NHK大河ドラマ「いだてん」第27回「替わり目」

替わり目?ったら志ん生師匠の十八番でしょう?飲んだくれのヘベレケのどうしようもないクズ呑兵衛が、さんざん迷惑かけた後、女房がお酒を買いに出かけたと思って本音を暴露!
感謝しているのに、口では反対のことを言ってしまう。済みません!あなたみたいな美人を貰えて…有難うございます。陰でいつもお詫びしております。許してください…んで、まだ行かねえのかい~っ!とまあ、本音の恥ずかしいおのろけを残らず聞かれて立つ瀬なしのテイタラク…え?誰よ?誰々?誰かが今回こおおんなに恥ずかしい目に?合うからこそのこのタイトルなんでしょう?
四三先生は既にもうこういうのは体験済みのようにも思われ…誰ヨ!はあああっ!まさかの治五郎先生かあああっ?

先週はまーちゃんで笑って、きーちゃんで泣いて、充実の45分でしたけど、さて今週はどうなります事か~。冒頭昭和の志ん生師匠、ミスター長嶋&タイ焼きだ~。タイ焼きにノーリスペクトの知恵ちゃんに腹を立てた今松兄さん、「殺すよ」!怖いわ~。志ん生師匠にとってタイ焼きとはすなわち、長男が生まれた時のイコンなんですか?はて~。
いつまでもお尻の据わらない孝蔵君、こんどは柳家東三楼となって「替わり目」を演っております。えっ!?師匠の衣装一式を質に入れちゃった!そのお金で飲んじゃって師匠と大げんか!晴れて破門となりました~♪そんな中長男が生まれた?産婆さんへ振る舞った尾頭付きが何とタイ焼き?このネタお好きですねえ、師匠!
それにしても、そこまでして飲んだり遊んだりしたいもんですかねえ?そこそこ実力もついてきたんだし、直営業で濡れ手で粟で豪遊したり…そんな時代じゃなかったですか?こりゃ失敬!

タイと言ったらアムステルダムオリンピックも実に目出度い!金銀銅!水泳の方が多いとかで内輪揉めじゃん体育協会。田畑の功績は認めざるを得ないと岸様。治五郎先生はでも、若い力を一切認めずに、河童野郎とこき下ろす~。
河童野郎はまたもローズのマリーさんに占い強要。おいババア!占え!相変わらず口が悪いなあ、ま~ちゃ~ん!こないだ西に吉兆と言ったが、見ろよアムステルダムで大躍進!あんたの占いが当たるって事は、俺はあんたの占い通り30で死ぬサンダンス軍曹!ガクブルじゃんよまーちゃん!うわ!イライラして煙草を二本呑み!体に悪いわ~。

一方御年38歳の韋駄天・四三先生の所には、実次兄上ご来訪~。あ!正明君も一緒った~い!もう九つば~い!東京はいつぞやの旅費の一件以来ですなああ。17年ぶり?歳月人を待たじ!震災から五年、復興した街並みに嘆息する兄上。いいCG だなああ。ようここまで…。用事があったとしか言わない上京の目的が、不思議ミステリーな兄上でした~。そして去り際に、そろそろ熊本に帰って来いと命じた兄上、それが主目的だったか~~!
ぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱんっぱぱぱぱぱぱぱ~~んっ!相変わらず長いアバンやな~♪

 ちゃんちゃんちゃんちゃ~~ん!まーちゃんの必勝プランその一~♪監督コーチの早期決定!じっくり指導せな勝てるもんも勝てないじゃんね!松澤一鶴君が監督、まーちゃんを差し置いて?選手たちの言うよう、田畑さんは数に入れてませんでした~。じゃあなんだよ?って、つまり、応援団長兼計測員!選手の皆さん、言うなああ~。んでまーちゃんは総監督ですよって、気を使ってるなあ、鶴さん。こないだ選手だった野田君が助監督…って、現役引退決定?ひでええよおおおっ!
 これぞ「メダルガバガバ大作戦」!とぶち上げるまーちゃん。えらく飛ばしますなあ、まるで明日死んじゃうみたい…と!誰だよ地雷原を踏み荒らすのは~~!

 まーちゃんの必勝プランその二~♪世界標準の競泳プール建設!ちゃんとした環境でなきゃ練習の効果も出ないじゃんね!体協の岸会長、ポケットマネーを五千円もバンっと出した!まーちゃんを買ってるねこの人。
 岸様曰く、君は口は悪いが頭は悪くない、まさか作ってお終いじゃないよね?餅のロンでポンでチーで、まーちゃんには腹案があるじゃんね!これからは興行!見世物!日米対抗戦をぶち上げた~♪

 まーちゃんの必勝プランその三~♪打倒アメリカ!USA!その二と合わせた悪だくみは、ロサンゼルス五輪の直前、アメリカチームを呼びつけて徹底的に打ちのめす!自信喪失にしちゃる~!
 さっそく岸様に談判に及ぶまーちゃん。岸様は曰く、嘉納治五郎と君とは根っこは同じかも知れん、逆らわずして勝つか、ねじ伏せて勝つかの違いだ、と~。建設決定!

 東京の四三先生の所に訃報伝来。「アニキトク」!うわああ!こないだのは予兆だったのか~!大急ぎで故郷へ戻る四三先生。だが時すでに遅し!新幹線も定期航空便もなかった時代ば~い(泣)。
 父上の時と同じで間に合わなかった。父上は治五郎先生に会ったと嘘をついて、それを告白する四三君をとどめてたよなあ、あん時から父親代わりだったもんねえ。いつでん怒鳴られた。いつでん学校部屋!ばってん四三のコツば誰よりも気にかけとったよと母上。田んぼを売ってまで四三君を支えてくれてたもんねええ~。
 母上のお話では、東京から帰った実次兄上は、治五郎先生にお礼の挨拶をして来たからもう四三は何時連れ戻しても構わんとノタモウテおられたとか~。んだけど四三先生これを一蹴、そりゃあ嘘バイ。にいちゃ~ん、父上と同じ嘘ばついて~♪兄上と嘉納先生が会うわけなか~。んだけどそんな嘘をついてまで自分を連れ戻したかった兄の心情、四三君の心を打つのであります。
 おお、スヤさんと幾江大奥様もご来訪。なんねえ兼次、起きんかい!張り合いがなくなるから!弟は家に寄りつかんけんね♪四三君慌ててお詫びだ♪にしても年取った演技が凄いなあ、シエ母上も幾江大奥様も…。幾江大奥様の足を気遣うスヤさんが健気~。
 大奥様は四三君に命じて曰く、今晩は仏さんのそばにおれ。死ぬまでお前のために頭下げて回った、兄上のそばにおれ!はあああ!涙噴出したっ!
 そうそう、そうなんだよ!この兄無くして四三なし!日本マラソン界のパイオニアを生み出した、言ってみればマラソンの父った~い!世に知られていないだけでホントに偉人の金栗実次様!てんてん天下の大人物だってば!…もしもワタクシいつの日か、中村獅童様の道行きに行き会う事でもあったら…「アニキ~!」と叫んでしまうかも~♪
 敬愛する兄上の亡骸に夜通し寄り添う四三先生、脹脛を軽く叩きつつ呟く言葉は、とつけむにゃあは兄上の方じゃったね…そろそろ潮時ばい…

 熊本の心温まるエピの後は、東京の心が荒ぶエピでござい。破門されて食いっぱぐれた孝蔵君、女房に挑発されて納豆売りを始めました。調子はどうだい納豆屋さん今朝も一本…いらないよ!売れねえんだよ!愛想ねえんだもんよ!娘二人が可愛いなあ。連れ出してなでなでしたいくらいに可愛いなああ。不審者になっちゃうからやりませんよ!やらないけどもさ!可愛いねええ~。
 んで余った納豆を持ち帰って、今日も納豆、明日も納豆、これじゃ年がら年中、納豆、納豆…おりんさんは大激怒!私ゃ納豆まぜるために女房になったのかい?孝蔵君が買い言葉で、だったらお前が売ってみろってんだい!激怒した勢いで、ああいいよ!と、納豆抱えて走り出たおりんさん…

 女房が出かけたと思って、油断して本音を語り出す孝蔵君…みっちゃんきみちゃん、こんな飲んだくれの甲斐性なしの世話してくれるのは三千世界広しと言えども母ちゃんしかいねえんだよ…できた女房ですよ、ホントすまないと思ってますよ。ところがどっこい相撲でどすこい、まだ行かねえのかい!おりんさんまだそこにいるじゃん!おりんさんも泣きの涙で、寄席に出て欲しいんです、それだけなんですよぉぉ。泣かせるねい。

 さてさて時は今、昭和五年の春頃ぐれた頃、帝都復興祭がにぎにぎしく執り行われております。十年後は皇紀二千六百年だし、なにか記念事業を考えている東京市長の永田様。そこに秘書の清水様が仰るよう、オリンピックはどうでしょう?東京オリンピック!くるね!紀元二千六百年の年だね!

 時を同じくして神宮のプールが完成!ここでオリンピックをというまーちゃん&治五郎先生の悲願が近づいてきましたで!
さっそく開催される極東大会。そんで超新星誕生!齢十六歳の前畑秀子ちゃん!でたぞ前畑!がんばれ前畑!二百メートル平泳ぎで華麗に見事に日本新記録~!まーちゃんもビックリ仰天じゃんねえ~って、女子更衣室に乗り込んじゃダメだって!ま~ちゃ~~ん!あはは、調子に乗り過ぎて鶴さんにビンタされてやんの♪
 さらに追い打ちの決め打ちは、日米対抗水泳大会ですよ!やるって言ったら必ずやっちゃうんだもんなあ~、ま~ちゃ~ん♪そこに故郷浜松の逸材を投入、わずか十四歳の宮崎選手!ここで経験を積ませて、ゆくゆくは国際大会かああ~!
 なんかこう、日本中を盛り上げる勢いで、ラジオ番組までプロデュースするまーちゃん政治君です。…これ、本職の本社の朝日新聞まで引き込んじゃって、ホントにやりてだなあ。やり手なんだけど…うるさくてうざいわっ!ま~ちゃ~んっ!(汗)。
 そんで改めて気が付いたでまーちゃん!ローズのマリーさんに予言されてた三十歳寿命説ですけど、気が付きゃ既に三十二!なんだよ~もうとっくに行き過ぎてんじゃんねええ~。まああれを真に受けて走り続けたからこその大活躍なんですから、言ってみれば怪我の功名?
 騙したなババアとローズに乗り込むまーちゃん。手相を見て見ろ!手前で勝手に生命線を書き足してやんの♪こんどはローズのマリーさんに日米対抗の予想をさせれば、アメリカが勝つ!よおおしじゃあ勝つのは日本だ!
 と、ここで部長にお願いする一件は、女を紹介してください!結婚したいんですって!うわあ…

 故郷・熊本へ帰ると心を決めた金栗こと池部四三君。体協の治五郎先生にご挨拶に参りました。いやまだ君を失うのは惜しいと慰留に努める治五郎先生ですが、東京にオリンピックを呼ぶんだよと仰いますが、すでにくまモンの意志は決まっておりまする。
 兄が亡くなりましたと告白する四三君。聞いたよ、あんなに元気だったのにと治五郎先生…ひゃあああ!ちょいと待って!なんでなんで、なんで兄上のこと知ってんのよ治五郎先生が?会ってもいないのに会って挨拶してきたって嘘をついた兄上ってのが定説なんですけどもおおおっ!

 いや実は、こないだ上京した時真っ先に講道館にやって来たのよ実次兄上。そんでいきなり道場破りと言い出して、柔道着で挑んだ相手が治五郎先生…思い出しますねえ、いつぞやの風車のヒーロー!かっちゃ~ん!待ってろ~!(涙)
 ぐすんぐすんげふんげふん、ま、まあ今作ではそこまでの命のやり取りではなく、あえなく一本背負いで治五郎先生の勝ち~♪強引に会見に及んだ実次兄上、いだてんの兄でございます!弟が大変お世話になり申した御礼申し上げ~。四三君、涙と鼻水でぐっちょぐちょや~♪今宵の四三君は顔芸が大爆発や!
 兄上が今わの際に仰ったのは嘘じゃなかった!まっこと事実に相違なく!きっちり治五郎先生にお礼を言ってきたから四三は何時でも呼び戻して良かった~い♪四三君も涙涙の大喜びですよ!いやあ、本当にいいアニキだったよなああ。あんなアニキがいたら自分ももう少しまっとうな生き方をしていたような…人の所為にするな?か、閑話休題!

 今まさに万感の思いを込めて体協を去る四三君。ってな所にちゃっかり現れるのはやっぱりこの人、田畑まーちゃん!いっとき四三君とのツーショット。旧主人公と新主人公のタイマンば~い!
 いってみればマジンガーZ対グレートマジンガー?あるいはデビルマン対キューティーハニー?…そんなコラボはなかったですか?こりゃ失敬!
 とにもかくにも丸にも点にも、てんでぎこちないおかしな二人よ!まーちゃんが問う、三度のオリンピックのうち一番の思い出は何ですか?やっぱり最初のチャレンジと挫折を回想しつつ、四三君が答えて曰く、紅茶と甘~いお菓子が美味しかったね!キラリーん♪まっこと真面目なお答えと見受けられますけど、まーちゃんは少々‥って言うか大きく肩透かしって感じ?

 さて四三君が立ち去りし後、まーちゃんがこれまでを振り返って独り言。聞くんじゃなかったね、どうも。でもやっぱり元祖ってのは偉えや、初めて世界と戦ったオリンピッカーといやあ三千世界広しと言えども金栗四三ただ一人!だから俺は認めてんだ。てえしたもんだ。
水連はこれまで陸上の事を目の敵にして来たけどね、金栗さんだけは認めないわけにはいかない、ありゃあまさに韋駄天…って!まだ行かねえのかい?
 そこには照れ臭そうに微笑む金栗四三大権現が鎮座ましましていたのでありました~~~!恥ずかしいったらありゃしない~!さよなら!会釈。闘魂伝承かああ~。
 なんか最近だとアレですよ、仮面ライダーの最終回あたりで次のライダーが顔をお出したり、新ライダーの開幕あたりで前ライダーが活躍したり、ってな感じでしたねええ~。
 んでさああ、ほらほら、まーちゃんよ、四三君がそんなに好きなの?だったらいっそ結婚しちゃえばいいじゃん♪…あ、四三君は既に妻帯者で子供も居ったば~~い!(恥)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック