真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「西郷どん」第10回「篤姫はどこへ」

<<   作成日時 : 2018/03/11 20:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 2

もうあれから7年たちますか・・。大震災の時は流石にブログ更新どころではございませんでしたっけ。これまで経験したことの無い大きな揺れ、どんな映画でも見たことの無い津波の映像。そして原発・・
電車が止まって、行くところもなくて、丘の上から東北の方角を眺めて、あの空が光ったらみんな死ぬんだって、ぼんやり考えていた無気力な日々。
本日の報道を拝見しますに、段々と復興も進んできた由。とは申せその歩みは遅くまだ途中だそうですけど、今宵はひとつ、平和を噛み締めつつ大河ドラマを楽しむ事といたしましょう。

 ようようお江戸にやって来た吉之助どん。お庭方の密偵を命じられて訪れた水戸斉彬邸。そこで出会った一橋慶喜様!あなたはヒー様でしょう!と追及されても知らぬ存ぜぬを通された慶喜様。とはいえ斉彬様から斉昭様への密書配達の任務は見事果たした吉之助どんでございます。考えてみたら斉・斉コンビでしたか。もしかしてベストマッチのナイスバデー?
 相方が手紙を破り捨てたと聞いて、面白いお方じゃとお笑いになるのは斉彬様。そしてお前も面白い男だと吉之助どんにもお褒めの言葉。何が良かったかって、慶喜様と知り合いになってきた所〜!もうちょっと一橋様と懇意になれないかと持ち掛けます。
 次のミッションインポッシブルは、ヒー様とお友達になる大作戦か〜!なんだかプリキュアみたいなミッションでございますなあ。
 そんな斉彬様を通眼鏡で密偵しているのは篤姫様と虎寿丸様つまり斉彬様のお世継ぎ様。仲良く遊び暮らしてらっしゃいますなああ〜。ってなところに国からのお手紙!あらなんだか愕然としている篤姫様。実の父上が無くなった報せ?これは流石に深刻だなあ、篤姫様。
 篤姫様の悲しみを振り払って、てんてっけてんの〜せっごど〜〜ん!

 さっそくヒー様と出会った品川宿は磯田屋にやってきたキュアキッチー・・じゃなかった吉之助どんでございます。誘われて一緒に来た大山どんと有村どんは大喜びさああ。おまけの二人はそれぞれに顔なじみを伴ってお二階へ〜・・
なんたって今回は御庭番という名の密偵マターですから堂々正面突破のつもりだ吉之助どん。ヒー様はいるかと問うてそのお座敷に強引に乗り込んだ!ふきちゃん改めおよし様は喜んでますけど、当のヒー様は迷惑顔。何しに来たのか牛男!と仰るヒー様。
 んだけど斉彬様の為に後には引けない吉之助どん。強引に人払いをしてもらい、ヒー様と二人だけで内密の話し合いに持って行きます。聡明なヒー様はこれが斉彬様の差し金であることもお見通し。ならばと素直に自分は慶喜だと正体を明かしたうえで、俺は将軍になどなりたくない迷惑だと伝えておけとのお言葉。詳しい事を聞いていない吉之助どんは鳩豆〜。それにしてもこの磯田屋さんのセット!とっても奥行きのある見事な作りですなああ〜。

 と、こんなところに緊急連絡緊急連絡、お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか〜!何事かと思い来てみると、お女中が急病!大山様が具合が悪いと言うのを強引に連れ込んでた方!んだけどここでお医者らしきご仁がお手当開始?腕に刀を差して血を抜く治療?外科医の方ですか?っていうか蘭方医?慶喜様も感嘆の表情でございます。
 最初吉之助どんの短刀を借りようとして、躊躇されて大山どんが自分の短刀を差し出したシーン。蘭方医様がしっかり吉之助どんの短刀を注視してました。これは島津斉彬様から頂いたもの故、島津家の御印が、どどお〜〜ん!
治療を済ませて名乗りもせずに立ち去る謎の蘭方医の方でした〜。

 吉之助どんの報告を受け、一橋様も一筋縄ではいかぬお人じゃと困り顔の斉彬様。そりゃあ誰もがあなたの思い通りにはまいりませんやねええ・・・。
 とつぜんの急報!篤姫様失踪!もう一人一筋縄ではいかぬものがおったと言う斉彬様。アバンの通り実の父上がお亡くなりになられました篤姫様。悲しみのあまり藩邸から姿を御隠しになられた?って、家出か〜〜い!
 篤姫様探索を申し渡された吉之助どん。勝手知らぬお江戸の中を、探す〜探す〜おい〜ど〜ん乱れ〜る髷もそのま〜ま〜に・・同じ着物のオナゴを見つけた!着物を取り換えたと言うそのニョショウの言葉を元に、さらに探索〜!
 んで、とうとう篤姫様を探し出した吉之助どんでございます。地味な着物に着替えてひとり海を見つめて泣いてたあの娘、その傍らで巨大な男が見守っていた、その男にはもっと巨大な男が跨っていた・・なんてシュールな展開には進みません進みません。閑話休題。
 地味な着物で身分を隠したつもりなら、その豪華な髪飾りも捨てとけって〜〜!無性に海が恋しくなった?父が亡くなった!もう一度だけ、せめて一目だけ、国元の父にお会いしたかった!
 悲しい時は泣いたらよかと進言する吉之助どん。その言葉の通り号泣!差し挟まれる映像が親子の証だ〜。一緒に泣いてくれた吉之助どんに何だかシンパシーを感じてしまったようです篤姫様。いいいのかなあ・・なんだか禁断のアレが来そうで怖いわ〜。
 このシーン、篤姫様のうなじの辺りが良い感じだったなあ。メイクさん、グッジョブ!寒々とした感じの海岸風景も良かったよ!これが品川とは思えないくらいに。そんでこないだご両親を亡くしたばかりの吉之助どんの涙はまあ、分かります分かります。同じ境遇だから胸に刺さっちゃったんでしょうねええ〜。

 藩邸に戻って勝手な振る舞いを詫び、お許しいただいた篤姫様。その悲しみと覚悟を受け止めた父・斉彬様が申し渡すのはお輿入れ!我が娘として、薩摩の姫として、徳川家定公、まごうかたなき公方様に輿入れせよとのご下命です。
 吉之助どんはビックリ!すごか〜薩摩から御代様にならるっとか〜〜。栄光の光の射す中、幾島様ご到着〜〜!以前の大河「篤姫」の時には西郷母上そっくりでしたわ幾島様。おっかない教育係のお、おば、おお、お姉さまでございます〜〜。
 篤ともうしモスとご挨拶の篤姫様。その「モス」に過敏に反応する幾島様。
 そして吉之助どんには、篤姫様付き用人という新たなお役目が振られまして候。きっとこれ、ボデーガード兼御庭番的な何かもあるんでしょうなああ。こん命を懸けて篤姫様をお守りいたしモス!と言上する吉之助どんに対し、おおこいは心づよか!西郷、頼みモス!と返す篤姫様。
 幾島様は困り顔で、モス、モス、に過敏にご反応!モスモスモス、これは先が思いやられます、と〜〜。モスラでもモスバーガーでもないのに何が困るのかってこれはやっぱり方言を矯正しなければならないという事なのでしょう。確かに将軍家の御台所様が、各々方頼みモス!ではねえ〜。

 篤姫様と吉之助どんが今後を話し合おうとすればそれを制する幾島様。薩摩言葉は禁止!さっそく始まりましたよ地獄の御台所ブートキャンプ!「篤姫」の時もやらかしてましたっけ。あなた様が笑われるのは島津家の恥、薩摩の恥!とんでもない大役でございました。
 大奥出世すごろく?すごろくでお役目を全部覚えろって?いちいち庭先で反応している吉之助どんが幾島様には目障り?いろんなお役目がギュウギュウの大奥。こんなにたくさんのオナゴを束ねるのが御台所!そこのところを肝に銘じておかれませ!
 お辞儀の仕方!・・なんで吉之助どんまで稽古しなはるのやら〜!お琴!これもあきません!もういっぺん!長刀!篤姫様歯が立たない〜!篤姫様の不出来は薩摩の島津の、幾島の恥!許されません!書道、これもうげんなりしている篤姫様。集中できずに吉之助どんに話しかける篤姫様。
 お前は何が楽しかったかと問われ、田畑の見分をして家に帰る時が楽しかった。迎えてくれる家族たちが〜。家族の温かさが一番楽しかったって〜。同じように賑やかな家で過ごしたという篤姫様。公方様に嫁ぐとは日の本一の幸せですとゴマをする吉之助どん。と、そこに鬼の幾島様。すっと身を引く吉之助どん。
 そして次の修業は、男女の秘め事の御手ほどきでございます。まったくもってとんでもない大役でございます。何を学べと言うのかとたてつく篤姫様。篤姫様のお役目は将軍のお子を産む事!あんたがいては男女の秘め事が学べないと吉之助どんを下がらす幾島様。この番組に早送りが必要ですかねええ・・

 下がってきた吉之助どんにはお客人のあり。いつぞやの謎の蘭方医の方だ!内密の話があると切り出したご仁は、越前福井藩の藩医・橋本佐内様でした〜。松平慶永様つまり春嶽様の懐刀にして、後々安政の大獄で・・・閑話休題。
 吉之助どんの短刀の御印からその正体を察した橋本様は、慶永様の密命を受けて動いているとか!つまり藩医というのは表の顔で、実は殿の密偵!吉之助どんと似た様な境遇か〜。
 橋本様の言うよう、例の企ての事で慶永様からの書状を斉彬様に渡してもらいたいと〜。例の企てとはこれ如何にと吉之助どんが問えば、一橋慶喜様を次の将軍となし奉る策!何にも知らない吉之助どんはビックリ仰天!一橋様が次の将軍〜〜?と驚愕。
 篤姫様は各国大名の一覧図を見て、どうして島津斉彬様がこんなに末席?と問えば、関ヶ原の結果外様の島津家であれば、どんなに有力でも末席扱い!篤姫様がお世継ぎを産めば・・・と教育していく幾島様。
 海外列強の圧力が高まる昨今。薩摩守様は幕府の仕組みを根本から変えようとしているんだと解説する橋本様。関ヶ原以来外様の薩摩がどんなに優秀でも幕政には一切口出しできない。安穏と暮らしてきた譜代や旗本が切り盛りする幕府は危機的状況!
 斉彬様は「衆議一致」体制を目指してらっしゃる?親藩、譜代、外様を分け隔てなく有力な諸藩が力を合わせ意見を出し合って進める政治!?日の本一体となって政をスっちゅうこっでごわすな、と理解した吉之助どんでございます。
 これ・・綺麗にまとめると日本の為に無能な幕府に任せておけないから力のある諸藩が一致して事に当たると・・悪く取ると、外様大名によるクーデター・・みたいな気もしてまいりますねええ・・閑話休題〜〜。

 橋本様が更に続けて、公方様はご病弱。ここで柿が落ちただけでテンパる家定様のインサート。もし篤姫様がお世継ぎをお産み遊ばされても、天下の一大事の時幼子では難局を乗り切れまいと見た斉彬様は、慶喜様を次期将軍にするという企てを同時進行されているんだとか〜〜。
 なんとも腑に落ちないお顔の吉之助どんにあきれまくって、こんな男を買いかぶっていたのかと、ちょっと怒って帰る橋本佐内様。んだけど聞いてない以上吉之助どんにしたらビックリしているしかないわけで。・・お部屋に貼ってある天狗ペルリの絵がええ仕事してはりましたで〜♪

 やがて慶永様の書状を読んで満足顔の斉彬様。んだけど納得できないご仁のあり。言わずと知れた吉之助どんでございます。篤姫様を御輿入れさせといて、一橋様を次の将軍にしようとするのがおかしか〜と・・次の公方様がお二人にないもす〜。
 とたんに厳しい表情になった斉彬様、ならば教えてやろう。この日の本には一刻の猶予もない!つまり異国と互角に渡り合える秀でた公方様にたってもらわねばならん。つまり一橋様のような・・と仰る斉彬様。
 ないごて、篤姫様は幸せになっためにお輿入れをなさっとではございもはんか?無礼にも食い下がる吉之助どんに対し、斉彬様の非情のライセンスが発動します。違う!お篤は・・不幸になる。どど〜〜〜ん!
 これつまり、お子がなければ将軍の未亡人として次期将軍の任命に影響力がございますし、お子を産んだら産んだで、そのお世継ぎ様を差し置いて次期将軍を一橋様にさせるミッションインポッシブルを託したわけですね斉彬様!実は結構悪いお方ですなああ〜。

 思いもよらぬ斉彬の一言であった・・・今宵はここらで良かろうかい。暗いなああ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西郷どん 第10回「篤姫はどこへ」
今回から新たに登場した2人がなんと言っても存在感抜群でした。1人目が福井から来た蘭方医の橋本左内。風間俊介さんが謎の雰囲気を醸し出しながら初登場したところで、吸い込まれてしまったという人も多いのではないでしょうか。 その後、吉之助のもとを訪れ身分を明かした上で自分も密偵であることを説明しますが、吉之助の技量に疑問を持った左内は最後は投げやりに吉之助のもとをあとにします。こうやって登場する人物がいると、思わずその人物について調べてみてしまうのですが、橋本左内は・・・・。なるほどです。 もう1人は幾... ...続きを見る
あしたまにあーな
2018/03/11 22:48
【西郷どん】第10回 「篤姫はどこへ」 感想
大河ドラマ「西郷どん」のあらすじ・感想。薩摩藩に生まれ、明治維新の立役者となった西郷隆盛を「愛に溢れたリーダー」として生き生きと幕末を描く…… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2018/03/12 04:46
西郷どん 第10話「篤姫はどこへ」
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第10回「篤姫はどこへ」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/03/12 13:49
大河ドラマ「西郷どん」 #10 篤姫はどこに
パソコンの起動が遅くて、しっかり見入ってしまいました。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2018/03/13 20:41
翻弄の末に
西郷どん第十話 ...続きを見る
半秦絆記
2018/03/13 21:46
翻弄の末に
西郷どん第十話 ...続きを見る
半秦絆記
2018/03/13 21:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
 大震災から7年もたつんですね。昨日の事のようですが、幸い、私は被害を受けずに済みましたが、ミネラルウォーター、保存食等がごっそり店頭から消えたのを覚えてます。
 さて、ヒー様、本当に将軍職には興味なかったのかも知れませんね。のちの戦いのやる気のなさを見ますと。それとも気分にムラがあるか・・・
 一方、篤姫様の嫁入り教育、この時代、標準語なんてないですから、江戸は面白い状態だったでしょうね。しかし婚姻政策で影響力拡大とは、いつの時代も同じ事してますね。そしていつの時代の姫も凄い覚悟。
 しかし斉彬公の最後の「篤は不幸になる。」とのシーンはよくとれてましたね。
 西郷どん、篤姫様の幸せを願ってましたが、実際は幾島さまに、篤姫様が裏切った際に毒殺しろと言わんばかりに毒を渡してたとか。史実のほうが面白い気もします。
鹿二郎
2018/03/17 11:34
鹿二郎様、おはこんばんは〜〜〜。
パンとかお弁当とか全然なくて、お菓子と魚肉ソーセージでランチをしてた日々。もう二度とあんな目にはあいたくないものでございます。
ヒー様はやる気なし!そらそうですわ〜。将軍になってもあまりいい目には合わない予感の幕末時代ですから。もともとなる気のなかった将軍になって、いやいや戦が始まって、しかも敵方に錦の御旗が靡いていたら、そりゃあ敵前逃亡だってしますよねええ、って思ってしまいました、今作の慶喜様。
別藩士との会話には通訳が要ります!今の時代でしたらスマホで方言変換もできましょうけど、さぞやカオスだったでしょうねえ、花のお江戸の勢力争い。
篤は不幸になる!斉彬様の闇を飲み込んだ雰囲気がようございました。やっぱりいい役者の方が出ると画面が締まりますよねえ〜。その斉彬様のご活躍も後少し・・・かな?
史実に基づいた篤姫伝説は、きっとそのうちNHKの歴史バラエティーでやって下さるのではないかしら〜?
真田
2018/03/17 19:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「西郷どん」第10回「篤姫はどこへ」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる