NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第22回「京よりの使者」

長らくコロナ禍で中断していた大河ですが、本日いよいよ満を持しての大再開!ようやく時計の針が回りだします!前回ラストで男の武将坂をパカラパカラと登って以来すでに四年の月日がたち、明智十兵衛様は越前で世に埋もれているところからのスタートです~!

桶狭間の戦いから四年後。永禄七年・1564年ったら有名な川中島の戦いも終結を迎えたころですか。桶狭間に感動して意気揚々と越前に帰って行った十兵衛様は・・・相も変らぬ牢人生活!4年間何やってた?就活してなかったの?結局寺子屋の先生のまま?難しい顔をして書物を読む毎日?おまけに次女が生まれて家族が増えてる!そっちは抜かりないんだ・・・やだ、十兵衛様ったら・・・

このころ京に君臨しているのは言わずと知れた三好長慶様。桶狭間の頃にはもう傀儡の管領をこさえて細川晴元を追い払っていた状態だったみたいですけど、その晴元様も今や草葉の露と消え長慶様の絶頂期でございます。関東の北条氏よりも勢力範囲が大きかったとか~。
長慶様の重臣・松永久秀様は大和の国を任されております。躍進躍進。一方将軍足利義輝様はと言えば、そうです絵にかいたようなお飾り将軍。黙って担がれてろっちゅう感じね。実力戦力としても敵いませんし、娘まで人質に取られているそうな。落剝落剝。近衛前久様登場!若くてイケメンですなあ。将軍にしっかりせよとのお叱りですけど、帝に対しても不振を抱いている感じの義輝様。波乱バンジョージャンジャカジャン!でんっででんっででんっででんっででん…

 久しぶりですけど、手慣れた感じに始まりましたな!よかよか~。埋もれ木の牢人宅を訪れる昔なじみの者のあり。笠の感じが戦国の、心の友の細川藤孝様じゃあないですか!こりゃ珍しい~。将軍直参の重臣がこんな所に来てくれたよ~。・・・なんかあるな!そのと~り!
越前のアマダイ塩焼き、ゴチになります~。家族の方のご歓待、ゴチになります~。次女の乳児もご接待、ゴチになります~。んで、本題に入ります・・・
 将軍・義輝様が十兵衛様に会いたいとご所望だとか。一緒に能を見ようぜ?そーいえば前にも仲良く和やかに観能してましたっけ。
藤孝様曰く、義輝様は信頼できる話し相手が欲しいのだ、と~。え?それって藤孝様じゃあいけないわけ?しょげるなよ、藤孝様・・・。将軍はすっかりやる気をなくしてしまって、自分や兄の三淵藤英様が意見しても菊に耳なし~。あ、うるさく言いすぎてご機嫌を損ねたんだわ!藤藤兄弟!
 将軍に会って真意を探ってもらいたいと乞われれば、引き受けるざるを得ない十兵衛様!あ!これを機に将軍の御家来の一端に?すぐに行くべし!・・・あ、でも路銀が!しかも自分が留守にしたら家族の暮らしが!でもでも、そのすべてを引き受けて笑顔で送り出す奥様・熈子様!できた人だな~。私だったら・・・2~3発張り飛ばしてるところだなあ~・・・
 朝倉様は、京で見たことを全部知らせる条件で、十兵衛様の京行きを許諾されました。そなたの家の事は案ずるな?しかと面倒を見る故・・・いやあ、この人がこういうからには、何か裏があるんだよなああ~。

 今川義元様がお亡くなりになって、もはや駿河にはいられなくなった望月東庵先生は京に戻っております。もちろん駒さんも。そこで事件勃発だ~。駿河でお灸の患者だった小汚いご老人に教わった万能丸薬!あれを作って分けてあげたんだわ、駒さんが。安くできるからいくらでも配れるわけですよ!
 そんでそれじゃあ商売あがったり・・・ゲフンゲフン、いいえ!そうじゃなくって!そんな信用できない薬を配っちゃだめだと怒る東庵先生です!今で言ったらあれですよ、コロナに効くと触れ込みの、エビデンスは不十分な薬を投与してよいかどうか、みたいな~?
 嫌味な芝居もきっちりし遂げる三ツ星先生!堺先生・・・もう一度メインでやられませんかね?ハッチャキマチャアキ!みたいなノリで!私は見ますよ!少しくらい課金したって、見るですよ!今回の駒さんとのやり取りだって、十分やってくれっちゃってるんだもんな~~!
 親子みたいに仲の良かったお二人・・・だから逆に喧嘩もしちゃうのかもね?とにかく三角四角い仁鶴で家を飛び出して伊呂波大夫のところに転がり込む駒さんなのであります。

 伊呂波大夫とすごろくをプレイされているのはどうやらお公家さんのようであります。って、冒頭出てたあの方やないですか!キレッキレのええ男!近衛前久様でございます。関白様やないですか!しかもしかもしかもたぬきもいのししも!将軍義輝様の義理の弟様だよ!すげえな、伊呂波大夫。
 そもそも近衛家に拾われて育てられてたからこその顔の広さよ、伊呂波大夫。その利点を生かして松永久秀様に直談判に行かれる?久秀様ったら奥方をなくされたからとて、鳴り物禁止令を出しちゃった!困るのは旅芸人の一座だよ!
 ちょうど都合よく久秀様にご用のある前久様もご一緒に、路銀は全部前久様持ちで!実にこう、大名旅行ですなあ!うまやらしいっす!・・・一体全体戦隊艦隊、これが後々どう繋がってくるのやら~~!
 これつまり、将軍を亡き者にしようという陰謀が進行中!前久様が直談判!とぼけまくる久秀様!・・・その一方、市中の皆に施しを挙行するお坊様。それを目撃しているのは駒さんだ!あれは誰だ!誰だ!誰だ!あれは後の将軍様・・・
 久秀様に直談判の伊呂波大夫です。んだけど、不首尾。このままずっと大和にいてくれないかと言い出す久秀様・・・とおおんだエロ親父や~~!断固三兄弟の断固拒否だ~~!私はみついでいる男がいるという伊呂波大夫。誰だその男は?

 京にやってきた十兵衛様に藤藤兄弟が窮状を告げております。義輝様が三好長慶様を成敗しようとしている~?無茶だわ!勝てねえって!味方してくれる大名が一人もおらず、こうなったら自分が長慶を討ち取って成敗してくれようってか?無茶ですわ!あ!ままま、まさかたまさかやさかのむさか、十兵衛様をアサシンに仕立てて長慶様を闇討ちにでもしようって魂胆か~~?無茶やがな!うわうわうわうわ・・・いやちょっと落ち着かないと体がもちません。すーはー、すーはー、すーはーはー・・・閑話休題。

 んだが、心・配・ご無用!義輝様はちゃんとちゃんとちゃんとちゃんとちゃちゃーんーと、頭を冷やして考えを変えておりました。武家の鑑でならぬ将軍が闇討ちなどしたら、ますます権威が失墜する?さすがにそこら辺は考えておりました。いやあ・・・安心した~。
 覚えておるか?麒麟の話?わしも麒麟を呼べる男になりたい!だが何もかも思うようにならぬ!何もかもうまくいかぬ!悲しみ嘆く将軍の姿を前に、十兵衛様の心に思い浮かぶ武将の姿が!将軍家の力を取り戻すには強い大名の支えが要ります!尾張の織田信長がおります!あれはただものではありませぬ!ワタクシがお連れいたします!
 ならば十兵衛そなたに託す、信長を連れてきてくれ!はああっ!ってなやり取りの後、東庵先生のところにやってきた十兵衛様。落ち着こうと思って歩いているうちここに来ちゃった♪将軍の名は出さないまま、この先の事を思うと大きな山を前にした心地です。ワタクシのこの足でその山に登れるのかどうか、しかし上るしかございません!
 東庵先生曰く、手を尽くしても助からない命もあれば、助かる命もある。医者はただひたすら手助けをするだけじゃ。目の前のことをひとつづつ、やっていくしかないのではありませぬか?山は大きい方がよい!登りきると・・・大きい眺めじゃ!堺先生大好き♪いくつになってもライトでいてね♪
 このタイミングで、三好長慶様ご逝去!京は再び動乱の時代に入った!将軍を!将軍を御支えせねば!まさに動乱だよ~!誰一人として逃げてはいられない、地獄の蓋が開いちゃうんだよ~!いけ~!十兵衛~!!9784149233840.jpg

「麒麟がくる」まであと1週!総集編3「誇り高く」

大河ドラマ!ご次男の血で怒りまくる道三様!長男・高政様と親子の争い勃発だ!んで、召集令状だ!どうすんだよ十兵衛君!叔父上も浮足立ってる~。そもそも高政様からの領地替え命令に不満顔だった叔父上・光安様、道三様のもとに馳せ参ずる構えですけど、いやいやここは、二日程お待ちくださいと申し出た十兵衛君、どうするどうする~?でんっででんっででんっででん…

 大桑城の道三様のもとに駆け付けた十兵衛君。ご出陣を御停めするため!いやでも道三様は覚悟の決まったお顔です。この声だけで説得力十分ですわ!高政は嘘つきだから×!信長という男は面白いぞ!信長とならそなたやれるやもしれん。大きな国を作るのじゃ!誰も手出しの出来ぬ大きな国を!教え伝授完了で、道三様のもとに馳せ参ずる、腰の座った十兵衛君、敵は・・・高政様!
 数の上では圧倒的に高政様が有利な展開。キレイと汚いがうまい事ミックスされて太鼓の音が響く戦場。槍を片手に単身攻め入る道三様!たかまさ~!一騎打ちじゃ~!これまた単騎で道三様を助けに参る十兵衛君。
 一騎打ちの親子は血みどろだ~!そなたの父の名を申せ!わが父は時頼芸様~!は~はっはっはっは~♪わが子よ高政よ、そなたの父はこの斎藤道三じゃ~!結局横からの加勢に助けられて高政様の勝利ですけど、・・・勝ったのは道三じゃ・・・。最期に抱き合う父と子よ・・・。んだけどこれ、今後に呪いがかかってしまいましたな、高政様~!
 駆け付けた十兵衛君に対し、蝮の罠にはめられた、親殺しの汚名が先々付きまとうと言う高政様。十兵衛君は、土岐頼芸様を立派なお方と思うた事はない、しかし道三様は立派な主君だった、誇りがあった、揺るぎなき誇りが!とおっしゃる!両雄決別~。

 叔父上は明智家の主の座を十兵衛君に譲ってご隠居。自分はケガもしているし、お主はさっさと城を離れて逃げて逃げて生き延びよ!・・・叔父上、シンガリを務めて死ぬ気だ!だめだって!できないって!身内を見殺しの犠牲にして生き延びるなんて、地獄だってば!
 でも涙を飲んで、叔父上の意をくんで、その地獄の逃避行を生き延びる十兵衛君です。ああ~!明智城が燃えている~~!尾張へ行く?十兵衛様、そっちは無理ですと報告する駒さん&菊丸君であります!ならば北へ!そうです、サヨナラ美濃、コニチハ越前!帰蝶様の意を受けた伊呂波大夫が導いてくれます~♪やっぱり幼馴染はありがてえなあ~。

 越前の朝倉様はドジョウ髭の頼りないお方。頼りないなりにまあ、使えるのかもなああ。細川藤高様からの依頼も来てた!明智を助けてやって欲しいって・・・いやあっ!ほんっとに!友情ってなあありがてえなああ♪ぼろ屋であっても落ち武者には上等上等。
 尾羽打ち枯らした十兵衛君に去来する父の教え・・・馬は誇り高き生き物、己の力の限り走る、われらもそうでありたい、と~♪誇り高く、誇り高く・・・

 尾張では兄弟の殺し合いが勃発!そもそも兄の命を狙った弟を、信長様が逆毒殺の涙の強要だ~!飲め、飲むのじゃ、飲めえ・・・お前が飲め~~~!ここも見せどころでしたねえ~。
 朝倉様から十兵衛君に依頼の段。京に復帰した将軍にあいさつに行ってもらいたい。つまり代行ですな。京で再会する細川兄弟。こうやって人脈ができてきてたってのは説明としてうまい事作りましたな。

 公方様は落胆したご様子でした。ちょっと心配。そこで仇敵とも再会だ!高政様と十兵衛君が再会だ!上洛する信長様の命を狙っているともいわれる高政様!今の上様に抑える力はない!何か手を打たねば!
 これまた昔なじみの松永久秀様にお目通りして、いつぞやの借りを返して欲しいと申し出る十兵衛君。実質権力者の久秀様の力で信長暗殺計画をつぶして欲しいって事ですよ!んで見事目論見通りになりましたよ~!きっちり高政様にプレッシャーをかけて事を収めた十兵衛君です~。
 ここで高政様からまさかのプロポーズ、もう一度ワシに仕えよ、手を貸せ!と申し出られます。そんだけ追い詰められてるってわけですよ、高政様も。十兵衛様のお返事は・・・断固ノー!大きな国を作れと道三様に言われた!それはあんたじゃないってこってすよ!信長となら・・・ですよね~~♪

 信長様とも再会する十兵衛君。弟を殺し、母と絶縁し、今川からの侵略に打ち震える毎日。将軍を頼って上洛したが、将軍はあてにはならない・・・いずれまた!

 今川義元は三河に続き尾張に押し寄せてまいりました。自信満々の義元様。先陣は三河のモノ・・・松平元康様か~~!結構な好男子に成長されましたなああ。尾張へ戦に行くという元康様。心配で見送る駒さん様。不遇な境遇、何もかも致し方ない・・・されど時々投げ出したくなるという元康様。駒さん様は不思議な御老人からもらった丸薬を元康様にプレゼントだ!これは駒殿からもろうたお守りじゃ!必ず生きて帰る!

 いよいよ尾張に攻め込む今川勢。織田方との兵力の差は歴然!誰がどっからどう見たって今川勢の大勝利だよ~!
 光秀様は困窮の末、朝倉家に仕官を申し出るも、殿はお遊びの蹴鞠に忙しくて門前払い!もはや斯様な国に身をゆだねようとは思わぬ!八つ当たりされる左馬之助君がおきのどく~~。んで、こうなったら尾張へ行く!戦を見届ける!困窮がそれでどうにかなるわけではないんでしょうけど、じっとしていられない心情は、わかります分かります。

 織田方では戦況分析。先陣を務めるのは元康・・・ってな塩梅で、松平元康様をイジメまくる労働強化のブラック企業ですよ。十兵衛君が尾張に駆け付けると、夫の妾の子を抱いた帰蝶様の悲しいお顔。敵は全軍がまとまっているわけではないと見越した信長様は・・・決戦!桶狭間!出陣!
 元康様はすっかりへそを曲げて信長様の背後を突く作戦には断固拒否!ここで義元様の運命が決まったのか~!少数精鋭で突っ込む織田軍!かかれえ~!輿に向え~!輿じゃ~~!つまり狙うは敵の頭だけ~!頭取ったら勝ちじゃもんね~~~!
 でたっ!八双飛び!毛利新介、今川義元打ち取ったり~~!おおおお~~!この勝利は光秀と信長二人の運命を大きく変えていくこととなる・・・。勝ち水をささげる十兵衛君。褒めてくれるか?と得意顔の信長様。父上はワシを誉めなかった、子供の頃から誰もワシを誉めなかった・・・。帰蝶様はお褒めになりましょう?帰蝶は何をしても褒める、あれは母親じゃ~、また会おう!
 今川を倒し次は何をなされますか?美濃の国を取る!その後は?・・・笑顔だけを残して立ち去る信長様!道三様の教えが蘇ります・・・大きな国を作るのじゃ!誰も手出しの出来ぬ大きな国を!
 ようやく麒麟を呼ぶ男を見つけましたか十兵衛君・・・ゴホン、明智光秀様!いよいよこれで来週再開だ!麒麟を!麒麟を呼ぶ男を!呼ばねばならぬのです~~!
 明智・十兵衛・光秀様の男道は、まだ始まったばかりだ~~~♪ぱからっぱからっぱからっぱから・・・

「麒麟がくる」まであと1週!総集編3「誇り高く」・・・の前振り

来週こそは来てくれ「麒麟」!はい「麒麟」です。そっちじゃねえよ!ってな感じの進行となっております次回予告。名前でずいぶん得したな!「麒麟」!
そして祖師谷ウルトラマン商店街、いよいよ30日から再開ですよ「麒麟」本編!予告編ではヒゲはやしてんの!もうね、押しも押されもせぬ光秀様のお顔でございます~♪

さらにさらに、今夜見る人はお得だよ?長良川の戦いから桶狭間の戦いまで!怒涛の戦祭りじゃ~い!おまけに凄いよ、斎藤・モックン・道三様が大活躍の有終の美!第16回「大きな国」で本望をかたり、それが光秀様にゆくゆく引き継がれるわけだ。第17回「長良川の対決」で華麗で凄惨な槍の舞が見れるし!
その後にサヨナラ美濃、コニチハ越前の果て歴史の裏で糸を引く明智十兵衛光秀様!最後にいよいよ第21回「決戦!桶狭間」と相成る次第にござりまする~。これまさに眼福の玉手箱や~♪

「麒麟がくる」まであと2週!総集編第2集「動乱」

先週は帰蝶様のお嫁入あたりまでまいりました総集編ですが、今週のタイトルは動乱!って事はですよ、今川からの強烈な圧力にさらされる織田家!思い出されるエピの数々・・・
松平の首を取って褒められようと思ってたら、逆に父上から叱られてしょぼんする信長様!
織田と同盟を結んではいてもおいそれと助けに行けない利政様!
ならばとまた将軍義輝様を頼るのが十兵衛君だ!なんともさえない境遇の将軍様ですけど、時間稼ぎはしていただけた!
どさくさに紛れて十兵衛君は昔なじみの煕子様を娶られまして候。
斎藤家でも織田家でも内紛模様の物騒な雰囲気の中、舅と婿が御対面。帰蝶様の手のひらで踊る信長様!
斎藤家ではいよいよ父と子の殺し合いが!大きな国を作れとの教えを残して凄絶に散る!斎藤利政道三様~~~!
・・・ってな所まで行くんじゃないですかね。つまり所謂「美濃編」のシメまで・・・違うかな~?

 天文18年・・・呼び出される明智のお二人。叔父と甥、仲いいなああ!今川義元を牽制する同盟締結!んで、利政様曰く、これから今川勢がブイブイ言わすはず!どうする?尾張に行って成り行きを見てまいれって、ツカイッパの十兵衛君だよ!鬼め!命がいくつあっても足らぬわ!笑ったよなああ・・・でんっででんっででんっででん…

 帰蝶様のご機嫌伺に向かう十兵衛君。しらじらしいぞよ!帰蝶様はちょおおっとお冠。信長様!イノシシを射止めたと得意満面!なんですかこう、お人形さんみたいね♪十兵衛君と意気投合~♪鉄砲つながりで後の主従の関係になるわけね~♪この無垢なお顔の信長様を拝見いたしますとこう、この人のために力になってあげたいなって!あああ、あげたいなって!素直に思いますよ!これが魔性のオノコの魅力か~!
 松平竹千代君登場~!将棋か?そなたとはもう将棋はせぬと言う信長様!私の父を討ったことでのお気遣いなら無用の事!私は父が大嫌いでした!討たれたとしても致し方ないこと!・・・凄惨な生い立ちだなああ、家康様はクローニンバーグ!

 駒さんは昔なじみの大道芸に合流して大喜び。いろは大夫の御登場ですねえ。ここでまた十兵衛君が男をあげてる~♪駒さんの恋路がどこに着地するものかとおおお~!
 竹千代君は今川に売り渡されて吾亦紅。年が明けたら戦支度じゃとメートルあげる義元様!織田信長様は美濃に援軍要請ですよ。でも斎藤利政様にしてみたら、ここで援軍を出せる状況にはあらず・・・。将軍に助けを願い出てはと進言する十兵衛君。やりたければ勝手にやれと突き離す利政様!
 ならばと頼芸様に縋り付く十兵衛君。便乗して成り上がろうとする高政様の危ないお顔!

 近江に落ち延びている将軍・足利義輝様に直談判の十兵衛君。将軍が動かねば動乱は収まりませんっていう直談判ですよ~♪わしはまだ麒麟を連れてくることができない、無念じゃ!すっかりゼンマイまかれちゃった十兵衛君ですよ~♪さらにおめでたい!熈子様を娶られまして候~!
 そこにバッドニューズアレン!頼芸様から毒入りの鷹が送られてきたと騒ぐ利政様!土岐VS斎藤の戦が勃発!?ってなところで頼芸様が逃げちゃった!戦わずして決着がついちゃった~♪一方、これからは今川様の世かと語らう面々メンバー!秀吉様の将来が楽しみ~♪

 斎藤利政様にお目見えせねばならぬ事態となりました織田信長様。ここで帰蝶様のはからいは・・・戦支度のはりぼて三昧か~~!鉄砲の数も、兵隊の数も、驚天動地の大盤振る舞い!隠れて見守る利政様もビックリしてます!信長様はきれいで派手な格好で、でもまるでお気楽なお人形さんみたい♪帰蝶様に踊らされている感じがよく出ております。そして無垢な魂を感じまする~。
 実はこれ、全部が全部帰蝶のプロデュースでございますと、残らずゲロしまくる信長様!今日のワタクシは帰蝶の手のひらの上で踊るタワケでございます~。家来の自慢もうまいこと利政様の心に入り込んだ!我らも変わらねば!
 なるほど信長殿は、見事なタワケじゃ!うまい事行きましたなああ~。明智家でもしばし歓談の心和むパートですけど、片膝付くまでの所作が、ナルホドなかなかゆかしくて・・・良かったですよ、オナゴ衆~。

 今川が織田を攻めてきた!今度は援軍を出すという利政様。高政様は断固反対ですよ!ここはつまり、信長という男をどれだけ買うか買わぬかの選択ですねええ~。敵は今川、信長とともに立ち向かうのだという利政様。ここはお屋形様の利政様の御差配ですけど、こうなったらもう高政様に代替わりでいいんじゃね?と持ちかける高政様ご一統。それに躊躇しながらも同意を示す十兵衛君なんですよねええ~。ちょいと躊躇気味なのがまた、今後の暗示でしたよね~。

 今川軍を押し返す織田軍!この戦は信長様の大勝!利政様の命を受けすべて見届けてニンマリする十兵衛君です!だがしかし!美濃では更なる動乱が!美吉野様ご逝去!最愛の側室の落命に堪えまくった利政様は、高政様に家督を譲って、頭を丸めて僧門に入り、お名前も道三様と変えられました~。
 新領主の平和路線に同調する十兵衛君。んだけど新領主様が口にするのは、弟・孫四郎様の粉かけにイッコも動じなかった幼馴染への感謝のお言葉~。見られてないようで結構見られてんのね、恐ろしや~。

 一方尾張では、守護の斯波様が織田彦五郎様に暗殺されて、そのお子様が頼った先が信長様。信長様にとっては大チャンス!守護の意を受けて悪の守護代を討って後釜にヤクルトスワローズ!そこに帰蝶様の悪だくみが!信長様の叔父上の信光様をそそのかして、彦五郎様暗殺!
 これにより信長様は尾張を手中に収めることとなりました!その影響はあちこちに出てまいります・・・美濃では高政様が弟二人を惨殺!怒った道三様が押し掛ける!んだが高政様曰く、弟を切ったのではない、道三の子供を切ったのだ!道三はわが父にあらず~~!動乱がマックスマックス~!

 来週こそは来てくれ!麒麟!

そんなこんなのアンナプルナで、今週は第9話「信長の失敗」から第15話「道三、わが父にあらず」までのダイジェストでした~!美濃編はまだ続く~。いやあ、先週ワタクシ、このパートの主役はモックンさんだみたいな大それたことを書いてしまいましたけど、いえいえいえいえ、いいえいえ~!今週のパートもしっかり主役よ!斎藤・モックン・道三様!
しかもしかも、しかも狸もイノシシも!来週は「大きな国」からのスタートじゃないですか!って事は、あの美しくも非情な槍の舞は次週のお楽しみだよ!第3集もモックンさんの独壇場から始まるわけで~~~!楽しみいいいいっ♪・・・あ、もちろん今作の主役は光秀様ですけど、こうしてみると少し食われ気味?
再開するからいいようなものの、ここまでで打ち切りだったら主役は「斎藤道三」って雰囲気ですものおお~。再開してよかったね!長谷川さん!断固断然弾丸ライナーで、全44回きっちり放映してもらおうね!長谷川さ~~~ん♪

「麒麟がくる」まであと3週!総集編第1集「旅立ち」

とうとう番組再開カウントダウンの総集編が始まりましたよ、大河ドラマ「麒麟がくる」!
なんとか繋いできましたね~。思いがけず楽しく見れました数週間。
このまま再開しちゃったら忘れちゃってるかもだもんね!これから3週にわたって21週を振り返ります~。
第一回の本日は第8回までを再編集。ってことは、「光秀、西へ」から「同盟のゆくえ」までですねえ。
若々しく登場した光秀様から、老獪で容赦のない利政様から、鉄砲作成から、京での活躍から、スットンキョウな信長様から、
信長様に嫁ぐ帰蝶様あたりまででしょうねええ~。何時もみたいな細かい観戦記は書きませんけど、楽しみです~。
9784149233833.jpg9784149233840.jpg
以下雑感。
 にしても思いますのは、空撮増えましたよね!これすべて、ドローンのおかげでしょうけど。往年のサウンドオブミュージックを彷彿とさせられます。あの映画も、空撮に始まり空撮に終わる感じでした・・・。
 今作もお馬ちゃん大活躍~♪いやつまり、乗れて欲しいよなあ、大河役者の皆様には~。
 龍馬伝や平清盛では、いささか汚しすぎかと思われた画面ですが、今作を見ると程よき加減で、ここら辺が落としどころなんでしょうなああ~。
 主役の長谷川様を始め、皆様のお顔のアップが力入ってます!まあ、毎度のことですけどねええ。特にやっぱり、主役の座長の長谷川博己様!なんと魅力的なお顔をなさる事かと~!変な意味ではないんですけど、変な意味ではないんですけど、大事な事だから3回言いますけど、変な意味ではないんですけど、ちょっと舐めてみたい・・・いえほら、へへへ、変な意味ではなく~~!
 駒さん様は無垢ね!もう大事に大事に、金庫にでもしまっておきたいお顔でございました~。
 いろいろ制約のある中、スタントシーンも頑張ってましたね♪周りを草で覆って少人数でうまいこと胡麻かしてた!ホンッとうまいねっ!
 堺先生と岡村君とは今作の秘密兵器のトリックスターみたいに思えますねえ、やっぱり。これをご縁に、堺先生と岡村君とで何かできませんかねええ・・・カンチョーマン2世とか~!怪盗リュックサックは当然・・・デガちゃんで~!
 光秀様と駒さんの淡い恋路のエピソード!これから再開してどう進展するのかしないのか、本筋とは離れるかも知れないけど、興味津々。
 んで思いますのは、このパートの主役は実はモックン利政様だったのかなあ~って!こんなに悪くて魅力的な男!ジャワティーと伊右衛門を繋ぐトリックスター!・・・それは別のお話でしたか(汗

 次回予告で「麒麟」様のやり取りが!つくづくかましてくるなああ、NHK!

トミントール10

またも出ました自粛要請!
パーネル大好き小池ちゃま、都民の帰省を自粛せよとのお触れでございます~。
ってなところで一節浮かびました・・・

都民通るは ご法度なれど トミントールは うまい酒
P1040087.JPG
トミントールのスタンダード・10年です。ホワイトアンドマッカイのキーモルトだそうです。ノンピートみたいですね。

香りは軽い果実のようで、残り香は少しツンと来ますかねえ。
飲んでみますとやっぱりふくよかな甘味、まろやか~。最後に少しスパイシー。
水割りにいたしますとスイスイと飲めてしまう軽い味。でも悪くないなああ。
ワタクシ若い頃でしたら、この手のお酒は薄くてダメだと考えておりました。
いやいや、この滋味豊かな優しさに気が付かなかったんだわなあ・・・若気のいたりと申しますかルポーネ。
気づいてあげられなくて悪かったね、トミントール。

梅雨明けてみんなマスクの日曜日

みんなマスク姿ですよね~。モチのロンでポンでチーで、ワタクシも電車バス、人込みではマスクマスク~。
誰もいない広い道を一人歩くときは外させていただいておりますけどねえ。
とにかく三角四角い仁鶴!ソーシャルマスクは必然でございます。
んで、こちら・・・P1040084.JPG神奈川県立博物館、広報部長「パンチの守」様もマスク姿でご挨拶~~~♪

この博物館は常設展のみ再開しているんですけど、常設展の中にいくつか入れ替えている所がございまして、そこがまた楽しみなんですよ~。
江戸時代の浮世絵とか、明治期のヨコハマ絵とか、それから真葛焼きとか~。その入れ替えたところを拝見するだけでも結構面白いのです。

今回のは特に、二代目歌川広重(茶箱の方)の「諸国名所百景」!興味深かったです~。
「初代広重」様の養女のお婿になって、「二代目広重」を襲名するも夫婦げんかで離縁され、
後釜の人が三代目のはずなのに「二代目広重」を名乗っちゃってもう、踏んだり蹴ったり!
ですけど絵の腕はやっぱり一流だったんですねええ。眼福でございました~♪

P1040083.JPGこの建物自体もいつもながらの眼福、眼福。

オールドパース シェリー

ボトラーズって楽しい仕事ですよねえ。いろんな醸造所のモルトを見極めてブレンドして瓶に詰めて売る!
ただその醸造所が売ってくれるか、味見させてくれるかってところがハードルかしら?
それゆえいろいろ顔の効く人でなきゃ立ち上げられんと思うのですわ~。
今回ご紹介するのはモリソン&マッカイという会社から出ているウシュクベです。
このモリソンさんとマッカイさんは業界名うての有名人だとか!だから出来たんだなこれが!

「オールドパース シェリー」P1040086.JPG
パースという町は「デュワーズ」とか有名なメーカーがたむろする、ウイスキーの聖地みたいなところだそうです。
その名を冠したこのブレンデッドモルト、只者ではございませんよ!
サイズの違う3種類のシェリー樽熟成モルトをまじぇたっ!言ってみれば合わせ出汁だ!そらあ濃いわなああ。

なんですかこの、注いだ途端に大人のお菓子!ちょいとビターなチョコ系の大人のケーキの雰囲気が漂いまして候。
のんでみますと、やっぱ濃い!濃くて恋!熟した果実とビターチョコのマリアージュ?
コスパ的には何の不服もないお酒ですよねええ。トワイスアップで余韻が素敵!