大河ドラマ 風林火山・第23回 「河越夜戦」

北条氏康様、なんとも言えない男らしさと貫禄ですよねえ。
私的には何とな~く、桃太郎のイメージでございます。
お腰につけたキビ団子ひとつ下さいお供します~って感じ~♪
え?土地柄から言ったら足柄山の金太郎?そこはそれ、桃太郎であっても金太郎なのです。
その証拠にポキン金太郎、ってことで~。

その氏康様が大苦戦。なんたって相手の上杉憲政様が大軍団なんですもの、そりゃあ無理ないですよねえ。
北条勢は河越城籠城、って、川越のこと?お芋と羅漢様で有名なあの川越ですか?
ここってお団子も美味しいんですよねえ~。川越のお醤油焼き団子、これは鄙びた絶品です~。
って、苦戦してるんでしたっけ。敵は8万、味方は8千。
うわ~、これじゃあ勝ち目がないじゃないの!氏康様は敵方のさらに外側に陣を取られて手も足も出ず~。
大変大変!助っ人はいないの?

と、そこに、主役特権を身にまとった勘助が援軍を率いてやってまいりました。
援軍ったって高々50人、これじゃあ焼け石に水かも~。
でも勘助の狙いはズバリ真田幸隆様。私と同じ名前で恐縮です~。
この幸隆様、明るい気性ですし、男っぷりもいいですし、スケールの大~きな武将の方でございます。
そのうえ信濃の地勢にも詳しいときては、武田家に迎えたくなる気持ちもわかりますわあ~。

上杉憲政様は余裕だしまくり。じっくり兵糧攻めの構えでございます。
この余裕が墓穴を掘っちゃうかも~。身分にこだわって相手を見下して、なんだか今川義元様にも一脈通ずる態度ですねえ。

で、敵中の間者にメッセージを送る役目を勘助が買って出ました。
なんたってその間者ってのが、かつて北条家中で勘助が告発して大恥をかいた逆スパイの本間殿だとか!
ここでも勘助の浪人時代の苦労が報われます。やっぱり若い時の苦労は買ってでもしろってのは本当でしたねえ~。
そんな勘助が潜りこみました上杉軍。って、そんな簡単に潜りこめるんですか!
この時点で上杉軍はもうダメかも~・・・。何と愚かな憲政様!油断してゆるみきってダラダラですわっ!

山本勘助の名を聞いてやってきた本間殿。首尾よくメッセージを伝えられました。
と、そこに勘助意中の相手・真田幸隆様が!
でも、勘助の幸隆様へのアプローチは、そう簡単にはまいりません。
幸隆様の目力がすっごいの!土下座までして頼む勘助の悲しげな眼と好対照でした~。

上杉憲政様は、北条から送られた詫び状を見て大笑い、陣中に遊び女を引き入れての大宴会です。
油断しきってますねえ~。と、そこに夜討!真っ赤な拵えの氏康様VS飲んだくれの憲政様、これはもう勝負あったあ!
氏康様の急襲に総崩れ!なんだか後年の今川義元様みたいな負け戦に~。

憲政様は命からがら逃れていかれます。これで逃げ込む先が越後のあの方のところなんでしょう?
いよいよ越後のカリスマのご登場ですかあ~。わくわく~♪

河越城は北条様の勝ち戦。8千の手勢で8万の軍を打ち破ってしまいました!
何たる戦上手!何事も慎重に、小心者と言われようとも準備万端怠りなくしつらえ、
いざ合戦となれば鬼のように風のように・・・まるで「ぷよぷよ」でいきなり駒を消されるような快進撃。

と、そんな中、秘密兵器の新兵器が火を噴きました。それは鉄砲火縄銃。
種子島って呼ばれてましたねえ。本日の冒頭で今川義元様が得意げに披露されてましたし、
その直後氏康様もお披露目されてました。
ばば~んと轟音響けば崩れる将兵・・って、えええ、勘助がっ!
かつてのテリー・福島殿の息子さんが撃ったみたい!

って、そんな時、甲斐では由布姫様無事出産を喜ばれてますわ。
北条様大勝利と合わせてW喜び・・でも勘助は行方不明?
ど~~~なる勘助!

今日は、北条の間者となりながらも、最期の最期に上州の武士として父母のために討ち死にした本間の侠気にしびれました!
小田原の風魔とか、真田の素破とか、忍者の定番が出てきたのも嬉しかったり~。

"大河ドラマ 風林火山・第23回 「河越夜戦」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。