真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「西郷どん」第6回「謎の漂流者」

<<   作成日時 : 2018/02/11 20:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 2

 先週御前相撲で空気を読まずに殿様をぶん投げて入牢した吉之助どんです。知らせを受けて走り出すお糸ちゃん。が、吉之助どんが入れられた同じ牢になぜかアメリカナイズされた日本人らしきパイセンのあり。こりゃあジョン万様でしょう?なんたってあなた、幕末大河の主人公にかなりの高確率で絡んでくるキーマンですからねええ〜。
 牢内のメリケン兄ちゃんとコミュニケーションを取ろうとする吉之助どんですが、言葉が通じないご様子。そして口ずさむのはアメリカ民謡。モノホンのメリケン人なのか、それとも日本語忘れてしまったのか、あるいは必死で日本人でないふりをしているのでしょうか。あ!まさか中国とか朝鮮の人って可能性もなくはないでしょうけど、やっぱジョン万様ですよねえ、大河的には〜。
 OPでは「謎の漂流者」・「劇団ひとり」ってなってましたけどおお〜〜。

 と、提灯や篝火の灯りが床しい牢屋に、お糸ちゃんが抗議に現れた?牢番ともみあいの大げんか?・・になるところを遅れてやってきた上鍛冶屋町青年団メンバーがお止して・・。いつぞやの大河では敵兵と刺し違えて死ぬ凛々しいお姿を見せてくださいましたっけねえ黒木様。まあ今作では途中退場はないですから安心安心。自分でも訳が分からず喚いてた?こりゃあ吉之助どんにホの字だと、上鍛冶屋町青年団の皆様にはわかっちゃいました〜。

 甕の水を飲もうとしないメリケン兄さんに対し、毒など入ってないと自分が飲んで見せる吉之助どん。さっそくガブガブとのどを潤すメリケン兄さん。日本語が分かるのかと問う吉之助どんに対し、ノー!と首を横に振っちゃった!日本語分かるんじゃんよメリケン兄さん!
 そこに配膳係が握り飯を運んでまいりました。これまた毒殺を警戒して手を出さない偽装メリケン兄さんですが、これまた吉之助どんが御毒見役を買って出まして、じゃあ食べようかと手を出したところを、突然配膳係がメリケン兄さんの後ろに回って!チョークスリーパーじゃ!お前は鈴木みのるか〜〜!ホントに殺る気か?
 いやいや逃げ場のない展開になってまいりましたよ、吉之助どんがメリケン兄さんをかばって立ち向かえば、こやつは琉球で我が藩の秘密を見た、殺さねば藩が取りつぶし・・え?ちょっと待ってくださいよ?薩摩藩がこの人を殺す気なら最初から牢屋になんか入れんで斬ってしもえばよいもんそ?
 私の脳裏に浮かんだ大きなビックリマークはともかくとして、結局配膳係のヒットマンを殴って気絶させた吉之助どんでございます。しかもともに気絶した期の弱かメリケン兄さんを伴って脱獄じゃ〜!え?お役人は見て見ぬ振り?

 一方家に帰ったお糸ちゃんは、父上からお説教でございます。なんで牢に行った?罪人に会いに行った?おかしな噂が立ったら縁談は取り消しじゃ!当分外には出てはならん〜〜!

 西郷家では吉之助どんの身を案じて暗い雰囲気。お殿様を投げただけでも大問題なのに役人に狼藉の上脱獄って、これじゃあ今週で終わってしまいますよ!西郷どん!って、メリケン兄さんを負ぶって家に帰る吉之助どん。西郷家の皆様はビックリだ。爺様の体にも障るよ。大変ですよ〜。とりあえず匿うわけ?

 英語しか話さないメリケン兄さんを、西郷家で一番威厳のある方がまず面接です。私はマサと申しますお客さんはなんちゅうお名前ですか?ジョン・マンと答えるメリケン兄さん。やっぱりジョン万様だったわ〜。いやでもね、日本語でアンタのお名前なんてーのと質問して自分の名前を言っちゃったらやっぱり日本語分かってんじゃん!
 んだが吉之助どんは正助どんにお願いのあり。頭のいい正助どんならメリケン言葉も分かるだろうと・・・え?視聴者的にはジョン万様だと察しがついているからメリケン兄さんなんて呼んできましたけど、どうして吉之助どんがこの人はアメリカ人だとわかったの?エスパーか!エスパーじゃっでですか〜!
 流石に英語はできない正助どんですが、父・次右衛門様が作った英和辞典を片手にヒッシに語り掛けてます。朝ご飯を食べているジョン・マン様に・・・きちんと正座してお箸を使っている!これはもう隠しおおせませんよ、ジョン・マン様!それでも頑なに日本語をしゃべらず英語でやり取りするのは意地悪ですよ〜。ズボシメシだからって吹くなよ〜。
 自分はアメリカの漁師で捕鯨船に乗っていたって事しか話さないジョン・マン様。さすがの正助どんもお手上げだ〜。

 吉之助どんが小声で話すことの真相は、アメリカの船で密航してきたジョン・マン様が薩摩藩に潜入した目的を聞き出せと言う密命を受けての事だったそうで〜。これで役目をはたせば、お殿様投げ飛ばしの罪は大目に見てくれると言う密約だったみたい。勉強しまっせのおっさんが申し渡してはったわ〜。
 つまり吉之助どんは最初から、この男がアメリカから来た人だって知ってたわけか〜。どおりで・・いやいや、そうなるとさっきのアサシンどんの立ち位置が分かりもはんが〜!
 ジョン・マンさぁがメリケンの密偵とはとても思えないと話し合う二人。あ、そうか、海外渡航の禁があるから!日本から他国に渡った者が帰国したら死刑になるから?いやでもしかし、死罪になると分かっているのにどうして日本に戻ってきた?
 と、こんなグッタイミンでこっそり逃げ出そうとするジョン・マンさぁです。さっそく見つけるお二人。ないごて逃げっとじゃ〜!との呼びかけに英語で答えるジョン・マンさぁ。アイマストゴーバックトサ〜!土佐に行くって・・日本語に応えるんだから日本語で言えばいいのに〜。
 もう生国バレバレ日本人のジョン・マンさぁに、ホントの事を言っても死罪にはならないからと説得する吉之助どんでございます。なかなか納得できないジョン・マンさぁですが、西郷母上・マサ様を目にするや「おっかあ」と涙が。脳裏に浮かぶは幼き頃の母の姿。ははーん、つまり故郷の母親に会いに戻ったわけか〜。
 思いっきりジョン・マンさぁの思いを受け止めて、我が殿ならきっと土佐に返してくれると請け合う吉之助どんに、とうとう故郷の村を白状したジョン・マンさぁでございます。

 さっそく斉彬様にご報告が上がりました。これまたさっそく土佐・中の浜の事を調べさせる斉彬様。吉之助どんにも一目置いたご様子。そして斉彬様から御返事がまいりました。脱獄の罪はどうなるんでしょう・・ってのはちょいとこっちへ置いといて・・ドッコイショ。ジョン・マンさぁの母上は元気にしているそうで〜。そして母上の着物が!おっかぁ!と泣くジョンさぁでございます。決して裕福ではないのに今まで食わせて寝かせて・・大変でしたなあ西郷家の皆様も・・。
 今作は囲炉裏の炎がとっても印象的ですね!実に良い炎が出来てますよ〜。閑話休題。
 もう正体を隠す気もなくなったジョンさぁは、黙っててごめんなさいと頭を下げて、自分のことを話しだされます。本名・万次郎。嵐で舟が流されてアメリカの鯨船に助けられ、世界を回った。いろんな国の人にあっていろんな事を学んだ・・。とても楽しかったが心残りは母の事、死んでもいいから海を渡ろうと思ったんだそうで。西郷家一同もらい泣き。
 おかあへのラブぜよ!ラブって何?と正助どんが辞書を引いて、それは好きと思う心。ナルホド〜。ジョンさぁの説明では、アメリカではラブが一番大事で、好きという思いを堂々と伝えて、親も家も関係なく好きなもの同士が結婚するって、正助どんには耳の痛いお話でございます。それにしてもこんなに違う国があるのかと海の向こうに思いをはせる吉之助どんでございました〜。

