ロイヤルブラックラ・2006・11年

P1000129.JPG
BBRこと、ベリー・ブラザーズ&ラッドというボトラーズからの一瓶。中身は当然ロイヤルブラックラなんですけど、いつもとちょっと違って、すこ~しピート感がございます。
そもそも王室御用達の柔らかくて穏やかなお酒がロイヤルブラックラ。それを、これまた王室御用達だっていうBBRが樽ごと購入して瓶詰めすると、なぜかピート先生が顔を出される!
色は薄いですけど、香りもお味もきちんとちゃんと。バターと蜂蜜トロ~リ溶けてる…そんでちょこっとスパイシー。ピートやスパイスは感じますけど、ちょいと来たなと思ったらサっと爽やかに消えていき、後には甘やかな余韻が残ります。
虫狩のお供はロイヤルブラックラ

テンプルトン ライ 4年

P1040093.JPG
これはとても美味しいライウイスキーでした!
アメリカンは樽の成分が強すぎると敬遠気味な方がいらっしゃったら、一度これを試していただきたいですねえ。穏やかっていうか、品よく爽やかなお味ですよ~。ライムギ使用率90%オーバー!かのアル・カポネが生涯愛して、独房にまでもムリクリ持ち込ませた銘酒だそうで~♪
男の子ならまずはストレートですよ!そのあと状況に応じて色々あって良いかと思われますけど・・・まずはストレートで!この味に遭遇してほしい!軽くって穀物で、滋味深いのでございます~♪
水割りでもソーダ割でもOK、とっても優しいお酒でございました。さらにこの上を行く6年物があるっていう話なんですけど、とんと見かけませんなああ~。

カバリュス シークレットスペイサイド12!

P1040112.JPG
内緒の蒸留所のお酒を詰めたボトラーズ物です。スペイサイドのシェリー樽だって!濃いわ!濃くて少しゴム的なニュアンスまでありますけど、それ以上に!甘いわ!旨いわ!これは良い樽使てはるわ~~♪ってな感じの一杯でございました。
何でしょうかこの、自由奔放な樽無双ぶり!いつぞや飲ませていただきました、某GRにさも似たり~!んだけどここは、シークレットシークレット、ヤッホ~ヤッホ~ですので!これ以上の詮索はいたしませんけどおお~♪