NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第11回「将軍の涙」

先週は何ですかこう、急に成長した感のある竹千代様!もう己の運命を嘆いてばかりの若様ではなくなりましたね!そして信長様も、父上に叱られているばかりの若様ではなかった様子が垣間見えて、祝着祝着~♪

 天文18年11月…それやこれやのすったもんだの末、人質交換遂行!今川の人質となっていた織田信広様と、織田の人質となっていた三河跡継ぎの松平竹千代様の交換トレードでございます~。これで断然今川有利な展開に!信秀様は父として息子の期間を喜んでおります。だがしかし、城を失った主であればせめて満身創痍で帰るべきだ、不甲斐ない!とご立腹。おまけにご自身も弓も引けない体にお成りで、返す返す不甲斐ない~!おまけに信長も何を考えているか分からん、信勝はまだ若い。今今川と戦ったら勝てないと危機感が募ります。

 さっそく駿府の今川館に連行される竹千代様。…思い出すなあ、直虎様、ナム~。とりあえずスイートにお迎えの義元様。だけど竹千代様の後ろの影が不気味よ!そんでさっそくご接待。ご馳走の並ぶお膳でございます。んだがしかし竹千代様は食欲の誘惑には負けませんで先ずは一言お訪ねです。いつ三河へ帰してもらえるのですか?
 ままま、まあまあといなすのは重鎮の太原雪斎和尚様。まもなく我らは織田勢を叩き潰しますから、しばしの辛抱でございます!年が明けたら戦支度じゃ!三河を救うための戦ぞ!白々しいよなあ…でんっででんっででんっででん。

 天文19年の夏。三河を救えと!今川義元様尾張へ侵攻!まずは南の方からの快進撃ですねええ。織田を叩いて三河をいただこうって寸法っすな。病癒えぬ身の信秀様では太刀打ちできず!織田の運命は風前の灯火!
 そうだよこんな時のための同盟じゃんねえと、白羽の矢が立つのはやっぱり美濃の稲葉山。おそれていた自体が出来してしまいましたよ、利政様!国衆は大反発だよ!先頭に立って文句言ってるのは嫡男の高政様だよ~。いわんこっちゃない、織田との盟約に従って戦う覚悟がおありか、と~。
 逆切れで、お前らの方こそ戦う覚悟があるのかと返す利政様。今は稲刈りの季節、戦は無理だと返す国衆。織田がやられたら次は美濃、それでも皆は戦わぬのか?刈り入れ時でもか?もうよい皆村に帰って稲刈りでもせいと、愚痴の数々を肩透かしで乗り切った利政様ですが、だけど実際の所、織田家のご家老・平手様から援軍要請が来てんのよねええ~。
 腹心の義理の親戚の明智光安様曰く、米は送るが兵は送れぬと返答するしかありませぬ!うむその通り!殿ご満悦~。それで不満なら盟約を破棄して今川に乗り換えるまでじゃ~!…それで今川が信用してくれるのかなあ…閑話休題。

 さてさて、兵は送れないと言う口上を伝えに行く貧乏くじは、餅のロンでポンでチーで!十兵衛君に決定だ~!だって君は、平手様が守役を務める信長様とも顔見知りでしょ?な!な!決定~!…これって一歩間違えたら首切られっぞ!命がいくつあっても足らんわ~い!
 イヤイヤ乍ら花の尾張の那古野城に見参した十兵衛君です。主従三人がまるで信号機の様ないで立ちですな。信長様、この事態でお相撲ですか?わけわからんわ~。平手様…怖いなああ。帰蝶様…暗いなああ。んで十兵衛君の齎した美濃の最終回答は…援軍は送れません!平手様怒り心頭!んだけど我慢して退室。ひたすら謝りまくった十兵衛君ですが、打つ手はなしゴレン~。
 なにが大変って、私は美濃へ帰るべきか?父上が裏切れば磔じゃと仰る帰蝶様!どうすんのよ十兵衛君!と、そこに信長様がご乱入。意外とここにきて落ち着いて戦況を語ります。美濃は仕方あるまい、今や刈谷城が今川軍を食い止めているが、勝てる見込みはない。和議じゃな。刈谷城を引き換えにして和議に持ち込むしかないだろう、強い方の顔を立ててやればよいのじゃ、と~。帰蝶様の膝枕でイイ感じにぽくぽくち~ん?…エロいな。
 ここで十兵衛君の脳裏に浮かぶ一件は…かつて美濃の時頼芸様vs頼純様の叔父甥係争の時、将軍様のとりなしで事が収まった成功体験。将軍も使いようなんだね!じゃあ今回も、その辺にしとけと口利きしてもらえばって?でも信長様には疑義のあり~、守護でも守護代でもない織田のために動いてくれるのか、将軍?なるほど確かに。
 と、ここで帰蝶様のアイデアる愛である!十兵衛君が親しくなったと言う将軍家のご家来を頼ってみたらどうじゃ?これまたナルホド、夫婦そろって十兵衛君に一肌脱げとのプレッシャー!ひいいいいい!ここは思案のしどころじゃと帰蝶様が言えば、そうじゃそうじゃ帰蝶のためじゃと夫が従う!いい夫婦になりましたなああ~。

 なんで織田家のためにそんな!命がけで!旅費もかかるし!いやんもう!とは言わなかったでしょうけど、不承不承口利きを引き受ける十兵衛君。美濃に帰ってまむしの利政様にご相談。頼芸様に頭を下げて将軍へ和議のとりなしを願い出てもらうサンダンス軍曹…は、利政様があっさり粛清だ!そんなの金が要るじゃんね!びた一文出さんかんね!お金は大事だかんね!って、荻原博子様が太鼓判を押しそうな節約上手~♪
 こりゃあ話にならんと覚悟した十兵衛君、今度は高政様にオン願い奉り候!今後は何でも言う事を聞くから頼芸様の所に連れてって!おねがい!…ああ、こういう経緯できっと後々は高政様の下に付くんでしょうなああ…閑話休題。

 そして鼻風邪の頼芸様に直談判で、将軍様に仲直りの仲裁をお願いして下しませと願い出る十兵衛君。んだがしかし、頼芸様も断固ノーサンキューだい!と言うのはつまり、利政様は頼芸様を追い払い自らが守護になろうとしているに違いなしゴレン。それなのに利政のしりぬぐいをせよと言うのか!と睨みつける相手は何故か高政様なんだなあ、これが。
 頼芸様にしてみれば、この機会をとらえて高政様をさらに追い詰めて己の手中に収めようと言うサンダンス軍曹でしょう!高政様は思いつめたお顔で、それが真なら私には覚悟が…お屋形様の頼芸様をお守りし、父利政を、父利政を・・・。殺せるか?と詰める頼芸様。黙ってうなずく高政様!文を書こう!こうして後々のアレのお膳立てが出来ちゃったんですなあああ。
 金十枚!なにを面食らってんすか頼芸様!こうなったらもうお金なんか惜しかないでしょ!ってなわけで、将軍様への上申書とお金をいっぱい下さいましたとさああ~。最初っからそのつもりだったんじゃね、この狸!これで高政様を配下に従えたようなもんだもんね。金銭トレードと考えたら安いもんさあああ~♪

 その頃京では、三好様が細川様に反乱!家臣が主君を追い払っての下剋上!殺気立ってるねええ~!将軍義輝様までとばっちりの京落ちだって。
 近江坂本へとやって来た十兵衛君。ほんっとに行動力抜群だね!あっちへこっちへしゅっぽっぽ…いやこの時代はテ~クテク、か…。いやいやこないだと比べて情勢は一変してたんすよ。宿の皆様から聞いたところでは、将軍を追いやったり呼び戻したりしたい放題だった細川晴元様を、家臣の三好長慶様が「下剋上」!つまり京から追い出して三好様が最大権力を掴んだ~!晴元様は近江の堅田に逃げのびて、なぜかそこに将軍義輝様も巻き込まれての逃避行。
 堅田と言えば…琵琶湖の魚が美味しかったんでしょうなあ。とにもかくにも丸にも点にも、堅田の将軍様を目指す十兵衛君。近江から先は三好様が抑えちゃってて越えられないんだって!困ったなああ…
 と、そんな所に声をかけてきた若人のあり。身なりは小汚いが目線の鋭いこの方は…心の友よ!細川藤孝君じゃああ、あ~りませんか~!いつぞやは戦ったり共闘したりの大立ち回りだったよねええ~♪

 実は将軍義輝様は今や堅田ではなく、朽木に落ちてらっしゃる?藤孝君曰く、武士の統領を都合よく使おうとして、結局武士が危うくなっている!とまあ現状を憂える仲間だよ、十兵衛君とは!ってことで、靄の中を歩いて歩いて、いざご拝謁~♪前に心の訴えを勝手に影で聞いてて答えてくれたお優し将軍様ですもの、二つ返事でOK!牧場?だよねええ?
 足利将軍開口一番、そなたに会うのは三度目じゃ。一度は本能寺の門前、二度目は藤英の館で声を聞いた…。今や心の家臣と言っても良い十兵衛君…モテモテやなあああ!ゲフン、閑話休題…十兵衛君に対して胸の内を打ち明ける義輝将軍。前に十兵衛君が三淵様のお邸でぶち上げた大演説、将軍は武士の統領!武士を一つにまとめ世を平らかにされるお方!将軍が争うなとお命じにならねば「争うな」と、でなければ世の中が平らかにならないって、アレちゃんと聞いてたんだよと告白~。そして現状を嘆かれております。美濃にそういう武士が一人いる、ワシの背を叩いた武士がいる。…もはやそのように叱ってくれるものがおらぬのじゃ
 そなたの申す通りじゃ、いまだに世は平らかにならぬ、ワシの力が足りぬゆえ…。我が父義晴は噛んで含めるように仰せであった、強い子になれ!声は大きく良い耳を持ち、良く学べ!さすれば立派な征夷大将軍となろう!さすれば… 麒麟がくる!と~
 この世に誰も見た事のない希林と言う老女が…じゃない!麒麟麒麟!麒麟と言う生き物がいる。穏やかな世を作れるモノだけが連れて来られると言う麒麟、ワシはまだその麒麟を連れて来ることができぬ…無念じゃ(涙)。将軍の志に打たれ嘆いてシンクロするご一同。
 文の中身は承知した、和議を命じようと請け負う将軍様。十兵衛君。十兵衛、麒麟のくる道は…遠いのう…、麒麟繋がりで将軍様との縁が深くなりましたかねえ~。将軍の涙に呼応する十兵衛君の涙返しだわ~。雪道が寒そうで、麒麟の来る道は厳しく遠いんだなあって思いました。

 靄の効果もモノを言いまして、なんだ大河を見た~って感じがいたしました本日の放送…ハナから大河だって?あいやあ~!まさかたまさか八坂のムサカ、大河ドラマ感が鈍ってました~!…んで、ところで、麒麟がくる紀行はクワコお姉さん担当だったんですねええ~。大車輪の大活躍、祝着祝着…。

9784149233833.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント