大河ドラマ「天地人」第46回「大坂城炎上」

いよいよこの日がやってまいりました。義と愛を掲げて大団円を迎えるためには何としてもこのハードルを当たり障りなくやり過ごさなければなりません、大坂の陣!

さあああって今週のお習字は~~~「最後の戦い」!徳川VS豊臣最終決戦!豊臣家を主君と思うならその下に集結するのが義理人情!しかああああしっ!思うように人が集まらない豊臣家、ついにお金で浪人を雇う事態に~~~。

 先週のフラッシュバック、はしゃぐ家康様&委細承知の景勝様。
 なんだかすっかり仲良しキャラになってしまった政宗様が米沢にやってまいりました。あっ!そう言えばあのエピソードはやりませんでしたよねえ!?ご挨拶しなかった兼たんを責める政宗様に、戦場では後ろ姿しか見ていなかったので政宗様と分からなかったと言い返したっていうアレ!
 政宗様のご用件は秀忠様のメッセンジャー。家康様がぶちあげた大坂攻めを取りやめるように言って下さいですって。それも景勝様じゃなくて兼たんに!・・・どうしてそれ、政宗様がおっしゃらないのかしら?どう考えても家康様が重く扱っているのは政宗様でしょうに。あ、でも、秀忠様の手前嫌々言いに来たんだとか・・・。

 さっそく駿河へ向かった兼たん、あくまで低姿勢に家康様に詰め寄ります。家康様の決断に茶々入れる気はございませんけど、気になって気になって夜も眠れない事があると。秀吉様との誓い&利家様との誓い=豊臣家を守るとお誓い申すという約束をお破りになるのですかと。豊臣を裏切るのですか、と。義のない戦をなさるのかと言う兼たんに、じゃあなぜお前は家康についているのかと問い返す家康様。返す兼たん、秀忠様を信じるからだと~~~。ここはイイ顔をしてました~!兼たんも家康様も。
 やっぱり開き直ってそんな約束もう知らんとおっしゃる家康様。かわいい孫の千姫様が秀頼様に嫁いでいるというのにい~。娘の命を軽んじられて怒って詰め寄る秀忠様。まあ家康様ってば信長様に命令されて我が息子に腹を切らせた前科がございましたっけ・・・。秀忠様は感謝感激雨あられ、兼たんの真心は分かったと、心と心のつながりですか。

 関ヶ原から十余年、今となっては天下太平のために徳川について世の安定を図るのだと話し合う兼たん&お船さん。悲しいけれどもしょうがないって、それが義と愛の権化の考えなのかしら。バックにある愛の兜が泣いているような気がいたしました。それで成長した竹松くん、大坂の陣に参加する事を宣言。・・・まああの、ここはセイシロー君を使うわけにはいきませんものねえ~。 

 バターソースの真田幸村くん再登場!大坂の陣ったらこの人ですものねえ~!反家康の親豊臣の面々が大坂城に集まってまいりました。相変わらずお美しい淀様。妖艶と言うか神がかった美しさですねえ。この人のためなら体を張れるかもみたいなオーラ、いつぞやのトンズラ様もこういう思いで戦われていたのでありましょうかあ~~~。
 そして大坂冬の陣!・・・本当はこれだけで一話にしてもらいたかったところですが・・・大坂城に馳せ参ずる大名は一人もおらず、浪人ばかりの豊臣軍は旗色悪し?でも幸村君が決然立って徳川軍に大打撃を与えてこう着状態。攻めあぐんだ家康様、外堀を埋める事で和議とあいなりました。
 にしてもしかし・・・義と愛の武将で、豊臣を裏切るのかとまで言っているのにどうして家康軍にいるの、兼たん?生き残るため?三つにゃんとの約束?随分とまあ・・・自分勝手な解釈で・・・。
 戦場で無理した竹松くん、寝込んでます。看病しているのが兼たん一人って・・・。ちょっとホッとしていたその時に、幸村君からお誘いがかかりました。単身米沢まで来てお目見えって・・・。メルヘンですねえ。
 幸村君たらお酒まで持って来てて、廃墟みたいなところで一杯やっか。兼たんと雪辱を果たすが夢だったって、泣かせることを言う幸村君。なんだか幸村君の方が貫録を出しているシーンでしたねえ。
 家康はまた攻めかかってくる、もはや豊臣家に勝ち目なし、今生のお別れでござりまするという幸村君。幾重にも御礼申すとさわやかな笑顔で・・・と、ここで、せめて千姫様を助けて欲しいと言う兼たん。かくなる上は慈悲の心を持って豊臣の義の心を後世に伝えていただきたい、天下人の真の愛をお示しくださいと淀様への伝言を託す兼たんですが、うう~~ん、千姫様は確かにお気の毒ですけど、助けてあげたい人はほかにもいるんじゃないかしら~~~。

 外堀まで埋まった大阪城は丸裸、絶対優位となった家康様はさらにお城の明け渡しを要求!淀様これを拒絶!いよいよ大坂夏の陣~~~!淀様、黙っていたらものすごい存在感と美しさですのに・・・セリフが・・(涙)。
 今回上杉家は京都で後方支援愛の兜が空々しく思えてしまうのは私だけでしょうかあ~。で、あっけなく大坂城は落城。淀様も秀頼様も、その命は露と消え・・・、でも千姫様は助かりました。淀様→幸村君→兼たんと命のリレー、実は井戸の中に千姫様を隠しておくと兼たんに伝言があったのでございました。
 煤だらけの真っ黒けで徳川の陣に帰ってきた千姫様。喜ぶ家康様、ですがさて・・・千姫様は怒ってます。千姫様の回想シーンで真っ赤な鉢巻の淀様白い陣羽織の秀頼様、千姫さまに生き延びよと命じます。そしてまなざし凛々しい幸村様が千姫様をお連れします。家康に伝えよ、豊臣は慈悲の心を持って真の天下人となるとな・・・と最後にちゃああんと見栄を切って淀様ご退場。千姫様を井戸に隠して兼たんが来るまで声を出すなと言い含め、兼たんを褒めそやして最後の戦いに赴く幸村君。
 我が孫の命を豊臣が救ったかと涙を流す家康様、あ、こんなんで改心しちゃうの?ありがたやって頭を下げて謝っちゃうの?家康様とんだ腰砕け!でも千姫様にあらせられましては、家康様を一生許さないとのたまわれて・・。

 いつの間にやら勝ち馬に乗っている兼たん、亡くなった方々に感謝してます。これで戦の世も終わった、世に安寧をもたらしてくれたと・・・。慈愛の心が刀に勝ったとおっしゃいますが、ううう~~ん。焼け焦げた六文銭の旗をあつらえて幸村君を思い起こす趣向は良かったですけど~~~。クドイヨウデスケド愛の戦士とまで持ち上げられている主人公様が・・・うううん。これまでの事をほかしてココだけ見ていたらイイ雰囲気なんですけどねえ~~~。



戦国エプロン 家康の手料理 (男女兼用)
ゴールドスター
戦国ブームで戦国商品入荷しました!歴史好き・戦国時代マニアにはたまらない戦国エプロン男女兼用着丈70

楽天市場 by ウェブリブログ

"大河ドラマ「天地人」第46回「大坂城炎上」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。