真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第12回「おんな城主直虎」

<<   作成日時 : 2017/03/26 20:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 8 / コメント 2

ビックリしました!稀勢の里様奇跡の逆転優勝じゃないですか!これはもう大フィーバーですけど、お怪我の方が心配心配・・ってのは先ほど場を改めましてお祝い申し上げ奉り候。にしてもしかし、この感動の後どんなドラマを見せられても、果たして心躍らすことができますかどうか、ちょおおっと自信ないなあ〜。
とまあそれはそれとして、いよいよ番組名が回数名に!来ましたね〜、おんな城主!んでもなんですかこの、番宣とかの雰囲気では、女でも城主よ!とか、女だってお殿様よ!みたいな勇ましく女の時代みたいな雰囲気を醸してらっしゃいましたが、実の所血みどろの悲劇の末、一族のため生き延びるために城主にならない訳にはいかない悲しい茨の道行きじゃないですか!あ、いえ別に、文句を言うつもりはないんですけど、やっぱり現実はキビシイなああ、って〜。

 時は戦国!モリタケンサク様ご当選・・・ってのはまた別のお話、ゲフンゲフン。井伊直親様ご一行を襲う木枯らし!そして怪しげな武装集団!絶体絶命〜〜!短いアバンは良いアバン〜。今にして思うと、OPで花が矢でちょん切られるシーン、なんかもう痛々しくって痛々しくって・・。

 次郎法師はこの寒い中水垢離ですか!水垢離はいいんですけど、それに耐えるだけの修業が積めているとも思われず、心配だにゃあ〜。拝む相手はご初代様ですか。どうかご加護をどうかご加護を、直親様が無事に戻って来られるように祈りつつ、ざっば〜〜ん!
 直親様は乱闘シーン。必死に戦ってますけど、孫一郎様がアブニャイ!死んじゃった!今度は忠臣藤七郎様が!とうとう一人になった直親様!木枯し紋次郎みたいな殺陣の末、刺された!?倒れた!うわあああ、直親様の脳裏に浮かぶのは次郎法師。必死に立ち上がって最後の見せ場!ここであの、しの様の事は全然思い出してあげないのね〜〜。井伊はどっちだ、と言い残して崩れ落ちる直親様でございます。
 水垢離の次郎法師には、え?直親様が手ぬぐいを?なんでなんで?駿府に向かったハズの直親様が?って、次郎法師倒れた!言わんこっちゃナイジェリア〜〜!

 一方直親様は既にこと切れております。井伊谷に第一報!駿府に向かう途中の掛川のあたりで今川家の待ち伏せを受けて無残に惨殺!父と子と、二代続けて謀反の罪で、今川家によって命を奪われることになるとは皮肉な運命の直親様でございます。
 これではなぶり殺しではないか!と声を荒げるのは直平様。いや確かにこれ、誰がどっからどう見たってなぶり殺しでございます。ここまでやったら逆に謀反心を育ててしまうとは考えなかったのでしょうか氏真様・・いや、あいつは何も考えてないか〜。

 直親、とわを連れて行くでない!と言うのは千賀様改め祐椿尼様。次郎法師をお見舞いです。直親様の所に駆けつける南渓和尚様ご一行。凄惨な殺害現場!高僧も我慢できずに泣きわめく小雪交じりの処刑場。ここは寒かろう、井伊に帰ろうと嘆く和尚!いい嘆きが入りました。
 三日三晩半死半生の末、ようよう目覚める次郎法師様の耳に聞こえる音声は、殿のお帰りじゃ!うわああ♪直親様が無事に戻られたんだああ!と思って病の体を引きずりまくって確認する次郎法師の眼前に広がったのは!
 筵の死骸!死骸!死骸だらけだ〜〜!奥山家を継いだ孫一郎様や、直親様の腹心の藤七郎様や、なによりも!殿!直親様!亀!なんで死んでんねん!嘘やらお〜〜!と、思わず伸ばした次郎法師のお手手をハシッと叩くのはしの様だ!触るでない、私の夫じゃ!うわあ・・。
 そなたが殺したようなものではないか!何もかもそなたの所為ではないかと次郎法師を責めるしの様。こないだのニセ元康様のお使いを通した張本人だってか?いやいや、あの時小野但馬政次様を成敗して殺して置けばって事か〜。いやでもそれは、いくらなんでもタラコでも、言いがかりだと思うんすけどねえ〜。すかさずデキた妹のなつ様が割って入って、姉は正気を亡くしておりますと取り成してらっしゃる。
 呆然自失の態で約束の井戸の所でお経をあげる次郎法師。お葬式には列席せず、ここで直親様を忍んでらっしゃるんですねえ。んでもちょっとこれ、うつが入っちゃったかも。

 直親様に裏切られた今川氏真様は怒り心頭で、ご本人を殺害してもなお怒りの電流はチャージされっぱなしみたいです。今度は一子虎松を殺せとのお達しが届きました。これもまた既視感!かつては直満様の謀反に怒った義元様が幼い直親様の処刑をお命じになられましたっけ・・。
 今回もまた亡命逃亡?ではなく、駿府へ行って直談判してくると言い出したのが新野左馬助様だ!一歩間違ったらご自分が処刑されるかもしれないわけですけど、今や井伊家の一員と化している左馬助様の男気だ!
 そして駿府で、怒り心頭の氏真様は意地悪太守となり果ててます。それでも平身低頭縋り付く左馬助様。だったらワシの欲しい首を取ってこいと仰せの氏真様・・・。とにもかくにも虎松様の助命嘆願成功!ですけど・・でも。おおじじ様が戦にお出になることになった!つまりこれが助命の条件なのね。直平様が織田攻めの今川の陣にはせ参じて戦に出るのが!
 あ!これ全部裏で差し金を引いているのが政次様なの?どんだけ卑怯モノよ!だんだん父上と同じになって来ましたよ!悪い奴じゃのそなたは、と氏真様に言われて満面の笑み!そして対元康様への献策も功を奏して、太守様はご満悦・・って、おおお〜い!

 竜宮小僧としての活動を停止して只管座禅の次郎法師。竜宮小僧を乞う村人の願いも残らずスルーでございます。んで、おおじじ様ご出兵の方を聞いて井伊家の館に駆けつけます。仲良く呑み交わしている直平様、左馬助様、そして中野直由様。この面々が戦に駆り出されるわけですよ。もうこの方たちくらいしか戦の采配の出来るオノコは井伊家にはいらっしゃらないわけで!じゃじゃじゃ、じゃあじゃあ、それで万が一のことがあったら、井伊家はどうなっちゃうわけ?
 直平様の言うよう。我らは必ず戻ってくる。仮にもしもがあったとしても、それはもはや天命じゃ。ああ・・この人もう生きていたくないのかもしれないなあ。これだけ逆順で若い方たちを亡くしていったら、もうたくさんだって、もうこの世にいたくないって、思われていたんじゃないですかねえ、直平様。お顔がもう仏様ですよ〜。次郎法師も加わって、お酒を呑み交わして・・別れの杯か〜〜〜!そなたが女子で良かった、そなたとは逆縁にならずに済みそうじゃ!泣かせるなよ爺〜〜!
 約束の井戸で一人で飲んだくれている次郎法師。なんだかこれ、依存症っぽいんですけど〜。なぜ私は男子に生まれなかったのかと、己の境遇に愚痴まくりマクリスティー。ですが、運命は過酷です!直平様は陣中にて急死!毒殺との噂もございます!あり得るなああ・・。さらにさらに、左馬助様も直由様も、やがて討ち死になされまして候!残らずナレ死だ!終わりだ!井伊家は終わりだ!戦国の世に戦の出来るものが一人もいなくなっちゃっちゃあ、もう終わり名古屋の味噌煮込み〜〜!

 さてさてそんな中、いよいよ政次様が井伊谷に戻りました。あの一件以来駿府にとどめ置かれていたご様子です。今や井伊谷では、小野但馬が直親殺害を企んだのではないかとさえ言われている針の筵のただなかに戻って来ちゃった政次様なのでございます。
 今や殿も城代もいない井伊家、祐椿尼様がお出迎え。政次様は新たに今川の目付を三人引き連れてご対面。そして言い出す太守様のお差配は、ソレガシを虎松様の後見としていただきます!乗っ取りじゃ〜〜ん!アゼルバイジャ〜〜ン!祐椿尼様顔面蒼白!直ちに向かうは知恵袋の南渓和尚。

 件の古井戸に戻って来た政次様。迎えうつ次郎法師・・飲んだくれておりますなああ。生きておったのかと驚く次郎法師。今川に捕らえられていた、井伊に政を任せられるものがいなくなったので戻された、とシレっと仰る政次様。目つきが冷たいよ!なんだかゾンビよ!幼馴染の死に対して悲しみの常がみじんも感じられず!
 さてはおのれ裏切ったなああと察した次郎法師。裏切るつもりで裏切ったのか、それとも裏切らざるを得なかったのかと問いただします。これに対して政次様のつれないお返事は、恨むなら直親を恨め。ヘタをうったのはあいつだ。にゃにゃにゃ、にゃんじゃとおお〜〜!

 祐椿尼様と南渓和尚が善後策を話し合っております。こうなったら次郎法師に虎松様の後見になってもらおうと言うウルトラCを言い出す和尚!最初ビックリしていた母上ですが、やがて説得陥落しちゃったようでございます。あの子は追い詰められれば活路を開く、たった一人今川と戦うて出家の許しを勝ち得てきた、アレは女子でこそあれ次郎!次郎の器じゃ!
 ってなところでタイミングよく、涙でぐっちゃぐちゃな次郎法師が怒り心頭乱暴狼藉!昊天様の槍を持ち出して政次様を襲う構えよ!ダメだって!今そんな事したら今川は井伊家を本気で潰しに来るって!ああそれ、俺の槍と心配する昊天様!と、そこに絶妙のインターセプト。南渓和尚が鶴を狩りにでもいくつもりか?だったらワシも一緒に行ってやると!だめだよそれは、龍潭寺を巻き込んで残らず滅亡ジャン!アゼルバイジャン!さすがの次郎法師もここで少し正気に返って強行断念!そして・・あああ!昊天様の私の槍を地面に叩き刺して!折っちゃった!昊天様がお気の毒すぎます〜!
 次郎法師は号泣!ワレの所為で直親は死んだ!藤七郎も孫一郎も!おおじじ様も左馬助叔父上も中野殿もおお!ワレは災厄をもたらすだけじゃ〜!・・・いやそれ、自意識過剰じゃね?と思ったのは私だけでしょうかねええ。あなたは竜宮小僧ではないのかと指摘する小坊主君、いい仕事しはりましたなあ〜。これまでも何かにつけ次郎法師のお側で面倒見てきたもんなああ〜。
 ここで恩師・南渓和尚が言い含めます。己を責めても死んだ者は帰らん。じゃが死んだ者を己の中で生かすことはできる!忍ぶ事で、習う事で・・他にはないかのう?次郎法師はしばし考えてご回答、亀にこの身を捧げる!ワレは亀の魂を宿し亀となって生きていく!
 提婆達多の魂宿してレインボーマンとなる教えですかねええ・・・あっ!違う違う!これはあれですね!直親様の魂を宿して直虎となるうううっ?

 井伊家のお館ですかね。母上に綺麗なべべを着せてもらう次郎法師。直親は戻ったら一緒になろうと言った、かような意味だったのかもしれませんと〜。
 表では南渓和尚の重大発表。ご一同の面々は、小野但馬守政次様、今川からの目付の近藤様、鈴木様、菅沼様、井伊家側からは奥山六左衛門様、中野直之様等々。代替わりの様が涙涙のメンパッチン。
 直親様のお言葉が続きます。虎松はまだ余りに幼い。井伊の末席に連なるものとして虎松の後見となるものを推挙したい!つまりそれ、政次様ではないって事ですよね!じゃあやっぱり!いよいよこれは!途中に差しはさまれるはだしの歩みは、きっとあの人。
 その者の名は井伊直虎と申す!出た!直虎!ずかずかと入り込むその人は、これまでの墨染頭巾姿とは一線を画すきらびやかなオカッパちゃんは!次郎法師!いやいや、この時からは・・・ワレが井伊直虎である!これより井伊はワレが治めるところとなる!政次様に宣戦布告?いよいよ井伊直虎様がこの世に生まれ落ちた瞬間であった〜〜!
 だけど目線の力比べでは、ちょおおっと負けてたなあ、直虎様〜〜。




【おんな城主直虎】プレミアム戦国武将Tシャツ「井伊直虎」2017年大河ドラマをイメージした井伊直虎Tシャツが新登場!戦国乱世に力強く咲く一輪の華!【送料無料】【お土産】【プレゼント】
カタログネットTシャツ工房壱番店
お支払いに関しまして、こちらのメール便企画は ●銀行振り込み ●郵便振替 ●クレジット ●楽天バンク

楽天市場 by 【おんな城主直虎】プレミアム戦国武将Tシャツ「井伊直虎」2017年大河ドラマをイメージした井伊直虎Tシャツが新登場!戦国乱世に力強く咲く一輪の華!【送料無料】【お土産】【プレゼント】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断12直親の死により後継者不在となった井伊家は次郎法師を...
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第12話は直親が今川の重臣朝比奈に殺され、氏真から虎松の命を差し出すように仕向けられる。しかしこれを新野左馬助が必死に説得し、虎松の命と引 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2017/03/26 20:57
おんな城主直虎 第12回「おんな城主直虎」
ドラマのタイトルと同じとなった今回、物語の始まりは直親が今川勢に襲われて亡くなるところから始まります。今川家が桶狭間の戦い以降歴史上では滅亡したと思ってきたのですが、このように今川氏真の代になってまだ力を維持しようと躍起になっていたという事実に驚かされるとともに、完全にその大きな流れに翻弄されている井伊家の人々を見るとなんだか胸が苦しくなってしまいます。 そして、そんな今川の参謀役のような形になっていた政次が、危機を迎えた井伊に戻ってきます。次郎法師と久しぶりに再会した政次は、以前のような親しみ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/03/26 21:45
おんな城主直虎 第12回 おんな城主直虎
第11回「さらば愛しき人よ」はこちら。前回の視聴率は13.7%と上昇。意外に底堅い。その理由がよくわかった回でもありました。今週は午後に米沢から山形新幹線経由陸羽西線で帰ってくる関係から、早丸で見ることができず、久しぶりに本丸で視聴。井伊家の直情径行なやりとりに気が遠くなりました。あまりにもわかりやすい。そのわかりやすい方々(前田吟、刈谷俊介、筧利夫)は今回で退場。おいおいこんなんで大河なのか、あまりに軽すぎないかとあきれた瞬間にダース・ベイダー登場。高橋一生。彼が登場した瞬間にブラウン管(... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2017/03/26 22:14
おんな城主 直虎 第12回「おんな城主直虎」
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSを録画で鑑賞。 第十二回「おんな城主直虎」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/03/26 22:27
おんな城主直虎 第12回「おんな城主直虎」...
??本日はちょっと書く時間が遅くなってしまいましたのでいつも以上に簡単感想になってしまいますが、書かせてくださいませm(__)m直親の最期、辛かったなぁ・・・。あんなに最期の時... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2017/03/26 22:57
【おんな城主 直虎】第12回 感想
今川からの呼び出しに応じ、駿府へ向かった直親(三浦春馬)たち一行は、次郎法師(柴咲コウ)の必死の祈りもむなしく、道中の掛川城下で今川勢に取り囲… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/03/27 04:02
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #12 おんな城主直虎
今川の刺客に襲われた直親。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2017/03/27 06:39
おんな城主 「女城主直虎」
氏真(尾上松也)に呼び出され、駿府へ向かった直親(三浦春馬)なれど、道中、今川の手の者に取り囲まれ、次郎法師(柴咲コウ)の水業の願いも虚しく絶命。変わり果てた姿で戻ってきます。次郎は三日寝込むことに。しの(貫地谷しほり)は、次郎を責めますが、たしかに、生霊として戻ってきたのが、次郎の元、だったので仕方ないのかも。生霊さん、全方向的に、お別れできたのかな?また、今川から嫡男・虎松の命も差し出すようにと命じられた井伊家。それは、あまりに酷い、と左馬助(苅谷俊介)が、命乞いのため駿府へと向かうことに。... ...続きを見る
のほほん便り
2017/03/27 08:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
 直親様惨殺、申し開きもさせず闇討ち。直平様の言うように切腹させなかったのは、今川としても”謀反”と公然と言えるほどの証拠がなかったんですかね。
 直親様も予定通りの行動を取らず、獣道のようなところでも通り、駿府に行けば良かったのに。
 でも紀行であった直親様惨殺の推定地が19首という地名、なんとも不気味。
 残った直平様は虎松様の命を守る為、あれほど嫌がっていた今川の戦いに出陣、前夜の宴での直平様ら3人衆の表情は猛々しさが消えて、穏やかな美しい表情ですね。死を覚悟した武士とは美しいものです。
 かなしみもありますが・・特に次郎法師様。
 井伊家の最高幹部が消えて、政次様帰還、なんか父政直様も真っ青なダークな感じを醸しだしてましたね・・

 南渓和尚は最長老になってしまい、大変ですね。
 でも最も困難な時に男でも尻込みするなか、次郎様を推すとは大胆な。
 いよいよ直虎様登板、まだ若い感じですが、これから財前さんが演じた北条政子のように老獪な女傑となるんでしょうか・・・笑



鹿二郎
2017/03/29 20:37
鹿二郎様、お今晩は〜〜〜。
 切腹もさせずに闇討ち!これはもう関係修復不可能!一体何を考えてらしたんでしょう氏真様!直平様以下の三人衆は清々しかった!ンでもこちらも、後の事をどうお考えだったのかとおお〜。
 こういう過程を経ておんな城主となった直虎様!その苦難の人生を描くのかと思いきや、次週のタイトルは「城主はつらいよ」・・あのおお、いまさらお笑い回は要らないような気がするのですけどおお〜〜・・
真田
2017/04/01 17:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第12回「おんな城主直虎」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる