NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第27回「気賀を我が手に」

今回は鈴木清順監督の処女作のモジリですかね?港の乾杯 勝利を我が手に!八百長事件に巻き込まれた騎手の弟を救うため自ら犠牲になる兄の物語・・・兄弟愛、不憫やねえ。

先週の振り返り、気賀の町の大騒動、龍雲丸様大激怒の段。そして妙に自信満々で、気賀に入ろうと持ち掛ける方久様。今週の分に入りまして、それに呼応するかのように気賀の町衆が来訪!気賀には井伊が入ってもらいたいと申し出られました~。先週結構うまい事揉め事を治めてやったのが功を奏した模様です。これまさに、シンクロにティー!唖然とする中野直之、奥山六左衛門のご両人、政次様もぐっと受けて、でも直虎様は困り顔?方久様はこれまさに天命だと!ノリノリかもお~。
 んだがしかし、殿は二の足を踏まれている模様。待て待て、一晩考えさせてくれ!少し大人になったなああ、やっぱり~。こんなに低いハードルで良いのかとは思われますが・・チャッチャッチャ~~~ン♪

 夜になって、政次様と碁を打ちつつ内緒の本音トーク。戦もせずに気賀が取れるのは旨い話だと、政次様はむしろ推進派。浜名湖の水運、やる値打ちアリ!後は殿の心次第、気賀を預かりたいか否か?政次様の後押しで、直虎様もとうとう気賀取りに踏み出す覚悟を決められました。気賀の衆も大喜びです。
 方久様は、さほど難しい事ではないと楽観視。今川家重臣の関口様に口添えをしてもらえばいいと!んだがしかし、ここ数週間随分意地悪な印象のあるお目付け役の関口様ですけど・・だからこそ取り入るすきがあると、我に勝算ありというお顔の方久様です。
 中村屋様以下一同は大沢様にお目見えでひたすら低姿勢にお詫びを申し上げれば、とにかく早う進めるよう、とおっしゃるだけの大沢様でありました。
 方久様は関口様に、珍しい南蛮の香料をプレゼント~。関口様大喜びだ!にしても豪華なお部屋ですねえ関口様。ここで本題に入りまして、気賀は納めようによっては相当にもうかります。それが大沢様のものとなって悔しくないのですか?と少しあおって・・
 気賀が井伊家のお預かりとなったら、関口様にご恩を返せるのに~。港の良い儲け口の一つもお分けできましょうし~、と!結局人を動かすのは欲望や~!銭や!銭がこの世の正義ズラ!さっすが銭の犬ズラ~!関口様陥落~~。

 関口様が銭の力で転んだ!政次様と碁を打ちながら次の一手を考える直虎様。今度はいよいよ太守様の氏真様への攻略ですかねえ。

 気賀では龍雲党が揉めてます。ここを出て行くと言い出す頭の龍雲丸様。そこに客人・・中村屋様がやって来ました。大沢を受け入れるのではなく、井伊の殿様に替わってもらえるかもしれないと言うグッドニュース。危ない橋じゃが渡るそうな~。少し龍雲丸様の態度が軟化したかな~。
 己の理想の土地は己で作るしかないと言う先週の尼小僧様の言葉を思い出して考え込む龍雲丸様。んだがしかし、単身どっかへ行っちゃった?

 いよいよ太守様を攻略にかかる方久様と中村屋様。立派な香炉を献上して、太守様大喜び。そして方久様が本題に入ろうとしたその時、重大事件勃発!武田信玄公のご嫡男にして氏真様の義理の弟にあたる武田義信様がご自害に追い込まれた!とうとう武田は今川を切り捨てるという最後通告だ!塩止めなんか何の意味もなかったですねえ氏真様、みじめ、みじめ~。どいつもこいつも~と荒れて大暴れの太守様!これはもう交渉不可能。ってな緊急事態で、気賀の代官を井伊に挿げ替える願い出はとりあえず先延ばしに~。
 こうなると開戦前夜。戦に強い大沢様に成り代わる案はムリ筋かなああ。落胆する一同の中、中村屋様だけは妙に熱いテンションでまだ諦めないと仰います。これは本田様のいつもの怪演ぶりでございます。
 ぶっちゃけ囲碁トークで政次様、このタイミングはむしろ良かったとおっしゃる。知らせの後だったらその場でたたき切られていただろうと~。龍雲党はどうなったかと問う政次様。あの者たちはもう出て行ったろうと言い残して席を立つ直虎様。囲碁はナシかよ~。

 龍雲党を訪ねる中村屋様。頭は出てった切り戻っていない?いやでもここで、龍雲丸様がご帰還だ!見回りだ見回り!一段落の後、井伊が気賀を治めるのは難しくなったと報告する中村屋様ですが、それでもなおかつ、お城の普請を引き受けたいと中村屋様に申し出る龍雲丸様。なんでなんで?先週あんだけもう出て行くと宣言してたのに?
 回りの城を見て回ってその出来不出来をつぶさに見て図面をこしらえて来た龍雲丸様。これならっていう城を思いついた!だがそれは自分たちで作るしかない!そうか~・・先週の尼小僧様の教えを真に受けたんだねええ~。
 中村屋様、おっきな丸を作ってお任せ!そして大沢家に直談判。お金は出すからお城は好きに作らせて~~!関口様のご家来はただ一言、あまり長くかからぬように!早急に図面を持ってまいれとの事。なんだか緩い?なんだかあっけなくねえですか?

 ここでねえ、城主様自らまた気賀に来ちゃってるわけですよ。お供は法久様だけ?そんなに気ままに出歩かれると家臣は迷惑なんだけど、そこら辺は分かってないよねえ、この方~。
 そこでゴクウ殿と遭遇。そなたはまだここにおるのか?頭だけが出て行ったのか?と問いかければ、ええ~?って感じのゴクウ殿。あれあれ~~?
 今度は単身龍雲党本拠に乗り込んで、何故じゃ!何故出て行かなかった?と龍雲丸様を問い詰める直虎様。もしかしてやっぱり惚れてんの?・・・政次様が不憫や~。龍雲丸様シレっと返して、いちゃ悪いんですかい?せっかくですし見に行きますか、城の普請場でも。
 なんだかちょいと豪勢な船で漕ぎ出す・・遊覧船でデートか~~い!そもそも城主様がそんな、お付きもなしに!あり得へん世界や~~~!とにかく三角四角い仁鶴、龍雲丸様の船で海の真ん中、碇を下ろして、ここならだれも助けに来ませんぜ!などと他愛もないチョイとエロも入ったジョークをかましたのち、ここなんでさあ、ここに作るんでさああ。
 ここは潮が引いたら中洲になるんだとか。潮が満ちてると水に浮かぶ城になる訳ね。船でしか攻められません。引き潮の時にはぬかるみで馬は通りにくく、裏から船で逃げちゃうし、どんな敵が攻めてきても逃げおおせる事の出来るお城!捕まらぬための城!これがすなわち龍雲丸流のお城の在り方なのでありました。マチャアキ張りのテーブル芸まで披露してミニチュアで説明する熱演。最後は可愛らしく根が盗人なもんでね♪と占める、オンステージの星三つでございます~。
 直虎様は逃げるが勝ちなお城にご満悦。良いではないか良いではないかと~。ここでちょいと良い雰囲気の中、直虎様が龍雲丸様に問いかけるのは「雲」の事。前に、空に龍雲がある限り仕官はできぬ仕官はできぬフカヒレ一つ~~とぶち上げてましたっけ。
 龍雲丸様が語るには、お城が落ちて逃げ延びて、盗賊に拾われて、盗賊仲間もお縄になって、また一人になって、その時見上げた空に大きな龍雲が出ていたんだとか~。その雲を見て、これからは何にも縛られず己の心に従って生きて行こうと誓った!んだが気づいたら!仲間に縛られ、町に縛られ、ざまあねえでさあ・・。少年期のエピソードゼロの龍雲丸様、雰囲気が出ていてよかったなあ。
 尼小僧様がおっしゃるには、頭は心の奥深くでは奪われてきたものを取り戻したいと望んでおったのではないか?と深い一言を龍雲丸様に投げかける直虎様。信頼できる仲間!根付いて暮らせる土地!その心に従う事では、龍雲丸はより龍雲丸になっているような~!つまり今の境遇こそお前が望んだものだろうと言う教えですなああ。
 直虎様が大沢様の動向を訪ねれば、急げとしか言われていない、他の普請も多いようですと答える龍雲丸様。・・やっぱり第3クールのおんな城主様は一味違うようですよ!ここでひらめいた!そんなに手一杯なら、大沢様に言わせればいい!手を引きたいと言わせればよい、そうすればそこに井伊が滑り込める~。意気投合でがっちり握手だぜ!・・この後何か展開があったんじゃないかと思うのは・・邪推ですかねえ~♪

 直虎様のアイディアに、政次様も乗り気になって、太守様に切り出すタイミングは任せてもらいたいとの仰せだ。直虎様は方久様に命じて大沢様攻略の着手です。
 厚顔無恥の交渉上手な方久様が大沢様の御前に罷り出ました!気賀を治めるのは困難極まるとか、場合によっては気賀が徳川や武田と通じるかも知れないとか、こんなとこ引き受けたら大変ですよトーク!単刀直入、ここは一つ井伊に代わってもらえぬでしょうか?お家のために井伊をご推挙いただけませぬでしょうかと言い出せば、もうしょうがないとこれを受け入れるお顔の大沢様なのでありました。
 さて駿府の動向を探ってる政次様。太守様は現実逃避で浮かれ三昧アホ踊り。今こそ急ぎ方久を駿府に遣わされたしと殿に知らせる政次様でございます。
 氏真様の御前、気賀は誼の深い井伊にお任せいただけませんかと言い出す大沢様。方久様曰く、井伊も一丸となり太守様のオンために銭を稼ぎ出す所存!こないだ陥落させた関口様もお口添え。さて氏真様は・・
 好きにせよ、どうせ余は能無しじゃ!だめだこりゃ!すっかり自信を無くしちゃって、おいらは~の~無し~おまえ~には~・・って~。んでもやる気をなくしてふてくされている太守様のお蔭で話はとんとん拍子に進みまして候~。直さん六さん大喜び!感カンカンと吠える方久様。
 例の井戸の畔でおそらく直親様に報告している政次様。おとわが気賀を取ったぞ。暖かい笑顔だ。これがこの人の本質なんだろうなああ。んで、それを優しく見守ってた南渓和尚とニャン渓様~・・いや、ニャン渓様はそっぽ向いてたけど、それはそれで素敵~。

 気賀は井伊の納める所となり、まこと風変わりなお城が完成しましたとさ~。龍雲党が普請したお城、政次様も大したものだと兜を脱がれまして候。いやいやそれにしましても、まさかたまさか八坂のムサカの大躍進やないですか、おんな城主様~~♪
 政次様それでも龍雲丸様に向かって、此度は出ては行かぬのか?と問えば、ここに根を張ると決めたんで、と応える頭。ライバルながら一目置く間柄になりましたかねええ。
 気賀を手に入れ右に左に頼もしき味方を備え井伊は新たなる船出の時を迎えたのじゃった。つづ く・・・

 あいやああ!いやでも来週は疾風怒濤の大波乱みたいですよ!化け物かあの婆は!とか言ってるし~!

"NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第27回「気賀を我が手に」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。