 ジョン・マンことジョン万次郎様は斉彬様に呼び出されました。アメリカ人のような御殿様だと言う万次郎様。アメリカ人は天狗のように見える・・天狗とはかつて吉之助どんがお殿様を評して言った言葉・・。洋食のおもてなしです。そして万次郎様に訊ねるのはアメリカの事。どうして日本に軍艦を差し向けるのか?万次郎様のお答えは、水と食料、薪と石炭、そして日本の金!つまりアメリカが求めているのは商業貿易であって戦って支配するためではないと〜。
 なお問う斉彬様、開国を拒み軍艦を打ち払えばどうなる?聡明な万次郎様答えて曰く、戦いになるが新式の大砲も鉄の軍艦もない日本は太刀打ちできん。痛い目見る前にさっさと門を開いて招いたらえいがです!
 一介の漁師の者が国の政や進む道をこれ程明白に見据えているとは!ビックリしている斉彬様。万次郎様が言うには、アメリカでは漁師でも百姓でも学ぶ事ができ、精進すれば金持ちにもプレジデントにもなれると〜。木下藤吉郎が何百人もいそうなお国ですなああ〜〜。
 それがメリケンの底力かと感心した斉彬様。これから土佐に戻るまでの間そなたの知っておる事をわしに教授してくれぬか?と持ち掛ける斉彬様。この成り行きで蒸気船づくりにも着手する斉彬様なのでありました。

 お城に呼ばれる吉之助どん。やっぱり無罪って訳にはいきませんやね、脱獄の件だけでも。って、斉彬様が従えているのはこないだの配膳係のアサシンどんじゃないですか!え?あれ全部お芝居?吉之助どんを試すために?なにをそんなまだるっこしい事をなさいますか!あれでどっちか死んでたらどうすんの?わからんな〜この人は〜。
 兎にも角にも丸にも点にも斉彬様は大喜びさあ。此度の働き天晴であるって、褒美を取らせるって、何でも申してみよって、吉之助どんをベタ褒めじゃ〜い。
 吉之助どんは何を望むでしょうか、出世?お金?お嫁さん?いえいえそれでは俗物です。我らが西郷どんがそんな自分の為だけに何かを望んだりはいたしませぬいたしませぬ。吉之助どんが申し出る望みは、大久保正助とその父・次右衛門の処分を解いてほしいです!一日も早く正助どんがお殿様の為に薩摩の為に働けるようにしてください!なんと無私無欲な若者でしょう!感激してウルトラマンが合体しそうな勢いじゃないですか〜。閑話休題。
 斉彬様はご満足。わかった!近いうちに必ずお前や大久保の力を頼りとする日が来る、それまで精進して待てと仰いました。だがまずは待てと仰いました斉彬様。つまり薩摩藩の立て直しに時間がかかると〜。ちゃんと吉之助どんの訴状を読み込んでらっしゃる!元斉興派への懐柔策もそういうお気持ちからだったんでしょうねえきっと・・・。吉之助どんは感涙。

 事の次第を正助どんに話す吉之助どん。それはそれとして糸ちゃんと会って縁談を止めろと言う正助どん。それはお前のやる事だと言う吉之助どんに、お前しか糸どんを止められんと熱く語った正助どん。いやしかし、全然ピンと来てないみたいでけど、吉之助どんは〜。熊吉さんの方がよっぽど事態を把握されてるご様子で〜〜。
 そんな糸ちゃんの所にやってきた熊吉さんと吉之助どんの妹どん。糸さんを赤山先生のお墓参りに呼び出して、正助どんが現れて、糸はんは吉之助どんをラブしとるんじゃと言い放ち、差し出がましいが自分のラブを吉之助どんに伝えろと!何をぐずぐずしとるかと!糸はんの背中を押した!さっそく駆け出す糸ちゃんだ〜。正助どんは複雑だけど、いい人だなああ。
 もう本日のタイトルも回収できたし終了・・かと思ってたんですけど、さらにラブのパートか?西郷家を訪れる糸ちゃん。父上曰く、実は吉之助が嫁を貰う事になった!ガ〜〜〜ン!御前相撲で見染められたんだって!いやああ、バッドタイミングだなああ!
 いつぞやの橋の上で黄昏てるお糸ちゃん。吉之助どんはまた下駄でも落としたのかと声をかける。こないだ貰った小物入れのお礼も言って、お糸ちゃんの縁談相手の海老原殿の話題を持ち出す。やっぱりラブかラブが全てか?
 御前相撲で戦った海老原殿は正々堂々とした良いお方でごわした。じゃっどんおいが糸どんじゃったら親に背いてでん正助どんと!あ〜いっが!すべ〜てば〜い!思いっきり勘違いしてるわ〜。これじゃあお糸ちゃんの牢破り未遂が浮かばれないわ〜。なんであの騒動が吉之助どんのお耳に入らなかったんですかねええ。周りは皆丸わかりだったでしょうに・・。
 もうよかですと言い出すお糸ちゃん。私は海老原様に嫁ぐとたった今決めもした。終わったなあ、はかない恋が。だけど未練はあるんですねえ。この国が自由にラブを伝えあえる国になるのは十年後か?二十年後か?早くそういう国にして欲しい・・・私は間に合わなかった。岩山糸は!西郷吉之助さぁの事を好いちょいもした〜〜!鳩豆で「えっ?」としか言えない吉之助どん。
 だが吉之助どんは知らない。正助どんが執念で投げた羽根手裏剣が・・・ゴホンゴホン、いえ、正助どんがお糸ちゃんにかけた言葉。「ラブ」をはっきり吉之助に伝えろと勧めたことを・・。それを言おうとした矢先に吉之助どんの縁談を聞いた上にあんなこと言われて、心が折れちゃったんだ〜。そんな桜島が噴火したようなビックリした顔をしないでと言い残して、白鳥の糸どんはお嫁に行っちゃった〜。
 よかお嫁はんだ。キレイです。質素で奥床しい花嫁行列でございます。正助どんも吉之助どんも複雑な表情よ。今宵はここらで良かろうかい〜〜。西郷どんまだまだじゃ!気張れ!チェスト、気張れ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「西郷どん」 #06 謎の漂流者
牢に入れられた吉之助。 そこにいたのは・・・ ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2018/02/11 22:34
【西郷どん】第6回 「謎の漂流者」 感想
大河ドラマ「西郷どん」のあらすじ・感想。薩摩藩に生まれ、明治維新の立役者となった西郷隆盛を「愛に溢れたリーダー」として生き生きと幕末を描く。主… ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2018/02/12 00:12
お隣さんが本音吐きよった
西郷どん第六話 ...続きを見る
半秦絆記
2018/02/12 12:04
お隣さんが本音吐きよった
西郷どん第六話 ...続きを見る
半秦絆記
2018/02/12 12:04
西郷どん 第06話「謎の漂流者」
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第6話「謎の漂流者」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/02/12 13:15
西郷どん 第6回「謎の漂流者」
前回、御前相撲で優勝し斉彬も破ってしまった吉之助は牢屋に入れられるところから物語は始まります。牢屋の中で出会ったのが今回の中心人物である謎の漂流者。初めのオープニングロールでも「謎の漂流者」と書かれていたのですが、劇団ひとりが登場するとなんだかそれだけでウキウキしてしまうから不思議です。 なにかやってくれるのではないかと思っていたのですが、結果的に彼はジョン万次郎でした。そのセンセーショナルな登場の仕方は彼ならではではないでしょうか。 それにしても、吉之助がなぜ牢屋に入れられたのか今でも謎です。... ...続きを見る
あしたまにあーな
2018/02/12 21:10
【西郷どん】第6回感想と視聴率「謎の漂流者」
【第6回の関東の視聴率は、2/13(火)追記予定】「謎の漂流者」 第5回「相撲じ ...続きを見る
ショコラの日記帳・別館
2018/02/13 00:28
西郷どん「謎の漂流者」
素朴な疑問。謎の漂流者(劇団ひとり)、ジョン万次郎は後半は流暢な日本語(土佐弁)を喋れたのに、牢の中や、吉之助(鈴木亮平)の実家に連れ帰った当初は、どうして、喋れないふりをしてたのでしょうね。ちょっと謎…藩主・斉彬(渡辺謙)、投げ飛ばした罪で投獄と称して、ジョン万次郎のことを知りたかったのですね。これは、脱獄した吉之助と、吉之助ファミリーの努力の結果と人情に思われて。(特に、母・松坂慶子)功績を認める斉彬一方、嫁入りの日が迫る糸(黒木華)は、厳格な父に外出を禁じられていた。糸を連れ出した正助(瑛... ...続きを見る
のほほん便り
2018/02/14 08:27
『西郷どん』、まだ面白い!(第6〜10回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第6〜10回の感想です。まずはあらすじ。新藩主島津斉彬(渡辺謙)主催の御前相撲で斉彬を投げ飛ばした西郷吉之助(鈴木亮平)は牢に入れられてしまう。そこで出会ったのは謎の言葉を話す男(劇団ひとり)。牢役人に暗殺 ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/05/19 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、遅くなりました。
 ジョン万次郎様、当時の漁師は大変だったんですね。羅針盤とかも漁師はもってなさそうですし、嵐に遭えば死が待ってるわけで。でも万次郎様は凄いですね。ぶっつけ留学で、首席にまでなるほど優秀な成績を収めたとかで。
 ただ、万次郎様の場合例外的で、当時のアメリカも貧乏人は字すら読めない人だらけでした。結婚にしても異人種間はNGでしたし、政略結婚も当たり前で、白人は階級意識は強いですし。それに鉄の軍艦もアメリカに当時はありません。ようやくフランスが就航させたぐらいですし。なんか隣の芝生は青く見える的な感じかと。
 しかし、当時の日本人は凄いですね。見たこともない蒸気船を買うどころか、作るという情熱、薩摩藩、宇和島藩、佐賀藩も凄い、そして作ってる最中は楽しかったかと。
 そして、斉彬様の居館、夜の様子はお洒落ですね。蝋燭の火が照らすなか、中庭でナイトティ、私も憧れます。
鹿二郎
2018/02/18 09:02
鹿二郎様、おはこんにちは〜〜〜!
ジョン万次郎様、やっぱり出ましたやっぱ出た幕末維新のヤッパデタマン!見参!それにしても羅針盤も無線機もトナーもなしで、昔の漁師さんの勇気には頭が下がりますねえ。
当時のアメリカだって南北戦争の頃で、まだまだ理想からは程遠い状況。維新の志士たちは実態は知らないから余計にその理想にあこがれたのかも〜。
明治政府は江戸時代を批判しますが、徳川幕府下の文化文明が優秀だったからこそ大躍進したのではないかと〜。
斉彬様カッコイイです。演者の渡辺様、いつの日か映画版の仮面ライダーとかでラスボス役をやっていただけませんかねえ。震えが来るほどカッコイイ悪のボス!みたいな〜。
真田
2018/02/18 15:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「西郷どん」第6回「謎の漂流者」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる