真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第6回「初恋の別れ道」

<<   作成日時 : 2017/02/12 20:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 2

アイスホッケー女子ピョンちゃん五輪出場決定・・・ってのはまた別の機会に。閑話休題。明るい笑顔の似合う好青年となって帰って来た亀之丞様、次郎法師を還俗させて俺の嫁にする宣言!いやあ、戦国時代にてあれば、ただ好きだ好きだではなく、家のためにそれが良いという言い訳の一つもお披露目していただかったところでございますけどねえ。まあこういう事になるわのおお、とおっしゃる南渓和尚がアバンを締めて下さりまして候。

 元服はふるさと納税と決めていたという亀之丞様、さっそく元服の儀式が執り行われまして候。烏帽子岩・・じゃなかった、烏帽子親は新野左馬助叔父上でございます。
 本日より井伊肥後守直親と名を改めるよう!この肥後守ってのは朝廷や今川の許可を受けた描写はなく、自称の受領名でしょうねえ。とにかくこれで亀君は晴れて直親様となられました。淡いブルーのお召し物も素敵よ直親様。小野家や奥山家の若者も紹介されて、一同お喜びの雰囲気の中、政次様の胸中やいかに・・。奥山様の娘様を娶って井伊家ご一門に加わり、ゆくゆくは生まれた子供を井伊家の世継ぎにっていう目論見がご破算となって、結局自分も外様の家老の憎まれ役になる定めかと〜〜?
 恋愛一直線な感じの直親様は、次郎法師の還俗は何時になるのかと直盛様に直談判。んでもおとわ様が出家する条件で井伊家は所領安堵となっていたはず、今川の太守様が一体何と思われます事かと〜。
 と、ここでご家老の小野政次様が助け舟、今は直親様の帰参をお許しいただくのが先決かと存じます!今川にとって謀反人である直満様の子である直親様をお許し願い、次郎様の事はその次かと〜。そりゃそうだわ〜。って、直親様は不満顔ですけど〜〜。

 でもでも私思量いたしますに、直満様が独断で謀反を企んだとも思われず、北条への寝返りがうまく行っていたら井伊家にとっては好都合でしたでしょう?バレた時のために直満様が一人で動いているように繕っていたか、あるいは全ての責任罪科を直満様一人にとどめてやる事で実は小野様が井伊家に対して恩を売っていたか、あるいはその両方か、かなあ・・って〜〜。閑話休題。

 一方心乱れし次郎法師を直親様が強襲!なんですか、あんまり元服したっていう雰囲気が見えませんけど大丈夫ですか直親様。まあ何はともあれ、直満様のお墓参りに誘います。一緒に手を合わせるお二方。次郎法師はモジモジ君です。謀反人ゆえ井伊家と一緒のお墓にはできなくて、お外のノッパラの土饅頭。
 帰参のお許しと還俗のお許しを一緒にはできないのかという直親様。ワレの出家は今川家安堵の条件となっており簡単に還俗はできないのだと事情を話す次郎法師。直盛様直平様左馬助様の三者会議で何とか次郎法師の還俗が出来ないものかとご相談ですが、直平様と左馬助様が喧嘩状態で真ん中の直盛様は優柔不断で、とりあえず左馬助様が今川家に偵察に向かいます。

 駿府に着いた左馬助様、実はなんだか緊張感?何かと言えば兵を出せと言い出される太守様なの?尾張攻めが順調に行き過ぎて兵の数が足りなんだとか。こんな様子じゃあ、あんまり願い事はできませんなああ。瀬名様は行き遅れ状態で嫌みを言われて鬼のような顔つきになってます!こちらもごっつう緊張感でっせ!怖いわ〜。瀬名様がにらみつけてるのは鷹の世話をする氏真様、その瀬名様の傍らで情けなく雀の世話をしている竹千代様。鷹はもらえないので〜、雀だって育てれば役に立つかも〜、鬼嫁みたいに叱りつける瀬名様。これ結構・・・

 さて井伊谷の次郎法師は相変わらず心乱れて、ワレが井伊家の娘でさえなければ還俗など容易いとかなんとか愚痴こぼすところに、南渓和尚から課題を貰いました。昔中国の王様が、大臣二人のうち一人を追放することになり、その二人ともにお饅頭を二つずつ差し出しました。二人とも一つずつはその場で食し、一人は残ったお饅頭をお腹を空かせた子供に分けてやり、もう一人は後生大事にずっと持ち続けてとうとうカビを生やしてしまいましたとさ。ここで問題です、さて王様はどちらを大臣として残したでしょうか〜?次郎法師はスーパーひとしくんですか?即答です。子どもに饅頭を分けた方!ブブー!残念、ボッシュート!王様が選んだのは饅頭をカビさせた方でした!さて王様の真意やいかに?饅頭渡して、これ宿題!
 ・・あの、二つとも自分でその場で食べちゃったらどうなんですかね?やっぱり打ち首?

 腕が立ち仕事熱心で人を引き付ける、頼りになるご嫡男の直親様を持ち上げる小野玄蕃様、兄の政次様は少しヤキモチ?我々小野には腹に一物?そりゃあるに決まっているなどと話している所に直親様がご降臨よ!領内を見て回るついでに寄った?奥山家との縁談破断の事を聞いて、お互い親の事では苦労するななどと手名づけモードよ!すっかり飲まれちゃった政次様、相手の器の大きさにちょっとびっくりした様子でしたねえ。
 さて左馬助叔父上が帰参です。さっき見た通り、駿府では尾張攻めの真っ最中、ヘタにお願いなんかしたらその代わりに兵を出せと言われかねない状態!直親様の帰参まではお願いするとしても、次郎法師の還俗まではとてもとても・・。スマヌ直親、と直盛様に謝られてしまっては、直親様もこれ以上のわがままは言えず、おとわ様の事は二度と申しませぬと言明せざるを得ませんでした。そりゃそうだわ、家が傾いちゃったらお終いや。

 還俗は敵わないと知らされる次郎法師。そもそもこうなったのは自業自得と、いい子で聞き分けてます。相変わらず猫いるよ、猫。
 直平様は格闘技!グレイシー総裁ですか?めっぽう強いで!そこに直親様がやって来て、お爺様と何やら密談?そして今度は次郎法師とツーショット。お別れのご挨拶かな?いやいやとんでもない事を言い出す直親様。ここはもう死ぬしかない、死んで一緒になるしかない!アホかっ!ここで死ぬくらいなら帰って来るなよ、井伊家の迷惑も・・って違うの?
 俺は死なぬぞ、死ぬのはおとわだけだ。なんすかそれ?井伊家の総領娘である次郎法師は死んだことにして、名前を変えて別人として生き直して一緒になろう?子供を作って他に子がいなければ、その子が跡継ぎになる。殿もお方様も孫が抱けるではないかと〜?
 実はすでに直平様が隠れ家提供をご承諾?相変わらず引っ掻き回すなああ。父母には暫く黙っておかねばと聞いて顔を曇らす次郎法師。だがしかし、強引王子が更にそそのかす!悔しくないのか?寺に閉じ込められ理不尽だと思わぬのか?このまま一生燻ったまま生きていくのか?今生は一度きりであるのに?いやあそれって、この時代の女子なら普通の境遇かも知れまへんで?
 次郎法師って、ほんとにお坊様の修業をされてこられたんですかねえ、もうボロボロのグロッキーじゃないですか、言い含められて承諾しちゃった〜うそ〜ん!
 これ全て傑山コーチが立ち聞きしてる〜。南渓和尚のお裁きは、力づくで戻してもどうにもなるまいと本人の意思に任せる構えでございます。

 次郎法師偽装自殺の手立ては・・現場に選んだのはいつぞやの水難の崖の上ですか?遺書と草鞋と置いといて身を隠せば完全犯罪。直平様は準備OK。決行前に里を回って心の中で別れを告げて歩く次郎法師。そんなに泣いてたらバレますって!母は次郎法師の涙を誤解して、何年かかっても還俗させて直親の嫁にと直盛様に申し立てております。
 次郎法師がニセの遺書を書き始めると、目に入ったのは饅頭二つ。まだカビが生えてませんでしたか!例のカビカビ大臣の一件の回答がまだでした。とって置いてカビる直前に食べたらよかったですのに、カビたらカビたで、カビた所をこそげて揚げ饅頭にでも・・じゃなかった!どうしてカビ大臣は大臣にとどまれたのか!女子にこそあれ次郎法師とか、おとわが俺の後を継ぐかとか、恩師や父の思い出がよぎり出しました。

 やがて例の井戸の所へやって来た直親様。不審顔です。だって次郎法師が旅支度とかしてないから、普段着の墨染頭巾ですから〜。何があったと問う直親様に、おとわは死ねぬわと返す次郎法師。
 次郎法師曰く、直親とワレはそれぞれ一つの饅頭なのじゃ。・・わけわかんね!次郎法師は続けて、二つの饅頭を一時に食べたり与えたりてしまっては、のうなってしまう。なれど一つを取り置けば、本当に困ったときにもう一度食べたり与えたりする事が出来る。それは南渓和尚への回答でもあり・・・。
 はは〜〜ん、つまり井伊家の後を継げるタマを一つにしちゃあ不味いってわけだ?還俗するのは俺に何かあった時でありたいと言うのか?と言い縋る直親様。それでいいのか?お家の危機の駒となって、それでいいのか?いえそこはほら、井伊家ですからねえ。
 直親様という弾は今実弾にしといて、次郎法師は予備に取っておくべきだと。まああの、我が校の秘密兵器と言われ続けて秘密兵器のまま卒業しちゃった高校球児とかいそうですけど、そこら辺もそれで井伊直弼ですかねえ?
 一生日の目を見る事などないかも知れぬのだぞ?と念を押す直親様。それこそ上々ワレがカビた饅頭になる事こそ井伊家が安泰である証!よくぞ申した正論自由!直親様も納得せざるを得ません。
 ではなと帰ろうとする次郎法師を、後ろからガッシと抱きしめた次郎法師。置き去りにしてスマヌ、スマヌと囁く王子。時ならぬロマンスシーン?いやでも直ぐに身を引く直親様。葬らねばならぬのは俺の心じゃ・・悲しい別れでございました〜。戦国の世で家を引き継ぐ武士なれば、このくらいの覚悟はしていただかなくてはなりませんなあ、直親様にも〜。
 母上が次郎法師に来訪。いつか還俗させてもらえるからと取り成しにやって来たのでした。そなたが気丈なのを良い事に我慢ばかりさせてきましたと言う母上。もうよいのです、竜宮小僧もなかなか楽しいですし、次郎はこのままでようございますとさらに気丈なところを見せまして候。

 直親様は直盛様に、次郎法師の決意をそれとなくお伝えして、さあさあ気を取り直して井伊家の表向きの再編整備が進みます。今川家への願い向きは直親様のご帰参と跡継ぎとして認可していただくという二点!直盛様の養子として晴れて再出発の直親様なのであります。
 んで次なる課題は嫁取りでございます。正室の座が空いているとまた今川家のエージェントが押し込められるかも?あのそれ、今のお方様にはずいぶん失礼な考え方かもお。まあとにかく身内で身を固めたいわけですね、でしたらこないだ小野様との縁談が破談になった自分の娘で如何ですかと、奥山朝利様が言い出した!破断の相手が家老で横にいるんだけど、ずいぶんだなあ。
 自分の孫を井伊家の跡継ぎにしたいと言う気持ちもあるんでしょうねえ、奥山様。直親様は少し政次様を気にするそぶりを見せながらもまた笑顔を見せて、井伊家のために宜しきお方ならば喜んで!
 一人笛を吹く直親様、そこにやって来た政次様、あのような無礼な謂れよう、腹が立ちませんのかと言い出す政次様。これでよいのだという直親様、そしてお前も嫁を貰えと、いくら待とうとおとわはお前の嫁にはならんぞと、お互いの心を見透かしあう幼馴染でした〜。

 駿府ではとうとう雀を飼いならして手乗り雀にしちゃった竹千代様。それを見て瀬名様はお口あんぐり。

 直親様は奥山様の娘のしの様と目出度く祝言!落ち着く所に落ち着きましたねええ。ヌキチヤちゃんリブート!次郎法師はその知らせを聞かれたのか、カラ元気でお仕事に精を出す〜!

 なんたって戦国の世ですから、井伊家二つ饅頭プランはアリだなあと思われ。今川家の影響をなるべく受けずに済むように、次郎法師は隠し玉にしといて、井伊家の捨て石となられた直満様の息子に家督を継がせようという計略。できればもう少し直盛様が関わって進行してほしかったような気がする今日この頃。井伊家ご一同でまっとうな進言をしているのが政次様だけみたいに思えて先行きにも不安感が〜。



井伊直虎 女にこそあれ次郎法師【電子書籍】[ 梓澤 要 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
戦国の世に、井伊家の領主となり井伊直虎を名乗った女性がいた。天文十三年、井伊家の当主・直盛のひとり娘

楽天市場 by 井伊直虎 女にこそあれ次郎法師【電子書籍】[ 梓澤 要 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主 直虎 第6回「初恋の別れ道」
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第六回「初恋の別れ道」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/02/12 20:53
大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断6直親の奇策に次郎法師は思い留まり直親と夫婦になる事を...
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第6話は井伊谷に帰還した亀之丞は元服して井伊直親と名を改めた。それにより次郎法師を還俗させて妻として迎えたいと願い出るも、10年前に井伊家は ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2017/02/12 20:58
おんな城主 直虎 第6回「初恋の別れ道」 ...
????本日も簡単ですが大河感想、たたたっと書かせてくださいませ!直親、次郎法師との再会を果たした、かと思ったらもう結婚(^0^;)葬るのは自分の心だと言っても 政次に おとわ... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2017/02/12 21:39
〔NHK大河ドラマ〕おんな城主直虎 第6回「初恋の別れ道」感想  出家の意味を清水富美加へ
背後から亀之丞抱きすくめられ 「われはもう出家の身」 と答える次郎法師こと、おとわ。 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2017/02/12 21:42
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #06 初恋の別れ道
亀之丞が帰ってきましたが・・・。 月日がたち、それぞれの立場が変わっています。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2017/02/12 21:52
おんな城主直虎 第6回「初恋の別れ道」
第5回「亀之丞帰る」はこちら。前回の視聴率は16.0%と微動だにせず。予想もどんぴしゃ。イッテQのスペシャル相手に健闘。さて今回はタイトルも「初恋の別れ道」と、チャン・ツィイーが出て来そう。余談だけど「初恋のきた道」のラスト、あの行列のシーンに泣けない人はいないはず。「少林少女」でこちらもカンフーを会得している柴咲コウの方の展開は、しかし東宝のキラキラ映画っぽいラブコメ... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2017/02/12 22:26
おんな城主直虎 第6回「初恋の別れ道」
前回無事に帰還した亀之丞は名前を井伊直親と改めます。それでも次郎法師からは直親と呼び捨てにされる様子を見ると、上下関係はまだまだおとわの方が上なんだなと感じます。そんな直親は次郎法師と夫婦になるために考えを巡らします。その結果導いたのが次郎法師を死んでしまったことにするというもの。初めはそれに賛成する次郎法師でしたが、自分自身がいなくなってしまうことに対し不安を覚えます。 そして結論としては、自分は井伊のバックアップとしていつでも登場することが出来るように、一時の恋愛感情には流されずに生きる道で... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/02/12 22:26
【おんな城主 直虎】第6回 感想
井伊谷への帰還を果たした亀之丞は、元服して井伊直親(三浦春馬)と名を改める。 直親は次郎法師(柴咲コウ)を還俗させて、自分の妻に… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/02/13 00:39
おんな城主 直虎「初恋の別れ道」
10年ぶりに、帰ってきた亀之丞(三浦春馬)は、元服して名を井伊直親と改めます。直親は次郎法師(柴咲コウ)を還俗させて妻に迎えることで頭がいっぱいですが、政次(高橋一生)は、まず、直親の帰還を今川家に赦してもらうのが先だと告げられます。新野左馬助(刈谷俊介)が駿府へ向かったところ、尾張征伐のための軍役を課そうとしているという話を聞き、井伊の帰還はまだしも、次郎法師の還俗までは難しいとのこと。周囲に相談した結果、次郎法師を死んだことにして、生き延び、名を改めて一緒になることも考え、直親、おとわをあす... ...続きを見る
のほほん便り
2017/02/13 07:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 亀が直親様となり、ますます麗しく。
 このままかっての婚約者と結婚・・といかないのが現実ですね。 事実は小説より奇なりと・・
 私も直平様のように「10年前の本領安堵の約定なんて・・」と言っちゃいそうですが、慎重ですね。
 しかし駿府への偵察・・各国衆に派兵を見返りに求める義元公、現代でもそうですが、戦とは最前線で戦うより、占領地の維持に兵力がいるんですね〜しかし雪斎様、三河平定もほぼ一人でやったとか、武将としての力量のほうが勝ってますね。
 それはそうと、駆け落ち同然の行動をとろうとする直親様に次郎様、事情は知らずとも、家のために苦労させてる母上様は負い目に感じてますね。
 でも最後は別れを決意される次郎様、女から主たらんとする意識が芽生えてるように見えました。

 しかし直盛様に側室はいなかったんでしょうか?
鹿二郎
2017/02/17 05:22
鹿二郎様、おはこんばんちは〜〜!
いやあ・・たぶんおそらくきっとそこらはじゅっちゅうはっくのしくはっく、かつての許嫁ってのも周りがしつらえた境遇なのかも〜。
主役の座を「井伊家」と置き換えたら、見えてくるのは、
最初は亀君+おとわちゃんで北条に寝返るつもりが、
うまく行かなかったから、亀君を切って、おとわちゃんは出家で、
ほとぼりが冷めたから亀君養子で、おとわちゃんは次の矢にして、
亀君に何かあったら、おとわちゃんを使って後につなごうっていう!お家大事で考えたらそんな筋書きじゃないかなあ、って〜。
直盛様はもちろん、直親様にだって、側室っていうかほら、お子様の2〜3人が他にいらっしゃっても不思議ではないような気も致します。
なんたって時は戦国波乱の時代、ですからねええ〜。
真田
2017/02/17 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第6回「初恋の別れ道」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる