真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「いだてん」第7回「おかしな二人」

<<   作成日時 : 2019/02/17 20:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 0

なんですかトピックスになってる?最短記録更新ですって!やったね四三君!ついに…え、違うの?最短記録で視聴率が一桁台になった?いやあああ!ま、まままま、あんまり気にせず!なんたってケチケチケー!視聴率に一喜一憂せずに…あ、あれ?社をあげてテコ入れ!?経営陣は浮足立ってますなああ〜(汗)。
ゲフン、、ききき、気を取り直して!おかしな二人!やってましたよねええ、12チャンネルで!正反対の凸凹コンビ、往年のっていうか後年の俺たちの朝とかにも通じる好対照でしたよねええ〜。あ、いえあの、再放送再放送、再放送で見ただけですよおお〜…何の言い訳にもなっていない?あちゃああっ!

 はっはっスっす…いだてん金栗四三君、可児助教とトレーニング。この息継ぎを聞いてると一緒になって、はっはっすっすってやっちゃうんですよねええ〜。この師弟コンビもなかなかおかしな二人。
 治五郎先生の次のターゲットは三島弥彦君!呼び出して説得の運びでございます。これは遊びじゃない!視察だ!…刺殺ではないんですねええ、いああの、去年のフィードバックがあああっ!いきません!返事は急がん!噛み合わないおかしな二人…
 治五郎先生の無慈悲な攻撃、こないだの予選会の記録は怪しいという声が寄せられてる!弥彦坊ちゃまの記録は怪しい、まぐれじゃねえの?っていう抗議文も〜〜!これは…弥彦坊ちゃまのプライドを叩いて反発の闘争心を煽るサンダンス軍曹だ〜!悪い人だなあ治五郎先生!坊ちゃますっかりやる気になっちゃってるよ!

 四三君は先週の兄ちゃんへのお手紙の返事がないのでヤキモキ。費用のめどが立たんのでは、オリンピック参加は無理かも〜ねそ〜うか〜もね〜。こうなったら学校を休学して借金をしてオリンピックに行くううう?可児助教がさすがに反対しております。が、四三君のお答えは…嘉納先生のお言葉ですから〜〜!とつけむにゃく悪い人だなあ、治五郎先生〜。
 可児助教は治五郎先生に食いついた!渡航費用を出してやりましょうよって。んだが治五郎先生大激怒!ないものはない!私は十万の男だぞ!十万って、借金が十万円…千石先生、無茶苦茶です〜。
引率はどうする?大森氏が治五郎先生に持ち掛けます。金があるのに行けない三島、金がなくて行けない金栗…。いやでも…。
 弥彦坊ちゃまは、お酒もたばこもすぱりとやめて、オリンピックに出る気満々!さすがに兄上気が付いて問いただすのですが、坊ちゃまはクラウチングスタートの練習まで始めてはるわ〜。こっちもかな〜り純情で単純で愛され上手の男子はんどすえ〜♪

 四三君の所には兄ちゃんからのお手紙到来!また叱られるのかと戦々恐々でしょう!んだけど兄測らんや!弟ハニカムや!お褒めの言葉が綴られていた!お前は家門の誉れだ、お前はとつけむにゃあ男った〜〜い!やるなあ兄ちゃん!やっぱりアンタもイイ男!いつぞやは風車掲げて、主人公を助けるために突貫かましてはりましたなああ〜(遠い目)。
 田畑を売ってでも金は何とかするという兄ちゃんのお言葉に背中を押され、うれし涙の四三君。可児助教ももらい泣き〜。おかしな二人が抱きあっとうよ〜。ぱぱぱぱっぱぱぱぱぱぱっぱぱぱぱぱ〜〜ん♪何度見ても阿部サダヲ様の平泳ぎはインパクトあるなああ。オリンピッカーたちの雄姿…みんなやりたいようにやればいいのよ!国を背負うとか面倒なこと考えずに自分の野望のためだけに精一杯命の炎を燃やして下され!…って、思うよなああ。いえあの、最近いろんなことがあったもので…。

 おおこれは、とおおんんだサービスカットだ!金栗四三君オールヌードの後姿で水垢離だ!…あのこれ、もしかしてこれが、NHK幹部様の考えたテコ入れ?そして兄上にお礼のお手紙を出されます。この頃のポストは回転式ですか!
 治五郎先生の御面前にて、弥彦坊ちゃまとご対面。いだてんだよ、と紹介する治五郎先生。いだてん!つまりそれが四三君だ!弥彦坊ちゃまとオリンピックコンビ!結成!「いだてん」と「痛快男子」の揃い踏み〜。おかしな二人だなあ、これも。
 そしていよいよオリンピックのエントリーシートにご署名!二人一緒に正式調印!もう後戻りはできまへんで〜!かっちかちの愛され男子、いつも余裕の色男、好対照ですなあ。
 志ん生師匠、今日はあんまり出番がないの?面白おかしく挟んでくるなあ。

 そんでこれからのスケジュールは…シベリア鉄道で二週間かけてストックホルムへ向かう?いい足袋だなああ〜、もとい、いい旅だなああ〜。治五郎先生の他、1〜2名の同行者。
 西洋社会にデビューする以上、西洋式のマナーは必然!飯の食い方まで!大森安仁子様のハードレッスン開始!会場は三島邸!安上がりにできますもんなああ〜。
 かしこまる四三君、気安く受ける弥彦坊ちゃま。金栗天狗とまで言い出しちゃって、相変わらず暑苦しい〜い。四三君はどぎまぎしちゃうって!いきなり相撲かよ〜〜!
 宿舎に帰ると、ご学友たちが、自費で参加だと〜?と、息巻いております。いや兄上が何とか…と、ここで美川君参戦!金栗兄上は石頭で理解がない!そううまくは行かない!
 いやでもしかし、金栗兄ちゃんの実次様ですが、弟の渡航費用の捻出に七転八倒してはる!泣きつく先はスヤさんご実家の春野医院だ!家宝の刀を買うてください!って〜。ここで返ってくる反論は、これ効き目なかったもんね、お亡くなりになったでしょお父さん?そう、この刀は今は亡き父上が魔除けとして頼りにしたところが、薬石功なくお亡くなりになられた曰く付きの一品!
 かねてより四三君を心憎からず思っている素振りだったスヤさんが割って入る!自分の嫁ぎ先、池辺家に相談したらいい!池辺家は庄屋様!資産家のお金持ち〜!金栗兄ちゃんを強引に連れてって、女子力の底力の発動じゃ〜〜い!汽車もぽっぽと後押しじゃ〜い!

 四三君が三島邸を伺いますと、孔雀!妖怪!いやいや、母上様!怖かと〜!いやでも広いわ〜。まっこと豪邸!金持ちだなああ!リビングに漂う嫌な雰囲気。弥彦坊ちゃまはピアノを弾きながら、最近はキャメラに熱中しているんだ〜。母上は妙につんつんした感じで、兄上も帰ってきたわ。
 あり得へんタイミングで自分の趣味は走るだけと言い出す四三君!母上は少し気に入ったみたい。三島母上は薩摩の方、四三君は熊本の方、近いもんね〜。うわ!かえってご立腹だ〜!これはいたたまれな〜〜い!
 その場を逃れてお手洗いに向かいますと、そこにはまたまたまたも何やら立派なお方が!この人が乃木希典大将?ひいいいいいっ!緊張して漏れそうだわ!だめよ!純朴な好青年にいきなりこんな大人物をぶつけちゃったらああ〜〜!恐るべし三島邸!魑魅魍魎の貴人要人のつどう魔界じゃないですかあああっ!

 三島邸のダイニングにて、高級料理を振る舞われて、さっそうと開催されます安仁子先生のマナー教室〜〜!どんどんぷかぷかぷっぷかぷ〜〜♪んだけど四三君、なにからなにまでダメ出しされて、食べ物が喉を通らな〜い、通せな〜い、安仁子のた〜めに〜腹立ちぬ…ではなく!意気消沈!可児先生をミスタークラブ!やるなあ大森奥様…。趣味の写真撮影の弥彦坊ちゃま、んだけどそのレンズの先は…もしかして母上かなああ?
 ちびた下駄で帰りがけの四三君に追い縋るお女中のシマさん。これ良かったら召し上がって下さい!これつまり弥彦坊ちゃまが四三君に気遣ってのお弁当。イイ奴だなあ〜お坊ちゃま〜。
 そんでシマさんは四三君を元気づける。いただきますと言ってもらってうれしかったよ!って〜。んでさらに問いただすのは、十里も走るのってどんな気持ち?…え?もしかして脈があるの?おいおい四三君にモテキが来たのか〜い?と思いきや、いっちょん分からんですとすげないお答え四三君!いやああ〜硬派だなああ〜。銀次郎かよ〜。

 可児助教と永井教授、大森夫妻に悪口オンパレード。お互いに腹の中を探り合うのは、どちらがオリンピックに同行するのかなああ〜?あ、もしかして二人ともか!そろって捕らぬ狸の皮算用…いや!大森夫妻が残らず聞いてはるし〜〜!

 心をすり減らす猛レッスンの中、実家からの返答もなく、自分の本や家具も売ってお金にしようかと算段して、次第次第にに心ふさがる態の四三君でございます。ここで同窓の心の友の美川君、こないだの優勝カップを売ればいい!っていうか、そもそもどうして自腹を切ることになったのかと問いただします。
 四三君がこれまでのいきさつを白状いたしますと、騙されてるよ〜、まんまと口車に乗せられているよ!校長に直談判すべきだよ!千八百円出してくれんと走らんと!なるほどこれは正論正義ですわなああ。っていうか四三君、言われるまで気づいてなかったんか〜〜!

 美川君にそそのかされて、治五郎先生を強襲する覚悟の四三君です。いやでも、ドアの前で聞こえてくるのは、治五郎先生と可児助教の修羅場。私を誰だと思ってる!十万の男だぞ!十万って、それは借金の十万じゃないすか〜。どうすんすか!大丈夫ですか!って、いやあ、治五郎先生の窮地の様子は駄々洩れなのでありました〜。
 これ聞いちゃうともう、渡航費用を出してほしいと言えなくなっちゃうよねえ、四三君は。おういだてん!…と親密に声をかけられちゃって、もう詰みましたよ四三君。本当にオリンピックに行けるのか実感がわかないとかなんとか、わけわかめの茎若芽をくりだすのでありました。

 治五郎先生はぐだぐだの四三君をそのまま受け止めて、浅草へと連れだした。このフロックコートは言わずと知れた幕末の大スター!勝海舟先生に譲ってもらったもの、裏地にきらめく「勝」の文字!初めて欧米視察に赴くときにいただいた!
 この逸品は、ここ一番の時に必ず着る事にしている。んでその背広を、質屋に入れちゃった〜!なんでなんで?なんでどうしてそうするのおお?
 治五郎先生は質屋から受け取ったお金を四三君に渡して、「私個人からのはなむけだ」と、洋行用の服を買えと、残らず渡してくださりました!いやそのうえ上乗せまで!
 いやああ、渡航費自己負担ってのもケチっていたわけじゃなくて、本当にこれ以上鼻血も出ないから言い出された事だったんだなああ…ここまで、ココまでされちまっった日にゃあ…
 感謝感激雨霰、校長…。渡航費用の件なんか切り出せるわけねえべさ!純情無垢なくまモン君に!四三君はお礼を言ってその足で日本橋の三越呉服店に行って、上から下まで準備万端、あつらえましたとさああ〜。そりゃそうだわなあ、ここでこの上、自己負担できませんとか、自己負担しろって言うなら走りませんとか、…言えないよねえええ〜。これはあれだよ、男心に男が惚れて〜って奴ですよ!ね!ね!

 さてさて紆余曲折の果て、見事完成しました四三君の礼服一式。さっそく写真会よ!そのくらい凄い事だったんですねえ、西洋服一式拵えの段!三島邸で撮影してくれるのは弥彦坊ちゃま。いつのまにかこの二人も結構友達になってますねえ。今週のタイトルはここらへんなのかなあ〜?

 治五郎先生と可児助教、オリンピックの同行者の件でお話が進みます。同行者は二名、よろしく頼むよ〜、と治五郎先生。もう一人は阿仁子夫人!いやああ!私と阿仁子夫人ですかと舞い上がる可児助教!そんなわけないでしょおお!監督は大森君、つまり大森夫妻に行ってもらう!
 私は何をよろしくと頼まれたのでしょうと可児助教が問えば、留守番よろしく!だって!紛らわしいんだよ治五郎先生!
 そんな所に永井教授が来訪。奮発しちゃった?シベリア鉄道で途中下車するかもしれないから?ここにもまた舞い上がった中年男性のなれの果てが〜〜!可児助教と永井教授、これもまた、おかしな二人〜〜♪

 記念写真を現像しながら坊ちゃまの言うよう、家族に祝福されている君がうらやましい。うちはダメだね…。四三君が返して曰く、ばってん我が子に関心のなか親がおるでしょうかね?うううう〜〜ん、くまもんと四三君と並べてフィギュアにして欲しか…ゲフンゲフン、な、な、なんてまあ、なんてまあ、まっすぐなお方なのでしょう!いやあ…自分の心根が恥ずかしくなる吾亦紅…。
 お食事会で撮ってた母上のお写真、かなりうまい事撮れているのを現像…やっぱり坊ちゃま、母上に認めてもらいたいんだよねえ。っていうかこんなに母上の内面に迫る写真を撮れるのは、実の息子しかいねえべさ〜。って、お部屋になぜか裸の坊ちゃまのガッツポーズのポートレートが…。

 熊本の金栗家。藁仕事で一家総出で頑張ってんだ〜。痛々しい足の指!イイ仕事したで、子ども衆の足の指!母上も婆上もイイ感じに撮れてます。貧しい家!とてもとても、渡航費用は…(汗)。

 三島家のマナー講座では、またもヘタを打つ四三君。宿舎に帰っても猛特訓よ!そしてトレーニング中すれ違う美濃部君。一所懸命稽古してはるのは富久よ♪さらに四三君が播磨屋さんに持ち込む足袋!どうして擦り切れるんでしょう?走るからだよお!決まってんだろ!
 播磨屋の大将も困り顔。いっそあれですよ、金箔を張り付けて、百式にしちゃったらどうでしょう?…そんな金はなかったですか?こりゃ失敬。
 車屋の清さんは走れば金になる。マラソンは走るのに金がかかる‥か。お金がなくて渡航できない四三君、頭を抱えて泣き出しました。播磨屋さんも結構胸に応えている様子ですけど、だからと言って何ができるはずもなく〜。

 四三君は優勝カップを神様にお供えしてお詫びを…売るつもりか〜!いっぽうご学友の皆様は金栗君のために募金活動!嬉しいなああ〜。本当に思いやりのある男は顔が野生児なんですよ!わかってやって〜!

 四三君は追い詰められて、とうとうこないだの優勝カップを売り飛ばしてお金にしようというサンダンス軍曹!ってなところに!出くわしましたよ、金栗兄ちゃん実次様!こうなりますとモチのロンでポンでチーで、得意顔で振りかざす鞄の中身は!おおいいだてん!「金千八百円、持ってきたば〜い!」やった〜〜〜!やればできる子だって分かってましたよ!兄ちゃん実次様〜〜〜!涙涙のハグハグだ〜〜!

 …それにしても今回のタイトル「おかしな二人」ってのは…。四三君と弥彦坊ちゃま?それとも四三君と実次兄ちゃん?あるいは四三君と治五郎先生?ままま、まさかたまさか八坂のムサカ、可児助教と永井教授?とかとかとかとか〜〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)】第7回「おかしな二人」
…いよいよオリンピックのエントリーフォームに名を連ねる四三と弥彦(生田斗真)。弥彦の豪邸で洋風のマナーを学びながら、四三は、三島家の冷めた親子… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2019/02/18 04:18
大河ドラマ「いだてん」 #07  「おかしな二人」
四三は家族にオリンピックに行くことを認めてもらえるのでしょうか。 まさかの自費でって。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2019/02/18 06:15
いだてん 第07回「おかしな二人」
大河ドラマ『いだてん』のお時間です。 BSを録画にて鑑賞。 第7回「おかしな二人」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2019/02/18 14:11
いだてん 第7回「おかしな二人」簡単です...
??視聴率の低さばかりがニュースになっていますが、いやでも、面白いよ!!!例によって日曜日は8時を20分くらい回ってからしか、テレビの前に座れませんがちゃんと翌日こうして最... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2019/02/18 17:48
『いだてん』、感動した(第7〜8回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第7〜8回の感想です。まずはあらすじ。嘉納治五郎(役所広司)の誘導によりオリンピックに出場する気になった三島弥彦(生田斗真)。一方の金栗四三(中村勘九郎)はオリンピック出場の費用を捻出できずに頭を抱える。 ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2019/03/23 20:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「いだてん」第7回「おかしな二人」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる