NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第22…はナシヨ!麒麟がくるまでお待ちください の、第5夜!大河ドラマの舞台裏~!

いにしえの大河の名場面の振り返りは、ちょっとこっちへ置いといて…ドッコラショノショッと!今週は違うんですって。裏方スタッフさんたちで振り返る大河ドラマ!「龍馬伝」から「麒麟がくる」までだとか~。ちょっと面白いんですけど、これで来週から再開…ではないのおおお⁉
来週はまた「ダーウィンが来た」…ダーウィンが来て麒麟がくるって、いろんなものが来る展開だったんですねええ!閑話休題、そのダーウィンが来たの劇場版を放映して、再来週からはもうすぐ再開のお浚いの麒麟がくる名場面集が続いて、ようよう本編が再開するのが8月30日だとかあああ!長いよ!遠いよ!泣いちゃうよ~!
ゲフンゲフン、お見苦しいところをお見せいたしました。気を取り直しまして、さあ今週!おおおお、いつぞやの海道一の弓取の古今亭昇太師匠が司会ですか!あのね、今作では片岡愛之助様でしたよ?
そしてもう一人の司会者が、小池栄子たん様~!往年の大河の巴御前様。最近では殺人鬼役が大ハマリの大好評ですねええ。って、えええっ?今週のは別番組からの再編集でしたか~。

 ご自分大好きな昇太師匠、出演した作品が好きだと…身びいきがひどすぎて素敵~!…全体に埃っぽかった龍馬伝。三姉妹が無理やりだった江。ただただ画面が見づらくかった平清盛。…あれ?ワタクシなんかマイナスなことばかり言ってますか?死刑!いえ、失敬!
 八重の桜は群衆作の大当たり。軍師官兵衛は佳作の大熱演。花燃ゆは…ゲフンゲフン。真田丸は怪演の連続でした。女城主は高橋一生様大活躍~!せごどんはやっぱり主役のカップクさんがよかった。いだてん、ダブル主役でしたけどうまいこと回りましたね!ただ、当てにしてた2020は延期…っていうかもう駄目でしょうなあア。

 そして特別ゲストは我らが駒さん、門脇麦様~。シールドあるね、やっぱり。すっごい休めました!いいよ前向きで!昇太師匠はすっごい休んでました!薄っぺらいなああ。
 門脇様は八重の桜が印象高い。そうそう!兄貴の娘で駆け落ち娘で!結構ブイブイ言わしてましたな!

 合戦シーンの舞台裏。一連の名場面でワタクシ的には平清盛の船合戦が印象的ですねえ。兎丸!汚くてかわいいよ!船が本物だったんだって!撮影の後壊しちゃったんですかね?もったいない!加藤さんの血のりは本物の血だった!やりすぎだよ~♪
 軍師官兵衛の岡田様の乗馬シーンが全部本人だった!すげえ上手だな!やっぱり芸は身を助けるんだなあ。
 八重の桜は涙なしには振り返れません!明治政府が嫌いになりました!出た!爆破のスペシャリスト!もう普段から爆破したくてしょうがないんじゃございません?…いえ、テロリスト的なアレではなくてですよ?綾瀬様、きれいな人に汚しが入るのがなんかこう、ムズムズしますね!

 合戦エキストラ!結構集まりますよねええ~。結構役者さんが作ってるんだ?それを指導してまとめていく人がやっぱりいるんですねえ。楽しいお仕事に思えるのはワタクシだけでしょうか!死体にもこだわりがあった!史上初の死体へのインタビューでございます!
 麒麟がくるでの殺陣も相当なこだわりがありましたよねえ。小屋へのジャンプがやっぱり一番スカっとしました。そうそう、手持ちカメラと思ってたのは体に付けた小型カメラで撮ってたようです。これは面白いなああ。
 そしてドローン!上からとるからもう大掛かり!美術さんが土木屋さんになった瞬間でございます!落とし穴も大がかりだったなあ~。矢もホントに人に刺さってる!ピアノ線に沿って投げて刺してんのや!だからだ!だから面白かったんだ!今作の合戦シーン!なんかね、ワクワク感が確かに高かった!矢が刺さる!やだ~?親御さんは見れないよねって師匠が~!

 大河ドラマの女優陣。結構きつい人が多かったような気が…ああ、失礼失礼!実力者ぞろいでしたよねええ~。皆様個性的で人間味の花盛り。一人として楽に生きている方がいないのが…しんどいよねえ~。でもしんどいからこそ、生きがいがあるのかもねええ~。

 大河ドラマはハイテンションの大声の応酬!せごどんの鈴木様は痩せたり太ったり叫んだり泣いたり…つまり生きていたんですなあ。まわしが様になる体!あの土俵の場所は観光スポットなんでしょうねえ。相撲も指導者がいた!渡辺謙を投げちゃうんだもんなああ。熱男!大久保利通の瑛太様も普段は穏やかな人なのに、ものごっつツバ飛ばしてましたなあ!
 真田丸で出演してた方が、せごどんでは方言指導の薩摩弁の覇者に!変わり身がすごいな~。撮影は根性!部活!壊してるのかもしれない?うわあ~。カメラマンが辛い方が活き活きとした絵になる?なんかこう、スタッフが役者みたいよ?小池様は朝ドラのスタッフにお気に入りがいるらしい…(汗
 せごどんの鈴木亮平様、じっさい写真で見ると太ったのが一目瞭然!どんだけ食べたの?これがデフォになっちゃうと、後に続く人は大変だよなああ。門脇様も撮影で結構体をいじめるタイプでしたか~。

 出演者の自己語り~。一人カラオケで熱唱したいという本木様が楽しかったですねえ。殿たるものを集中した結果がこの赤鼻だという片岡鶴太郎様。高橋一生様は意表を突く山男でした!東海道新幹線運転見合わせ…テロップがひどいことになってきましたね…皆様同化自分の身を守る行動をとって下さいませ。閑話休題。

 昇太師匠の局内レポート!ドラマのままの今川義元様の衣装でスタジオ内をご案内。今川家の能舞台の撤収風景。じゃまだっての!休憩室にも御乱入!殿おおお!吹越様の楽屋を強襲!やりたい放題やな!こんどはメイク室…うわあ!浅丘ルリ子様を襲ったぞ!怒られ…なかった、よかったよかった~♪お一人なのよね?るり子様それ、傷に塩だから!あ、でもそのあと見事に奥様をゲットしてたっけ!よかったね~、笑い話になって~。

 メイクさん美術さん、スタッフのこだわりが…龍馬伝の挑戦。新しい龍馬像ぜよ!そりゃあでも、福山雅治様が演じるだけで十分では?そんなもんじゃない?身近な人にする工夫…カツラ無し!地毛で髷を結ってくせ毛の龍馬!なるほど確かに色気があったなああ。袴はデニムよ!
 江戸の町は看板をたっぷり盛った!飾りも入れた!地方のセットは汚しを入れた!めいっぱい入れた!龍馬が歩くと風が吹いて砂が舞う!いやあ、汚れてたよねえ~。まるでもう西部劇だったわ!そして岩崎様の香川様!自分から汚れに行ってた!好きなんだ?そう思うとまた面白みが増してきますな、香川様。

 真田丸!題字は左官職人様の力作だった!そうそう、そこがとっても印象的でしたわ~。素人目にもこれはすごいブツなんだろうと思えました。この人に仕事を頼んだら、いくらくらいかかるんでしょうねええ~。

 いだてん!そうそう!金栗四三先生!勘九郎様が良かったよねええ~。田畑まーちゃんのアベサダ様もよかった!ワタクシ的には、金栗編で一年、まーちゃん編で一年、にしてほしかったかなああ~。そのくらいの内容のある顛末だったじゃないですか、第一回東京オリンピックはああ~。

 きめ細かい小技の紹介。小細工の妙技!小道具さんも大活躍~♪いだてんの治五郎先生が持っているのはちびた鉛筆のエクステンダー!分からない人には分からないだろうなああ~♪ワタクシ全然気づいてませんでした~!
 柱のセミはスタッフの心づくしのプレゼント。誰が気づくんだよ~~!でもそういうところに力を注ぐ人が好き!障子の張り方にも拘りがあった!分かってくれなくてもちゃんとやってるんだ~!

 編集…いいシーンになると息が止まってたりする!CGで瓦の色をいちいち変えてる!時間はかかる!シーンは一瞬!…音響デザインの人がどうして甲冑つけてんの?好きだよね~♪縦の音をつけるために使われたものは何でしょう?クイズクイズ~…答えは、中古の電車のレール!でっかいレールをこすって殺陣の音を作ったのでした~♪

 駒さんの衣装にも秘密が!結構鮮やかですよね。暖色が多くて、模様がイケてる!糸巻模様は…糸巻は「コマ」と言われていたから~!やるねええ~。

 ここで、これから出るキャストの皆様の自己紹介。足利義明様。近衛前久様。羽柴秀吉様。意味深な皆さまです~。最後を締めるのはモチのロンでポンでチーで、明智光秀役の長谷川博己様!さわやか~。何とか放送していきたい!ミステリーの顛末をお楽しみに!ほほ~う、定説通りの結末ではないという含みですな?ワタクシ的には謎の御坊様として存命してほしいんだけどなああ~♪
 がんばってね!がんばろお!それでは皆様、麒麟がくるまでお待ちください~~~♪きれいにまとまった感があるのは、長谷川様が頼もしかったから…主役の顔をしてましたよねえ、ちゃんと~♪