真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「西郷どん」第25回「生かされた命」

<<   作成日時 : 2018/07/01 20:42   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

心配なんですよ〜。いえあの、本日のタイトルからして吉之助どんに的には心配ないのは分かっております。そうじゃなくて島役人の土持どん!藩命に背いて吉之助どんを助け出しちゃって大丈夫ですかねええ?

沖永良部島に遠島の吉之助どん。吹きっさらしの牢内でご苦労。なんとか救おうと言う一蔵どん。友を信じてひたすらこらえる吉之助どん。そこに水を差すのは雪蓬どんだ。人は裏切るものだ!おいは友を信じると言って死ぬ寸前、助け出される吉之助どん。
さてさて土持どんのお家に担ぎ込まれて介抱されてる吉之助どん。吉之助どんのご飯を掠め取ったとして叱られているのはヤンチュの子供ら。あれは流人様からもろうたんじゃと言い返すガキンチョ。その子らの言う通りじゃと庇う吉之助どん。死にかけてても子供たちを助ける姿に、ヤンチュの子供らは胸を射抜かれているご様子で〜。てんてっけてんの〜せっごど〜〜ん!

 土持どんたちに介抱されて、先週奄美から届いたエスパー愛加那さんの魔力もあり、命長らえました吉之助どんでございます。お髭が海苔みたいでんなああ。んでもこれつまり天命!天があなたを生かしたんですよ、きっと〜。
 そこにひょっこり入ってきた雪蓬どん。あなたはヌラリヒョンかあああっ!こいで懲りたじゃろう、友を信じて待つのはよせと嫌味を言いに来たか?いやいやこないだディープ口移しで吉之助どんに水を飲ませたあなたはきっと、本当は吉之助どんの事が心配なんでしょうそうでしょう。老いを生かしたのは天と人じゃと全てを見抜いている感じの吉之助どんでございます。
 なあんとなく、月照様でもそうでしたけど、男同士のレインアイを仄めかしますなあ今作は。原作では月照様とはステディな関係となってましたけど、今作は仄めかすだけでしたし〜。月照様の過剰な色気の演技、入水する時の抱き合い方、そこら辺の演出からすると二人はキュアキュアでないと少し浮いてしまう感じがしなくもなくも小泉八雲・・閑話休題。

 吉之助どんが改めて、雪蓬どんはどうしてこの島に流されてきたのかと問えば、久光様の本を打ってお酒を呑んだ!そりゃあかんわ〜。土持母上鶴さんの言うよう。雪蓬どんはお由羅騒動に巻き込まれて謂れのない罪で流されてきた!ナルホド、そこで友が必ず助けると・・・本気の約束ではなく、せめてもの気休めだったんでしょうなああ。それがかえって雪蓬どんの心を傷つけてしまいましたか〜。そんで飲んだくれ誕生!
 書状を読みながら、あ!妙案を思いつきもした!と素っ頓狂に言い出したのは土持どんでございます。なにかポクポクチーンが湧いたようですえ〜。

 土持家のお庭に座敷牢が制作中。これはどげんしたコっじゃっとオットリガタナで駆け付ける代官の黒い奴だよ黒葛原様。んだが土持どんは反撃。藩命には、囲いに召しこみと書いてあるだけ!牢に入れろとかどんな囲いにしろとかは、書いてない!多分そこらは行間の空気を読めよって感じだったんでしょうけど、そこを逆手にとってのお家の中の座敷牢でした〜。ここで煙草を与えたりワザと脱走させたりして捜査を妨害するのは・・獄門島でしたっけ?閑話休題〜〜。
 そもそも遠島とは罪人を死なせる罪ではありもはん!お目こぼしを〜!これにはさすがの黒葛原様も黙認の構えだ〜。

 土持母上・鶴様の愛情で、すっかり回復した吉之助どんでございもす。ふくよかな母上こそ愛の印ですよ。なんでもかんでも痩せてりゃいいってもんじゃないんですからねっ!
 せめてもの御礼に、島の子供たちに学問を教えると言い出される吉之助どん。これは悪い話ではございもはん。一同大喜び・・のところ、島役人の子供だけではなく、他の子供も・・ヤンチュっていうんですか、こないだご飯を掠め取ってた連中、つまりいわゆる農奴の子供も集めてまいれとの仰せでございモス。
 子どもたちが集まって、ごきげんの笑顔で迎える吉之助どん。んだけどヤンチュの子供は遠慮して入って来ません。身なりもかなり小汚い感じではございます。江戸時代のこういう所、嫌だなああ。とはいえ明治になって直ちに好転したとも言い難いのではございますが〜。閑話休題。
 お役人の子供たちは差別感丸出しで、ヤンチュの子は家に上がってはならんど!吉之助どんが薩摩のいろは歌を披露。楼の上も埴生の小屋も住む人の心にこそは高き卑しき!人間の価値を決めるのは心のあり方なのであ〜る!こん屋根の下では子供は皆同じ!おはんらはのう!みいんな!国の宝じゃ!そいでこそ西郷どんでごわす〜〜!土持どんは滂沱の大喜びだ〜〜!
 楼の上も埴生の小屋も住む人の心にこそは高き卑しき・・・

 って、吉之助どんが奄美で暮らした頃は生麦事件の起きた頃そんな頃つーつーれろれろ・・大事じゃあああ!外国人が行列を犯したようでございモス!斬り捨てる!奈良原と言うはん氏が斬りつけた!慌てて止める海江田どん。これはもう助からん、楽にしてやろうと止めを刺しちゃった〜〜!これが後々とんでもない事態を・・・
 三十万両の賠償金を求めてきたイギリス国。んだが慶喜様のご進言は、それは薩摩匂わせるべきである、と〜〜!薩摩っていうか、久光様が大嫌いなんですなあ、慶喜様は〜。

 土持どんがもたらすバッドニューズアレン!しびれを切らしたエゲレスの軍艦が薩摩に向かって来ます!吉之助どんも、そこに居合わした雪蓬どんも血相変えまして候。

 薩摩藩では、イギリスに屈せず戦いましょうと主張する大久保一蔵どん!勝てる見込みがなくても戦わずして負けるよりはまし!最後の一兵となっても戦いますっ!いまや久光様の御側役の知恵袋やで〜。
 御同輩はブルって反対しますけど、久光様は開戦の決意!大久保、それでこそ薩摩隼人じゃ!これ以上舐められてたまるか〜!これって先週慶喜様から芋扱いされた事への恨み魔太郎なんでしょうなああ。
 生麦事件の張本人の奈良原どんと、止めを刺された海江田どんは腹を切る構え!んだがそこに一蔵どんが止めに入った!みれば寺田屋騒動で謹慎させられているはずの西郷信吾どんたちも居りますど。
 今こそ薩摩が一つになる時じゃ!兵は一人でも多い方がいい!奈良原どんも海江田どんも許される成り行きだ!命を懸けるならおいと一緒に戦ってくれ!熱い血潮が沸き立つで!切腹は後回しじゃ〜!
 つまりこれ、全員を救ってくれたのは一蔵どんって事でもあり。こないだ手紙で一蔵どんの悪口を書きなぐってた海江田どんは赤面もんでしたでしょうなあ。
 突拍子もない例えですけど、普段はルードとリンピオに分かれて戦ってるメキシコプロレスのルチャドールたちが、USAからでかくて悪い奴らがやって来ると連合軍を作って挙国一致で戦って大盛り上がりのお祭り騒ぎになるって伝説を思い出してしまいました〜。閑話休題〜。

 沖永良部島でも浮き足立ってますよ。って、砲撃じゃん!血まみれじゃん!攻め込まれてるじゃん!・・・ってのは夢か〜〜。脅かすなよおおお〜。
 んだけど薩摩に戻ってなんとしても戦争を止めようと、お舟をギッて島を出ようとする雪蓬どん!たちまち捕まった。もみ合いの末打ち据えられてる。そこにやって来た吉之助どんが説得に入る。
 侍が犠牲になっても構わんが、戦争で犠牲になるのは民なのだ!今は異国に学ぶとき、決して異国と戦ってはならぬ!これもまた斉彬様のまいた種だった雪蓬どん。吉之助どんと心が通じてSEEDがはじけましたで〜。んだけど代官の黒葛原様は断固許さず、二人そろって座敷牢さああ〜。
 島の衆は心配顔です。イギリス艦隊が薩摩に向かう前にここらを通るに違いなか!我等には鉄砲も刀もない、薩摩は、薩摩は!我々を守って下さるのか?黒葛原様曰く、わしゃ知らんち〜。個々はエゲレス軍艦の通り道、何時襲ってきてもおかしくなか。
 大砲を作れと言う吉之助どん!本物でなくて良い、丸太を並べて大砲に見せかけてエゲレスを追い払う!こ、こおおおなったら、吉之助どんとの間でSEEDの弾けた雪蓬どんが動いた!まずは勝手に牢を出て行る!西郷どんも連れて出る!おいはこん島の民を守る事に決めた!真っ向勝負の牢破りですけど、この事態に無力でしかない黒葛原様はさすがに見て見ぬふりをするしかございませんでした〜。おいは知らん!いい気なもんだな〜〜。

 うそこの大砲をを作ろうと躍起になっているのは雪蓬どんと西郷どん、そして土持どん三人だけ。もうやってられんと怒る雪蓬どん。島民の皆様はおっかながって手を出さないのよ〜。と、そこに、分かり切った展開ですけど、ヤンチュのお子ちゃま部隊がご降臨さあ!分け隔てなく学問を教えてくれた大恩人の西郷先生!わちゃにも手伝わせてたぼり!なんか涙が出てきたで〜!え、今度は島役人のお子ちゃま部隊もご降臨だ!わちゃも負けてやらん!おねがいしもす!西郷どんの教えが浸透してまっせ!
 こうなると雪蓬どんも乗って来た!子どもたちに世界情勢を語り出したで!語るのはナポレオンの事だ!お前らみたいなガキが国を変えた!って、手ぬぐい芸で帽子を作って、ナポレオンじゃ!革命じゃ!ホンジャマ、ホンジャマカン・・って、お前は早野凡平かあああっ!
 やがて父上たちもやって来て、挙島一致!なんたって島全体の危機ですもんね!ルードもリンピオも一緒になって協力するですよ!みんな仲良く!西郷どんもしてやったりの満足げな笑顔でございモス。

 そして薩英戦争ですが、エゲレス軍を追い返した!わずか二日で終戦。イギリス軍は上陸できないまますごすごと帰って行きました〜。死傷者の数では薩摩の勝ちだったそうで〜〜。んだけどご城下の一割が焼け野原で、しかもこっそり賠償金も渡してたそうで、まあ引き分けって感じ?んだけど日本の端っこの外様の藩がイギリスと引き分けって・・・すごかこつにごわす。斉彬様の研究努力が実を結んだって事でもあり〜。

 吉之助どんには召喚命令。いろいろ融和な感じになって来たのでしょうか。餅のロンでポンでチーで、一蔵どんの裏工作があればこそ〜。
 こうなってしまっては、おいの負けじゃわいには本のこてよか友がおっとじゃな。と語る雪蓬どん。いやあ・・あなたの友だって、力が及ばなかっただけの事ではないのかなあ・・。ワシを赦免する運動など起こすなよと言う雪蓬どん・・・するなよ、するなよ、絶対するなよ・・・っていうのはさああ・・・。
 すっかり心の友となった雪蓬どんが餞別に渡す書物。これはナポレオンの伝記ですかね。あ!これが西郷どんの柱の一本になるのかああっ?立ち去る後ろ姿に頭を下げる西郷どん。残り時間で島の子供たちに自分の知識を残らず伝えようと頑張る西郷どん。食料備蓄の事までも。

 西郷どんが島を離れる時がやってまいりました。迎えに来たのは弟の信吾どんではございもはんか〜。大人になったなああ。しっかと抱き合う兄と弟。よう無事じゃった!これは嬉しいなあ。薩英戦争の活躍を語る信吾どん。スイカ売りに化けてエゲレス船に乗り込もうとした顛末!島のみんなは大喜びさあ。
 西郷さぁを見送る面々。後はおいに任してくいやいと仰る土持どん。あなたはヨカお役人になられったい!子どもたちも名残惜しげに手を振るよ。我が20若ければと不穏な事を言い出す土持母上!んで、すっかり友となった雪蓬どんは、崖の上から旗を振ってお見送りです。書かれているのは「革命」の二文字!お前はナポレオンになれってか!民のために国を革命せよってか!その後のナポちゃんを思うとなんだか少しアレだけどな!
 西郷(せご)ど〜ん!西郷ど〜ん!と叫ぶ雪蓬どん。いよいよ「せごどん」と呼ばれ始めた西郷吉之助どん、これは転機が来たんでしょうなああ〜。今日からは西郷どんだ〜い!

 喜界島で村田新八どんを回収して、つまり新八どんも許されたわけですなあ、良かった良かった〜。さて一路薩摩へ!の前に・・あれ?愛加那さん?テレポーテーション?いやいや、
 やってまいりましたのは奄美大島!当然そこには愛加那さんと子供らがおっでごわす。信吾どんが気を効かせた〜!これで薩摩のお役目に復帰するならば、今回のが今生の別れになるのは必定!しっかと抱き合う夫婦和合の介!
んでも今となっては菊池源吾となるわけにはいかないと西郷どん。おいの事より民が大事、そう言う男だからワイは惚れたんど?離れてても来ん島にいるよ?母となられた愛加那さんは流石に聞き分けよく、身を引く構え!
 もう二度と会えんでも、旦那様は私のここにいると胸を押さえる愛加那さん。私のこの身体はあなたでいっぱいです!いやあ・・愛加那さんを見ているだけで涙腺が緩みがちなんすよ〜。
 ありがっさまりょうた!西郷吉之助様!ありがっさまりょうた!愛加那!交わす言葉に愛と涙が迸り出るご両人なのでありました〜。
 それにしてもロケの景色が最高の大河となりまして候。世界遺産級の画像が満載でした〜。
 愛加那、西郷どん、今宵はここらで良かろうかい・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
兵は基を人に求む
西郷どん第二十五話 ...続きを見る
半秦絆記
2018/07/01 22:18
西郷どん 第25回「生かされた命」
前回ギリギリのところで助けられた吉之助は、土持政照のおかげもあってちゃんとした座敷に牢屋を作ってもらい、そこで人間らしい生活を送ることが出来るようになります。さらにそれだけでは申し訳ないと島の子供たちに学問を教え始めるのですが、身分など関係なく、心の中に人の価値を見いだし、自分の努力次第でなんとでもなることを諭します。この考え方は当時本当に貴重で目から鱗が落ちたのではないでしょうか。 さらに生麦事件をきっかけにイギリスと戦争をすることになった薩摩の影響で沖永良部島でも不安が高まっていたのですが、... ...続きを見る
あしたまにあーな
2018/07/01 23:08
【西郷どん】第25回 「生かされた命」感想
その頃、海江田(高橋光臣)ら薩摩藩士が英国人を斬る「生麦事件」が起こる。その補償を迫られた久光(青木崇高)に一蔵(瑛太)は英国に屈せず戦…… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2018/07/02 05:05
西郷どん 第25話「生かされた命」
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第25回「生かされた命」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/07/02 12:44
大河ドラマ「西郷どん」 #25 生かされた命
薩摩が政治に入っていきます。 しかし、そのおかげで余計なトラブルが・・・。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2018/07/03 05:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
 西郷どんが、とうとう倒れて、島人総出で介抱、優しいですね。 鳥篭のような牢に戻せないということで、自費で座敷牢建設、土持どんも底抜けのお人好し。いい方ですね。一方、生麦事件、文化の違いとは言え、やってしまった・・にしても30万両要求、幕府の予算の半分弱、大英帝国もぼったくりが過ぎますね〜 しかし、慶喜公のご発言、幕府のことしか考えず、”日本政府”の自覚がない様子、のちのち響くかと。
 しかし、薩摩藩では事件後、5万の兵が召集され、大演習を繰り返し、街が焼失したときに備えて、設計図が作られ、延焼を食い止めるため、城下町は家財道具から戸やふすままで撤去したようで、住民も郊外に避難完了済み。よって慌ててなかったじゃ。斉彬公によって、敵艦が錦江湾に侵入したときに備えて、水雷も準備され、下町を守るために巨大な土塁まで建設されてたそうですし。
 一方、離島は漠然とした恐怖感に包まれてたかと、おそらく、賠償金要求の艦隊が離島を攻撃することはないと、薩摩藩は読んでたと思いますが。 
 西郷どん、史実でも、土持どんに鹿児島に帰る船を調達しろ。と、困らせてたようで。
  でも薩英戦争は大英帝国にとってはショックだったでしょうね。 アヘン戦争では、清と2年戦争して、戦死者69人、薩英戦争じゃ2日で20人ですし。 
 そして西郷どん、帰郷、最後の賑やかな時間を過ごし、愛加那さんとも別れ・・いよいよ幕末の荒波に漕ぎ出しますね。ある意味もう戻れない道に・・
鹿二郎
2018/07/07 20:54
今のところ人気先行気味の西郷どんですけど、こうやってみんなの期待を受け止めていくうちに大きくなっていくんじゃないかなああ、って〜。
英国は自国民が殺された事よりも自国の利益そのものを追求して、この振舞に出ているんじゃないですかねえ。徳川幕府を困らせること自体が目的ではないかとおお〜。
そして思いのほか苦戦した薩摩!この薩摩に接近して唆して、長州も抱え込んで、そんで幕府を倒させる!これがつまり、大英帝国の目的となり、エージェントのグラバー様が大儲けで、その手先の龍馬様は薩長同盟の橋渡し!みたいな〜。
そこで我らが西郷どん・・将棋の駒みたいになってしまわなければ良いのですけどおお〜。
真田
2018/07/09 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「西郷どん」第25回「生かされた命」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる