NHK大河ドラマ「西郷どん」第32回「薩長同盟」

いよいよ今週薩長同盟!西郷どんの偉くなるプロセスが少々インスタントっぽかったっていう毒舌はこれを限りに封印しましょ!お口にチャ~~~ック!

慶応元年八月、慶喜様は舞踊りの遊興にふけってるの?と思いきや、これはフランス公使のご接待。つまりフランスと結んで幕府の後ろ盾になってもらうサンダンス軍曹か~!?てんてっけてんの~せっごど~~ん!

 日米修好通商条約に始まる、安政の五か国条約!横浜なんかはさっそく開港してたみたいですけど、その後遅々として進まず。条約通りの開港開市は足止めのまま、もうじき7年!これは各国の皆様もやきもきヤキモキいたしますわなああ~。
 んで慶喜様の采配で、兵庫沖にオランダ・フランス連合艦隊出没!京阪は大騒ぎさあ!さすがの帝もこれには焦る!焦る帝に取り入るヒー様!っていうか手を引くと脅かして!異国の脅威を盾にして第二次長州征伐の詔をゲットだぜ!そんなんしている場合じゃないと思うんだけど、帝を言いくるめるのは簡単だったんかなああ~。
 いまさら薩長同盟をおじゃんにした責任を感じていた吉之助どんですが、これは少々お気の毒すぎて~~。

 第二次長州征伐が敢行されて幕府の威厳が盛り返したなら、立つ瀬のなくなる岩倉「ヤモリ」具視様!怒りまくって吉之助どんを責めております!さっさと長州と手を結ばなかったからだと~!
 こうなったら一橋と手を組むとまで言い出す慶応の大怪人の攻めを受けて参っているのは一蔵どん!胃が痛いの?胃弱体質ですなあ、この人は~。とにかく三角四角い仁鶴、急病じゃあ仕方なしと話し合いを切り上げて、一蔵どんを秘密の邸へ運ぶ西郷どんでございます。
 と、そこにいたのは!いたのはいたのは!一蔵どんの京の妻・・・ってのは綺麗すぎですか?つまりこの、お妾様のおゆうはんだ~~!前々から妖しいとは思っておりました!やっぱりねええ!男なんて結局こういうもんなんですよ!信じたあなたがバカを見た~~!・・・ゴホン、失礼、このお話は幕末の時代、としたらこの程度は、よくある話じゃないか~と、流すべきでした!失敬失敬!西郷どんだって言ってみれば重婚ですものねええ~。

 一息ついた一蔵どんが持ちだす書状!各藩に向けたもの?こんな時の為に書き溜めてた!それを見て西郷どん驚愕!天子様がお許しになったことでも天下万民を納得させられないモノであればしたがう必要なし!長州征伐の勅命などスルーせよ!っていう~。とうとう大げんかを始める覚悟を決められましたな一蔵どん。こういう真面目な人がいったん切れたら手が付けられないんどすえ~♪一見冷静、心の中は灼熱の情熱の男~♪
 この写しを天下に広める!長州を救う最後の望みじゃ!自分の命が危なくなるのに一歩も引かず攻めダルマと化している一蔵どんでございます。こうなりますと盟友・吉之助どんの心にも火が付いた!書状の差出人は一蔵どんと吉之助どんの連名にして、一蓮托生友情タッグ!バロメーターはマックスだ!行くぜ番長!良し来いチビ!薩摩クロスで変身だ~♪
 書状を見て岩倉様は大笑い!慶喜様は大激怒!徳川陣営大ショック!薩摩で生まれたこのうまさ~。・・・お好み焼きではなく、一蔵どんの反抗文書!諸藩の皆様は、それもそうだよなああって弱気になっちゃって、けっきょくこれが戦意喪失につながったんだとか~~。

 各所に論議を呼んだ友情文書ぎゅんぎゅぎゅんですが、当然長州勢の所にも回ってまいります。伊藤俊輔・・後の千円札の伊藤博文であ~る、様の所にも回って来まして、さっそく桂小五郎様の所にもご開帳ご開帳。
 奇兵隊をはじめとする各隊のメンバーは薩摩の書状に大喜びですとか。んだけど桂様は頑なに、私は騙されんぞ!薩賊の事などもう二度と信じるもんか!・・っていう程、桂様ご自身が迷惑を被った描写が果たして、今作の中にあったかなあと疑問に思うのは私だけですかねええ・・・なんかこう、女々しいなあ。
 薩摩藩邸の村田どんや大山どんは、聴取と手を組むなど承服できんと、西郷どんへの敵意さえ生じた模様でございます。いっぽう西郷どん&大久保どんは何とか桂と話し合わねばと考え、西郷どんが頼みにするのはやっぱりあの人!

 長崎の坂本龍馬様に仲介を頼みこむ西郷どんでした~。諦めの悪い男だと大笑い?そこは、あなたも大分粘り強いとか言って欲しかったのかなああ~~。亀山社中を結成し、英国商グラバー様とつるんで大儲け?おんしも商人よのう~♪
 ってなところに西郷どんが言うのは、これは商いの話!え?どんな?西郷どんの策ははつまり、薩摩の名前で仕入れた武器や軍艦を、長州へ引き渡し、その見返りに米を融通してもらいたい!薩摩は不作の米不足~~!これ、双方にとって、ウィンウィンの名案なんじゃないですか!それで盟約締結か~、さすがは覚醒西郷どん、いい所を付いてきますなああ。
 龍馬様が手を差し出して、シェイクハンド?話がまとまったらシェイクハンドするぜよ!西郷どんは明後日の方角に手を出して、むりやり龍馬どんが握り返して、シェイクハンド成立~~!西洋ではこういうのが流行っちゅうがじゃ~~?

 さっそく長州に信式銃の実演販売に参上した龍馬どん!これが最新のミニエー銃!あまりの破壊力に一同感嘆!すごいな~、ジャパネットもはだしで逃げだす商売上手だよ、龍馬様~~!
 んだけどかたくな~な桂様は断固お断りだ!薩摩なんか信用できないって?長州はもう死を覚悟している?どうせ我らの次は薩摩だ?あまりにもガンコな桂様の態度に切れちゃった龍馬様は、ええかげんにしいや!おまんのせいで日本が滅びてしまうぜよ―!
 怒りの龍馬様、長崎のグラバー様から預かった書状を伊藤様に押し付けて踵を返す~。え、この写真はいったい何?狭い日本の中でちまちますんな?つまらんぜよ?伊藤様が随分小物に見えちゃってもう…(汗
 長州藩士の皆様は、薩摩の手を借りて新式銃を手に入れるのを良しとはせず、皆揃って討ち死にじゃ~。・・・死んで花実の咲くものかと思うのは現代人のワタクシだからですかねええ・・。あれ?桂様もなんだか気に病んでるみたい?っていうか、今作の桂様をじっくり見てると、これは会津のあのお方・・みたいに見えちゃってもう!やきもきしちゃうわ!!

 そんなこんなで慶応2年1月、桂様は京の鍵屋にやってまいりました!お伴は伊藤様ですか?大人の判断で済まなかったと頭を下げる西郷どんと一蔵どん。ンだがしかし桂様、無理難題を押し付ける書付を持ち出されましたで!
 薩摩は長州を裏切らず、長州の朝敵と言う汚名を返上するべく・・とにかく薩摩がへりくだって一枚も二枚も三枚も四枚も譲って謝ってろよ!っていう~。龍馬様でさえ、さすがにこれはやり過ぎじゃとダメ出しのドッチラケ作品!最初から同盟を結ぶ気はないのであろうと、怒って突き返そうとする一蔵どん、吉之助どんは明日まで考えさせてくれっていう慎重姿勢!

 翌日藩邸にて、小松帯刀様、桂久武様に相談する西郷どんです。桂殿が恥も外聞も悔しさも捨て書かれた文章、これには報いてやりたい構えの西郷どん。んだが小松帯刀様は、だったら長州から薩摩に頭を下げさせてから出なくてはだめだと釘を刺す!
 苦渋の選択で首を縦に振った西郷どんのところに長州の伊藤様が訪ねて来られました。お願いがあってまいりました!差し出す書状はさっき龍馬様から預かったアレ!この写真は・・まさか遠きエゲレスでこのような縁があるとはのう・・。これを明日の話し合いの場に持ってきてくれと申し出る西郷どん。これはきっと隠し玉の必殺技なんだな!

 いよいよ同盟の話し合いの煮詰まって来たお花畑と名付けられた小松邸の協議会。どっちが先に頭を下げるのか、丁々発止の・・っていうか無言の行の長時間。腐っている龍馬様。
 そこに乱入してきたのは、大山どん&村田どんと、そのお仲間社中の面々~。長州と手を組むな!薩摩まで朝敵にする気かと声を荒げる乱入斑。
 西郷どんも対抗して、ええかげんにせんか!これは幕府の思う壺!日本を守るためじゃ!おハンらが変わらねばこん先はなか!そいが分からんもんこそが朝敵じゃっ!
 桂小五郎様はしびれを切らして席を立つ構え?それを止める西郷どん、そげんこんなか!おいたちにはできもうす!そいじゃのう、伊藤殿!
 んでここで出されたのが、先ほどらい何度も出てきた、龍馬どんから伊藤どんに託されたお写真!何じゃこれは?こいは誰ゼよ?と龍馬様が問えば、これはあいつだあいつだと頷く薩摩の衆。そして桂様も、こいは長州のものが写っておると~。
 実は同時期にイギリスに留学していた、長州藩士と薩摩藩士が仲良く手を携えて一緒に写ってる!最初はいがみ合ってた同士でも、遠い異国では長州も薩摩もなく、日本の行く末を話し合う仲になったんだとか~!
 お金に困った長州の方に1ポンド貸してくれた薩摩の気の良い留学生。この方はその後肺炎で亡くなられたんだとか。これにはすっかり気おされちゃった反対勢力&桂様。若者たちはもうとっくに助け合ってんだって!しゃしゃんのしゃんで手が打たれまして~。

 さてここで西郷どんは、桂殿の申し出すべて受け入れますと仰る!肩透かしの術か~。とにかくひたすらすべてを受け入れて頭を下げちゃった!小松様の戒めに逆らっちゃった!
 彼一人にやらせちゃいかんと、ここまで来たら我らも潔く腹を切りもんそ、と覚悟を決めて、一緒に頭を下げる一蔵どん。何度も言わすな、おい達はまちごうちょらん!友情だ~!小松様も桂様も、他の薩摩の面々ももはや覚悟を決めて、一緒に頭を下げ始めたで~。とうとう村田どんまで頭を下げた!
 こうなると長州勢も少し退くしかないようです。桂様曰く、こりゃあ我らの負けじゃな!などと言い出す。やっぱり侍は面倒なもんじゃと、照れ隠しをしつつ仰る龍馬様。西郷さん、いまこそその時!お望みのシェイクハンド!と、握手を促す!
 桂様はシェイクハンドについて既にご存知のようで、西郷どんの対面に座して手を出し、西郷君よろしゅう頼む!と、勢いよく雄たけびあげて、西郷どんがっしり、こちらこそお願いいたす・・・シェイクハ~~ンド!まあね、つまり握手ですよ、握手。
 って、その傍らで龍馬様と一蔵どんもシェイクハンドだ~。いやああ、熱い男たちの魂と魂のシェイクハンドなんだなあこれが!気温も熱くて、キーボードがベタベタしてきたわ・・・(汗

 そして慶応二年一月二十一日、薩長両藩力を合わせて日本のために真心をもって尽くしていこう!薩長同盟締結~~~!今宵は、ここらで、良かろうかい。

 内に秘めた一蔵どんの熱き心、自分で蒔いたフォトグラファを自分で驚いて長州勢も薩摩勢も意のままに操った龍馬様の役者ぶり、それを受けて我慢我慢の命がけの自重の鎌足だった西郷どんの覚悟、何から何まで、良かろうかい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鹿二郎
2018年09月02日 20:01
こんばんは。
 外圧を利用して詔ゲットの慶喜様も、詔を非常手段で否定する西郷どん、大久保どんコンビも、政治手法が赤鬼様じみてきましたね~
 そして薩長同盟へ。 しかし奇想天外、驚天動地な同盟なのに、そこまでの描写がはしょりすぎかと。同盟交渉自体、西郷どん、主導権を握る為に話をはぐらかして桂様を、おちょくるような行動で、激怒させてるのに、ここでは土下座、誠実さを追及するのもいいですが、もう少し老獪な西郷どんが見たいものです。
2018年09月04日 21:03
鹿二郎様、お今晩は~。お返事が遅くなって済みませ~ん!
いやあ…ひどい風でした!もう飛ばされるかと思った!
もうもうもうもう、冗談にも、この空を飛びたいなんて言うものかと心に誓った今日この頃の閑話休題~。
結局日本の変革って、詔の偽造合戦みたいなところがございますよねえ。錦の御旗まで急ごしらえのマガイモンだったって話じゃないですか!
尊王の志からしたら、どうなんですかねえ、この事態~。
薩長同盟までの経緯をもっと描いてほしかった!確かに!主人公をあどけなき清廉潔白な正直者みたいに設定してしまうのはちょおおっと興ざめ感が漂いますねえ。子供番組じゃないんですから~(汗)。
いやでも、子供番組でも、世のため人のために活躍する主人公が実は悪の科学者の記憶改編で、しかも悪者に利用されてただけだったみたいな怒涛の展開があるもんですけどねええ、最近は~。、

この記事へのトラックバック

  • 西郷どん 第32話「薩長同盟」

    Excerpt: 大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第32回「薩長同盟」 あらすじ・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2018-08-26 21:03
  • 【西郷どん】第32回 「薩長同盟」感想

    Excerpt: …吉之助(鈴木亮平)は亀山社中を訪ね、龍馬(小栗旬)に再び長州との仲を取り持ってほしいと頼み込む。長州のために薩摩名義で銃や軍艦を買い揃(そろ… Weblog: ドラマ@見とり八段 racked: 2018-08-27 04:28
  • 大河ドラマ「西郷どん」 #32 薩長同盟

    Excerpt: 最近、リアルタイムで観れていません。 ということで、簡単に。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2018-08-27 18:15
  • 『西郷どん』、史実改変はよくないって(第31~33回)

    Excerpt: 皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第31~33回の感想です。まずはあらすじ。元土佐藩士の坂本龍馬(小栗旬)を伴って薩摩へ帰国した西郷吉之助(鈴木亮平)。薩摩では大久保一蔵(瑛太)が国.. Weblog: Coffee, Cigarettes & Music racked: 2018-09-12 19:02