NHK大河ドラマ「いだてん」第33回「仁義なき戦い」

仁義なき戦い!ちゃ~~!ちゃ~~!ちゃりら~~!ちゃりら~~!ぺ~んぺぺ~んペペぺ…あ!失敬!ちょいと入り込んでしまいました!現在の大河ドラマ的には…「狙われるモンより、狙うモンのほうが強いんじゃっ!」…ってな感じで逆転勝利とまいりましょったらそうしましょっ♪

会議は踊るJOC。ローマには勝てない、じゃあどうする嘉納さん?譲ってもらう!と秘策を諭す治五郎先生。ってな時に!時ならぬ腰痛勃発で病院送りの治五郎先生。いろいろ無理がたたったんでしょうなああ。そこそこおじいちゃんですからなっ♪
ってなわけで、代役でムッソリーニにオリンピック譲ってちょ~だい♪と言いに行くのは…副島様か~。鉄男のやつも年取ったよねええ。いっそほら、頭に鉄刺して、ムッソたんのほっぺにも鉄刺して、二人が一緒になって世界征服!…妄想もうよそう?こりゃ失敬!
ムッソリーニに会えやしないと仰る副島様。いやでも!会えるんですって!杉村様の人脈で!ってな話をしているのはまーちゃんと緒方部長、所はバー「ローズ」。え?まーちゃんにもお鉢が回って来てるのおおお?
とにもかくにも丸にも点にも、ムッソたんに写真集「日本」を見せて説得して五輪を譲ってもらう特使の汚れ役は、副島様と杉村様、そして我らがカッパ男のまーちゃん政治様で決定!…成功する予感が全然持てないですねええ…。
豪華なローマの応接間。一人で楽天的に陽気なのはまーちゃんだ!副島様はアップアップでもう死んじゃいそうよ!
杉村様曰く、ムッソたんは陽気な独裁者。つまりご陽気さんって訳?じゃじゃじゃ、じゃあじゃあ、ごまをすりましょすりましょごまを…路線でしょうか?えらい奴ぁおだてろゴマすって乗せろ?うわあ、ここに植木等様がいればなああ。日本はつくづく、至高の芸能・貴重な才能を失ってしまいましたなああ~、閑話休題。
植木様がいない以上、ここは全て君に任せた!副島様の塚本君!すべての責任は君がゲットだぜ!…え?武者震い?震えてましたけど、副島様…。
ツルピカハゲ丸ムッソたんと初顔合わせの席で、副島様が倒れた?なんでだよ!心労?まーちゃんが付き添って救急搬送!なんでだよ!回復までにワンマン酢だというイタリアお医者様の言葉を、ムッチャ誤解して「余命一か月」と受け止めちゃったよまーちゃん!なんでだよおおおっ!ぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱ~~んっ!

 後に残された杉村様のヘタな言い訳!なんでだよ!何となくジェイソンみたいなムッソたん、委細構わず大激怒で交渉決裂!なんでだよおおおおっ!万事休すかあああっ?
 副島様入院の報を受け、ギリギリと歯ぎしりするのは日本に残った治五郎先生。こうなったら自分が行かねば!無茶ですって!飛行機に乗る以前に限界ですって!もう若くないんですから、ご自愛あれ~~~!…関係者でもないのに気が気じゃないから!あんまり心配させないでくださいまし!治五郎先生!
 このお医者さんの東様、後々後の東京五輪の立役者だそうで、覚えとかなきゃいけませんねええ。孤独のグルメ~~!

 副島様は二週間ものたうち回った後、ようよう外出許可が降りるところまで回復されました。回復されるや否や、ムッソたんとの会見に復帰する!こおおおなったら、肺炎の病原菌と融合して世界征服!…そのネタはもういらなかったですか?こりゃ失敬。
 とおおにかく三角四角い仁鶴、杉村様とまーちゃんをしたがえて再度強襲。ムッソたんはタイマンで交渉でございます。アジア初のオリンピックを!東京オリンピックの意義を言い募る副島様。
 そして、病癒えぬ体を推してここまでやって来た副島様はもう命がけのタスキがけ、オリンピックを東京に招致するまで祖国の地を踏まない覚悟だあああっ!
 情熱の国イタリアの独裁者ムッソたん首相、男心に男が折れて、1940年の大会は日本に譲るとのご託宣を下されまして候~~!こういうことがあるから分からんわ~。

 さあこうなったらもう日本中がお祭り騒ぎさあああっ!大喜びの治五郎先生!JOC勢もお相伴のお喜びさああ~。先生曰く、そろそろ奴を東京へ呼び戻す時かも知れんぞ!誰ですか?呼び戻すって、それって先生が一目も二目も三目も四目も…ものごっつリスペクトしている後輩って事?あああっ!考えてみたらあん人しかおらんば~~~い!
 ミスターマラソン!金栗四三!治五郎先生の意中の人はやっぱり金栗四三御大でしたか~。この病室のシーンに可児先生が同席してたのは好感度最大級ですねええ~♪

 さてその頃の四三先生は…先週登場の小松君のマラソン修行に伴走中。…この小松君ってのが、他のブロガー様の御推察によりますと、後の五りん君…彼も小松君と仰いましたな…五りん君の父上ではないかとおっしゃる!うわあああ!それはアリエ~~ル!
 なんとまた凄いつながりを付けて来るのかカンクロちゃん様…っていうかそこまでしてでも志ん生師匠周辺を描きたかったわけね?すごいすごい…って、どんだけ志ん生ファンなものかとおおおおっ!話が横道にそれまくってすみません。閑話休題。
 小松君の伴走で九州を走りまくる四三先生、ふとみると「カフェ・ニューミカワ」という怪しげな看板が!山ン中の狭くて流行らないお店ですよ!入ってみるとあにはからんや、そこにいるマスターはいつぞやの美川君じゃないですか!
 あちこちに不義理をかまして大震災から行方不明で、最後は犬みたいに追い払われてましたっけ…ムフ…あ、失敬。とにかくさんかくおひげの一鶴、オリンピックでネタブレイク!故郷熊本で地味にカフェを営んでいたのでありました、美川くん。
 美川君に問われ小松君曰く、夢はオリンピックです!マラソンでメダルを!俺はとる!金栗先生の前でおこがましいと言いつつ、未来へ向けて頼もしい宣戦布告じゃないですか、その意気や良しじゃないですか、四三先生だって大歓迎じゃないですか~。
 んで、強要されたマスタの夢は…大陸雄飛?満州だよ?なんだよこの馬鹿長い話は~~!カットカット!きっとカット~~~♪

 ローマが降りた以上俺だけで大丈夫だと仰る杉村様。IOCオスロ総会です。副島様の名代でスピーチするのは杉村様ボッチの只一人。と、そこにはイタリア代表のお方が虎視眈々とした顔つきでご臨席。言ってみればこの方、イタリアの嘉納治五郎なんだとか~。なんだか怪しげな雰囲気ですねえ。五りん君の解説が入りつつ進行してまいります。
 ラトゥール会長が宣言する1940年大会の開催地候補は…ローマ、東京、ヘルシンキ!なんですっとおおお!イタリア首相は譲ってくれる言うたやないですか…と異議申し立ての杉村代表、一方イタリアのボナコッサ代表が言うには、政府と言えどもスポーツに口出しはさせない!はっはっはっは~~~♪ボナ公ちゃんは高笑い。抜かったな日本!どうする杉村!

 IOC苦戦の報を受けたまーちゃん、再度ムッソたんに辞退を迫るが門前払いでオスロへ向かう!杉村様は自らの人脈で再度のダメ押しを測る算段。ムッソリーニ首相は東京へ譲れとの仰せであるぞ!…なんだよヨシヨシアニキ!二人噺か~!ジャパンとイタリアの仁義なき戦いを引き受けて収取つかず!師匠まで乱入しちゃって!んもう、字幕に戻します~!
 杉村様は首相のご決断をダメ押しするも、ボナ公ちゃんは受け入れません!交渉決裂?いよいよ運命の日…不本意ながら東京に譲ると言い出したボナ公ちゃんなのでございます。ここまでゴリ押しを続けて辞退を要求した杉村様。お主も…悪よのうう~。まさに仁義なき大戦争や!結局イタリアが折れて一件落着…は、ナシゴレンですとおおお~~!
 なななんとなんと南斗六聖拳、ラトゥール会長が待ったをかけた!このような政治的圧力で議決が左右するのはイクない!かんね!会長のツルの一声で投票は延期となりました~。ローマは譲ってくれたでしょおがああ!無理を通すな、ここは国際連盟ではない、IOCだ!笑わせんな日本は変わったんだ!たがいに命を削って言い合う議論!だけども日本の主張は受け入れてもらえない雰囲気でした~。

 いろいろ思惑ありげなラトゥール会長、杉村様に向かって「なぜ嘉納治五郎は来なかったのか?」との仰せであります。つまり治五郎先生が来ていればこんな事にはならなかった、と~。つまりあれですな、禁じ手を使って投票を延期させるような体たらくにはならなかった、全てはお前が未熟だったせいじゃよ、ほっほっほ…みたいな?そんな所にまーちゃん到着。
 自分の限界にぶち当たった杉村様、日本への一票は嘉納治五郎への一票だった!侍・治五郎はなんで来ないのかと言われた!…俺は人望がない、嘉納治五郎にはなれんと弱音を吐いております。
 その弱音を受けて、なれないしならんでいいでしょと軽~く受け答えているまーちゃん政治様。…………お前はなるよ。杉村様の大予言来タ~~!え?ホントに?ご免こうむるわあんな迷惑ジジイ!どこまでも我が道を歩むまーちゃんなのですなああ~。
 治五郎先生は衰えた体に鞭打って、なにやら始めるご様子。熊本の四三御大は美川君の事を言い出してスヤさんに叱られております。お友達じゃないゴキブリったい!もの凄い言われようですなああ、美川君~。
 四三御大は熊本に帰って以来の体たらくを反省する。招き猫と一緒だと~。なんでコーヒーで酔っ払ってる?よし決めた!おれは家出ばする!嘉納先生から手紙をもらった!うわああ…あれかあああ!

 さてさてまーちゃん達ご一行が帰国しての善後策策定。派遣メンバーに新東京市長、陸上総監督を混ぜての大会議。IOCのラトゥール会長に正式に謝罪した方が良いのではないかとまとまりました。だれがって、治五郎先生ですよ!先生に渡欧してもらって‥
 ってな所に御当人登場!松葉づえだわ。わしは行かん。治五郎の極論タイム!こないだもこの時間だったよね♪…何を言い出すんだよまーちゃん♪治五郎先生曰く、会長を東京に呼んではどうだろう?謝りついでに東京も視察してもらおう!至れり尽くせり接待するんだよ!…なんとも虫の良い話ですけど、えええっ!もう既にお誘いのお手紙投函済みですとおお!相変わらずずうずう・・・げふん、ててて、手が早いなああ、治五郎先生~。

 やがて、ラトゥール会長は日本行きをご快諾。何とも急転直下の好都合!これは裏があるで!大河の常識的には、きっと罠!それか、全ては水泡に帰す伏線…はあああっ!いえいえいえいえ!今のはなし、今のはなし!聞かなかったことにしといてくださいませ~。

 政治家として大躍進の河野一郎様曰く、これには裏がある。ヒトラーがラトゥールに圧力をかけ、日本に恩を売ったのだ!うわあ、生臭~い。かっぱのまーちゃんだとしても辟易するんじゃないかと思う位、生臭~~い。そもそもムッソたんの男心からしてその影響の元にあった小芝居だったですとおおおっ?
 まーちゃん曰く、違うのだよ!オリンピックは運動会だよ!2週間かけてやる運動会!何時からそんな大仰な!国の威信をかけた一大行事になったんだね!!お前の所為じゃん?は、失敬。
 ローズのマリーママさん曰く、田畑さんがメダルをたくさん取ったからじゃない?おおお、ワタクシと同意見ですねええ。あなたの勝利至上主義熱血エナジーがきっとパンデミックしたんですよ~~。まーちゃん政治様、今更ながらちょっとどっきりしてます?違う、違うって!…もうどうしようもなく時代の波に飲まれる伏線よ、まーちゃん。
 東京オリンピック招致委員会発足!政府からの助成金も大いに降りるようです。さすがのまーちゃんも借りてきた猫みたいよ!満州国からの参加はどうするのか?オリンピックはお国のためになりますか?
 お国のためにはなりませんと是清様に言い募る場面を回想しつつ、国のためじゃない若い者のためにあるんですと言い返すまーちゃん政治君なのでありました。

 そろそろあいつを呼ぶと名指しされた金栗…池辺四三先生。真夜中こっそり小松君と夜逃げ…因縁の赤いケットを背負ってますなああ!治五郎先生からのお手紙を杖にして決起する覚悟よ!いえあの、決起ったってクーデターとかじゃなく、上京して力を貸してって言う穏やか~なアレですけどねえ。スヤさんへの置手紙を残して、いよいよ家出決行だ~!…おいおい、墓場の下で兄ちゃんが怒っとるった~い!

 一方美濃部孝蔵君。高座に上がるようになって一息ついたころですな。ナメクジ艦隊の長屋からも脱出決行。昭和11年、2月26日、なんでしたっけね?雪の朝、引っ越しを始める孝蔵夫婦。いやな日付やなあああ!こりゃあ一筋縄ではまいりまへんで~~!ぐんっぐんっぐんっぐん…軍靴の音かあああっ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント