NHK大河ドラマ「天地人」総集編第三回・「人」の章

総集編も後半突入。ポスト信長時代に入ってまいりました。
にしても今回の総集編の四連ちゃん、世間的にはあんまり注目されてないっていうか、こんなふうにウォッチしてブログを書いている方が私の他に果たして存在するのかどうかも・・なんだか心配・・・。

本日は秀吉様の天下統一~利休様切腹~朝鮮出兵~家康様台頭~会津国替・・くらいまで行きそうな勢いですねえ。
主人公の兼たん的には無二の親友の三つにゃんとの友情物語にも尺を取られそうですし、本当にお忙しい~。

そういえば、第一回目からのお習字、「天」「地」「人」ってやつ、やっぱり本編と同じ双雲先生がお書きになってるんですねえ。最後はまっとうな字でようございました。
OP映像、割愛したシーンを補完するためでもあるんでしょうねえ、これ。

ライジングサン

光秀殿をやっつけた秀吉様、大笑いの顛末まさに駆けのぼる日輪。おかしなヘアーの石田三成・三つにゃんと越後に来て上洛の約束締結。あら、兼&三のシーンは割愛ですか~。
上洛を渋る景勝様を心配する兼たん&上田衆のご一同、焼き餅がおいしそう~。すっかり落ち着いた知恵者の感のある兼たん。昨日の悲しみがこの人を成長させた、っていう体裁なんですかねえ。
殿様とご家老様が二人っきりで上田庄へ帰省の気まま旅・・・これはやっぱり変じゃないのかしら・・・。
上洛つまり上杉家は秀吉様の軍門に下るという事、悩んでますねえ景勝様。思い出すのは謙信様の「天地人」の教え。ああ~、これやっちゃうとダメでしょお~。天の時地の利人の和を兼ね備えたものが天下を取るって、結局それがこの番組的には大悪人の家康様なんですから、ここはそおおっとバレナイヨウニ渡っていただきたかった~~~。

上洛する兼たん、ここでいよいよ「愛の兜」の登場です!そもそもこの兜の愛の字を現代風に解釈したところからこのドラマの・・・あ、いえ、言いますまい言いますまい。
秀吉様にお目見えする景&兼主従、越後ですでに顔合わせをしている兼&三の二人にその時のシーンがカットバック。新しい国を作っていこうと意気投合する二人です。
文人として一目置かれて京の方々にウケの良い兼たん、やっぱりモテモテ~。

さああって、極悪コブダヌキ・徳川家康様の登場ですっ!北条氏政様と反秀吉連合の密談?をしながらはぐらかして、ちゃっかり秀吉様にお目見えしてゴマをすっている裏表ありすぎの悪ダヌキぶりの家康様。すっかり白塗りサル幽霊になった秀吉様と上っ面だけの友好外交。

兜の愛の字について問答する家康様と兼たん。仁愛の愛、だがそれだけで世の中は治まらぬと言う家康様。それをしっかり見届けていたのが千利休様。

秀吉様の小田原攻め、かまぼことういろうの城下町が・・・。ここに東北から伊達政宗様もやって来ました。あ、八王子城の顛末はすっぱりカットですね。
世の中のためにはいくらでも金を使うという哲学の秀吉様。おっきな砦を作って威嚇して、リスクの少ない勝ちを収めました。ここら辺、武田家をお金で寝返らせた兼たんと似た者同士っちゃあ似た者同士でもあり~。

セッティングサン

ああ、どんどん話が進んでいきます。千利休様切腹!こんなんじゃあ話が違うぞと詰め寄る兼たんに、しょうがないさこれが政治さと言う三つにゃん。
もう少し人の情を持ちなさいと忠告する兼たん、そんな甘い事じゃあ泰平の世にならないと突き放す三つにゃん。

今宵の主役は秀吉様ですかねえ、やっぱり。鬼気迫る表情。お子様の鶴松様が亡くなり大ショック、魂が抜けたよう。そして何かを穴埋めするかのように朝鮮出兵の大号令。
ドロンジョ淀様もここに来てご登場。お子様をなくした状況を慰めてくれる景勝様奥様の菊姫様と心を通わせます。
でもまた女の意地でお子様をお産みになられて・・こんなおじいちゃんの秀吉様が、ねえ・・。

実子が生まれて有頂天の秀吉様、新しいお城まで建てちゃいました。で、邪魔になる二人の養子、秀次様と秀俊様との間には亀裂が走ります。
秀吉様の先行きに影が差し始めたこの時、家康様が三つにゃんを標的にして物申し始めました。豊臣家臣団に不協和音。
若きコンダクターの三つにゃんには重責。秀吉様をひたすらもり立てるしか道のない三つにゃんです。そして秀次様切腹!ご家族一同皆殺し!
とうとつに初音さんが登場して兼たんに三つにゃんの行動を言い訳してます。総集編では影が薄かったんですからこのシーンなくてもイイのに~。

相変わらず三つにゃんに辛い風当たりが続きます。秀吉様とうとう病に倒れて兼たん呼び出し会津への国替え命令。
民百姓が安心して暮らせる国にするためだと、兼たんの一番痛いところを突いてきます。
兼たんの見えないところでしらじらしい詐欺師の顔。まるで往年の悪役レスラーのような老獪さ。で、それを優しく見つめる三つにゃん。
あっ!じゃあじゃあ、三つにゃんは分かっていて秀吉様と一緒になって兼たんに一杯食わせたって事?
うわあ~、友情と思っていたのはもしかして兼たんの片思いだったのかもおおおっ?

で、景勝様は越後を引き払って、会津、米沢、佐渡などを治める大大名。ずいぶん飛び地ですねえ~。
すっかり友達同士って感じで語り合う兼&三コンビ。

越後を去ったらもう雪合戦やカマクラ作りはできないのかと涙を流すお船さんですが、会津だって随分寒いところだと思うんですけどカマクラはやっぱり無理なのかしら~?
家臣の皆さまの戸惑いや決断は省かれちゃいました。それとあき様お女中や優くん幸村くんのシーンはざっくりやられちゃいましたねえ~。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

天地人
2009年12月24日 02:25
しかし本物の兼続は、天地人のような変な人ではないので、よければ「米沢 兼続」をネット検索して、米沢市の案内を見て読んで、本物の兼続を知ってやって下さい。
「ドラマ天地人は実在した兼続とは、何の関係もありません!(;_;)」
真田
2009年12月24日 20:08
おおおおおっ!ちゃんと見てくれる方がいた!!
ああありがとおお~~ございまあ~~~~す!!!
天地人様、いらっしゃいませ今晩は~~~。
あ、やっぱりそうですよねええ~。あんな武将が本当にいたらビックリしますものっ!
今年は私、越後にはまいりましたので、来年はぜひ米沢の方にも伺いましょうかねえ。
以前山形に旅行した折には恐縮ながら米沢をスルーしてしまいまして。
あっ!でもでもでもでも!米沢名物「牛肉どまんなか」弁当はちゃああんとゲットいたしましたからあああっ!!!

この記事へのトラックバック