NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第17回「家康の花嫁」

おおおおおっ!このエピソードをタイトルに持ってきますか~。いつぞやは松本アッコちゃん様と野口五郎丸様の悲劇の夫婦愛で結構イイ感じにまとまってましたけどお~~~?あっ!てことは母上様も?ね!秀吉様の母上様にとっても大変な悲劇!とんでもない母の日になってしまいますねええ~~~(泣)

 今日のアバンタイトルは背景説明ですか?徳川様は大きな木?小牧長久手の戦いで大物ぶりを見せつけた家康様、これすなわち秀吉様の目の上のたんこぶ?天下人目前の秀吉様としてはにゃにがにゃんでも家臣として屈服させたい相手ですよねえ、確かに~。

 天正13年いよいよ関白宣言・・・じゃなかった、宣下宣下、関白宣下を受けている秀吉様。お公家さんの正装、似合っているようないないような(汗)。
 関白になれと言いだした張本人の江様、初様からさっそく追及を受けております。でもそれ以上に気になるのは姉上、茶々様の動向・・・。まさか秀吉にヤラレちゃったりはしてませんよねええ、姉上?それを受けて、あの者が関白になろうが動じる事はないと請け合う茶々様でございました~~~。

 秀吉様の母上は大政所様、おね様は北政所様、って事になる訳ですねえ。それであんちゃんが日の本一の関白様!罰が当たるぞと脅す母上、ひとり旭ちゃんだけは秀吉様のお味方?素直~~に喜んでくれてます、可愛い妹・・・ってなところに江様登場?盗み聞きを暴露されて開き直ってますw
 これからは殿下と呼びなさいと釘を刺す秀吉様。やっぱり母上様は気乗り薄・・・。秀吉様が気にしているのはただただ、茶々様のご意見。挨拶に出向こうと言う秀吉様に対し、江様はきっぱり足を引っ掛けて断固祖師谷ウルトラマン商店街!?・・・あの、ここ、こら、関白を何と思うておるのじゃって・;・・笑う所ですか?

 とうとう四国も制圧した秀吉様。江様の憂い顔。秀吉様は宮中での茶会まで繰り広げて!なんとなんと南斗六聖拳、天子様にまでお茶を差し上げてます!秀吉様の出世に伴い、宗易様もお名前変更、利休と名乗り出されました!
 秀吉様の次の妙策は黄金の茶室!畳んで持ち運んであっちこっちで見せびらかすんですって!!!利休様はあきれ顔ですが、秀吉様は思いっきり前向きよ?自らお茶を点ててくださいますが、手つきもせわしなくコリャだめだと思いきや、利休様曰く「おみそれいたしました」・・・って、こう言うのが美味しいんですか?あんなに荒々しく点ててもお湯一滴こぼしていないと・・・お褒めに預かってます。
 これまさに時の勢い!いまや秀吉様になびかないのは徳川家康様タダお一人。秀吉様から繰り返しお呼びがかかっても一向応じようとしない家康様。事態は風雲急を告げて参りました。

 こんな時に秀吉様が信長様からご養子に迎えていた秀勝様が病没?三姉妹様にご挨拶の秀吉様。と、いきなり入って来たワイルドなイケメン・・・AKIRA様ですよ!これは秀吉様の甥の小吉あらため、新・秀勝様?つまり秀次様の弟様ですか。あらやだ!ストップモーションよ!江様ドアップよ!ううううん・・・・この方が後の江様のナニになられるんですよねえ、ああやっぱり、羨ましきは主人公特権!!
 後日、家康様を引っ張り出す策をまた江様に問う秀吉様。なんと姑息なと呆れる江様。ってな所に乱入される小吉改め秀勝様。なかなか見どころのある女子だみたいな感じよ?江様が言い放つには、己の大事なものを差し出しもせず一方的に思いを通そうなどとは言語道断みたいな・・・あっ!これが引き金ですかっ!!!江様、罪深い~~~!!!

 自分には出来過ぎな女房のおね様を見ているうちに秀吉様に去来したアイディア!!!旭様の所にやって来て、「ええ話を持って来たで」って、えええええっ?更なるお嫁入りですかっ!って、甚兵衛殿はどうなるのおおおっ?あ、もうすでに家康様の所に来ちゃいましたよ?展開早いいイイイっ!
 江様は大激怒!でも・・・大事なるものを差し出せと言うたはそなたじゃと言われて言葉を無くす江様。甚兵衛殿は女房を売って大名などなれるか、と出奔されたんだとか~。ってなところに更に大政所様ご乱入!なんちゅうことをしたんや秀吉!大政所様はおね様に向かって、あんたも知ってたんか?おね様答えて曰く、旭様は兄の役に立つならと納得して、大政所様には知らせぬようにと釘を刺されたんだとか、健気!ていうか、ひたすらアンちゃんへの愛ですか!兄弟愛が夫婦愛を凌駕して、あっさり捨て去られた今作の甚兵衛殿こそ、哀れ哀れ~~。
 家康様の御屋敷、新しい妻を前にしてぎくしゃくした夫婦の名乗り。ここでもまだアンちゃんにお目通りしてくださいと言う健気な旭様。でも家康様は、それに応じたらあなたまさしく人質ではございませぬか、見たいにおっしゃって取り合わず・・・。
 対して秀吉様、旭がダメならもっと大物をと、ならば私が行くと言い出すおね様・・・を押さえて出張って来たのが大政所様???うああああっ、これはっ、人質としては最大級でしょう!!だってほら・・・お前を裏切ったら母を殺しても構わぬという事で、男子としては最大級の人質ですよ!!!うっすら紅をはたいて白化粧の母上様、出来上がってますよねえ、つくづく~~~。
 これに対して家康様は破顔一笑!負けた負けたと大笑い。そりゃあねえ、母親まで差し出されたら人の情として無碍にはできませんよ~~~。ってな成り行きで家康様とうとうご上洛~。

 上洛した家康様の所に、江様と・・・おね様。おね様の言うよう、大政所様を返してほしい、その代りにご自分が人質になるおつもりですかと家康様。そこにさらに秀吉様ご乱入。ホッカムリまでして!変よ!なんですか、なんの相談悪巧みですかあああっ?
 正式公式な家康様のお目通りの席、神妙に控える家康様。ここで先夜のフィードバック、秀吉様のお願いとは、皆の前で頭を下げて頂戴ねという根回しでした。その通り、忠義を果たしてご奉仕いたしますと臣下の名乗り?・・・の前に、お召しの陣羽織を賜りたいと・・・この陣羽織は織田信長様から賜ったモノ、にゃぜに?家康様のお答えは、陣羽織は戦の道具、それは家臣の我らが使うモノ、関白様には戦道具は最早不要でしょうとの直談判。
 秀吉様自ら陣羽織を脱いで家康様の肩にかけまして、一件落着~~~。緊迫したシーンでしたねええ。
 事の次第を聞いてあきれる茶々様。姉上が猿を悪く言うとホッとするとおっしゃる江様、歴史の成り行きを他所においたらなんだか一人相撲みたいに見えてしまいますけど・・・

 茶々様を呼びだした秀吉様。すかさず主人公特権で同行する江様。これまで実は茶絶ちをしておりましたと言う秀吉様。家康様に頭を下げさすまではと思っていたのであろうと言う茶々様。
 いやいやさにあらず、母や妹を政の道具にして来たが、その母が無事に戻って来たので己を許した次第でございますと泣きべその秀吉様。ああああ~~~~!大ウソつきの一片のマコトってヤツですねっ!!!これにヤラれちゃうんですって江様がさんざんご注意申し上げてきましたのにっ!ヤラレてるじゃないの茶々様っ!!!出されたお茶を飲んじゃって!BGMもやたらにシリアスじゃないのおおおっ!!!
 今度は私が点てましょうという利休様を止めて、なんとなんとなんとなんと六聖拳、茶々様自らお返しのお茶を点てた!まるで三々九度みたいな雰囲気よっ?
 一服いただいてウマイ、ウモうござると嘆息する秀吉様。利休様ったら、この半年秀吉様は茶々様に合うのも断っていたと、つまり茶断ちと茶々断ちやなあと・・・うあああ、誰の味方ですか利休様!しかもダジャレですか~~~っ!

 かつて江様がおっしゃった、秀吉は大うそつきでもその中に真があるという意味が分かったと言う茶々様。これはもう恋愛感情ですか?ひいいいいっ!どおおおおしてよりにもよってそんなばかなあああ、と不安をたぎらせる江様でございました~~~。

 何と申しますか、いろいろ盛り込まれてて、旭様の悲劇はちょおおおっと薄まっちゃったような感もあり、江様パートはむしろ付け足しみたいな感もありーの今宵の放映でしたが、心強くもイケメンワイルドな新・秀勝様には期待大、ってところでしょおおかああ~~~。

"NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第17回「家康の花嫁」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。