NHK大河ドラマ「真田丸」第16回「表裏」

表があれば裏がある~裏があってもおもてなし~の心で信繁様を遇してらした秀吉様ですが、ニコヤカ~にしている裏でちゃくちゃくと真田家を追い詰めるご差配!なんとなんと上杉は真田に味方してはならぬとの厳命でございます。
先週ラストの秀吉一家全員集合のシーンも、後々の成り行きを考えますと何とも皮肉なものとなっておりました。このスナップをセピア色にして悲しい出来事の起こるたびに挿入したくなるくらい。

 上杉まで秀吉様に下った今、苦境に立たされる真田家!そして信繁様!相変わらず秀吉様は信繁様がお気に入り♪黄金と赤で彩られたお部屋が豪華~。んでも「悪い知らせ」が・・・上杉景勝様が突然ご帰還!しかも信繁様は置いてけぼり?信繁様の事は何も言ってなかった?
 いいい、一体全体戦隊艦隊・・・秀吉様から命じられて、真田家への助力をあきらめたから!うわあああっ!それならそれでちゃんと話してけって!卑怯モノ~~!いい人過ぎてできもしないことを引き受けてのっぴきならなくなったら逃げる!とおおんだ偽善者・・あ、ちょっと今実生活の恨み節が入っちゃった、失礼失礼。
 それと知った信繁様はちょっと怒ってる?それとも、この人はそこらへんが限界なんだとあきらめた?とりあえず唖然としている状態ですか?さもアリナミンC。
 「良い知らせ」もある・・・三成様からさらに驚愕のご下命は、馬廻衆!秀吉様は信繁様をお気に入りのようで、居場所のなくなった彼を馬廻衆に取り立ててくださいますと!つまり側近じゃないですか!好待遇!これは好待遇ですよ信繁様~。
 しかも好都合。殿下のおそばに仕えておれば状況を詳しく真田家に伝えることもできますし、うまくいったら真田家の利益になるよう働きかけることもできなくなくも小泉八雲。っていうか、こうなった以上叔父上のひそみに倣って暗躍しなきゃ!信繁様~~。親父殿にはすでに知らせを出してあると実に手回しの良い秀吉様&三成様でございます。
 きり様はビックリしてますが、信繁様のご差配は、上田に帰れと?いやいやいやいや、居座るつもりですよこの方!どこにいたってすることがないならここにいたい!源次郎様のお傍にいたい!んでも信繁様超拒絶!喧嘩別れか~~?大坂の水があってるとかとんでもない訳の分からな言い訳のオンパレ!その裏の女心が分からないかなあ、信繁様も~。

 世はまさに新年度新学期、慣れない環境に戸惑ってる方も多くいるでしょう今日この頃、信繁様も新任務に右往左往!上往下往!詰所は狭いですけど軽やかで小ぎれいですねえ、さすがは天下の大坂城。
 チーフの平野様、生真面目真面目って感じなのは表の顔、裏の顔は且元様を軽んじて悪態をつくしたたか確かなお頭でした。意外とできる男かもしれません・・・と思ったら!お呼びがあるまでここで寝て待て?とんだ怠け者だ~~。
 実は今朝方、権三という前任者が急死、でも実は加藤清正に殺されたんだとおっしゃる平野様。加藤様が飲ませて井戸に投げ込んだ!!裏で糸引くのは殿下!つまり秀吉様!権三殿って、こないだの?つまり茶々様に色目を使ってたから殿下が命じて暗殺したんだ!?ひいいいいっ!怖いいい!
 先週は色の白い猪子だと信繁様を評していた茶々様ですけど、信繁様にも気があるの?割と好きな顔?妙にお気に入りのご様子で・・信繁様に命の危機かっ!こないだのご家来にもアイコンタクトで誘惑してらしたし、とおおんだ小悪魔かもしれませんよ、この方は~。
 金銀珊瑚!モノホンの金銀珊瑚やで利休様からの行商攻勢に秀吉様もニンマリ。も~かりまっか?ってな所にもついて回って目を肥やして見聞を広められるのも馬廻衆の役得役得・・。秀次様が大活躍でした、お買い物の見立てのセンス~。このシーンで、利休様を後ろからにらむ三成様の目線がやけにきつかったんですけど、これも後々の伏線ですかねええ。
 秀吉様が当為顔で寧様に帯を贈る・・・うわ!きり様!ちゃっかり寧様の配下で働いてるっ!天を仰ぐ信繁様!いやいや、しぶとい女子だなああ。さっさと帰ればいいのにいいっ!・・・え?秀吉様ったら、きり様にも気がおありで?
 華麗で豪華な消費生活を先導するのは秀次様。きり様を誘って、こっちにも手を出すか~~!っていうか、この道に関しては秀吉様と秀次様と、似た者同士で仲の良いお身内にしか見えませんねええ~~。

 殿下が寧様に言うよう、まもなく九州征伐。今度は秀吉様は大坂から離れずに、中国の毛利四国の長曾我部、最後に秀長が乗り込む、どうだ良い策だろう?んで、これから九州の大名から人質が送られてくる、寧様が面倒を見たってくれるかな、とのお願いです。寧様も軍略の一端を担う大事なコマだったんですねえ。それでこそワシのカカじゃ~~~!サッカーキングじゃ~~~!ねい!ねい!と形ばかりのハグで立ち去る秀吉様。
 今度は茶々様のところに、さっきの寧様へのプレゼントよりもおおっとゴージャスなプレゼント~~~。これまた表と裏と別のお顔だ~!ここでまたお気に入りの信繁様に近しく接する茶々様!こないだの権三が死んじゃってガッカリ・・・。んで、今度は源次郎が加わったと、これからよろしく頼みますと、いやあああ!またまた誘惑しはじめましたよ茶々様!
 平野チーフが信繁様に注意してます。権三は初めてではないのだ、これまでもう三人死んでいるのだと~~!信繁様はガクブルだ!平野様は実は賤ヶ岳七本槍の最後の一人?凄い人だったんだなああ。
 ここで三成様が信繁様の密書を突き返す!何でも書いて良いものではないと!真田家への密書はインターセプトですか。焦る信繁様、落ち着いている三成様。殿下は徳川に貸しを作っておきたいから、上杉に真田への加勢を禁じただけで、真田を本気で潰すつもりではないと、徳川が本当に真田を責めたら殿下が止めて下さると・・・ホントですかああ?これからは大名が勝手に戦をする時代ではないと言い放つ三成様!時代が変わったのだと~。
 信繁様は御文庫で大坂城の見取り図を見せられてます。襖の向こうでは、三成様と大谷様が堺の差配を密談中・・それを立ち聞きするのは信繁様。堺の商人を支配するのに邪魔になるのは千利休!それってつまり、利休様を亡き者に?怖い話を聞いちゃったなああ信繁様~。

 殿下は京へお出かけ?留守を頼むぞ!とたんに暇になる馬廻衆。平野様と信繁様が雑談中、大蔵卿の局様が信繁様を呼びに来た!姫様がお会いになりたいと!そんなに気に入られちゃったら命の危機!でも断ることはできない信繁様、ドおおなるノオオオッ?一緒に行きましょうと平野様の手を引く信繁様!そんなに怖いですか!やっぱり!
 茶々様は権三殿の死をどう思っているのかと問う信繁様、あの方は悲しむのをやめたのですとおっしゃる大蔵様!つまり茶々様も天真爛漫にふるまっているのは表の顔で、その裏の顔は恨みの涙だとでも?
 茶々様はホンに小悪魔!とおおっても魅力的なお顔で信繁様を誘ってる~~!その笑顔が!怖いんだなああ!この井戸が権三殿の投げ落とされた井戸かとのぞき込む信繁様。彼の脳内で再現される暗殺の顛末!ってなところに!
 ほらほら早速来たよ!加藤清正様が!ワシのしたことにに文句があるのか?殿下に頼まれたわけではないと!自分の意志で犯行に及んだと自白してますよ清正様!同じことしてやろうかと!信繁様の胸倉掴んで!ヤキイレデスカ?ミーハノーサンキューザンス~!と、ここは油断した清正様の手を逆手にとって逆襲・・・しようとしたところを怪力で返されて!まるで往年のボブ・バックランドみたい!抱えられて信繁様は絶体絶命!
 あわや権三殿の二の舞先生になるところを秀長様が止めて下さりました~~~。秀長様はいろんな意味で潤滑剤っていうか緩衝材っていうか、陰で支える我慢様なんでしょうねえ。信繁様にも本音を明かして実情を告白。急激な出世に一族の心がついてこれないのだと~。

 浜松城で忠勝殿が女子衆に槍のお稽古!中でも一番威勢のいいのは、愛娘のお稲様ですか!家康様にもお目見えで、誇らしくも凛々しいお姿でございます。娘の前ではだらしないですなあ忠勝殿~~。
 家康様が言うよう、いよいよ真田征伐じゃ!今秀吉様に許しを乞うておる。ここはあいつの顔を立ててやるのだと。
お稲様は、私もいきとうございます!にっくき真田をひねりつぶしてやるのです、えいっ!やああっ!と~~。その真田にあなたは後年嫁ぐ定めなんだけどなああ~。
 徳川が大軍勢を集めているとのニュースを受けて考える昌幸様。家康は何を待っているのだ?北条の動向も気になるところ。まさか徳川と北条が示し合わせて?とまあ、心配が高まったところに、ダメ押しに上杉家からもう味方はできないとの絶縁状がっ!上杉は秀吉に臣従した?これだけ周りが敵に回ったか!
 家康様がこれだけ時間がかかっているという事は、家康は秀吉の許しを待っているのではないですか!つまり臣従する覚悟を決めたと!これは偉い事になった!by昌幸様。面白いことになった!by出浦様。面白くありません!by信幸様・・・。
 こうなったらもう大坂の源次郎に取り成してもらうしかない!と信幸様!いやしかし、信繁様の命も危ないかもしれないかもしれないわけで!ドおおおなりますことやらあああ!

 大坂で信繁様を呼び出した秀吉様。まさかこれ、最後通告?茶々様の一件で、お前死ぬぞ~と明るく言い放つ平野様!人が悪い~~~。
 んでも秀吉様が言うには、家康が戦の許可を求めてきたと。勝手に戦をしてはいけないとの関白様のお達しに従う気配?んでも、この文は奴の本心とみてよいのかと問う殿下。さにあらずと答える信繁様。秀吉様に服従するのではなく、真田に勝つための算段として出しただけの状で、家康様が本心から秀吉様に臣従するつもりではないとの主張でございます。
 三成様は、今の信繁様の言葉は真田可愛さから出たものであると反論しますが、殿下のご判断は、ここは源次郎の言う事に一理あると~。危うく家康に一杯食わされるところであったとご満足ご満足。

 自分の進言を取り上げてもらえそうな手ごたえにしてやったりの信繁様、殿下は偉いお方ですねええ、我らのような身分の低いものの言葉にも耳を傾ける、と感嘆する信繁様。そこに片桐且元様がやってきて言うには、浜松城に真田攻めを許可する使いとして出向かれる!
 うああああ!さっきの殿下のは芝居かあああ!またも表の顔と裏の顔?とおおんだいっぱい食わせ者ですよ秀吉様!秀吉様も三成様も!ひどいよ!ウソツキ!このままでは、真田が、真田が滅びてしまうと焦りまくって殿下に直談判を願おうとする信繁様!・・いや、殿下は京に行かれましたって!
 んでそんな所に現れたのは茶々様だ!せみ時雨の中、ホーホケキョ!この人も表裏のあるお方でしたねえ・・・もしかして茶々様を利用して一世一代の勝負に出るのかとかあああっ?

 さすがは戦国、表の顔と裏の顔、相手の本心がどこにあるのか腹の見せ合い探り合い・・・みたいな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

鹿二郎
2016年04月28日 05:47
おはようございます。

 関白殿下は怖い御方ですね。ニコニコして怖いことをさらりと。これくらいじゃないと”天下人”にはなれないでしょうが。しかし、小日向関白殿下の笑顔はナゼか怖いですね・・
 しかし信繁様の馬廻衆抜擢は大抜擢人事ですよね。今で言えば、地方支社の更に子会社の社長のしかも次男坊を、入社したての新人なのに、本社社長秘書の一員にするみたいな感じですし。信繁様は戸惑ったことでしょうね。
 前々回の終わりに、壮麗巨大な大阪城天守閣が描かれてましたが、もしかして大阪という中央の大権力を現し、そのなかで戸惑う信繁様を序盤に描く予定なのでしょうか。
 茶々様も、これまで様々な女優さんが演じてこられましたが、今回の茶々様は可愛い&死を招く天使のような恐ろしさですね。秀吉公の側室なんて嫌じゃ・・と叫ぶより、すべてを諦め、回りを翻弄するような感じ描いたのでしょうが、怖い・・・

 一方、絶体絶命の真田家。しかし昌幸様。無理しても3千人もない兵力で、数万の兵力をむけられる北条・徳川と対峙できる胆力には驚かされます。
 しかし上杉様、上杉正規軍を装わず、農民部隊を装い兵力を真田支援に回せるでしょうにね。
2016年04月28日 21:07
鹿二郎様、おはこんばんは~♪
 ええ、ええ、関白殿下は怖~いお方!にっこり笑って大虐殺!これから末期に向かって、どんだけ暗黒面に落ちていかれるのか、怖いですけどなんだかちょっと期待感・・・(汗)。
 信繁様はこれだけ好待遇を受けたから後年のギリニンジョー爆発なのかしらねえ?いえもうのっけから、きりきり舞いの里田まいな感じの信繁様でございますけど~。
 今回の茶々様は一番怖い感じ。何が怖いって、ニッコリ無邪気に人を斬る!みたいな~。まさに小悪魔!
 今度ばかりはどうあがいても勝ち目のない真田家!上杉様も随分薄情ですよねええ~~~(涙)。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「真田丸」第16回

    Excerpt: 第16回「表裏」秀吉が上杉景勝に真田への支援を禁じたと知った信繁はショックを受ける。秀吉はその信繁を自らの護衛役、馬廻衆に加える。信繁は秀吉と行動を共にするうち、秀吉が... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2016-04-24 21:05
  • 真田丸 第16回「表裏」

    Excerpt: 上杉が徳川が攻めてきた際には真田に味方しないことを秀吉に約束させられた後、信繁の知らない間に越後に帰ってしまいます。この段階はもはや信繁は上杉の人質ではなくなり秀吉の家臣となるしか選択肢はない状況でし.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2016-04-24 21:52
  • 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い16信繁は景勝の人質から秀吉の人質となり秀吉と茶々の間で板挟みの苦悩を味わう事になった

    Excerpt: 大河ドラマ「真田丸」第16話は景勝は秀吉から真田を支援するなというお達しを受けて苦悩しながら越後に戻った。信繁は秀吉の馬廻衆となり、秀吉に仕える事になった。そしてそこ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-04-24 22:11
  • 真田丸 第十六回「表裏」

    Excerpt: 第十五回「秀吉」はこちら。先週は地震の日々だった。こういうとき日本人はNHKについチャンネルを合わせるものなのである。これはもうしょうがない。残念なことにそのNHKの速報が拙劣だったことがニュース.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-04-24 23:31
  • 〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第15回「表裏」感想 信繁より先に消されるのは吉田羊?

    Excerpt: 最初のテロップみて驚いたんだけど、 撮影協力に 「長野県  群馬県  和歌山県  長野県上田市」 とあっての 大阪府、大阪市がないんですな。 現在は 「大坂編」 であるにも拘らず。 大阪を表裏から牛耳.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2016-04-25 00:21
  • 【真田丸】第16回 「表裏」 感想

    Excerpt: 秀吉(小日向文世)が上杉景勝(遠藤憲一)に真田への支援を禁じたと知った信繁(堺雅人)はショックを受ける。 秀吉はその信繁を自らの護衛役、馬廻(まわり)衆に加える。信繁は秀吉と行動を共にするうち、秀吉.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2016-04-25 05:06
  • 真田丸「表裏」

    Excerpt: 主人公、信繁(堺雅人)、かぎりなく頭が真っ白になり、オロオロ、ゾゾ~~ッ、ひぇ~~っの巻。彼の心中からしたら、限りなく化物屋敷にひとり、とり残されたオコサマ気分でしょう だって、あれだけ慕い、固.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-04-25 09:09
  • 大河ドラマ「真田丸」 #16 表裏

    Excerpt: 妙に秀吉に気に入られた信繁。 しかし、その裏で秀吉は真田家をつぶす策略を・・・。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2016-04-25 19:13
  • 真田丸 第16回「表裏」

    Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第16回「表裏」 あらすじ・・・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-04-25 20:59
  • 真田丸 第16回「表裏」 簡単なんですが感...

    Excerpt: も~~~~~、相変わらず時間が無いですがそしてついにジャンプも全部読めなかったんですが(^0^;;)とりあえず今日の大河感想だけ簡単に書かせてくださいませ。いや、ちょっと心配だ... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2016-05-01 14:43