真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「西郷どん」第35回「戦の鬼」

<<   作成日時 : 2018/09/16 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

西郷どんいよいよ、戦鬼!覚醒!かな?突然ですが…昔、もーれつア太郎で、柔道の先生からあなたは鬼だと煽てられたア太郎親分が、鉢巻きにニンジンを二本差して、俺はこれだと言われたんだと自慢したところ、子分のデコッ八から「キ○ガイですかい?」と返されたエピが蘇っちゃって、真にふしだらですけど笑って始まる第35回でモス。

ホクホク顔で大政奉還の慶喜様。心底が見抜けない家来たちが反対しますが、慶喜様は余裕余裕。大政奉還したって朝廷には何もできない結局呼び戻されて頼りにされるのはこの俺だ、と〜。
西郷どんは龍馬様に、慶喜公は自分たちの拳を避けただけじゃ、武を持って徳川を倒さなければと解説しますが、それは言い過ぎだ、戦は避けるべきだと大反対。懐に手を入れる龍馬様。短刀に手をかける西郷どん。緊張!てんてっけてんの〜せっごど〜〜ん!

 討つか、おいを?と問いかければ笑い出す龍馬様。懐から出したのはカステイラ。天下の将軍が降参して政権を捨てたことを分かってやれないのかとカステイラを差し出します、が、西郷どんは受け取らず。おいはあの男の事を誰よりも知っている、慶喜は日本の国を自分のものだと思い込んでいる。薩摩だけになっても、おい一人になっても討って見せる!
 そいかね、と受ける龍馬様。これからの国のあり方を語り合いたかったが、あなたとは乗る舟が違うようじゃと席を立ちました。外ではええじゃないかの真っ盛り。紙吹雪の中立ち去る龍馬様。これ以降吉之助と会う事はありませんでした。って、暗殺されちゃうし〜。

 薩摩に戻って藩主親子に上洛して徳川を討てと進言する西郷どんです。幕府はまだ死んでいませんと天子様の勅命…ねつ造でも形は整っております。徳川を討てとの勅命!久光様が本気出したで!失敗は許さんど!すべて西郷が引き受けます!西郷どん、太りましたかねええ〜。
 そしてホームドラマパートでは、糸どん無事出産、吉之助どんのお子様誕生〜。男の子でございます、ご嫡男の命名・虎太郎クン。熊吉さんは滂沱のうれし涙〜。

 その頃京では、龍馬様と中岡様がいっぱいやってます。これは、いよいよ来るものが来たか!あくまでも戦を避ける考えの龍馬様ですが、そんな所に乱入するのはアサシンの暗殺者!定説通りの凄絶なご最期!坂本龍馬様、中岡慎太郎様、新しい時代を目前にして力尽きた〜!
 色気のある足を見せながら、刀に移した自分の傷に絶望する龍馬様!いい演出だなああ〜。慶応三年十一月十五日の事でした。のたうつ二人を他所に、火鉢の鉄瓶は平和に普通に湯気をあげている、対比が効いてましたねええ!こういうの結構好みなんですよ〜。

 龍馬様の災難を聞く西郷どん。そんな所に乱入してきたのはお龍さんだ!あんたがうちの人を殺したんやろ!とまあ、言いがかりのクレームをつけに来たわけですけど、その胸の内を察して思わず思いやってしまう西郷どん。
あんとき兄さあは京にはいなかった、坂本さんを切ったのは幕府にきまっちゅう!と助け船の信吾どん。だったらなぜあの人が殺されなければならないのかと西郷どんに迫るお龍さん。
 あの人は新しか時代になくてはならん人じゃった。おいは守れんかった、すまん!こうなるとお龍さんも矛を収めるしかないわなああ。なにが新しい時代か、こんな事になるんならもうこんでええ!と捨て台詞。ええじゃないかにかき消えていくお龍さんの後姿。やけくそでええじゃないかに加わります。
 お龍さんの姿に一番衝撃を受けたのは信吾どんだったみたいです。まさか兄さあが?いやいやそれはないでしょう…。ってな所で、西郷どんの所に怪しげな薩摩藩士結集!藩士を呼び寄せて密命を下す西郷どんです。江戸で浪士を集めて、大きな商家を焼き打て!薩摩の仕業と分かるように!あちらの連中を怒らせればよかとじゃ!うわあ・・・

 岩倉様は五年ぶりの京に大喜び!西郷どん、一蔵どんにもニコヤカにご会見。西郷どんが岩倉様に申し出る一策は。天子様に働きかけ、幕府の廃絶を宣言してもらってください!
 御所の周りはこちらで固めて幕府の力は及ばないようにしておくと、慶喜を丸裸にするのですと、西郷どんスッカリ悪だくみがお似合いになりもしたなああ〜。
 御所が薩摩に囲まれました!越前、土佐も加わりました!慶応三年十二月九日!御所を占拠した薩摩藩一派、御所の中では話し合いが始まります。そっちはまかせっどと一蔵どんを送り込んで、自分は御所の警護に付く西郷どん。
 我等に弓退くもんは容赦なく成敗スッとじゃ!と檄を飛ばす兄さあの姿に違和感ありまくりの信吾どん。これは付いてけないのも分かりますなああ。
 新たに即位された天子様の下で王政復古の大号令がかかりました!これで260年続いた徳川幕府の江戸時代も集結!この直後、新政府の体制を決める小御所会議が開かれました、が…

 小御所会議では、ここに慶喜公がいないのはおかしいと言い出す容堂様。だったら官位や領地を天子様にお返ししてからだと言う岩倉様。この御一新はおかしいとなおも抵抗する容堂様。この無礼者と対立する岩倉様。そこに春嶽様も加わって、慶喜公を擁護する!
 会議は揉めてきはりましたで!大丈夫でっか?岩倉様!って、あんまり大丈夫そうでもないなああ。次第に劣勢となる岩倉様。
 ここで西郷を討ちましょうと申し上げる徳川家家臣集。御所に銃を向ける、そんな事をしたら朝廷を敵に回すことになると諫める慶喜様。黙れ黙れ!と、そうとう追い詰められてらっしゃる。
 西郷どん怒り心頭。大久保一蔵どんに何をしているのかと問えば、容堂公が粘っている?今ここで慶喜からすべてを奪い取らなければ徳川は必ず力を取り戻す!と危機感に駆られたところに通りがかった容堂公。これ見よがしに短刀を預け、岩倉様にこれを渡せ、そげなコツ短刀一本あれば事足りるだろうと!抵抗するならアンタ殺すぜと言うパフォーマンスですわ!
 国家に仇なす逆心を討つとじゃとまで言われちゃあ、短刀を受け取るしかない一蔵どん。容堂公はいや〜〜んなお顔でおりまする。もおおっといや〜〜〜んなお顔なのは信吾どん。やられてるわ〜。
 そんなこんなで容堂公はこれ以後一言も発せず。徳川慶喜様は新政府から排除されることになりました。そんな所で慶喜様を襲って殺める西郷どん…は慶喜様の悪夢。あ!これをやりたかったから、とってつけたように慶喜様の前で人を殺させたんだね!あの短刀で!いやああ、長い長い月日を隔てた係り結びの法則!こうしてみると無駄なシーンではなかったのか〜。

 終わったと、短刀を返す一蔵どん。おやっとさあ〜と受け取る西郷どん。薩摩藩一同喚起の雄たけび!えい、えい、お〜!
 その雰囲気になじめない信吾どん、兄さあに相談し…ようとしたところに一蔵どん来襲!慶喜が京から逃げた!じゃあ大坂かあと受ける西郷どん。では手はず通り大坂に兵を向かわせる!
 慶喜公への処置が決まったばかりで、すぐに戦を仕掛ける大義名分を気にする一蔵どんですが、既に手は打ってあると自信満々の西郷どんです。さっきのアレか〜!
 大坂城に居を移した慶喜様の所に緊急情報!江戸城二の丸に火の手が上がりあわや大惨事!裏で糸を引いていたのは薩摩です!なにいいい、と怒り心頭の家臣団。ですけど慶喜様、いやいやだからと言って攻撃したら薩摩に戦の大義名分を与えることになると、逸る家臣団を止めにかかっておりまする。
 んだけどしかし、庄内藩が薩摩藩邸を攻撃しちゃった!こうなるともう薩摩っていうか西郷どんの思う壺やし!

 いよいよ運命の慶応四年が明けました。西郷どんの目論見通り、徳川を叩く口実が出来もした!薩摩藩邸が爆撃され多くの藩士が命を落とした。旧幕府軍はこの機に乗じて既に大阪より攻め上って来ちゅう。西郷どん&一蔵どんが兵たちに申し渡しております。旧幕府軍は一万五千と聞いて一瞬怯む皆の衆。
 ここで中村半次郎どんが立ち上がった!長州征伐を思い出せ、幕府の数が多くてもボロボロに負けた!今度の戦いは苦しくなるが、心して掛かれと激る一蔵どん。我ら薩摩は天子様のご命令により天下万民を守る正義の軍!徳川は朝敵!慶喜は大逆臣!じゃで此度の生沢大将の首を取って終わりとする!それまで死力を尽くして戦いぬけ!言うねええ〜。
 旧幕府軍も意気上がっておりますが、しかしここに慶喜様の姿はなく。病に臥せってんの?慶喜様を慰めるおよしさん。本当は西郷さんが怖いんでしょうと問われて怒る慶喜様。どこまで追いかけて来るのかあいつは!

 キビキビと指示を飛ばしている西郷どんに再び話を持ちかけるのは信吾どん。兄さあはあれだけ戦を嫌っていたのに大戦を前に喜んでいるように見えます。どうして?と問えば、慶喜公は日本を異国に売り払おうとしている、息の根を止めるしかないと返す西郷どん。
 戦で迷惑するのは民たち、と言ってましたよね?と縋る信吾どん。もはや手段を選んでいる時ではないと肩透かしの兄さあですよ。まあ時代はそうですよねえ〜。
 もう一つ聞きたいとなおも縋り付く信吾どん。切ないほど小柄だなあ。江戸の薩摩屋敷を襲わせたのも兄さあの考えた事ですか?その通りじゃ、ほどほどではいかん、おいはあの男を地の果てまでも追い詰める!藩士たちの命まで何とも思わなくなっている兄さあの姿ですよ。
 兄さあは鬼になってしもた!戦の鬼じゃ!ああそうじゃ、おはんも死力を尽くして戦えと、厳しく冷たい顔で突き放す西郷どんなのでありました!んだけどこのくらいでなければ戦いには勝てもはんで〜〜。
 戦の…鬼になってしもうた…あああ、西郷どん。今宵はここらで良くなかった模様でございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【西郷どん】第35回 「戦の鬼」感想
…「大政奉還」を断行した慶喜(松田翔太)の裏側に龍馬(小栗旬)の手引きがあった。吉之助(鈴木亮平)は龍馬と討幕をめぐり決裂。そんな時、龍馬が惨… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2018/09/17 07:08
西郷どん 第35話「戦の鬼」
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSを録画にて鑑賞。 第35回「戦の鬼」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/09/17 17:01
大河ドラマ『西郷どん』第三十五回
『戦の鬼』内容吉之助(鈴木亮平)が、倒幕の準備を進める中、将軍・慶喜(松田翔太)は、突如、大政を奉還する。龍馬(小栗旬)の差し金であることを見抜いた吉之助は、慶喜の意図を読みきり、龍馬を前にしても、倒幕の意思が変わらぬ事を告げる。出兵を進めるため、京より薩摩へ戻ってきた吉之助は、“勅命”をもちだし、久光(青木崇高)茂久(長田成哉)を説得。自らの責任で出兵すると吉之助は宣言する。そんななか、京... ...続きを見る
レベル999のFC2部屋
2018/09/17 21:04
第35
...続きを見る
半秦絆記
2018/09/23 19:50
『西郷どん』、面白くはある(第35〜36回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第35〜36回の感想です。まずはあらすじ。大政奉還の成功により、振り上げた拳のやり場をなくす西郷吉之助(鈴木亮平)。坂本龍馬(小栗旬)の無血改革路線とは一線を画す吉之助は、藩士に命じて江戸の商家の焼き討ちを ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/10/14 19:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
 慶喜公は大政奉還後も大君として君臨する気だったようで、食えない人ですね。
 いよいよ西郷どんが豹変、温厚な人が変わると恐ろしく映るんですよね。いつも怖い人なら「またか」程度ですけど。
 龍馬さまが非業の死、西郷どん、土佐の後藤象二郎に「早く藩邸に入れてればこんなことにならなかった。」と責め立てたそうですし、西郷どんにもショックな出来事だったんでしょうか。 
 そして王政復古の大号令、政治手法が赤鬼様に似てる気が・・慶喜公も見てたのに。飲んでる場合じゃ。
 しかし最後の戦の鬼じゃといわれて、「あ〜そうじゃ。」と、ちょっと前の西郷どんなら落ち込むところを、いい表情になりました。
鹿二郎
2018/09/23 20:51
鹿二郎様、お今晩は〜。
大政奉還前後のやり取り!そこが実に興味深いと思うんですよ〜。大政奉還イコール白旗ではなかったあたり!それが結局会津戦争にまで繋がっていったのではないかとおお〜。
坂本龍馬暗殺!ほんなごつ下手人は誰だったんでしょうねええ。
王政復古の号令から廃藩置県の道筋もまた実に興味深く〜。いったいどこで裏切られたと怒って内戦に進む道筋が!
鬼と化した西郷どんですけど、確かに良いお顔でしたけど、動機づけをもう少し厚めに描いてほしかったかなああ、って〜〜。
真田
2018/09/24 00:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「西郷どん」第35回「戦の鬼」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる