NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第16回「関白秀吉」

おね様に反旗を翻して関白宣言ですか?ご飯はうまく作っていつも綺麗に・・・ではなく?掛け値なしのモノホンの関白様ですか~。身分の差をひっくり返して農民の子が天下の関白様、そう考えたら随分ロマンただよう成功物語なんですけど、今作の秀吉様では一体どのような雰囲気になるんでしょうかねええ。

 さてアバンタイトルは・・・猿は大ウソつきです(江様談)、くわああはっはっはあああ~~~(猿殿談)、コメディータッチなんですよねええ。出世の階段を上りまくって、いよいよ天下を伺う秀吉様の快進撃。後は征夷大将軍になれば完結?待望の野望の信長様越えの決め手は将軍の座ですか~。

 お菓子を頬張りながら歩く初様、早速侍女からご注意、なんてほのぼのとした所に面妖な呼び声!おっかあ!ひよし!秀吉様のご家族がご降臨!ワシは秀吉じゃ!と秀吉様がいくら言っても、決して秀吉とは呼ばずに日吉、日吉と呼ばれるご家族!なんとまあ汚らしい・・・って、そうとう嫌ってますねえ初様。
 母上も相変わらず農家のオバチャン然としてますし、姉妹の皆様もなかなかイイ感じのあったか家族ですけどねええ。

 早速ご挨拶に行こうと言う江様、初様はやっぱりお冠、茶々様に促されて三姉妹一緒にご挨拶、秀吉様母上、姉上、妹君・・・君って感じじゃあないわねえやっぱり。そして旭様の旦那様の甚兵衛殿。この夫婦が後に引き裂かれて、旭様は政略結婚の道具になるわけですよねえ。そこら辺のエピソードをどの程度取り上げていただけるのかしら~。
 やっぱり茶々様は別嬪じゃ、あんちゃんの好みじゃなとご無礼な事を言いまくる秀吉様のお身内。ほんっとに田舎の一家って感じね!お着物にも絶妙の埃のヨゴシが入ってて、効果を出してますねえ~。・・・ちょっと不自然でもありますけど、ゲフンゲフンゲフンゲフン。

 ここで秀吉様の一大宣言!こうなったからにはワシは将軍になろうと将軍になろうと思う!大事な事だから二度言ったんですか?皆様のご反応は・・何を言いだすかと思えば!いくらなんでもそれは無理だわ!居並ぶご家族猛反対!おね様もあきれ顔!一人秀吉様の見方をするのは石田三成殿のみ!
 三成殿に呼応してあんちゃんの味方に寝返ったのは妹の旭ちゃんですか。この方が後に秀吉様の野望の犠牲に・・・(涙)。とまあ、一人浮き上がって舞い上がった感じの秀吉様でございました。旭ちゃん様、イイ感じね~。この人は街角のコロッケ屋か何かになられたらドンピシャリ!いかにも普通の農家から突拍子もない大立者が出ちゃってあら大変、ってな感じがよく出てましたねえ~。
 ・・・でもこれ、確か性が平氏系だから征夷大将軍にはなれなかったのでは?苗字が合わないから源氏の足利家に入籍させてもらえないかとかジタバタしたんじゃなかったかしらああ~?
 龍子様のご解説では、秀吉様が舞い上がっているのはつまり女子を落とす為、そのターゲットの女子とはすなわち茶々様!!!ひいいいいっ!気色悪いい~~~!BGMがまたタンゴかなにかアコーディオンだかバンドネオンだかで・・・

 秀吉様が江様を呼びだしておっしゃるには、また知恵を出せ!ワシが将軍になるための知恵を出せ!って、一休さんか~い!・・・江様が反発しつつもムリクリ知恵をひねくり出した珍案は、先の将軍足利義昭様に直に頼んだら良い!最初は呆れていた秀吉様ですが、それ、やってみよ~♪って。いやあ、単に一女子の思いつきって事にしてしまいますか、田渕様・・・

 秀吉をワシの養子・・正確には猶子ですか、でもでもとにかく、ワシの子供にじゃと~~~!と怒り心頭の義昭様!久しぶりのご登場。怒って落胆して時代がかって大きなお芝居で、百姓の分際で源氏を名乗れる道理があるまいがとちょっと今宵はシリアスになって怒ってましたねええ~。
 義昭様に断られて、黄金の柱に頭を打ち付けて悔しがる秀吉様。その御前に侍るのはおね様、三成殿、江様、そして宗易様。先の将軍様に掛け合えだなどと誰が一体言い出したのかとおね様が怒れば、当事者の江様は眼を白黒・・・。相変わらず秀吉様と江様が顔を合わせるとコメディーパートに・・・。義昭様にひと泡吹かせる案を出せ! って、どっかの総理大臣みたいな他人頼みですねえ、秀吉様。
 だったら将軍より偉くなるしかありませぬと捨て鉢っぽく言い放った江様。将軍より偉いって言えば・・・帝天皇は無理として次に偉いのは・・・関白ですなby宗易様。関白か、関白のう。いやあ、こんな行き当たりばったりの瓢箪から駒ってな事で歴史が作られてきたと(ry
 江様はできっこないと思いつつ、関白になられたらどうですか!と煽りモード。宗易様はそれを真面目に受けちゃって、なれるかなれぬか、どうしたらなれるのか相談が進んでしまって、関白になるのは五摂家と決まっているから、そのどっかの養子になったら良いという方策が出来上がっちゃいました!!!
 将軍がダメなら関白になる、わしゃあ関白になるぞ!おね様は大激怒!宗易様は、それはそれで痛快ですわなと。ああ~~、宗易様ってイイ人なのか悪い人なのか・・・。
 ニュースを聞いて初様茶々様ご立腹、バカにも程がある一体誰が関白などと吹きこんだのだ!吹きこんだ当事者の江様は目を白黒。

 五摂家筆頭近衛家に目を付けた秀吉様は早速交渉。養子にしてくれたら、近衛家の孫姫様を養女に御迎えします、いずれは帝のお妃に御取り計らいいたします。さらに近衛家には千石の加増、それに手土産いっぱ~~~い!菓子は菓子でも黄金の食えぬ菓子でございます~~~!!!とまあ、露骨なワイロ攻撃でとうとう近衛家陥落!秀吉様は近衛家に入ってしまいました。
 家康様は矢の稽古をしながらニュースを聞いてらっしゃいます。飛ぶ矢をCGで止めて見せたりするのは無駄な演出でしたねええ。家康様の方策は、伊達家や北条家と結んで頑張ろう東日本体制!日本を西東に領分する天下二分の計ですかっ!後の関ヶ原が思いやられますねええ~。

 秀吉様おっかあ様はお城の裏庭で畑作り?近衛家の養子になったぞという秀吉様の報告も華麗にスルー。後は現関白の二条家を排除したらオールOKですか?しかし二条家を排除する手立てが・・・にゃい。
 ってなところに細川忠興殿ご到着withたま様。生きてたんですねえ、たま様。実の父上明智光秀様の謀反のため一時は幽閉されていた所を秀吉様のお許しが出て命が助かり復縁されたんだとか~。三姉妹様に父親の挙兵を詫びるたま様。アレは男の世界の事、我らには関係ございませんと関係修復のご対面でございました。
 謀反人の娘としてのたま様の厳しい境遇を支えてくれたのはお付きの侍女。耶蘇教・・・つまりキリスト教徒なんですって、ってことは自殺はご法度、神様の御心のままに生きると言う教えを受けて心の平安を取り戻したんだとか。突然の結婚と離縁に遭遇した江様にも信心の道に入ったらと布教活動!あ~なた~は神を~信じまするか~~?
 江様はきっぱりお断りですが、初様は何だかヤラレちゃったご様子?実際後にキリスト教に入信されたんだとか。江様へのお話を聞きながら、何か感じた表情の初様、ちゃんと伏線が張られまして候♪いやあしかし、ずいぶん成長されましたよねえ、初様。

 本田忠興様は宗易様のお弟子だとかで、秀吉様を交えて三人でお茶をなさってます。そこで今後の相談作戦会議。どうしたら関白になれるかのう・・・。忠興様からの情報では、現関白の二条様に対して近衛家ご嫡男様から引退せよとの進言っていうか忠告ていうか申し入れっていうかイチャモンがあって、つまりこれ、二条家おろしの菅おろし運動が絶賛展開中?ここにつけいらないって法はございませんわねええ。猿が日の本を変えるかと思い入れのお芝居、宗易殿の妖しさが仄かにわき立つ瞬間でした~。
 さっそく来ました近衛家お屋敷にて、工作活動開始の秀吉様。私が関白になったら次の関白は近衛様にお譲りします、ご挨拶の金銀財宝もこれこの通り、そして近衛家二条家のどちらかが関白を取ったら御両家の間に角が立ちます、一度武家を間に挟んだらどちらにも後腐れなく丸く収まりますよ、ってウマイなしかし、それにもちのろんでこちらにも相手方にも他の摂家にもたっぷり付け届けをいたしますよおおお~~~ってな至れり尽くせりの人ったらしでございます。
 ってな成り行きで秀吉様関白の座をゲットだぜ!?
 秀吉様関白のニュースを聞いて余りの事に泣いて地べたをはいずり回る足利・和泉・義昭様!今宵の義昭様はもう少し明るめコミカルにした方が良かったような気もいたしますけどねええ~。いえ、和泉様の実像とかぶっちゃってちょっと痛々しいような・・・(汗)

 とっぴょうしもなくとおおんでもない衣冠束帯の恰好で三姉妹様を強襲した秀吉様!手持ちカメラの揺れる画像がなんだか去年の大河みたいよ~。
 せっしゃこたび関白に任ぜられました、と秀吉様が言えば、おめでとうございますとお祝いの言葉をかける茶々様。その言葉が聞きたかった!だから大急ぎでわざわざやって来たという秀吉様。お身内への報告よりも先に茶々様にだけ知らせに来ました!とまあ、誠実な所を見せつけているわけ?えええっ?こんなんでグラッときちゃったの茶々様?余りにもあけすけなこれみよがしな攻略じゃないのっ!こんなんで告白の木の下へ展開するんですかっ?なんとなんと世間知らずなお嬢様っ!
 心配顔で姉上を見やる江様。私はますますあの者が嫌いになったとおっしゃる茶々様ですが、ただ仇とはいえあそこまで関白までとは大したものじゃと意味ありげなステ台詞!姉上?姉上!どうしちゃったの姉上~~~~!!!!

 いやあしかし、天下の趨勢の重大分岐点のその時歴史が動いた瞬間のあれやこれやがいち女子の口から出まかせ思いつきであったとは!これだから歴史は分からニャ~イ?

"NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第16回「関白秀吉」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。