どおいてそんな事を知っちゅうがじゃ~~~!とはなりませんでしたけどねえ、オホホホホ。
 でも容堂公の色気のある横眼づかい!ちょっと私、やられてしまいました・・・
 そして象二郎殿から手を差し出してのシェイクハンド!今日の放映でいろいろ、本当に象二郎殿へのいろいろがすっきりと腹に落ちましてございます・・・ううううう。

この大仕事をやり遂げたら土佐に戻んてくるぜよ
 にゃんたる死亡フラグ!この仕事が終わったら妻と二人で故郷へ帰る!桂浜らしき砂浜で、乙姐やんに約束しちゃいましたよ龍馬君~~~。龍馬君の事が心配でたまらんぞね、決して死んではいかんぞね、と言いながら、かつての約束、蒸気船で家族そろって歌合戦・・・じゃなかった!蒸気船で家族そろって世界一周大名旅行がまっこと楽しみじゃと微笑む乙姐やんなのでした~。いや~~~、こんなに明るくて力強い姐やんに見守られてたら、勇気がわき出てきますよ~~~!海の風にふくらむ袴が希望を表しているようでした。木切れでチャンバラする姐弟が楽しすぎ~~~♪
 龍馬に残された時は後四十日・・・

画像

この記事へのコメント

2010年11月14日 20:54
あの乙女とのシーンが後の悲しさを倍増させます…。
真田
2010年11月14日 21:00
ryi様、今晩は~~~。
同意同意の賛成賛成ルパン賛成です~~~!
よかったですよ、印象的でしたよ、あの海辺のシーン!
いやあ~~、寺島先生は本当に存在感と説得力のある良い女優ですよねえ~~~♪
かえ
2010年11月15日 08:29
象二郎殿とのシェイクハンドのシーンは
二人のすっきりとした表情が良かったですね。
せっかく坂本家の家族とも再会できたというのに...
この後の事を思うと悲しいです。
真田
2010年11月15日 18:27
かえ様、今晩は~~~。
良かったですよ象二郎殿~。これですっきり溜飲が下がりました。
私的にはこれまでの段階でもう少しきめ細かく象二郎殿を描いて欲しいと思っておりましたけど、
今回の激白とシェイクハンドで満足満足。
そして乙姐やん始め坂本家の方々、回想シーンの継母の方も、ほんっとにええ人ばかりですろおお~~。
最後が分かっているだけに哀しさ倍増・・・

この記事へのトラックバック

  • 「龍馬伝」第46回

    Excerpt:   第46回「土佐の大勝負」土佐に着いた龍馬は象二郎を通じ、容堂に直接会いたいと願い出る。だが、容堂は相手にしない。坂本家に久しぶりに戻った龍馬を、家族は温かく迎える。... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-11-14 20:45
  • 龍馬伝 第46回「土佐の大勝負」

    Excerpt: 『龍馬伝』 のお時間です。 あらすじ・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-11-14 20:51
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第46回 「土佐の大勝負」 龍馬は山内容堂と面談したりしてませんが、、、

    Excerpt: まず第一に、龍馬が桂浜に降り立った時点で 未だ脱藩者の大罪人である。 だから「安芸広島 浅野家家来 小沢庄次」 と変名させて藩庁に届け合法的に滞在させているのである。 この滞在中に二度目の脱藩の罪は.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-11-14 20:52
  • 大河ドラマ 「龍馬伝」 #46 土佐の大勝負

    Excerpt: ついに土佐へ帰藩。 なんだか容堂にもあっちゃうみたいで…。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2010-11-14 20:53
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第46回 「土佐の大勝負」 龍馬は山内容堂と面談したりしてませんが、、、

    Excerpt: まず第一に、龍馬が桂浜に降り立った時点で 未だ脱藩者の大罪人である。 だから「安芸広島 浅野家家来 小沢庄次」 と変名させて藩庁に届け合法的に滞在させているのである。 この滞在中に二度目の.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-11-14 20:56
  • 『龍馬伝』第46回「土佐の大勝負」

    Excerpt: 慶応3年9月、ついに龍馬は土佐に戻った。無血倒幕のために山内容堂を動かさなくてはならなかった。最新式のミンエー銃千丁。「どっちに向かって使う気か!?」という容堂。後藤は... Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2010-11-14 20:59
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第46話「土佐の大勝...

    Excerpt: ついに龍馬、土佐へ-----------!!千丁の銃を手土産に戻ってきた龍馬。後藤も大政奉還を望んで、容堂に会わせようとするも、今日の所はひとまず拒否。さぁ。龍馬が坂本家へ帰還!!め... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-11-14 21:10
  • 龍馬伝46 後藤伝&容堂伝に武者震いするがじゃき

    Excerpt: 龍馬伝最終回は時間変更ってホントかぇ? 龍馬伝は16時15分から 坂の上の雲が17時半から って ホントにホントですか? 容堂)答えや 坂本 武士も大名ものうなった 世の.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-11-14 21:31
  • 龍馬伝~第46話「土佐の大勝負」

    Excerpt: 第45話「龍馬の休日」はこちら。 「嫉ましかったとです!」 山内容堂に対して後藤 Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2010-11-14 21:37
  • 【龍馬伝】第四十六回

    Excerpt: 大殿さま。時代の流れはもう徳川にはありません。今のこの世の中の流れを作ったがは坂本龍馬でございます!龍馬は容堂に大政奉還の建白書を貰うために土佐に入ったが、後藤が何度説... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-11-14 21:38
  • 『龍馬伝』 土佐の大勝負

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント後藤象二郎の請願もむなしく、龍馬に会うことを拒否する山内容堂。いったん引いた龍馬は、懐かしいわが家に帰りました。そこには権平兄上や乙女姉上らの笑顔あふれる歓迎が。し.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-11-14 22:24
  • 龍馬伝 第46回 感想「土佐の大勝負」

    Excerpt: 龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は千の鉄砲と大政奉還の腹案で故郷土佐藩に凱旋します。坂本家の人々とも久しぶりに再会しますが、脱藩して二度と会えないと思っていたので喜びもひとしおです。 しかし、あま.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-11-14 22:33
  • 龍馬伝 第46回「土佐の大勝負」

    Excerpt: 今回は、大河ドラマの良さを実感する素晴らしい内容となりました。歴史上の大きな出来事をその通りに描くのでは、そこに新たな発見はないのですが、歴史上大きな流れができるその直前や、状況が変わるときの裏側、そ.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-11-14 22:36
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者46容堂に龍馬の今までの功績を認めさせ大政奉還を容堂に決断させた

    Excerpt: 14日大河ドラマ「龍馬伝」第46話を視聴した。 今回は龍馬は象二郎に伴われて土佐に戻った。 象二郎は容堂に龍馬に会うよう説得するが、相手にしない。 そんな中龍馬は久しぶりに坂本家に戻り、宴会を模.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-11-15 00:07
  • 大河ドラマ 『龍馬伝』 第46回 レビュー

    Excerpt: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第46回 「土佐の大勝負」を観ました。 今回の『龍馬伝』…薩土盟約が解消されていないという、これまた歴史・史実を極度に曲解し描かれていたり(史実だと、坂本.. Weblog: サブカルチャー・ショック racked: 2010-11-15 00:18
  • 『龍馬伝』第46回★早よう春がこんかのう

    Excerpt: 『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON4) 第46回「土佐の大勝負」  坂本家に久しぶりに戻った龍馬  姪の春猪(前田敦子)には子も生まれている・・・パフ!! 【 妬ましかったです.. Weblog: 世事熟視―コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-11-15 14:20
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第46回『土佐の大勝...

    Excerpt: 今日11月15日は坂本龍馬の誕生日で命日・・・と言われてますねま、誕生日については別の日付とする説もあるんですが命日と誕生日が一緒だって方がドラマティック?はい、てんぽ... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-11-15 14:27
  • 山内家のDNA??

    Excerpt: 『武士も大名もなくなったら世の中に何が残る?』 と容堂{/kaminari/} 『日本人です、異国と堂々と渡りあえる日本人です 』と言い切る龍馬{/kirakira/} 史実とは違うのは百も承知ですが.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2010-11-15 16:57
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第46回 「土佐の大勝負」

    Excerpt: 「妬ましかったがです!」容堂公に幕府への大政奉還の意見書を書いてもらうためには、 Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-11-15 18:46