NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第11回「許されざる嘘」

放送事故?先週佐竹攻めの際、義時様たちの向こうに、カメラを構えたおっさんが写ってたああ?全然気いつかんかったわ~。証拠画像を見てもボケボケでしたし、堪忍したっとくれやす~~~。
往年のクレージー映画なんてこんなもんじゃアなかったですからね!「ホラ吹き太閤記」の桶狭間の空撮シーンの片隅に、なんとなんと南斗六聖拳!ロケバスが見切れてたんだとかああ!閑話休題~♪

先週快く八重様を義時様に譲ろうと仰っていた頼朝様。もう要らないからあげちゃおうみたいなジゴロ感が漂っていたような気がするのは内緒です。それを受けてもう猪突猛進憧れの女子に迫る義時様だったのですが…。政子様は大反対よ!
当の八重様はどう思ってるの?と聞かれて、それはもう大丈夫、私の事を頼りにしておりますと自信満々の小四郎様です。が。お断りいたします!あっさりドーンと振られてやんの~!そうそう男子の思い通りにはなりませんよ?甘く見ないでよね!どおおおん!ちゃ~ちゃっちゃちゃ~ちゃっちゃちゃ~♪歴史が本当にこうだったのかとか問うのは野暮!これまさに、許されるべき嘘なのですから~あ♪

 泣くなよ義時様、義村様はでも、八重様と通じているとか自信満々に揶揄いまくりマクリスティー!振られてからが勝負だがお前はすでに死んでいるみたいな~♪
 義時様は悲しみこらえて仕事に猪突猛進。いきり立ってはる~!頼朝様の命で梶原景時様にご家臣のお誘いを申し入れる義時様。右腕ウデスパーって感じになって来ましたねええ。

 んで頼朝様の新御所完成!ちゃくちゃくと歩を進める佐殿やっぱり侮れんわ~。お目通りの政子様、姑のりく様よりも良い待遇よ♪
 傷心の義時様は、挙兵以来の各武将の武功を纏めました!これをもとに恩賞を決め、没収した所領と分け与えよとの頼朝様の仰せでございます。ここで実務能力を思う存分発揮する義時様なのです。ええ感じの高評価をもらった安達盛長様は嬉し泣きでしたね!
その中に自分の名前を入れてなかった義時様。つつましいお方です。頼朝様の御差配は、では舅殿にが欲しがっていた江間の土地をやろうって!好待遇だよ~♪
 和田義盛様には何よりも、侍所別当の地位!タケオ!前に頼朝様が仰ってましたよね。一番の働きをしたら侍所の別当にしてやるって!正にそれが実現いたしまして候。ワシは一度口にしたことは必ず守る男なのだ…って、頼朝様のメンツにも大分忖度した差配でございます。それってどんなお仕事ですかと問う義盛様!知らんで言ってたんか~~~い!

 皆を集めて所領を与えて、与えたからには頼朝様こそ坂東の支配者!確定!これより佐殿は鎌倉殿、ご一同はその家人、御家人ですからねと念を押す義時様。まるでもう鎌倉殿の右腕みたいよ!その分恨みを買うかもなああ…

 そのころ平家方では、たてついてきた園城寺や東大寺を焼き討ち!大仏様まで!なんと罰当たりな!

 ここで呼び出された梶原景時様。いつぞや見逃してもらって命拾いしたからこそ今日がある頼朝様は、恩に着る恩に着る。和田様の配下として召し抱えるご所存でございます。

 ここんとこの動きの中、割を食って軽んじられている気配なのは時政パパ上様。妻のりく様は面白くない!義理の娘の政子様は御台所に大躍進ですものねええ。実衣様は相変わらず頼朝様弟君の全成様とのラブラブ進行ですけど、そもそも全成様はお坊様ではなかったのではないですか!?んもう、生臭いっす!なんだよお前、ラブアタック丸出しやんか!

 その次の頼朝様の弟君の義円様は、やっぱりお坊様なんですけど、武術の達人です!しかもイケメンなのです。皆が感心してちやほやする様を見て嫉妬の炎を燃やしているのが…誰あろう奇行子の御曹司、義経様なのでございます!遠からず何かやらかすでこの御曹司!
 頼朝様から、今何をすべきかとの問いに対して、生返事の義経様。義円様は模範解答…をする途中、声を荒げる義経様。義経様は今すぐ兵を挙げるべきだと仰る。でもそれでは御家人の皆様が着いて来ないという義時様。なら小四郎、お前が何とかせよと無理難題を持ちかける義経様。わっかいなああ~…。
 九郎の気持ちも分かってやって下さいと庇う義円様。悪気なんて全然ないんですけど、これが気に障っている感の義経様だよ!始末に負えねえ厨房だなお前!
 今度は和歌を詠んで大喝采の義円様!ここでも嫉妬の虫が湧いて出た感じの義経様です!いい加減大人になってくれよおおお(涙)。

 仏様への所業が仇をなしたのか、清盛様に最期の時が訪れました。頼朝を殺せと言い遺して、ご逝去!享年64!
 厳かな洋風BGMの流れる中、清盛死すとの報を受けて大笑いの頼朝様。積年の恨みが少しでも晴れましたか?震えて笑う恨み節じゃい!だが平家のとどめはワシがとる!我らが力で滅ぼして見せようぞ!兄上!鎌倉殿!意気上がる鎌倉です。
 もう一人大喜びなのはモチのロンでポンでチーで、後白河法皇です!天罰じゃ。天罰が下ったわ~!
 平家を継いだ宗盛様は、政権は法皇様にお戻しするも、頼朝追討の院宣を無理強いする始末!下手に逆らったらまた幽閉?法皇様は唯唯諾諾でしょおお~。無理に追討せずに、日本の東と西で両立する道を探る方策は取れなかったんでしょうかねええ。

 鎌倉では男子を産めない政子様が頼朝様にお詫び申し上げ候。んだけど、そこは、九郎に後を継がせたっていいんだし。気にしなさんなと癒す夫の頼朝様。こういう所が…ズルいんだよなああ。

 清盛様ご逝去のこの事態にまたも動き出した源行家様!対抗措置で平家を討伐しましょって!しつこい叔父さんだなああ。時期尚早でしょうが!もちろん頼朝様はどど~んと肘鉄です!鎌倉殿は多忙である!政子様とやることがあるのおおお!
 ならばと今度は鎌倉に集う弟君たちに言い寄る行家様です。一同乗り気薄の中で義円様だけは、京でいろいろあったようで強く断り切れないご様子。
 ここで嫉妬の虫の鬼のヤキモチが動いたで!義経様が義円兄さんを唆す!鎌倉殿はあなたを買ってない、遅れてきたのが良くないし、御台所に和歌をひけらかしたのも良くなかった。鎌倉殿に認めて欲しいのなら叔父上と出立して手柄を立てなさいよ~♪義経様…悪い奴だな~。
 已むに已まれず義円様は、頼朝様へのお詫びの文を弟・義経様に託して行家叔父上と共に旅立って行かれました。その後で肝心の文を破り捨てる義経様!つまりあれだ、義円様を裏切り者に仕立てるわけだ!ライバル抹殺で晴れ晴れとしたお顔の義経様だよおおお♪この人の傍にはいたくない系の男子だよな、義経様…。
 それはそうと、弟の悪だくみに乗せられ放題の義円様、お人よしにもほどがあるでええ!

 義経様の悪行三昧は全てお見通しの頼朝様。しらを切る弟の悪だくみを残らず明かすつぎはぎの文!ちゃあんと張り合わせてた!いっそ燃やしときゃ良かったになあああ!詰めが甘いんだよ御曹司!
 悪い事は出来ないもので、義経様の一連の振舞は梶原景時様に目撃されてたんですよ!告げ口大王の景時様ですもの~!
 頼朝様は義経様に謹慎を申し渡されました。心を磨いてくれ九郎!いまだ男子なき頼朝様にしてみれば、後を託せる貴重な弟、九郎義経様に期待するからこそのご叱責でございます。
 義経様の黒い心に押し出されちゃった義円様は、墨俣川にて大敗と相成りました。とんでもない大苦戦で川に沈められて首を討たれて…行家叔父上はさっさと逃げちゃったああ?あなたも相当卑怯者よのううう。

 鎌倉では政子様ご懐妊!男の子の跡継ぎが欲しいぞと願う頼朝様。母親の顔が険しいとおことだと言います!政子!険しい顔だ!険しい顔!ひでえ顔だな、政子様。
 全成様&義時様は恩赦によるご利益に望みを託します。これつまり、伊東祐親様とかを残らず許して徳を積んで望みをかなえてもらおうって言う…等価交換?
 りく様は政子様ばかりちやほやされて、自分の血筋が出世しない経緯にオカンムリです。時政様は、いつか京に戻って暮らそうと夢を語って、若き妻のご機嫌を伺う構えにございます。

 義時様や全成様は徳を積んで男子を授かるサンダンス軍曹。徳を積むために許すべき敵はすなわち伊東祐親様ご一行!さすがに祐親様も、もういろいろ諦めて穏やかになったお顔です。これで一件落着かな?清盛様が亡くなって、さすがにテンションも下がってまいりましたかねええ。じさまと孫、結局血のつながった同士なんですねええ。
 八重様は父と一緒には暮らせないと抵抗されます。許せなくても一緒に暮らせばいいと説得する義時様。江間の館って誰の所領になったの?私のです!いえ!そんな意味ではないので!とおおんだ一人芝居でずっこけている義時様。ご苦労様だねえ~え。

 さてその頃新たな問題が…。畠山重忠様がとっ捕まえた祐親様の下人!あの例のアサシン善児です!所持品の中に三郎宗時様の品が!さては…北条宗時を殺めたのはこやつかああ!困った挙句相談するのは梶原景時様でございます。
 景時様だって困っちゃうよね。こうなったら頼朝様にご相談だと御堂に向かえば、男子祈願の御祈祷の真っ最中の政子様。
 全成様曰く、伊東祐親様が殺めた千鶴丸様が成仏すれば再び男子として生を受ける!…って事は、祐親様が生きている限り千鶴丸様の成仏は難しい!どわああ!祐親様を殺せっていう御託宣じゃないすか!大丈夫ですか全成様?
 全成様の言葉を受けて、お庭の景時様に目をやる頼朝様。委細承知!ダークサイドに落ちた感じの景時様なのでございます。結局南極京極かねよの錦糸丼で、景時様だって最後には…閑話休題。

 全てを察して引き受けた景時様に躊躇はございません。伊東祐親様と祐清様の父子が許されたご挨拶に向かおうと、八重様が襟足を剃ったりして少し和んで支度を整えた後、どっからともなくひっそりと現れるアサシン・善児!何の躊躇も殺気もなくお二人に向かいましてええっ!
 最初の犯行、千鶴丸様の時には少し後悔した感じでしたけど、最早何の感情もなく人を殺める殺戮マシンとなり果てて候。そんな者になれと母は産んだか?涙・涙でございます。
 全て終わりましたとの報を受けて観音様を拝む頼朝様…。
 暗殺の後を景時様が引き受けて、犯行隠蔽証拠隠滅~。義時様が駆け付けた時にはもう跡形もなかった!景時様曰く、伊東祐親殿はご子息と共にご自害なされた!あの人はもうそんな事しねえ…って思うのは義時様だけじゃないですけど、これ全て鎌倉殿の強いお指図だと宣う景時様。とりつく嶋大輔は微塵もございませんでした~!義村様曰く、もういいんだ忘れよう…。

 頼朝様の下に取って返した義時様。人を許す心が徳となるのではないのですかと言い募ります。ところがどっこい相撲でどすこい、一向のってこない頼朝様でございます。一度口にされたことは必ず守られる…恐ろしいお方ですって、そりゃあそうかもなあ。祐親様はわが子を殺した仇なんだもんなあ。許されざる者、その名は祐親?
 んだけど全成様の占いはさらに悪い結果に!お子は産まれても長生きはできないって!まだ千鶴丸様は成仏できてない!彼を殺めたものはまだ生きている!!ああ~、命じた主が死んだとて、殺めた実行犯がまだ…アサシン善児!北京!景時様ったらその善児を我が配下に抱え込もうと粉を振るサンダンス軍曹なのでございます~!
 許されざる者を亡き者にした、許されざる嘘。禍々しさ満開の本日ラストでございます。怖くて怖くて…ワクワクしちゃう。罪深きことこの上なき次週予告だわ~!ちょっと笑っちゃいますけどねええ~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント