NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第13回「幼馴染の絆」

本日のタイトルよな!断られても断られてもしつこく付け回して親切ごかしてアタックして来た義時様ですけど、いよいよ実を結ぶんかい?ワタクシが義時様の友達だったら殴ってでも止めるかもお~。彼女嫌がってんじゃんよ、それじゃあセクハラじゃんよって。それでさてはお前が狙っているのかとか言われちゃって取っ組み合いの大げんかになっちゃったりして…

妻と娘を侮辱されて伊豆へ帰るとおへそを曲げた時政父上。やんなっちまったんだよ、何もかもが…伊豆へ帰る!頼朝様は時政様に鎌倉にいて欲しいとの仰せ。もとはと言えばワシが悪い…お認めになりましたな?まああの、政子様には逆らわない方が吉ですよ、鎌倉殿~。
清盛様のいない時代がやってまいりまして、さっそく動き出す源行家様であります。どの面下げてやって来るのか!義円様をむざむざ死なせたのにいけしゃあしゃあと頼朝様に面会に来たって!また挙兵しろってかい?そもそも負け癖の付いた方とは組みたくありまっせん!
まさか小四郎まで出ていく事にはならんだろうなと念を押す頼朝様。こんだけ買われてんだもの、少し名誉に思って鼻を高くしても良いくらいですよ?小四郎義時様~。
ちゃ~ちゃっちゃちゃ~ちゃっちゃちゃ~♪

 時政様の件もアリ、鎌倉に亀裂が入ろうとしていた…。引っ越し支度の時政様&りく様。京へ戻る願いをかなえてやれずに済まんと言う時政様。でもりく様は鎌倉殿から自分を庇ってくれた夫に惚れなおしているご様子。夫婦和合ですなあ。しい様、凛々しゅうございましたよ♪
 所領をくれと言い出す行家様をとっとと追い返す構えの頼朝様。行家様の捨て台詞は、ワシが義仲と組んだらどうなるか?木曽義仲様と組んで平家追討するぞって言う…。行家様に対してはコワモテのお断りでしたけど、実は義仲様の事が気になってしょうがない鎌倉殿であります。このままでは木曽に手柄を奪われてしまう…。
 頼朝様が迂闊に動けないのは奥州の藤原秀衡様の所為なのです。なんとなくこっちに攻めてきそうな塩梅の秀衡様。義経様は信頼しきっていたようですけど、そんなの当てにならない現状でございます。実は弟全成様に命じて秀衡折伏の祈祷をさせておりますが、一向効き目なく。じゃあ清盛入道を呪い殺した男を呼んでこよう!って事になりました。

 信濃にて、実際行家様は木曽に赴き義仲様に挙兵を促しております。平家は潰すが今ではないと冷静に答える義仲様。巴御前も良い感じですな。
 伊豆の北条館を訪ねる義澄様。親友の時政様に鎌倉へ帰って来いとの説得です。鎌倉殿に堂々とモノ申したお前の勇気はうなぎ上りだとか煽てる煽てる。りく様、汚い恰好をしててもお綺麗ですよ。くさっ!当時の肥料ったらアレですもんねええ。
 義村様がりく様に鎌倉へお戻りなさいと説得しますが、一向に乗ってこないりく様。それどころか色仕掛けで亀様がどうなったか教えて欲しいと持ち掛ける…臭いんですか?義村様。

 江間にはまた小四郎が来て八重様に色目を使ってるってなお話で~。でっかいキンメとか持ってきてゴマをすってるよ。お口に合わなかったら誰かにあげてください…なんだかこう、すげえ豪華な海の幸がいっぱい、さすがは伊豆だなあ。でも…八重様曰く、怖い。そうそう、こんなにストーキングされたら怖いですよねええ。

 ここで動き出すのが甲斐の源信義様。頼朝様を訪ねて、義仲が平家と手を組んで鎌倉に攻めてくるぞって!嘘も誠心誠意ついたら誠になるって?源氏一族必殺技の「口車」でございますな。
 義時様が頼朝様に告げ口する一件は、信義様は義仲様と政略結婚を進めようとして断られたんだとか。その腹いせかああ。油断も隙も無いですね!こうなったら軍勢を送って、人質を寄こせと談判して、断ったら首を取る!これが戦だよなああ。

 ここで清盛を呪い殺した男が登場!これがですね、いつぞやの文覚上人ですよ!頼朝様はこちらも嫌っていた様子でしたけど、こうなったらなりふり構っちゃいられないって!
 全成様と文覚上人、ダブルで秀衡様を亡き者にしようと呪い合戦だわ!やかましいいいいっ!全力過ぎるでしょう、実衣様まで!んでもこれ、首尾よく秀衡様が亡き者になったとして、どっちの方が有効だったのか判定できないでしょ?

 御家人衆が揉めております。源氏同士の諍いにどうして俺たちが従わなくちゃいけないんだって!つまり義仲様の所になんか攻め込みたくないよ!鎌倉様のためなら何でもするわけじゃあないんだよ!
 こないだうちの浮気騒動もまた、頼朝様の評判を下げておりますねええ。んで三浦館に集まって騒いでいたものたちのリストを提出する梶原景時様!やるなあ、KGB!
 じゃあ軍勢はやめて、少数の使者を遣わそうって、白羽の矢が立ったのが蒲の冠者・範頼様ですよ~。広常様曰く、御家人の顔色なんかうかがわずに力づくで引っ張って行ったらいい!それができるのがあいつなんだよって。ただここで下手をすると鎌倉は真っ二つに割れちまうぜ。義時様曰く、そうなったとき上総介様はどちらに?さあどうするかなあと言葉を濁す広常様。
 謹慎中の義経様、義仲様の所へ連れて行けと義時様に直談判だ。大声出してだだをこねる義経様。子どもかよ!じゃあしょうがないと、明後日ここを立ちますと明かす義時様。つまり勝手について来いって?

 比企館では、北条に成り代わってぐいぐい攻めようと穏やかならぬことを画策する能員様と奥様なのでありました。

 義時様は範頼様の木曽行きにお供することになりました。そこでまた八重様の所に行くんだよ~。山菜です気に入らなかったら誰かに…譲って下さいと言われて返す八重様は、どうして私が山菜好きの人を探さなければならないのですか?八重様ナ~イス!
 迷惑だって言われてもあきらめないんだよなあ義時様。どんなに断られても粘り強く取りすがる男よ…。私は八重さんの笑っている姿が好きです!いつか八重さんに笑いながらお帰りなさいと言ってもらいたい!あっま~~い!

 兄には内緒で木曽へ行くとニコニコしている義経様。範頼様と共に比企の館に呼ばれております。そこに罷り出る比企様の娘のお二人。なんですか…娘を好きにしてくださいって事?範頼様はあっさりスゲにして席を立つ。でも義経様は比企の娘さんのさと様に心惹かれる様子。
 木曽行きのお使い衆が揃いました。範頼様、義時様、義村様。ホントはここに義経様も加わるはずだったんですけど、時間になっても顔を出さないんですよ!実はこの時、さっきあてがわられた能員様の娘と一夜を共にした挙句、朝寝して遅刻してやんの!能員様は源氏に取り入って時政様の担っていた地位を得ようという魂胆か~。

 木曽へやって来たご一行。さっそく義仲様とご会見ですが、ご本尊は川釣り中との由。ご一行を行家様も偵察しております。待たされる間、最近どうだいと問う義村様。父がいなくなって、目の前の事で精一杯だと返す義時様。それが生きていて楽しいだろと語る義村様なのでありました。
 やがて巴御前様と共に現れた義仲様。髭モジャだ!荒々しい男って感じ?義仲様曰く、源氏が一つになり平家を滅ぼす。だが鎌倉に攻め入るつもりはないって。頼朝様とぶつかるのを避けるために北陸に兵を進めたのだって。源氏同士で争ってどうすると逆質問。そりゃあそうだわなあ。
 範頼様は生焼けの川魚を食べてさっそくお手洗いにかけていく~。ここで義時様が言いにくい話を引き受けて切り出したよ。鎌倉殿は人質を差し出すよう申しております!裏切らない証の人質デスネ。行家叔父上でどうか?いやいや自分を頼って来たものを追い出すことはできない!義仲様曰く、息子でいい。嫡男の義高様を人質に差し出すという義仲様。男には守らねばならぬものがある!引き換えは要らん!これが義仲様の誠の美学なんですねええ。

 巴御前はヤツメウナギの罠をこさえております。目に良いので義仲様の為にヤツメウナギを…。尽くす人だねえ。幼馴染だという巴御前。色恋はとうに捨てた、私はあの方に終生お仕えすると決めている!良いお覚悟でございます。幼馴染繋がりでシンパシーですか、義時様
 義仲様がご嫡男を連れてまいりました。父上のためならどんな苦労も厭いませぬと健気な事を言う若武者は、父とは似ても似つかぬ甘いマスクのイケメンじゃあありませんか!
 信義様のできなかった事をあっさり成し遂げて義仲様との繋がりを確認した頼朝様、やっぱり源氏の大将でございますかなあ。でも武人としての覚悟については鎌倉殿のはるか上を行く義仲様、大人物ですよねえ。ほらほら性懲りもなく亀様を訪ねてるよ頼朝様。したらそこにいるのよ!政子様が!こわっ!

 ここで政子様と亀様の手打ちでございます。亀様は身を引こうと言い出されております。ホントに身を引いてくれんですかね?んでも最後にイヤミを仰る亀様です。和泉式部の和歌を詠んでやっても理解できない政子様。あんたよか私の方がよっぽど勉強してますって?
 伊豆の田舎の豪族の小さな家に育った行き遅れがさあ…自分が本当に鎌倉殿の妻としてふさわしいかよく考えなさい!足りないものがあったら補う!あなたは御台所と呼ばれて恥ずかしくない女になりなさい!ぐうの音も出なかったね、政子様。

 亀様が不首尾で収まりの付かない頼朝様。今度は八重様の所に顔を出したよ!来てしまいました!さっそく持ち掛けてるよ。どんだけ色魔だよ!え?たたき出されたの?頼朝様。逃げ込んだ先が北条館の時政様の所だよ!お騒がせ男だなああ、相変わらず~。
 頼朝様の退場を見届けて、義時様は木曽のお土産を手に八重様を訪ねます。クリや木の実や、ヤツメウナギの干物!鎌倉殿と何があったのかなぜ聞かないのかと問う八重様。相変わらずお土産を紹介する義時様。これはキノコです、煮ても焼いても…あ!八重様キノコはお嫌いでしたっけ。
 どちらでもいいのです。ここに鎌倉殿を迎え入れても構いません。私と八重さんは幼馴染、私の思いはずっと変わりませんと…振り向かなくても構わない背を向けていても構わない。私は八重さんの後ろ姿に尽くします。そっち方面からまだアタックするか義時様。したら八重様が三つ指ついて、小四郎殿…お役目ご苦労様でございました。んで、ニッコリ笑って、お帰りなさいませですって!うわ~♪
 いやああ、大きな岩が動いた感じですよ~。これでいよいよ嫁取かい?ただいま帰りましたって泣いて答える小四郎義時様なのでありました。この道はやっぱりあれか、一押し二押し三に押し…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント