NHK大河ドラマ「いだてん」第38回「長いお別れ」

長いお別れ…直木賞作家・中島京子様の感動巨編…ではなさそうですねえ。ってことはあれか、ぺギラに角を追加したような…それはウルトラ怪獣のチャンドラー!そうじゃなくて、レイモンド・チャンドラー様のロンググッドバイ!ね!そうでしょう?さよならをいうのはわずかのあいだ死ぬことだ!ふうううっ!まさにハードボイルドの草分けですよねええ~♪嘉納治五郎先生に、ロンググッドバイ!東京オリンピックに、ロンググッドバイ!そしていつの日か、いつの日か…再会ば~~~い!

戦後の昭和の時代の流れ。志ん生師匠が脳出血で倒れました!病院に駆けつける五りん君。今松兄さんや女将さんなどが一堂に会しております。ビールがこなくて巨人軍優勝祝賀会で待たされて、じりじりして見切り発車で一席始めようってな所にビール到来!師匠の話なんか聞かずに乾杯を始める皆の衆。怒りのあまり血管が切れたか!我慢の限界!
助かるかどうか、助かっても話ができるかどうか、もうお酒も飲めないって嘆く一同。今松兄さんがオリンピック噺を引き継ぎますが…さっぱり受けねえ!

戦前の昭和の時間に戻ります。五輪招致に暗雲です。何たって親柱の逆柱の治五郎先生がいなくなっちゃったんですから~。いやだなあ、まだ死なないでくださいよ先生!さすがのまーちゃんも泣きべそだわ。
闘魂伝承のストップウォッチ伝来は先週の振り返り。あ!治五郎先生の棺を見送りに、車屋のせいちゃんが来てくれたで!良かったなあ先生!やっぱりあなたは国民的ヒーローだよ!せいちゃん嘆くのは、オリンピックを見せてくれるんじゃなかったのかよ~!
まーちゃんも四三様も、そして懐かしい可児助教!永井教授も駆けつけてる!四三様曰く、オリンピックは必ずやる!まーちゃんが受け継いだストップウォッチはまだ動いてるぞ!
ぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱ~~んっ!

 師匠に付き添いの五りん君。改めて父上の形見の絵葉書を眺めております。時は絵葉書の世界にさかのぼって、治五郎先生を偲ぶ宴席。永井様、可児様、そして野口く~ん!治五郎先生を偲んで飲んでんの?ちょっとこっちにも分けてやんなさいよ!そこに河童のまーちゃんも混ざってはるわ!
 嘉納治五郎が単なるイイ人になってしまうのが許せんと仰るシニア衆。ずるいよ全く、さっさと死にやがってと調子を合わせるのはまーちゃんだわなあ。
 やってやるって!やりゃあいいんでしょ!嘉納治五郎が如何に偉大で面倒だったか証明してやりますよ~~~!あはははは~、そこら辺は似た者同士だもなああ~♪オダを上げてメートル上げて、結構いい関係性じゃないですか、このカルテット。
 とは申せ、オリンピック組織委員会はとおおんでもなく大揉めでございます。大日本帝国陸軍代表様は、ギリシアから火を借りての聖火リレーなど言語道断だと大反対~。聖火ではなく神火でどうか?高千穂からもってこいですとおお?
 東京市長が大型新スタジアム建設を提案しても…兵器製造の資材の鉄を使うのは言語道断!つつじ!いっそ木で作れ…あら、意外とモダンなご意見ですなああ。でもこの時代の技術としては無理筋じゃないすかねええ~。三匹の子豚じゃああるまいし~。

 今や招致委員会の良識派としてすっかり認知されております副島伯爵。田畑のまーちゃんと東龍様…後の東京都知事様ですねえ…に対して、IOC委員長のラトゥール様からのお手紙開陳。イギリスとフランスが東京オリンピックのボイコット決定!いよいよ追い詰められてまいりましたな、東京五輪。副島伯爵はもう潮時だ返上しようと、近衛首相に連絡する構え。んだけどまーちゃんがねばる!河童だもの土俵際で粘るんですわ~。
 やらなかったらゼロ!成功はプラス、失敗はマイナス、でも返上したらゼロ!何も残らないし学ばない!嘉納さんはやって欲しいと思っている!
 嘉納さんはもういませんと冷たく返す副島たん!いやいや、いるんだよここに!と、まーちゃんが持ち出すベータカプセル…じゃなかった!ストップウォッチ!治五郎先生の形見の品です。大活躍ですね!ウォッチ!動いてんだよ神がかり!っていうか、やっぱり妖怪ウォッチなのか~?トモダチ出てこ~い!止めるんなら戦争をやめてくれって電話して下さいよ!オリンピックの間だけでもさあああ!
 いやでもそこは副島伯爵いつも通りに冷静に受け流した!だけど一縷の望みは、そのストップウォッチは君が持っていてほしい、そうしたらきっといつかやれるぞ、東京オリンピック…。結局南極京極かねよの錦糸丼で、東京オリンピックは中止となってしまいました~!
 ラトゥール委員長に宛てた副島伯爵のお手紙では、非国民とののしられても後悔はしない、返上が半年遅れたら代替地でもオリンピックが開催できなくなるから…

 ランニング中の金栗御大を訪うカッパのまーちゃん。やっぱり選手が主役だもんなあ…。だけどもう走らんでくれと願い出るまーちゃん。何で?言わなきゃダメか?よかですだいたい察しは尽きますケン…。
 東京オリンピックは中止だ返上だ~!と叫んで走り出すまーちゃん。君の心もボロボロだろうになあ。いやな役目を引き受けてくれたなああ。少し見直したわ~。返上だからもう走らんでいいと言うまーちゃんに対し、返上って事は他でやるんですよねと念を押す小松君。
 ああやるよ、ヘルシンキで。小松君大安堵~。だったらヘルシンキ大会に参加したら良いってか?いやああ~そんなに甘いもんじゃあないと思うんすけどねええ~。戦争が収まらんと日本人は出られんととダメ出しの金栗しぇんしぇえですが、小松君聞いてな~い♪

 …副島伯爵の手紙の続きです。いつの日かこのアジアで、願わくばこの東京で、オリンピックが開かれることを夢見て…。ラトゥール会長も嘆いてはるわ。にしても副島伯爵、貧乏くじの責任をしっかりと受け止めたなああ。どっかの関電の偉い人とは雲泥の差がありますなああ!副島伯爵…ここにもちゃんと漢がいた事を深くこの胸に刻み込ませていただきます。
 深刻なお顔で記事を上げて、治五郎先生のストップウォッチを机にしまうまーちゃん政治様。これきっと後々の伏線なんでしょうねええ~。

 って!伏線がもう来ちゃったよ!昭和36年の12月、JOCの岩田様が手にしたストップウォッチ。なんだこれ?どうやって止めるんだ?そこに慌てふためいてまーちゃん登場!ああああ!止めるんじゃないよっ!バカヤロメ!嘉納先生の形見だぞ、ずっと動いてんだから!
 カップ麺の3分間に合わせて思わず止めそうになったまーちゃん!あわてんぼうだなああ!それにしても治五郎先生、一体いつの時点でウォッチを押したんでしょうなあ。東京招致の決まった瞬間?ストックホルムのマラソンだったりして?そう言えば志ん生師匠が倒れたそうです。なにいいいっ?

 見事なつながりで志ん生師匠の病室に取って返すカメラです。今松兄さんと交代で看病に来た五りん君。そこに…おなら?ちょっとおならは勘弁してくださいよ師匠~。って、なんだよあんた!意識が戻ってるのに仮病かよ!体の半分が動かないし呂律も回らないし、酒でも飲まなきゃ?酒買ってきたのかよ!懲りねえジジイだなあ、師匠~。
 五りん君はハリマヤスポーツで亡き父母の事を色々聞いてきたご様子。父はオリンピックに出るはずが、中止になって兵隊にとられて満州に行った…。その頃師匠も慰問で満州に行っていたんですよね?覚えてないんですか?一杯飲んだら思い出すよ!つくづく懲りねえジジイだなああ~。

 戦前の昭和の時間軸では…昭和14年ドイツがポーランド侵攻!イギリスやフランスが宣戦布告して…第二次世界大戦がはじまってしまいました!つくづく…いやな渡世だなあ…。
 日本の東京のハリマヤ製作所でも争議が始まっております。東京五輪が中止になって、代行のヘルシンキ大会だって恐らく開催不可能で、どうするの小松君!四三御大曰く、いよいよ君が東京におる理由はなくなった、熊本に帰ったらどぎゃんね?まあそりゃあそうなんですけど、先週来視聴者的には気になって気になって気になって気になってバナナになってしまいそうな案件があるんですけどおお~。
 今スポーツなんかやってるモノはもうこん国にはおらんとひたすら嘆く金栗様。いい加減にしろ辛気臭いと声を荒げるのは黒坂大将だ。あんたみたいな役立たず家賃も取らずに何年も置いてやったのは、楽しいからだよ!あんたがいるだけで楽しかったんだよ、何があろうがアンタだけは馬鹿みたいに笑ってなきゃダメなんだよって。
 スヤさんも、役立たずのとこは覗いておおむね同意。そんでほら、勝さんが東京に残りタカ訳はオリンピックだけじゃなかとたい!そうたいそうたい、そうですた~い♪リクちゃん大動揺♪ミシンを踏む足が止まらなくなりました!まるで人間機関車ザトペックのようにガンガンこいでおります!そうだよ、この二人はもう、周りの大人が責任もってくっつけてやれって!
 ええ?そうなの?と驚く大将。金栗しぇんしぇえはそこら辺は既にお見通し。小松君は盛りの付いた肥後もっこすた~い♪リクちゃんのミシンが大暴走だ!あぶねえって!
 いたたまれなくなってランニングに向かう小松勝君。いっぽうその後を自転車で追いかけるのは…リクちゃんば~い♪まるで往年の「四三&スヤ」カポーを見るようですなああ~♪
 調子に乗った小松君がついにコクる!俺と一緒んなってくれんねええ!…これは、四三師匠もできなかった快挙ったい!行け!応えよ!リクちゃん…え?照れちゃって逃げ出した?いやでもこれは、もはや確定じゃないですか?
 なんですかこの、盛りの付いた機関車のごとく走り続けるリクちゃんなのでございます~!

 うわ!なんだかもう手回しよく!結婚披露宴に持ち込んでるじゃないですか!どんだけ手が早いのか熊本の男は~~!もう後戻りはできないこの時、一番悲しいのはやっぱり新婦の父親だ~♪
 増野様!早くに亡くした愛妻・シマちゃんを思い出してクドクドと何回も同じ話を聞かせまくる!大泣きの修羅場った~い!新郎に絡むのは父親の特権だもんね!何とか場を和ませようと自転車節が始まりました~。
 たち悪く絡む増野様を見るに見かねて四三御大がご介入。小松君は心配なかと、宥めに入ります。小松君もここは神妙に力強く受け答え、リクさんを大切にします!って~。
 大切にされても腹が立つ!あははは~♪花嫁の父親の複雑な気持ち…。大切にしなかったら殺すよ?うわああ!怖いわ!ホントにやりそうな雰囲気だもんこの御仁!

 そんなこんなで翌年僕が生まれました。東京にオリンピックを呼ぶはずだった昭和15年。五りん君の調査報告です。自分の来歴をノートにしたためております。芳名…五りんではなく、金治クン!
 金メダルと嘉納治五郎で、金治ですかね…いやそれは金栗の金だろとツッコム師匠。入院中ではありますが、まだまだ頭はお達者ですなあ。

 昭和15年と言えば…孝蔵君のターンです。いよいよ人生のターンがやって来ましたよ!古今亭志ん生襲名!出たっ!昭和の貧乏大名人!貧乏名人大名人、貧乏名人大名人…。キセルの似合う男なんだよなあ、孝蔵君。
 んだけど奥様のおりんさんは大反対?これまで「志ん生」を継いだものは皆短命だったんだとか。ゲンを担いでるんだねえ、おりんさん。ようやく内職しないで暮らせるようになったのに、後一年くらいで終わってしまうのは納得できない?…そうか、言ってみれば生涯の金づるだもんなあ、ご亭主ってのは。
 めんどくさくなった孝蔵君、志ん生になると早死にする法律でもあんのかい?そんなもなあ俺がご破算にしてやらあ!…そんで早死にしたら化けて出るんだね、女将さんがあの世に!
 昭和36年の師匠の病室。家族の皆さんはもう師匠が死ぬのが前提みたいに優しく接しております。え?お酒臭い!ええそう、五りん君の裏切りでもうすっかり飲みまくっております師匠でございます。

 戦前昭和に戻ってそんで昭和16年、圓生師匠が随分艶っぽい噺をされてます。志ん生師匠にライバル登場ですな。そんな中、高座のネタにまで軍の規制が!そんで12月。トラトラトラのパールハーバー!太平洋戦争まで始まってしまいまくりマクリスティー!最初は旗色が良かったようですけど、国力に大差がありますし、次第に苦戦!んだけど大本営発表はいつもいつでも景気の良い嘘ニュース。
 嘘でも喜べと言われて新聞社でも万歳連呼。箱根駅伝も二年中止。昭和18年には靖国神社をスタートにして何とか開催、小松君も走ったのですが…。いよいよ日本軍が切羽詰まって学徒動員ですよ!文系の学生は学問なんてしないでイイから前線で死んで来いって言うようなアレですよ奥様。そんで今でも籍は大学にある小松勝君にも赤紙が来ちゃった!
 旦那さんなのに!父上なのに!子どもがまだ小さいのに!そんな事を斟酌してたら兵隊さんが足りなくなるって?四三御大曰く、無理でも熊本に連れて帰ったらヨカったのかなあ、って。んだけどそれじゃあこの、金治はうまれんかったけん!と答える小松君。生きるか死ぬか、生きたから死ぬのか、産んだから死ぬのか、産んだから死ねるのか…自転車節で痩せ我慢のカラ元気だ~。
 と、そこに増野様乱入!いきなり小松君を蹴り倒した!約束を破ったなああ!…リクちゃんを大切にすると言ったのに学徒出陣するからですか?それはいくらなんでも無理な難癖ですよ~。今にもボコボコボコ殴りしそうな増野様を止めるかのように、金治クン以下のお子ちゃまが「ばってん、ばってん」大合唱。いやあ…力が抜けちゃったなあ増野様。
 正気を取り戻した増野様、勝君立派に戦ってくるんだぞとねぎらいの言葉をおかけします。一発蹴り込んで気が済んだんですかね。
 すっかり和んでノーサイドのハリマヤ食卓、小松君が金栗しぇんしぇえにオン願い奉り申し候…。こん子は体の弱かけん、三つになったら冷水浴ばさせてください。…そう言えばしつこいほどやってたよね!五りん君の冷水浴!こういういきさつがあったとですか~。なんか微笑ましいね~♪
 小松勝君、バンザ~イ!バンザ~イ!増野様の発声で万歳連呼だわ。もうヤケクソで悲しみを吹っ飛ばそうとしているリクちゃんがいたいけだ~。

 そして五りん君。しげしげと眺める父の形見の絵葉書でございます。さてさてニュース映像でもお馴染みの学徒出陣壮行会。もうまーちゃん泣きべそで見送ってるわ。これが開催されたのが、皮肉なことに明治神宮外苑競技場!こんな事のために治五郎先生が作ったわけではないだろうと思われるわけではございますけど、徴用された皆様を少しでも慰めるためできるだけ盛大に開催したいと思えばまあ、良い場所だったのかも知れませんなああ。
 スタンドから目撃しているまーちゃん田畑政治記者。やっぱりやり切れぬ思いを抱いているのはあなたも同じか…。
 4万人しか入らないはずが今ここに8万人入っている!そんなに入るんならここでオリンピックできたんじゃん!オリンピックを呼んどけばこんな事には…クッソ腹立つわ~!
 って、そこに河野一郎議員登場。まーちゃん河野様に追い縋ってイヤミの一言、これで満足かね河野先生!会場にはもちろん金栗しぇんしぇえ以下の面々が列席しております。そんで東郷元帥のバンザイ映像。まああの、彼一人に責任を負わすのも如何なものかとは思いますけど、そうは言っても最高責任者の象徴的存在。こういう時には使われちゃうんですよねえ~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント