テーマ:お酒

フェッターケアン12

ホワイト&マッカイのキーモルトのフェッターケアンです。ハイランダーです。 グレンリベットに続いて政府の認可を受けたと言われる、かなり老舗の蒸留所。 これは基本の一本になるのでしょうか、12年を試飲してみました。 優しくてふくよかな甘い香りです。フレッシュです。そしてナッツの渋い皮のような味わいも感じます。 その後じんわりと広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランベイ・シングルモルト

ソフトスムーズ味わい深し、ランベイモルトのお出ましだ~。  ランベイ島っていうのはアイルランドの東にある島なのです。この島を所有しているのはイギリスの大富豪の貴族のお方です。んで、その貴族様と仲が良かったのが、おフランスのカミュ家なのです。そうです!コニャックで有名なあのカミュ家!  このお二方がタッグを組みまして、アイリッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンカンテイラー・ダイメンションズ・グレンマレイ・シェリー11年

 タイトルが長い!申し訳ない!んだけど嘘偽りのないお名前なんですよ~。  老舗ボトラーズのダンカンテイラーの、ダイメンジョンズって言う人気シリーズの、グレンマレイ醸造所の、シェリー樽の11年物なんですよ~。  モルトの個性を残らず引き出して提供しようっていう覚悟が見えるような気がいたしました。  複雑でスイートな香り。ねっとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・グレンリベット12年 イリシット・スティル

 グレンリベットの原点を探る『オリジナルストーリーズ』の第一弾!イリシットってつまり、密造酒!イングランドに併合されて税金をかけられるのに反発したスコッチの皆様が、大麦を泥炭で炊いて、醸造した原酒をシェリー酒の樽に隠した伝説。  それがスコッチウイスキーの誕生秘話と言われております。んで、老舗中の老舗のグレンリベットがそこら辺をリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイランドパーク ヴァルファーザー

北の巨人・ハイランドパークのヴァイキングレジェンドシリーズの第三弾!ヴァルファーザーとは北欧神話の最高神・オーディンを意味します。これまでで一番ピートが強いと言う噂です。 開栓しますと、確かにピートですねえ。でもそんなにきつくは来ないですよ?まったりとピートの香る銘酒かな。 飲んでみますと、いやいやピートはピートでも小ピートです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラドノック10年

ローランドモルトです。歴史は古いものの、何度か倒産しては買収されて復活ってのを繰り返してきた醸造所だそうでございます。 10年はスタンダードな商品ですかね。 開栓いたしますとフルーティ。あっま~い♪潮気も少し。味が濃そうで甘そうな予感です。 実飲しますと意外とドライで辛口でした!そして素直な木の感じ。刺激が残ります。温かみを感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NIKKAのDAYS

ボンジュール。ニッカのデイズを買ってミタ。ヨシコ。ニッカがフランス向けの輸出用に作っているお酒です。日本向けのセッションが海外のモルトをブレンドしていると言うに…プンスカ!だから店頭で見かけたらもう、意地でも買ってやろうと思っておりマシタ!コノミ。 そんなデイズとセッションを並べてミタ。ヒロコ。黄色くて軽い雰囲気がしますね、デイズ。要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久保田純米大吟醸黒ラベル

黒ラベル久保田っぽくない久保田かな 老舗の酒蔵が新機軸で打ち出した商品です。 お米の旨みを前面に、香りと甘みが大活躍!でも後口はすっとキレていく感じ。 どちらかというと洋食、チーズケーキとかにも合うんじゃないですかねえ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハートブラザーズ・ファイネストコレクションから、ダルユーイン17!

ハートブラザーズと言うボトラーズからリリースの、ファイネストコレクションシリーズのひとつ、ダルユーイン!2000年から17年熟成のモルトでございます。 ダルユーインと言えば、タリスカーとともにジョニ黒の根幹をなすモルトです。重厚さを演出していると評判の逸品なのでございます。 さて今回のこの一瓶、クンカクンカしますと、柑橘的な刺激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山桜ピュアモルトリミテッドエディション

チェリーウイスキーでお馴染みの笹の川酒造様の山桜シリーズ。 この度いただきましたのは、ピュアモルトのリミテッドエディションでございます。 オーク樽で5年以上熟成したモルトに、シェリー樽モルトをブレンドしたんですって。 若い割には樽感のシェリー感を感じました。ガっと来ましたね、ガっとね。 トワイスアップ、あるいはソーダ割にした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近飲んだお酒2種 グレンリベット2007 ニッカセッション

シグナトリー アンチルフィルタード コレクション・グレンリベット 2007! 毎度おなじみのシグナトリーからのリリースです。老舗ディステラリーのグレンリベットの逸品でございます! ねっとりしたフルーツ!華やかで濃厚で、嫌味のないお味でございました。大人のお菓子って感じ~♪ 店頭に出たと思ったら無くなっちゃって当惑気味の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近飲んだお酒の2題、ベンリネス13、麻布

いろいろ飲んでいるうちから2題 ザ・シングルモルツ・オブ・スコットランド・ベンリネス13! エリクサーという会社が出しているボトルでございます。蒸留所のベンリネスは安定企業。クリーミーで濃厚なモルトの味わい!キャラメルのようなバターのようなボディーの厚み。 濃いんですけど嫌味がなくて、飲めるんだよね~。 ピュアモルト麻布…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹鶴 ノンエイジ2020ニューボトル

お久しぶり!ってのは「麒麟がくる」の帰蝶様ではなく!原酒不足が深刻で終売に次ぐ終売でノンエイジのみになってしかもリニューアル続きのニッカから!今年リリースされてるはずなんですけど一向に店頭にはお目見えしない一品!この度ようやく行きつけのお店で見つけましたよ、これ! 竹鶴のノンエイジの板東英二!2020本年のニューボトルでっせ!ゆで卵を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレンアラヒー15年

「グレンアラヒー」って「岩だらけの谷」という程の意味だそうです。スペイサイドの蒸留所です。本格派として名高いグレンアラヒーの、今回は15年物を試させていただきます。12年だとバーボン樽の割合が高いようですが、15年ともなりますとオールシェリー樽!ペドロヒメネスとオロロソのシェリー樽で各々15年熟成した原酒を掛け合わせた!いったいどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロイヤルブラックラ・2006・11年

BBRこと、ベリー・ブラザーズ&ラッドというボトラーズからの一瓶。中身は当然ロイヤルブラックラなんですけど、いつもとちょっと違って、すこ~しピート感がございます。 そもそも王室御用達の柔らかくて穏やかなお酒がロイヤルブラックラ。それを、これまた王室御用達だっていうBBRが樽ごと購入して瓶詰めすると、なぜかピート先生が顔を出される!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テンプルトン ライ 4年

これはとても美味しいライウイスキーでした! アメリカンは樽の成分が強すぎると敬遠気味な方がいらっしゃったら、一度これを試していただきたいですねえ。穏やかっていうか、品よく爽やかなお味ですよ~。ライムギ使用率90%オーバー!かのアル・カポネが生涯愛して、独房にまでもムリクリ持ち込ませた銘酒だそうで~♪ 男の子ならまずはストレートで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバリュス シークレットスペイサイド12!

内緒の蒸留所のお酒を詰めたボトラーズ物です。スペイサイドのシェリー樽だって!濃いわ!濃くて少しゴム的なニュアンスまでありますけど、それ以上に!甘いわ!旨いわ!これは良い樽使てはるわ~~♪ってな感じの一杯でございました。 何でしょうかこの、自由奔放な樽無双ぶり!いつぞや飲ませていただきました、某GRにさも似たり~!んだけどここは、シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トミントール10

またも出ました自粛要請! パーネル大好き小池ちゃま、都民の帰省を自粛せよとのお触れでございます~。 ってなところで一節浮かびました・・・ 都民通るは ご法度なれど トミントールは うまい酒 トミントールのスタンダード・10年です。ホワイトアンドマッカイのキーモルトだそうです。ノンピートみたいですね。 香りは軽い果実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールドパース シェリー

ボトラーズって楽しい仕事ですよねえ。いろんな醸造所のモルトを見極めてブレンドして瓶に詰めて売る! ただその醸造所が売ってくれるか、味見させてくれるかってところがハードルかしら? それゆえいろいろ顔の効く人でなきゃ立ち上げられんと思うのですわ~。 今回ご紹介するのはモリソン&マッカイという会社から出ているウシュクベです。 このモリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碧州…多国籍軍団なんだな、これが~♪

8年物のカナディアンウイスキー!そこに12年物のスコッチ!さらにさらに、5年物のアイラモルト! いったいどういうことでしょう?スコッチというからには多分おそらくきっとそこらは十中八九の四苦八苦、ハイランドでしょう? これをブレンドして、いったいどこを目指すのか?目指せたのか?結果はこうです、じゃじゃんっ! 碧州!愛知県のメーカー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイド NO.1 プレジデントカスク 10

ハイドってのはアイルランドの初代大統領様!その名を冠したこのモルトは、ヒルベニア・ディスティラリーズという新興ボトラーズが作成したものだそうです。 蒸留所は明かしてないんですけど、どこぞの会社で作ったモルトを購入して!これまたどこぞの会社で使ったご機嫌な樽をリユースして!熟成して世に問うたろうという目論見ですよ~。 んでこちら!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーキンドーン12年byダンカンテイラー

老舗ボトラーズのダンカンテイラーからリリースされておりますダイメンションズシリーズの一本です。 オーキンドーンというのはダフタウンにある幻の蒸留所。グレンフィディックの弟分だともいわれております。 そこのシェリーカスクの12年物をチョイスして瓶詰めしたのがすなわちこちら! 香りはまさにシェリーカスクのだいご味でございます。 味わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インチマリンは大当たり

いやあ~嗜好品ですから、あくまでも主観的なアレですけど、こいつは大当たりでした。 インチマリンでございます~。 ロッホローモンド蒸留所の、いわばセカンドブランド的なアレですよう。インチマリン! これは2009年蒸留の、2019年瓶詰めの…ちょいと若いか?と思ったら、さにあらず! 全然尖ってないし円やかだし、この熟成期間では思いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目出度さは中くらいかな麦の秋…カネマラで小さく祝う危機解除

アイリッシュウイスキーのカネマラ・オリジナルです~。アイルランドのウイスキーってか、バッテッドモルトでありんす~。 アイリッシュウイスキーったら、ピートは炊かないものですけど、こちらはピートがしっかり乗っております。 ただそうは言っても、一般的なアイラモルトほどきつくはないのです。飲みやす~く薄めたピート感ですねえ。 それでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

H.A.K.!!

H…久しぶりに A…あったので K…買っちゃいました! これです! ニッカの竹鶴! 私の行くお店の店頭から消えて幾星霜。ようやく再会いたしまして候~。 会ったら買わずにはいられなくなりまして、購入!少し高くなってる…のはレジで気が付きました。 これだからお金なんか貯まらないわけさ~。しょうがないのよ、性分でんねん~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タムデュー15

ウイルスを避けて皐月の手酌酒 吉田類さんにまで言われちゃっちゃあ、我慢しないわけにはまいりません。 今日もせっせと一人酒、明日もせっせと手酌酒。 …結局量を飲みたいだけだろう?いやああ!そおおんなアレではなくくうう! タムデュー15!久しぶりに見ましたので思わず購入! けっこう熟成が食いこんでいて、香りは黒い果実のよう。 味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフリークエント・フライヤーのリンクウッド 9年

有名蒸留所で修行した腕利き職人が最近独立して作ったボトラーズ、アリスター・ウォーカーウイスキーがリリースしている「インフリークエント・フライヤー」シリーズの一本です。 そもそもはスペイサイドの、リンクウッド蒸留所の9年熟成モルト。えっ!これがたったの9年物なの?と思うほど甘やかな香りが濃いのです。お菓子みたい! 飲んでみますと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナビールで乾杯だ!風評被害をぶっ飛ばせ~!

ってことで!コロナ・エキストラでございます~。瓶が売り切れで缶でのお披露目お恥ずかしい。 なんでもコロナウイルスを恐がる余り、コロナビールまで怖がる向きがあるとかないとか。少しは科学を勉強しロッテ!マリーンズ! でも、瓶が売り切れてたって事は、この際コロナビールを買ってあげようと考えた人が多かったって事なのかもしれません。 だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マックルフルッガ 出生の謎を探りまして候~

素性も知らないのに一目見て購入してしまいました。 一体どんなモルトなのか、ワケワカメ~。 んで調べてみました。検索検索モリタ検索… 北の巨人・ハイランドパークのオークニー諸島よりもさらに80キロも北の果て最果ての地で熟成された品だとか! 蒸留じゃあないんですよ、あくまでも熟成熟成。ってことは~~? 正体はかの有名な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルフィジン・コンリモーネ

マルフィジンのコンリモーネでございます。マルフィジンってのはイタリアの老舗の看板商品、ジンです、ジン、ジン、ジンジンしちゃう! んでこの一品は、普段のジンのボタニカルをちょいと減らして、その分イタリアレモンをふんだんに漬け込んだわけです!実も皮も!濃厚だけどそんなに酸っぱくないのはレモンの出自がお淑やかなのでありましょう。皮の香り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more