NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第18回「あるいは裏切りという名の鶴」

あるいは裏切りという名の・・フランス映画か~。じゃあじゃあ、やがて復讐という名になり、いずれ絶望という名になるのでしょうかああ~~。それではこちらからは・・希望という名の~直虎求めて~今宵も大河を~視聴する私~♪

 ババ~~ン!これが種子島でございます。得意顔の直之様。謀反の疑いをかけて揺さぶりをかける政次様。先週の振り返り。大人しく後見を降りられよ。それが井伊のため、そして御身のため・・奥に秘めた心情が垣間見える一瞬でございました。

 謀反の疑いありとされ、駿府の太守様の元へ詣でて後見を降りると言えと迫られる直虎様!こうなったら但馬を斬ってしまえと刀に手をかける中野直之様!ここはでも直虎様、政次様のいう事を丸ごと飲み込む構えでございます。だが種子島はここに置いて行けと言うのが意味シンかも?方久様は種子島を検分して、まだ完成してないとお冠?これでは売れぬではないか~。あたふたする六左衛門様がお気の毒。あれ?方久様何かひらめいた!?んで直虎様の目論見は・・結局あれですね、寿桂尼様頼みでしょ!?

 六左衛門様は祐椿尼様と南渓和尚に善後策のご相談。ならばワシに種子島を預けよと仰せの和尚。んだがその種子島が消えた~~!種子島は二度消える~~!!なんでも銭の匂いがするとか叫んで、方久様が駆け出していったんだとか。さては嗅ぎ付けおったかと仰せの南渓和尚。これは何か逆転劇の伏線ですねええ。

 凹んで悩む直虎様。今や第一の家臣となった直之様が元気づけてます。んで、直虎様がお目通りを申し出ようという寿桂尼様ですが、先週倒れられて以来生死の境を彷徨ってらっしゃる気配・・。浮足立つ今川家に方久様がやって来た!持ってきたブツをみて氏真様はビックリ!銭の犬瀬戸方久、銭の匂いでカンカンカ~ンと鳴きますると言えば、ちょいと気に入った感じの氏真様。実は折り入ってお願いがございますと申し入れる方久様でございます。

 寿桂尼様のご容態は、お茶の間の面々には丸わかりですけど、直虎様には伝わってなかったかあああ!寿桂尼様に合わせてくれいと仰った直虎様は、今更その御容態を聞いてびっくり!ってな所に・・方久様が強襲!ここで何をしておる?商いに決まっておりましょうと涼やかに仰る方久様。
 きゅきゅきゅのきゅ~で神出鬼没の方久様のいう事にゃ、今川様に種子島を、五平ごと売り飛ばしました~~!つまりほぼ完成に至った種子島の最後の仕上げを今川様にお任せしたいって事ですよ!今川家にとって大喜びにどんちゃん騒ぎっすよ!しかもこの顛末、全て直虎様のご指図だとまで言い立てて!元気ノリノリ~~!
 こおおなったら誰がどっからどう突ついても、謀反人の影も形もございませんじゃああ、あ~リマせんか!でかした方久!きゅきゅきゅのQ!ンだがしかし方久様、涼しい顔して、銭の匂いに従ったまででございますうう~。ええ根性してはるわ~。

 一人寂しく氏真様にお目通りの政次様。敗戦報告みたいな感じですけど、氏真様は種子島に大喜び。そんな所にとおおんでもない速報ニュース!武田義信様が父の信玄様によって幽閉失脚となられました由!今川から嫁を貰った義信様を失脚させたって事は、今川・武田の同盟を揺るがす、ムッチャクチャバッドニューズ!瀕死の寿桂尼様もこの報を聞いて、なんだか逆に闘志がみなぎるような感じで・・生き返りましたけど~~!

 政次様を出迎える、義理の妹のなつ様。政次様の優しい笑顔。これがこの人の本性なんだろうなあ。一番乗り会社はなつ様なんだなああ。方久様は得意顔で一杯やりながら事の次第を皆々にご報告。氏真様にうまい事種子島を売りつけた次第を語ってます。尻の所の細工がまだできてない・・・これつまりネジってやつですか~!南渓和尚も同じ事を言っていた?ならば私は和尚様と同じ知恵力~~!大喜びや~~。
 氏真様の御前に出ることもなく、無事井伊谷に帰って来られた直虎様。私は助けられてばかりだと、己の不甲斐なさを南渓和尚にご相談。南渓和尚のご指南は、読書!大河ドラマ御用達の「孫子」とかですか!?当主を継ぐ者ならこれを読んで学んでおるとなああ!
 これを読めば政次の手の内が分かるのですかと問う直虎様。まあそうかも知れぬの・・とうそぶきながら答える和尚。さっそくお勉強に取り掛かる勢いの直虎様なのであります。挫折気味ですけど~。

 井伊家のお邸になつ様ご降臨。ここで直虎様が問うのは、但馬の元で暮らすのは息が詰まらぬか?つまり自分に対する政次様の態度のきつさからの類推でございますけど、なつ様のご返答は・・義兄は優しい人にございます。夜道を密かに照らしてくれる秋の月のような方にございますって、これには直虎様大ショック!
 さらになつ様の追撃!お立場として義兄と相容れぬ事は致し方ないとはいえ、それが義兄の全てとは思わないでくださいませ!すっげー頭の良い女子だわ、なつ様!この人を中心にしてやっていく方が良かったのかも~!

 なつ様がお帰りになった後、母上・祐椿尼様の言うよう、なつは情が移っているのかも?いやああ!禁断の愛か~~!タケ殿曰く、兄弟に嫁ぐのは珍しくもない事?そおおなのかああ~。さらに母上が続けて、但馬はなぜ嫁を貰わぬのですかね?乗っ取りを画策しているのなら自分の跡継ぎを作っておくのが常道、なのになぜ?嫁も貰わず子も作らず贅沢がしたい訳でもなさそうで、それなのにどうして後見を譲れと執着してるの?なんでかな~なんでかな~~ななな、なんでかな~~?
 直虎様が祐椿尼様の公案を引き受けて広げる書物、例の南渓和尚から借用したアレの中から、目に入った一文は・・・「敵を欺くには先ずは味方から」!そおおおおだったんか~~~い!
 そりゃそうだよ、黙って後ろから刺そうと思ったら、とうの昔に直虎様はヤラレてますよ!正面切って後見を降りると言わせたいってのはつまり・・あいやああああ!あいやああああああ!愛の証かあああっ!不憫な奴!小野但馬守政次様~~~!
 今川には犬と見せかけ、井伊からは毛虫のように嫌われることで一人矢面に立ち、己の手で井伊を守ろうとしておるのですか!南渓和尚!と問われて和尚の言うよう、政次は井伊を守ったと思いたいという直親様の心霊シーンを差し挟んで・・そうあれかしとは思うが分からぬ。ワシは政次ではないからのうう~。だからと言って仲良しごっこをしていては政次の思いは水の泡じゃと釘を差す和尚。確かに・・だがしかし!直虎様曰く、なれど政次は一つだけ大きな間違いをしております、その事だけは伝えたいと思いますッ!

 チョイと直虎様の心の氷が溶けだした予感のする中、例の件の井戸のところで政次様、なにかブツブツと今は亡き亀君に語り掛けてる気配です。武田は今川を切り崩しにかかった、武田、北条、松平に挟まれた井伊は危うい、あいつの夢枕に立って言うてくれぬか?早く下がれと。
 そこに直虎様が見参!立ち去ろうとする政次様の腕引っ張り!話そう政次?なになに逆ナン?今さら嫁になどとは願い下げだと戯言をおっしゃる政次様。んでもなんかちょおおっとだけその気があるみたいな。相変わらずいけ好かぬのおう!
 直虎様曰く、敵も味方も欺く事で、守る、そういう手があるのじゃな?兵法というモノには。図星飯をつかれて目が泳いで内心動揺でも、なんとかかんとかパーカーフェイスの政次様。
 直虎様意に介せず続けます。ワレは種子島で井伊を守ろうと思った。それが今川に渡り、この先どうなるかわからぬ。もしソナタがワレならどうする?誰よりも深く井伊を守る策を考えておるのはソナタである・・井伊を乗っ取ろうと画策するソナタなら、つけ入るすきもないような、まっこといやらしく井伊を守る策を考えておるだろう、それを聞いてみたいと思うのは当たり前だのクラッカ~!
 直虎様曰く、ワレは己で選んだのじゃ!この身を直親の移し身とすることを己で選んだ!己で決めた!それゆえ、女子であるから守ってやらねばならぬとか思うのならお門違い!無用の情けじゃ!ワレをうまく使え!ワレもソナタをうまく使う!はっちゃけた~!
 政次様が返して曰く、私なら戦わぬ道をさぐります。戦わずして勝つ、もしくは戦いに及ばずとも済むよう死力を尽くす、卑怯者と言われても断固として戦いません!それが大国に挟まれた小さな井伊が生き延びる唯一の道!
 それは良いなと受けた直虎様、お二人の間に交流する友情のオーラ。んだがしかし、それならそれで言うべき事のある政次様でございます。武田のご嫡男・義信様が父の信玄公に幽閉されました。父が子がというよか大事なのはつまり、今川の太守様の妹婿様が失脚したって事!今川武田の友好関係が揺らいでいるって事!いずれ武田が今川に牙をむいてくるでしょう!
 戦わずに済ます為に武田の動きに目を配れという事かと問う直虎様に、さらに政次様が返す一言は、武田・・そして松平にございます~~!なんですかこの、周り中の大名の引き起こす大波小波の中を漕ぎ切る器量が必要なんだなああ、井伊家の御領主様には~。

 南渓和尚に相談した直虎様に告げられるエージェントの名は、松下常慶!こないだも出てきた不屈な山伏の方ですねええ。武田にも松平にも近しい好境遇、正に間者の申し子~!直親様を見殺しにした松平への遺恨を乗り越える覚悟もできましたね、直虎様。戦わずして勝つ道を目指す!という方針を之の字に明かす直虎様。ははは~と笑って、ならばそれがしはしくじった時の備えをしておきますと返す直之様。よろしき主従の明るい笑顔なり~。

 寿桂尼様は武田に向けて義信様の助命嘆願をしたためております。ホントに生き返っちゃったよ!人間ってわからないなああ~。んでも、これもどうなります事やら~。それにしても思い出すのは、往年の中井様の武田信玄様~!

 今回は政次様とこっそりないしょの和解モードで、城主としてのお勉強も進み、綿の実の収穫も滞りなく行われまして、おんな城主の直虎様にあらせられましても、手ごたえ感じる秋の空~♪一方こないだから不気味に何度も登場している謎の男も得意げな笑顔・・何か起こるな次週・・と思わせて、つづ   く。BGMが相変わらず怪しげ~。

 直虎様と政次様のシーンが良かったねえ。っていうか、高橋一生様!いいなああ・・この人がいなくなったら、かなりテンションだだ下がりになりそうですけど、この先大丈夫っすかねええ~。



おんな城主直虎(2) [ 森下佳子 ]
楽天ブックス
森下佳子 豊田美加 NHK出版オンナ ジョウシュ ナオトラ モリシタ,ヨシコ トヨダ,ミカ 発行年月

楽天市場 by おんな城主直虎(2) [ 森下佳子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

鹿二郎
2017年05月11日 21:10
こんばんは。

 観念して後見を降りようとする直虎様に、機転を利かせた方久様。”プロ”は違いますね~ ”銭の犬”も風流な氏真様に対しては最大の売りでした。最も、寿桂尼様危篤の状態で、弱気な氏真様に”鉄砲”は心強い味方に映ったことも良かったのでしょうが。
 でも氏真様、危篤の寿桂尼様に「信玄公にもの申せるのは御婆さまだけ。」とは情けない。この時期甲斐では金山産出量が減少していたようで、信玄公は経済を考えて、海の有る駿河が欲しかったのではと思えて。氏真様まるでカモネギ・・・
 一方、政次様のポーカーフェイスは素晴らしい。賭けに負けても、平然と同じ表情、孤高というか、孤独もなんのその。直虎様が見習うべき点です。
 お菓子をみやげに買ってくる気遣いも二面性があっていいですね。この頃、砂糖は輸入品の超高級品で、劇中のお菓子も超高級品とおぼしきものですが、それを惜しげもなく・・・
 孫子の兵法を読み、政次様の真意を理解した直虎様ですが、戦わぬとは実は一番難しいですよね。それには情報に長けてないと無理ですし。
 しかし、就寝中に乱入された南渓和尚は迷惑だったことかと。笑
2017年05月12日 20:21
鹿二郎様、お今晩は~♪
銭の犬は白い!だがその蕾は赤く・・血の匂いがする!ちゃっちゃらちゃ~~♪今回は銭の犬が大活躍でした~。氏真様は結局のところ、太守様の器には、なり損ねまクリスティ―みたいに思えてならぬ今回の大河でございます。
政次様はよろしい!内心の動揺がそこはかとなく出ている程度のポーカーフェースがなおよろしい!よろしくてよろしくて、ここにいらっしゃったらナデナデして差し上げたいくらい~~!・・余計なお世話でしたか?(恥)
戦国の小国のこの局面を、戦わずに済ます知恵が!果たしてこの先出てくるものかどうか~。こおおなったら、政次様やら南渓和尚様やらのお知恵を、しっかりお借りいたしましょうぞ!直虎様~~!

この記事へのトラックバック