真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「真田丸」第9回「駆引」

<<   作成日時 : 2016/03/06 20:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 2

先週は驚愕の成り行きで、歴史に詳しい方は展開を読んでらしたんでしょうけど、私はもうびっくり!まさか主人公様側がこんな惨いことを!・・あ、でも本格的にぶつかり合ったらもっとたくさんの命が失われたはずで、最小限の犠牲でことを済ませたっていう見方もできるのでしょうか。昌幸パパ上様!良い人なのか悪い人なのかなんだか良く分かりませんけど、とりあえず男前です。

 織田信長の死から始まった東国の覇権争い、北条徳川以外の第三の決着を狙う真田昌幸様なのでアリアンした。
 タカの世話する北条氏政様。御味方の首尾は上々?家康もこれまでかって?甲斐の中心甲府を占領していた徳川家康様ですが、先週信濃から取って返した北条の大群が!あれよあれよという間に十重二十重に取り囲んだって!これ本当にアレヨアレヨって言いだしそうな今作の家康様でございます。んで、とりあえず新府城まで退却・・・ゲンの悪いお城ですよ、そこは〜。こうなったら全力で正面からぶつかりましょうというのは猛将・本多忠勝殿!いやそれは策でもなんでもなく〜〜。
 ここで智将・本多正信殿が進言する方策は、真田昌幸をお味方に!なんとなんと、今の状況を作り出したにっくきあやつを!配下にして働かそうって?やるなあ智将〜〜。

 真田の郷でもタカが飛翔!父は思い付きだけで生きているのかと思っていたら結構やり手ですごい人だったみたいに言う信幸様。すべては計略のうちじゃと冷酷に言い放つ父上のリフレインリフレイン。信繁様はでも、納得しかねるお顔・・。
 さて先週真田昌幸&信尹ブラザーズ様に一杯食わされた上杉景勝様。信尹様の方はまだ疑惑のにゃんちゅうですけど、味方になると言っときながら北条に走った昌幸様は真っ向勝負の裏切りアン!許せぬ〜〜〜!直江兼続殿は真田信尹も疑わしいと、取り調べてやろうっちゅう、こちらも智将の方ですわ〜。そんで信尹様はいち早くドロン!逃げ足早いわ!さすがはいっぱい食わせ者。なんですか、北条ー真田ー落ち行く信尹様と、タカつながりでかもす映像。いい感じですねえ。

 先週北条氏直様は腹立ちまぎれに昌幸様にしんがりを命じられましたが、しんがりってことは一番後からついていけばいいわけで、うまくいけばフケ放題っちゅう魂胆ですよ当然ながら。真田の郷でゆっくり時間をかけて仲間づくり!大名のいない国を作る!つまり小県の領主連合結成運動でございます。
 昌幸様が一番頼りにするのはやはり出浦昌相様。これからは国衆の寄り合いで信濃を治めようと持ち掛けてます。まずは小県、やがては信濃上野を一つに!そして高いハードルになりそうなのがへそ曲がりの室賀正武様、これまでことごとく昌幸様に反対してきましたからなあ〜。そもそもあの顔が気にくわ〜〜〜ん♪
 同席していた信幸様は父上のスケールの大きな策略に大乗り気です。ですけど先週とんでもないものを見ちまった信繁様は、いつになく反抗的よ。青春の蹉跌か〜〜。まあ思いもよらないところで謀殺の片棒まで担がされちゃいましたからなあ。
 お前は策とは何かをまだ知らんようじゃと父から諫められて、知りたくありませんと!すねてお部屋に引きこもる信繁様をあやしてくれるのは出浦様です。わしはお前の父上が治めるのが一番だと思う。春日も自分の意志で上杉を裏切ったのだ自業自得と思えんか?お前は優しすぎるのだ、もっと強くなれと励ます励ます。
 信幸様は愛妻こう様に給仕されておいしいご飯を食べてますけど…こう様力が入りません!ご飯をよそうことすらできません!こう様崩壊だ〜!いつもながら笑わせてくれますなあこの方!このキャラで元気のない女中さんとかのシリーズコントをしてもらいたいくらい〜。

 さて、信繁様は遠ざけて、嫡男信幸様と腹心高梨内記殿を引き連れて昌幸様は室賀邸へとやってきました。当然室賀様は国衆の寄り合い国家に大反対!でも今回ばかりは昌幸様、ちょっと違う!わかってくれわしは信濃をよそ者に渡したくないだけなのだ〜!本当なのだ〜、これでいいのだ〜〜。ってここで室賀様も初めて昌幸様への反発心を抑えて胸に手を当てて考えた!武田が滅んでからこっち、この国が安泰だったことは一度もなかった・・。国衆だけで信濃を治める、相変わらずふざけたことを言いおって!だが面白い!お主の考えに初めて乗ってみるわ〜〜!わだかまりが初めて消えた室賀様、昌幸様とがっしと手を握り合って、男の友情、みたいな〜〜〜♪

 一人でしおれてる信繁様にお饅頭を持ってきたのがきり様でございます。さっき父上に言われたもんねえ。いやあ、好きなら好きって素直に言えば・・っていうのはあまりにも現代風な考えでしたか?いえでも、慰めるつもりがまたも大げんかになるは必定!よれば触ればキャンキャンするお二人ですよ!喧嘩する気も出ない信繁様は避難のために家を出る!すれ違う二人!この後どうなるかだいたい見当ついちゃいますよね〜。
 そこで出くわすのは梅様の兄貴の作兵衛殿だ!やっぱり!作兵衛殿ったらボロボロです。喧嘩の帰り?畑の泥棒を追い払ってきたそうで。ウリがかわいい!うわっ!血だっ!生きるって戦いなのよねえ〜。
 もうまるわかりで梅様にホの字の信繁様、春日信達様を騙し討ちにして悪者に仕立て上げた一件を残らず語ったご様子。んで梅様が私の考えを言っていいですかと前置きして曰く、春日様には申し訳ないのですが戦をしなくて済んだのでホッとしています、って。
 戦となれば農民だってただではすまず、でもそれ以上に梅ちゃんは・・源次郎様には死んでほしくないのです!大切な人を戦に送り出すのは辛いことなんですよ!やるなああ。もう信繁様の心臓をわしづかみですよ〜。人の命をできるだけ損なわないことが大事だと、源次郎様のお父上はそれをわかってらっしゃるのではないかと梅様が言い募れば、これで信繁様の心の雲がはれまして候。
 お前の命を守るためならワシも知恵を絞れる!そういう侍になればよいのだな?と信繁様。僕が立派な侍になったら・・結婚しようよ〜るる〜る〜〜って事なんでしょうか?わざとらしく席を外す作兵衛殿!これは兄上公認の交際なのか〜〜!お前はなくてはならぬ人だと言って梅様の手を取る信繁様。おほほほほ、それで帰ってきたのは真夜中よ!いやああ、できちゃったかなああ、この二人・・。え?源次郎様のお部屋に怒り狂ってたたきつけた感じのお饅頭のような握り飯のような残骸が!うわああ・・・

 真田はなぜ来ぬのだと怒り狂う北条信直様。さてその真田は・・・またもタカが見守る本日の展開でございます。真田家に集められた小県の国衆、昌幸様のプラン公開!んでも話が大きすぎて戸惑う人のほうが多いみたいで話し合いは難航です。室賀様は実に前向き!出た!黙れ小童!信幸様には特に態度デカいなああ〜〜。
 こういう席には呼んでもらえない信繁様、やっぱり格闘のけいこです。そこへ室賀様が通りかかってお主の父は好かん特にあの人を食った顔が!だが、一人で立つこともできたところをわしに声をかけてくれた、お主の父はなかなかの男だと上機嫌で去っていきました。結構能天気な人だなあ。
 最後に座敷に残っているのは昌幸様と出浦様。出浦様はお主が大名になればわしは身命を賭して盛り立てると、つまり国衆連合ではなく真田昌幸が大名になれという事ですね。真田昌幸!腹をくくれ!まあそれは確かにそう!だって連合国家で信濃&上野を一国にするんじゃああまりにもデカすぎますものねえ。
 源次郎様のお部屋に入り込んでいるきり様。昨日は遅かったとか、いかに兵を死なさぬかとか当たり前じゃないですかとか、突っかかる突っかかる、そして差し出すお饅頭のような握り飯。どうしてワシと梅の間をやきもち焼くのかと詰め寄る信繁様!怒り心頭でまたお饅頭のような握り飯をたたきつけて立ち去るきり様!いやああ!修羅場だ〜〜〜♪

 今は亡き御屋形様、つまり武田信玄公に語り掛けて、ワシでよいのでしょうかと悩む昌幸様。大名になるってのはそれなりに覚悟のいることなんですねえ。んで、悩みに悩んで御屋形様?と戸を開けたら、そこにいたのが信幸様!いやあああ!信幸様は徳川家康様からの書状を持ってきたんだそうで・・読まずに食べたりはせずちゃんと目を通す昌幸様。
 これは徳川家康様からの書状、真田と手を結びたいとの仰せでございます。智将の方策だ!窮地に陥った徳川に手を貸して恩を売るのもまた一興!そして大名になりあがってやるっていう意思表明?従うのではなく利用してやるのだと、コロコロと態度を変えるパパ上でございます。出浦様はこうなったら私は家臣になります!真面目リンゲンの信幸様はひいいい!寄り合いの話はどうなるのおおおおっ!あれはもうナッシングと言われて一人で右往左往する信幸様!楽しいねえええ〜〜!

 さっそく弟・信尹様にミッションインポッシブルを授ける昌幸様。新府城の家康様と交渉に派遣されまして候。真田が味方になると聞いて大喜びの家康様、諏訪の進呈をご承諾。つまり、信濃の真田領を安堵してやるってことですかね。ちょっと待って、と信尹様が追いすがる!足りませぬ!!上野の沼田領もおお!上野にも拠点があるのが真田家の強みだって何時だったか解説ナレーションにありましたっけ。上野の沼田領も真田のものとお認め願いたいといい募って、家康様の許諾を得た信尹様!交渉成功〜〜!・・・え?これが後々の亀裂の因縁になるわけ?

 知らせを受けて、これで北条とは縁を切るとどや顔の昌幸様。愛妻・薫様の膝枕でお手柄報告。やがておいらは大名となる!お前にも一つお城を作ってやるからな〜。・・そして、このたび徳川にアレを出すことになってなああ。うわああ、人質かあああ!薫様はたちまちおへそを曲げられて、金輪際ごめんですから!交渉決裂〜〜!ではおやすみなさいとお部屋を出る昌幸様なのでありました。
 真田が裏切りおったと忌々しいながらも笑ってみせる北条氏政様。あんな雑魚はどうでもよいとタカをくくって金平糖を食べてます!この判断が間違いだったんだなあ氏政様〜〜。
 さて国衆の皆様は、真田が徳川に味方するのも寄り合い計画の布石だと単純に良い方に誤解してくださってるの?手ごわそうで騙しやすい人だなー室賀様〜。昌幸様が大名となってみんなを配下にしようと企んでるとも知らずに・・・これまた騙される方が負けなのか〜〜。
 となれば対北条!戦闘開始!大軍の北条は甲斐にも信濃にも攻め込んできている、さてどことどう戦うか〜〜。昌幸様が案を募ると、内山城で正面切って激しく戦おうみたいな意気込みが返ってきました。こりゃあ大戦か〜〜。
 と、そこに血相変えてしゃしゃり出た信繁様。梅ちゃんの教えと応援を受けてるんでもうノリノリです。内山城は北条も決死の覚悟で固めているから大変なことになると。さらに、北条はあまりにも甲斐に入り込んでいますって、こうなったら兵糧の道を断ち切ってやるのが一番と!北条が物資を運ぶルートは碓氷峠から小諸を通る、小諸さえ押さえてしまえば甲斐の北条軍は一切の補給路がなくなり飢えます!さすれば我らは無駄に味方の命を素粉わずに戦に勝てまする!見事な策だ〜〜信幸兄上も目を丸くする〜〜。
 よし!すぐに小諸に出陣じゃ!えい、お〜、えい、お〜〜〜!んで戦いはゲームっぽいCGで済んじゃって、またまたタカが見守る中、信繁様の名案で真田家見事に大成功!徳川軍は北条軍を押し返して、オッシャ〜〜〜!まずはめでたき勝利の凱旋〜〜。

 大喜びで意気上がる真田家のご一同!これで徳川と北条は当分の間もめ続け、その間に我らは力を蓄えるのじゃ〜〜〜♪まさに計算通り!んでも、ねえ、私ここまで見てきて本当に昌幸パパ上様は魅力的でハンサムでちょい悪でカッコよくて大好きですけど、ちょっと詰めが甘いですよね・・・。今回もどうやら・・・。
 高梨内記殿が息せき切って持ってきた書状!内容は驚愕!徳川と北条が手を結んだ〜〜!家康様が頼みにしていた織田からの援軍は、それどころじゃなくなったそうで・・・時代的には羽柴秀吉様と柴田勝家様の対立内紛で、ああ確かにそれどこじゃな〜〜〜い!これ以上戦いを続けたくなかったんでしょう家康様。この後天王山とか七本槍とかってところですか。そりゃあゴタゴタ続きですよねええ。
 家康様と氏政様と、お互いのほっぺを挟んで撫であって!気色悪い〜〜!んで、甲斐・信濃は徳川に!上野は北条!分け合う!えええええ?じゃじゃじゃ、じゃあじゃあ、真田の領地は?信濃と上野に跨って領地をもっている真田の立場は?上野が北条の手に渡ってしまっては!沼田は真田領っていう家康様との約束は反故になっちゃったりしてえええっ!風雲急を告げる展開は、以下次週!昌幸様には申し訳ないですけど、面白くなってまいりましたなああ〜〜!
 本日のMVPは例のタカちゃん?隠れ功労者は二度にわたってたたきつけられた握り飯饅頭の方かも〜〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真田丸 第9回「駆引」
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第9回「駆引」 あらすじ・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/03/06 20:55
大河ドラマ「真田丸」第9回
第9回「駆引」北条・上杉の双方を信濃から撤退させることに成功した昌幸は、自らが大名となるべきか、あるいは国衆たちによる独立国家を作るべきか、大きな決断を迫られていた。い... ...続きを見る
日々“是”精進!
2016/03/06 21:00
真田丸 第九回 「駆引」」
第八回「調略」はこちら。 前回の視聴率は17.1%。ハードな内容のわりには落ちが少なかった。だけでなく、真田パパ(草刈正雄)のどす黒さが大評判(ネガティブなのも含めて)。およそここまで善人面してヒールな主人公の大河ってあっただろうか。昨夜は、城マニア小学... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2016/03/06 21:22
真田丸 第9回「駆引」
前回までの昌幸の調略によって信濃は大名が不在の土地になり、その土地を脅かす北条が甲斐にいる徳川へ軍勢を向けしばらくは安泰の状態になります。ここで昌幸は、小県の国衆と共同で信濃の国を治めようと画策し、室賀に働きかけを行い、結果として室賀を味方に付けることに成功します。この辺りを見る限り昌幸は完全に信濃を治める器のように見えますが、自分では信玄にはなれないと半分諦めた状態。 そこに活を入れたのが同じ国衆の出浦昌相でした。寺島進さんが素晴らしい演技をしているのですが、どこか陰を持っているような雰囲気を... ...続きを見る
あしたまにあーな
2016/03/06 21:36
【真田丸】第9回 「駆引」 感想
北条・上杉の双方を信濃から撤退させることに成功した昌幸(草刈正雄)は、自らが大名となるべきか、あるいは国衆たちによる独立国家を作るべきか、大きな決断を迫られていた。 いずれにしても、反目する室賀正武(西村雅彦)の協力が不可欠であった。 一方、信繁(堺雅人)は、手段を選ばない父への割り切れない思いが消えない。 梅(黒木華)の一言をきっかけに、信繁は誰にも思いもよらない「命を損なわない戦」... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2016/03/07 02:29
真田丸「駆引」
いよいよ、空白地帯になった信濃を巡り、戦国大名達の駆け引きが始まり、 ...続きを見る
のほほん便り
2016/03/07 07:54
大河ドラマ「真田丸」 #09 駆引
真田の駆け引きが。 大名相手の駆け引きが始まる・・・。のか?? ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2016/03/07 21:55
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い9昌幸は自らが大名となる事で信濃と上野を纏める事に成功し家康に...
大河ドラマ「真田丸」第9話は北条軍を南下させる事成功した昌幸は今度は国衆だけで国を纏めようと奔走する。しかし国衆だけよりも昌幸を大名として纏まった方が良いとなり昌幸が ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2016/03/08 06:17
真田丸 第9回「駆け引き」途中からですが見...
時間も無いのですごく簡単感想になりますが ちょっと書かせてくださいませm(__)mいやもう、昌幸お父さんも食えない人だけど周囲の大名さんたちも動きが読めませんよね〜〜!!もう毎... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2016/03/11 16:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

 昌幸様が信濃一国を独立させる構想。壮大ですが、連合政体は止めたほうがいいですね。国衆たちの利害を調整できるわけありませんし、武田信玄公も苦労されたことですし。

 一方、信繁様。昌幸様の冷徹さに政治への嫌気がさしてた御様子ですが、梅様の言葉に、「お前の命を守る為なら・・」と、やる気スイッチが入った御様子。
「お前の命を守る為なら・・」って、白川院や清盛公に通じるような感じがしますが・・

 一方、氏政様は呑気ですね。雑魚にって、雑魚だからつぶしておいたほうがいい場合もあるのに・・
 ところで金平糖を無造作にほお張るシーンがありましたが、この時代、砂糖は輸入のみで、金平糖は超がつく高級品。もっと味わえ。と言いたいところです。笑

 信繁様の献策で、いい仕事した真田一族なのに、家康様にはしごを外され・・「信じられん」との昌幸様。いい顔です。こういう展開が面白いです。
 
鹿二郎
2016/03/09 19:42
鹿二郎様、お今晩は〜〜。
百姓の持ちたる国、ならぬ、国衆の持ちたる国!それ魅力!ですけど、まあ無理でしょうねええ〜。軸がないですもの。
梅様ほんとに女らしくて色白で抜け目なくって可愛くて!計算してやっていたらと思うとちょっと怖くなるくらい・・・。
氏政様は呑気っていうか自信過剰っていうか、もっと手堅くやってたらなあ〜〜。んでも北条・徳川が和睦しちゃって右往左往する昌幸パパ上様もまた一興!!
真田
2016/03/10 22:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK大河ドラマ「真田丸」第9回「駆引」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる