NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第22…ぎゃああああ!麒麟がくるまでお待ちください?

桶狭間完了!だがまだまだ!十兵衛様の男坂の道のりは始まったばかりだ~ってな終わり方でしたね!先週ラスト!そこを受けてこっからですよ!こっからまた胸熱の大展開…と思ったら!いやいやいやいや、今週から休止でした!!分かってたはずなのに期待しちゃった~!
いやもうこのほら、…凹むなああ。んだけど凹んでばかりもいられまへんで!拾ってこ~!何か拾ってこ~!ダメもとでも火事場泥棒でもいいから!何かしら拾ってこ~~!

 麒麟がくるまでお待ちください?どうも~…麒麟です!ではなく?ほほ~う、往年の名作名シーンで場を繋ぐ戦略ですか~。最初は独眼竜正宗!最高視聴率の最高峰じゃないですか。渡辺謙さん大ブレイク!岩下志麻様もお若い!

 幼くして片目の視力を失い荒れる毎日。ほほ~~い竹下景子様が!若いお女中やで!保護してはるわ~。梵天丸頑張れ!アレは化け物か?不動明王様でございます。仏様はなぜこのような恐ろしい顔をしているのだ?大滝秀治様の和尚様曰く、恐ろしい顔は悪を懲らしめるためじゃ!本当は優しいお方じゃ…。そーなのかー。梵天丸もかくありたい。名台詞来た~。
 ゴクミ様が嫁さんじゃ~。綺麗やねえ。凛々しい少年期。そして渡辺御大ですわ~。プレッシャーが凄かったみたいですなあ。序盤張り切って飛ばし過ぎてギャップになってた?成長を見せたいから最初飛ばしてた?ほほ~う。西郷輝彦様が片倉小十郎かよ!主役級の役者をどんどん使ってくるよなああ、今でもそうだけどさ~。正室が桜田淳子様で、父上が北大路のお父さんだわ~。

 ここでゲスト人のリモートトーク。高橋英樹様、バウバウ松村様、サンドイッチマンの伊達様。伊達様は政宗様の末裔か~!ご本人は謙遜なさってますけど~♪
 和睦するならすべてを引き渡せという強硬派の政宗様と、温厚派のお父上。政宗様が押し切って父の方が従う形で一歩引いた。負けた方は全てを失うべし!暴れん坊な政宗様なのでございます。
 夜になって親子でお酒を酌み交わす。梵天丸、藤次郎、政宗…今宵はなぜか嬉しいと仰る父上。ここでこれ見よがしに、ワシは長生きをしてお前の行く末を見届けると仰る父上…フラグや~!
 案の定の矢吹ジョー!負かした相手が逆襲に出たわ!父上が人質に取られた!政宗様の目の前で引っ立てられていく父上。何を迷うておるのだ!父を顧みて伊達の家名を汚すな!俺を犠牲にしろ、俺ごと討てという父の言葉だ!凄まじい狂気の沙汰の進軍だ!そして父上が殺された~!息子の目の前で!厳しいなあ、これぞ戦国!いやいやダイジェストでも面白いわ~。
 眼帯の方から涙が出た~意図してなかったんだって!お酒を酌み交わすシーンは父上討ち死にの後で撮影したんだって!改めて渡辺様にうかがう裏事情。聞かせるねい。

 豊臣秀吉を恐れる母上がなんとなんと南斗六聖拳、政宗様を毒殺しようとされるんだわ!結構政宗様、秀吉様に真っ向から立てつくんだもんなあ。お家の為に、恐れおののきながら毒殺作戦を敢行する母上。恐れおののいた悲鳴がええわ、岩下様。鷲尾様の下女も恐れおののく!
 毒入りのお椀を召し上がる政宗様。さすがに止めようとして、隠し涙で、でも止められない母上。下女の仕草もオカシイで!毒が回った政宗様、母上これが心づくしの膳でござるか?死にそう!ご家来衆も母上の犯行に気づいてるわ~。母上~と泣き叫ぶ政宗様。いやホントに若いなああ~。実の母に暗殺されかけた男、政宗…。戦国だなあ。そんで母上と通じてた弟を惨殺!つくづく家族に恵まれない人でしたなあ。

 やがて秀吉様との対決。秀吉役って勝新様だからね!楽屋に挨拶に行くなと釘を刺されて、初対面のシーンに挑んだんですって。ほとんど勝新の仕切りで演技が構成されて行ったと!
 遅れて参陣の政宗様に怒り心頭の秀吉様。そこに家康様が知恵を授けた!津川様じゃ!永遠の家康様じゃ~!家康様の御助言を受けて、死に装束でやって来た政宗様!おおあれが秀吉様か~!貫禄がすっごいわ!全然ひょうきんさはないけど、凄い顔で睨んでくるわ!勝新がやると何でも迫力が何倍も出るんだわなあ。怖いよ!凄いよ!魅力だよ~!
 遅かったな政宗。打ち首覚悟で参上仕りました!おお秀吉様の頬がゆるんだ!満面の笑みとなって、運のよい奴よの?小田原城が落ちた後ならその方の首はなかった。命は助けてやる。若き伊達政宗の一世一代の大芝居でした。お世辞もうまいね♪
 政宗様を呼んで、小田原城下を見下ろして話す秀吉様。あ、小太刀を渡してくれたわ秀吉様。そして立小便?一瞬刺そうかと思った政宗様?でも刺すなら刺せというお考えなのでしょう秀吉様。だって柄の方を向けて抜きやすいように渡してたもの!んで、震えながら小太刀を捧げ持つ政宗様…うわ、これも台本じゃなかったのおお?勝新の独自演出かああ!そして渡辺謙様の演技に合格が出た~♪そこに壁を感じた?役者同士の戦いがあったわけですねえ~。

 出演者を紹介する中…猫御前の秋吉久美子様、支倉常長のさとう宗幸様、鬼庭左月のいかりや長介様、いいね♪いかりや様が撮影が大変だったと話してらしたという松村様。退却のしんがりを務める左月入道。今生の別れだ政宗様。たどたどしい所がご老体の太刀裁きに見えてきます。斬られて弱々しく崩れる左月様。最後に息子に向かって、ワシのように若死にいたすなよ~。ダンディーなご最期でした!

 最高視聴率47.8%は最終回「大往生」で叩き出した!家督を譲り穏やかな日々を楽しむ政宗様。ずいぶんくたびれた感じ…。約束…天下取りが果たせなくて済まなかったと奥様に語る政宗様。自分が死んだら像には両目を入れさせよ、これまでお前の姿も半分しか見て来なかった、来世は両目で見たいと、メイクも頑張ったね。首の皺がちゃんと老人になってたわ。
 そして大往生。障子が開いて光さす中、母上のお声が!梵天丸と母が呼べば、梵天丸にございます、藤次郎と母が呼べば、藤次郎にございます…と幼年時代、少年時代、そして青年期からの政宗様の揃い踏み。母上が迎えに来たで。
 会いたかったぞ政宗。もはや苦しむことはない…。そなたは我が子じゃ、いとおしい我が子じゃ。…三人の政宗様が肩を組んで旅立たれてまいりました。渡辺謙様、少々ハリキリ番長な感じはいたしましたが、やっぱり魅力が迸るんだわあ。

 いやあやっぱり戦国は面白いすね~。高橋英樹様がコメントをしめられました。穴埋め番組とは申せ、これはこれで楽しかったですわ~。この調子なら、他作品の光秀様を見比べるような企画があっても面白いかも?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント