NHK大河ドラマ「いだてん」第42回「東京流れ者」

おっれ~はかわいたぁ~ながれぇもぉのぉ~…ってのは違いましたか?梅宮辰兄ではなく、渡のアニキの方でしたか?伝承歌謡がヒットして映画になって、監督・鈴木清順、脚本・川内康範、主演・渡哲也っていう幻の怪作の快作!あ…じゃあもしかして今回は、歌いまくりのミュージカル仕立てとかとか~?

アンタら選手の事なんも分かってないね「俺のオリンピック」を持って来い…から、貴様のオリンピックではないと川島顧問がまーちゃんをやり込めるシーンは先週の振り返り。当時の日本は大変だ、道路の渋滞が大変だ~。
昭和36年‥あれあれ、足袋で走っているのは四三先生じゃんよ!タクシーで眺めているのは丹下先生と亀倉先生。シルクロードの調査隊の話をしてたら、運ちゃんが立候補だ!森西ちゃん!タクシー辞めて捜索隊になりました!
聖火リレー!アテネから東京まで!途中シルクロードとかあるんですけど!どうすんすか?って事ですよ。何も律義に人間が運ばなくても良いような気がしているのは私だけ?んでも、んじゃあ調査しようってんで、そこに森西ドライバーが立候補したって寸法ですわ。
大松監督は相変わらずのスパルタ教育!今度こそ優勝しろってはっぱかけまくりのどんどかどん!監督も青あざ作って体を張ってはるわ。そこまでやるならまあ、選手は付いていきますわなああ。
んで、馬ちゃんのご実家に乗り込んで、もう少しこの子を貸してくださいと直談判の大松監督。何よりも馬ちゃんの土下座懇願が功を奏して、愛娘を貸しましょうと承諾してくれたお父上、んだけどその後花嫁衣装は見せてくださいねと念を押す。こうしてちゃんとご実家それぞれの許諾を得てからの猛特訓なのでありました。だから虐待じゃないんですってのは、なんだか少~し、苦しいいいわけなのかもなああ~♪
先週不機嫌に寝込んでいた感の志ん生師匠ですが、病はだんだんと癒えてまいりまして、右半身のマヒを克服するべく猛特訓のリハビリでございます。いやあ~所作なんかなくても、高座で寝っ転がってても良いから、師匠の噺が聞きたいなあって思ってんじゃないですかねえ、落語のファンの皆様は。…ぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱ~~んっ!

 選手村は朝霞に決定と会見する津島会長。これに反して選手村は代々木にしたいと画策するのは、田畑のまーちゃん。あくまでも代々木にこだわる!私に考えがありますと言うのは平にゃんだ!
 アメリカが軍事施設を返還するメリットは、日本国民の慰撫、つまりアメリカはこれ以上日本との関係と悪化させたくない!
先週代々木にオリンピック村を誘致するために一肌脱いでくれと懇願されて、私に考えがありますと答えた平にゃん事、平沢和重様!果たしてその胸中やいかに!
 時は日米安保反対運動真っ最中。これ以上日本との関係を悪化させたくないのなら、朝霞よりも断然代々木ですよと、アメリカ側にアドバイスする左門方策だ!つまり日本国民を懐柔するために代々木を明け渡せっちゅう魂胆ですな。
 伝説の駐日大使、E.ライシャワー氏を強襲した平にゃん。東京五輪に協力したとアピールして安保闘争を乗り切りましょうにゃん!ライシャワー大使は乗り気みたいですぞ~!

 田畑まーちゃんが勝手に動いてアメリカ大使に交渉したことを知った東都知事は、早く言ってよぉぉ~…じゃなかった、勝手に動かないでよぉぉ~とダメ出しでございます。すでに朝霞選手村で動き出している関係各位。日本政府、建設省、東京都、埼玉県まで話がついて工事着工!…直前にいろいろ変更があって大迷惑なのも、東京五輪の伝統芸なんでしょうか!そこまで読んで脚本を書かれましたか勘九郎様!にゃんたる千里眼かとおお~!
 アメリカの方だってタダでは折れませんからね!代々木のワシントンハイツを返還する立ち退き料として60億円払えと言って来ましたよ!さらに現在居住している800世帯の代替住宅を確保せよとも!どんだけガメツイんだよヤンキーはん!
 にっちもさっちもどうにもブルドッグとなったまーちゃん、日本のお国の大元締め、池田勇人総理大臣に泣きつきまして候。口をきいてくれた津島会長、結構役には立ってんですよねえ~。んだけどほら、黙ってれば5~6年で返還されるだろう土地をわざわざ高いお金を出して確保する意義を理解してもらえるはずもなく!朝霞に持って行けば済む話じゃないのかね~?ここで津島会長は無発言、っていうか、借りてきた猫みたいな感じですよ!この役立たず!んで、交渉決裂~。
 その一方で、川島顧問と東都知事が闇交渉。津島の役立たずと田畑のスタンドプレイ、どっちも排除してくれようかって言う筋書きでございます…うああああ!

 バー「ローズ」で反省会の田畑まーちゃん&岩チン委員。ママのマリーさんの疑問は、オリンピックの予算は国が出すんじゃないの?岩チン答えて曰く、後に残るものに限って都と国が折半するのです、と~。要するにレガシーって奴ですな。ならばならば、だったらそこは…と、まーちゃんが知恵を絞ってはるご様子でございます。この人本気で悩むと、突拍子もない事を考え付かれますからなああ~。
 田畑のまーちゃんに訪れる、あの世の嘉納先生からのエール!オリンピックはどうなったい?いえあの、一回目のアレは返上しました!またまた~…。ホントなんですよ!何だとおおおっ!オリンピックを返上?なんと愚かな!命がけで持ち帰ったんだぞおおと叱られ通しのまーちゃん。
 返上してどこでやったんだオリンピック?やってない?何をやってんだよ君たちはああ!これは田畑まーちゃんの後悔の胸のうちなんでしょうなああ。政治とオリンピックは別物と口を酸っぱくして言ったろうが!田畑、田畑…しゃべり過ぎとかいうんじゃないよ!今度のオリンピックはどこで見るんだね?テレビ?ダメだよ!ベルリンで見たあれはデカいだけで全然映らなかったじゃないか~~。いやいや今はだいぶ小さくなって、さらにカラーに…はあああ!

 あの世の治五郎先生から想を得たまーちゃんの妙案は、カラーテレビ!池田首相を訪うて申すよう、ワシントンハイツを米国から買って放送局を建設しましょう!メイン会場の傍に放送局があれば鮮明な画像をお茶の間に届けられます!そうなるとカラーテレビですよー!タコさんウインナーの幟が素敵!
 皇太子ご成婚の時には白黒テレビが大売れでした!カラーテレビは高いけど、オリンピックが購買意欲を呼んで特需の大景気になるでしょう!一台60万円のカラーテレビが1万台売れれば売り上げは60億円ですぞおおお!
 たった1万台でモトとれちゃう!買うなら今ですよ!オリンピックが終わってから放送局作っても意味ないですからね!…このセールストークに、池田首相が落ちちゃいやんの♪選手村は代々木に決定~!
 代々木に決まったよ。岩チンも東都知事もご納得。川島大臣もテレビで視聴。だけどこれはしかたないよ~まーちゃんのオリンピックだもんね~~~♪ってわけで今は代々木辺りで大工事をやってますと話しているのは五りん君。

 志ん生師匠は例の公園で一人お稽古。オリンピック、オリンピック…その胸中に去来するのは前の中止になったオリンピックと、今回のオリンピックと、皆で一所懸命準備する姿。何を勘違いしたのかジャージで走っている五りん君…。
 金栗四三御大は新刊出版。「走れ二十五万キロ」!伝説の偉人の出版記念サイン会に顔を出すのは、まず円谷幸吉選手だ!後々の重大人物だ~!その次には五りん君。サイン本に名前を入れてもらうために本名を名乗ります。「小松金治」です!ばばばばば~~っ!こいつは小松勝君の息子だああ!四三御大驚天動地~♪
 新幹線がなかったこの時代、九州-東京間の交通は、寝台特急「あさかぜ」で博多から東京まで約17時間半もかかったそうです。昼間の特急「かもめ」とビジネス特急「こだま」を乗り継いでも乗車時間はだいたい同じですが、大阪一泊って旅程になりましょうな。熊本から博多まで、長いな~。四三くん初上京の時と比べたら段違い平行棒ではありますが、長いな~~~。閑話休題。

 志ん生師匠を迎えに来て、おぶって帰る五りん君。お墓の横を歩く姿が印象的。オリンピックが来る前に私は高座に戻れるかなあと弱音を吐く志ん生師匠。師匠を元気づけようと「富久」を始める五りん君。俺だってこのくらいできるんだから、大丈夫ですよ!

 いよいよ来ました伝説のポスター!ここ数年で何回もテレビで取り上げられてきた傑作!陸上のよーいどんを横から写した迫力画像。亀倉先生本領発揮~♪んだけど世情の盛り上がりは日光の手前のイマイチだってか?
 そんな時に戻ってきた聖火リレー調査隊。きったねー!森西調査員曰く、砂ぼこりと熱気で前に進まない!タクラマカン砂漠は車で半年かかりましたよ!タイマツもって走ったらミイラになりますよ!!シルクロードを走ってリレーだなんてできるはずないじゃんね。
 そもそも「タクラマカン」という名前は「帰れない場所」をあらわす!だめじゃんまーちゃん!「よしもう今日は飲もう!」出た!まーちゃんの得意技「今日は飲もう」。なんだかなー、無理なものを無理だと確かめるために膨大な時間を費やした調査員の皆様が気の毒で気の毒で~~!
 宴会は豪華だよ。全部まーちゃんのポケットマネーだよ。イイ人だよなあ、田畑のまーちゃん。そこに出る料理は村上シェフの特製各国料理だ。ビュッフェ形式だ!つまり宴会も選手村の食事の確認みたいな感じ?おお津島会長?んだけど宴会に参加もせずにスルーして帰るの?それで会長のつもりかよ!ジジイ!

 この人が出ると雰囲気が変わると思っていたら、音楽効果とか色々スタッフの工夫があるんだそうです。惡の華・川島顧問。池田首相に直談判…まーちゃんの得意技がパクられとる…別にパクったわけではなかったですか?こりゃ失敬!
 オリンピックは経済成長の起爆剤!国際舞台で日本の株をあげましょう!政府がしっかりかじを取るべきだと思うなあ、僕は~。一見顧問としてオリンピックを盛り上げる格好ですけど、何やら陰謀の香りがプンプンとして参ります。
 会談の結果、決まりました!川島様がオリンピック担当大臣に任命されました!記者会見で堂々と発声する川島大臣。つまり僕はトトカルチョの代わりですよ!金が集められないから泣きついてきたんでしょう?それで、道路、旅客、選手強化など縦割り行政で受け持つ政府の各機関、それを総合的にまとめるのが自分の役目なのだと~。
 これまたオリンピックのために尽力しているようにしか見えません。まあ実際そうなんでしょうけど、まーちゃん憎しの伏線と悪の雰囲気作りから、何か裏があるように思えてなりませぬなりませぬ…

 川島大臣と田畑まーちゃんの対談。しかし君も苦労するねえと言い出す大臣。ハトマメのまーちゃんに更に言いつのる顧問の大臣。鈍いね君も、津島さんだよ。あれが会長ではやり辛いんじゃないかね?津島会長、確かに少しどんくさくて足を引っ張る感じではございましたけど、そんなアカラサマな会長おろしを言い出されるとは~。
 まーちゃんは津島様を擁護しますが、それは君が大して期待していないからだろう?って、痛い所を付いてくるわ、川島先生~。河野議員やイケダ師匠も、津島にオリンピックはやり遂げられないだろうと言っているって!金を出したら口も出すのが政府でしょう?とまあ、何やら釘を刺しまくりマクリスティーな感じの川島大臣でした。こりゃあうっかり同調したら逆に首切られるで!危にゃい危にゃい。
 東都知事には、津島会長と田畑を切ってはどうかと持ち掛けていたと言う川島寝業師。東様曰く、今回は津島会長に退いてもらうしかないのではないか?とおお~~。怖いなあ、政治的判断で命が奪われる展開…。いやいや、自分は津島会長を守ると宣言するまーちゃんですが、この対立軸はやっかいだなああ。

 田畑まーちゃん事務総長、仕事の流れでテレビ見てるの?テレビ寄席?あ~あ~あやんなっちゃった…ってのは日曜でしたね、失敬失敬。んで、たまたまそこに映っていたのは、五りん君の「オリンピック噺」!往年の歴代オリンピックを実況し直す荒技です!まーちゃん心を持って行かれたね!これだ!見つけたぞ!いるじゃんかよ若者!オリンピック絶対好きだろこいつ!
 こいつをオリンピックの広告塔にしよう!つまり起死回生の盛り上げ要員として白羽の矢が立ったわけですよ、五りん君~♪さっそく高座に乗り込んだ岩チン!いいね!イケメン同士の肉弾戦!いいねええ~~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント