真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「西郷どん」第34回「将軍慶喜」

<<   作成日時 : 2018/09/09 20:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

家茂様が将軍になられた時点で、次代将軍になる目はなかったんだと思うんですよ、慶喜様〜。しかもしかも、しかもたぬきもいのししも!将軍様も様も天子様も崩御される頃、幕末の政治情勢は波乱の展開となる予感〜。

長州征伐に力を籠める慶喜様。ですが、第二次長州征伐は、一向にやる気の出ない幕府方に対し新たな兵器と強い味方をゲットして意気上がる長州軍。これはヤバいでと思ううち、大坂城にて将軍家茂様が病死!徳川を頼みますと慶喜様に言い残して身罷る〜。休戦に持ち込むしかないで!
よっしゃああ!これで幕府の威光は地に落ちた!大喜びの岩倉具視様。大久保一蔵どんと勝海舟先生と呉越同舟勝海舟で意気投合している所に、うかうかやって来たまた罠にかかった大きな猪!ではなく!我らが西郷どんなのでありもした〜。てんてっけてんの〜せっごど〜〜ん!

 まさか勝様と岩倉様がご昵懇であったとはと驚く西郷どん。これつまり、勝様は幕府方にいるエージェント!?勝様が仰る情勢は・・・
 将軍を空位のままにはできないと白羽の矢が立ったのは、こないだうち大活躍のヒー様こと一橋慶喜様なんですけど、徳川家は継ぐが将軍の座は辞退するとおっしゃる。前になろうとしてなれなかった将軍なのに…へそ曲げたの?いやいやこれは、あえて遠慮してみせる老獪な戦略でしょうそうでしょう。固持して固持して、それでもっていうのなら引き受けようって、自分の価値を高めようっちゅう。小狡いなああ。
 割を食ったのは勝海舟先生でございモス。将軍がいないんで一人で全責任を持って長州との休戦交渉。喪に服すために休戦したい。徳川は一大名に戻ってもいい!戦を止めよう!命がけの説得ですけど、まあこれ、実質的に言ったら幕府側の大敗北でしょう!

 さてさてここで息を吹き返す妖怪・鶴瓶落とし…じゃなくて岩倉具視様。これで天子様を中心にした政を!公家衆に働きかけて建白書提出!宮中改革やら諸侯会議やら、ってつまり公家が中心となって政を行おうっていう魂胆の野望の御一新の策略でんがな!
 西郷どんは、慶喜様が将軍を辞退しているのは形ばかりだと見抜いている感じですけど〜。だがしかし、今上陛下は現状維持をお選びになられ、またも慶喜様をお呼びになって慶喜はそばにいてくれぬのかとご説得。かなりお加減の悪いご様子。…結局満を持して征夷大将軍に就任することになりまして候〜。フランス式の軍装がカッコええで〜!フランス公使のロッシ様と近づく構え?
 何を考えているのかと慶喜様の心底を窺う吉之助どんと一蔵どん・・・ってな所で!運命の慶応二年、帝が崩御なされました!なんでしょうこれ、このタイミングって、もしかして改革派による暗殺?みたいな噂もございましたそうな京その頃の世情かな。いやいや、でもでも、岩倉様は追い腹を斬る覚悟!この人はシロですよ〜。

 当然東宮様が皇位継承されるわけですけれど、まだ15歳とお若い帝となられるわけで、こりゃあうまい事懐柔して操れると、いろんな人の心に野望が生まれる展開が予想されますなあ。
 もちろんそれは西郷どんにも。慶喜様と袂を分かって敵として認識してましたし、これで戦う相手も進む道も決まって来るんじゃないですかねええ〜。今後の情勢を岩倉様にそそのかす、西郷どん&一蔵どん、それならばとさっそく事を開始する岩倉様。
 西郷どんと一蔵どんは諸侯会議の開催を提案したわけです。前に久光様が泣かされたあれですかね?んだけど今度はちゃんと長州の処分を許してもらい、朝廷中心の政治をしようっていう目論見です。
 西郷どんの巻き返し、諸侯会議再び!薩摩、土佐、越前、宇和島の四候会議とリニューアル!薩摩に戻って久光様に、今度はちゃんと出席して長州問題を解決して欲しいと直訴。一応これは受け入れてくれた久光様でございます。
 返す刀で今度は土佐にやって来た西郷どん、藩主山内容堂様にお目通り…よく叶いましたなああ。んだけどここは強引にGO!四候会議に出席して下さるよう願い出るわけですが、その傍らには慶喜様の書状が!とおおんだ二枚舌だ〜。さらに宇和島にも向かう西郷どん。遠い越後には一蔵どん向かいました。全て良好。

 そしていよいよ慶喜様の元に集まりし四候の面々。久光様は長州の処分について話し合おうと提案されるおつもりですが、まず写真機を持ち出して一同の気を抜く慶喜様。
 余は既に征夷大将軍徳川慶喜だ!覚悟はできておるのかなと言われて黙っちゃう久光様。慶喜様はそんな事より兵庫開港問題の方が先だという主張!写真撮影に持ち込まれちゃって!久光様は惨敗さああ!
 この場に陪席していた西郷どん、口を出すことは出来ず歯ぎしりするのみでございもした。結局何も結果が出ないまま解散!二度目の四候会議もご同様。
 更に慶喜様は外国の公司たちを招待して、日本の代表は徳川だと認識させてまいります。大逆転の満塁ホームランじゃ〜!フランス公使様は、これであなたが日本の支配者、私怨はするから薩摩長州を滅ぼして!その為調地の一部をおくんなさいと、悪魔のささやきじゃ〜。

 一段落してお宿に帰ってお虎さんとウナギを食べに来た西郷どんです。江戸前大蒲焼って暖簾が出てますねえ。っと、こんな所に、ふきどんのお芳さん登場?ヒー様は最近異国の方とばかり会っている、時折「薩摩」と聞こえてくる。恐ろしくて仕方なか、あの方が何かとんでもない事をされるんじゃないかと…と仰るふきどん。
 薩摩屋敷に来てはどうかと申し出る西郷どんですが、あの方が心配でおそばを離れられませんと言うふきどんなのでありました。
 慶喜様が各国公使と会っていると聞いて、こんどは西郷どんがアーネストサトウ様にご対面。サトウ様つまりエゲレス公使館の通訳の方でございモス。通訳つまり窓口的な役割もあったんじゃないですかね。
 サトウ様曰く、フランスは幕府に猛烈な支援をして、その見返りに薩摩を領地として差し出せと主張している。我がイギリスは逆に薩摩をいくらでも支援するつもりだ、と〜。日本内戦大戦争を起こせって、悪魔のささやきですよ〜。そこに付け込んで植民地にしちゃう積もりでしょう?コワイわ〜。
 エゲレス公使パークス様にお伝えください、自分の国の事は自分らで解決しますと答えた西郷どんですが、心配するのは幕府・フランスの間柄。向こうもやっぱり支援すると持ち掛けているのは間違いなく、慶喜様がそれにうかうか乗っちゃったらもう大変!
 慶喜様は異国に日本を切り売りするお積もり!?これはまずいで!もう腹をくくるしかなか!武力をもって徳川を討つ!一蔵どんに胸の内を明かす西郷どん。向こうも捨て身、こっちも覚悟を決めなきゃ幕府を倒せん!倒幕の計画が立ちました!ならまず長州じゃ!心を合わせる刎頚之友二人!いやああ、緊張感のある芝居でしたな〜。

 さてここで必要となりますのは討幕の勅許!つまり朝廷に働きかけてこっちに与してもらうサンダンス軍曹!ここで頼りになるのは岩倉具視様だ!西郷どんが倒幕の勅命を賜ってくれと持ち掛けた!徳川慶喜公を討ちます!今しかございません!シリアスや〜。
 倒幕の詔て気軽に言うけど、そんないけへんどと二の足を踏む岩倉様。このままでは慶喜様は日本の国を異国に切り売りしますど!えらいこっちゃえらいこっちゃと深刻になる岩倉様。
 一蔵どんは毛利様に直談判で上洛のお願い!他藩にも盟約を取り付けていきました。薩摩藩士たちは、今度も武力で脅かして戦わずして勝つ算段でしょうと西郷どんに仰いますが、当の吉之助どんはマジで武力で倒幕する決意を固めているんだよなああ〜。

 龍馬様は土佐の山内容堂様に直談判よ?そんなわけあるか〜〜い!んでも直談判よ!このままでは土佐は時流に取り残されてしまう!実は妙案があると言い出す龍馬様。倒幕の作戦に乗りそこなった土佐が、戦をせんと幕府を取りつぶす策がある?いいい、一体それは〜〜〜!あ、大政奉還か〜?

 京の師走の風の中、ええじゃないかの声がする。お札を撒いて乱痴気騒ぎ、ええじゃないか運動が始まりもした!ええじゃないか、ええじゃないか、えじゃないか!
 岩倉様は近隣に根回しの上、天子様の幕府追悼の、詔を偽装した!岩倉様曰く、お前らが勝てば後はどうにでもなる!かめへんかめへん…勝てば何とかなるって?ええじゃないかええじゃないかええじゃないか、はっはっは…まさに妖怪!岩倉具視!大きな石が転がり出したで〜〜♪
 だがしかし!敵もさるもの引っ掻くもの!慶喜様自ら大政奉還!つまり天子様から預かっていた政を返上いたしますと大宣言だ!これからは朝廷と手を取り合って政を行う!って〜。
 よいじゃないかええじゃないかえじゃないか〜。京の町は乱痴気騒ぎが絶好調〜。

 龍馬様は大感激?よくぞ決心してくれたと大政奉還された慶喜様を褒めたたえる構えでございます。あ、土佐から大政奉還の建白書を出させた張本人が龍馬様か〜〜い!これで日本は新か国になる、雨漏りも治る!という龍馬様ですが、んだがしかし!そおおじゃないだろと言う西郷どんでございモス。どうしたこの大人物ぶり!
 慶喜様は先回りして逃げおおせただけじゃ!政権を返したところで朝廷には何もできんち!すぐにまた政権は慶喜様の手に戻ってくっち!結局何も変わらないの!もう武を持って徳川を潰すしかなか!という西郷どん。
 今戦をすれば異国の思う壺!あくまでも武力衝突を避けようと言う龍馬様と、ここで袂を分かつ事となりもした。なんとしても慶喜を討つ!息の根を止める!
 今宵はここらで良かろうかい。西郷どん、どうすっとな…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【西郷どん】第34回 「将軍慶喜」感想
…間もなく孝明天皇が崩御。吉之助(鈴木亮平)と一蔵(瑛太)は岩倉(笑福亭鶴瓶)と共に有力藩主たちで四侯会議を開き幕府をけん制しようとするが、慶… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2018/09/10 04:58
大河ドラマ「西郷どん」 #34 将軍慶喜
岩倉の家になぜか勝海舟が。 家茂死去というこの一大事なのに、なんで?? ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2018/09/10 06:44
西郷どん 第34話「将軍慶喜」
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第34回「将軍慶喜」  あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/09/10 16:09
『西郷どん』、盛り上がってきたかな?(第34回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第34回の感想です。まずはあらすじ。14代将軍徳川家茂(高杉真宙)の死により第二次長州征伐を中止せざるを得なくなった徳川幕府。これによって西郷吉之助(鈴木亮平)ら倒幕派は勢いをつけたかに見えたが、15代将軍と ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/09/28 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、遅くなりました。
 慶喜公が将軍になり、ここでは幕府を立て直せる自信があったんでしょうね。 
 しかし列強の悪魔の囁きは魅力的ですね〜 インドや清で成功してますし。 しかし情報は日本に伝わってたわけで。 薩摩がその餌食にされかけてると聞いて、西郷どんも本気になったようで、いよいよ本領発揮ですね
鹿二郎
2018/09/23 20:37
鹿二郎様、お今晩は〜。
慶喜公にあらせられては、ちゃんとやっていく自信はあったんでしょうねえ。
インドや中国の悲劇を分かった上で、そういう風に持って行かない策があっても良いような気がいたします。
ただまあ、その見返りに薩摩を差し出すってのはちょおおっとムリ筋!ここは西郷どんが立ち上がる景気ですよねええ〜え。
真田
2018/09/23 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「西郷どん」第34回「将軍慶喜」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる