NHK大河ドラマ「真田丸」第4回「挑戦」

内野様版の家康様、どことな~く少年ぽくて!私はアレを思い出します、いませんご~くと人の言う~~って、少年徳川家康!我慢して我慢して我慢して、負けてまた我慢して、勝ってもやっぱり我慢して、その上で手にした天下!みたいな成り行きって、嫌いじゃないんですよねええ~。不思議なほど少年っぽく見える信繁様とは良いコンビなのかも・・まあ後には袂を分かつわけですけどねえ、ゴホンゴホン・・

いつもながらスッキリ始まるOP。題字のこて絵がホントにステキ。織田信長に呼び出された昌幸様。徹底抗戦を唱えていた真田を果たして信長は許すのか~~~?

 昌幸パパ上一世一代の大勝負は!言ってみれば信長陣営への再就職!これが首尾よく行かなかったら小山田様の二の舞で一族郎党皆殺しですから!命懸けの就活ですよ!前に行く他道はなし!んでもまっすぐは進まないんだなああ、策士ですもの~♪
 これも一つの戦であると次男・信繁様に言い含める昌幸様。信長様が逗留中の諏訪の法華寺にやって来ました。
幟の印は葵のご紋、ってことは家康様が来てるんですねええ。いつぞやこっぴどくやっつけてやった家康様ですけど、今それを持ち出されたら昌幸様は窮地に陥るかも!あ、三方が原でやっつけた時には「武藤喜兵衛」と名乗ってた?親子がイイ感じで話し合ってるなああ。気が合うんですねええ。んで、じゃあじゃあ、ウマい事ごまかせるかもしれませんなあ、昌幸様~。
 そんな中出くわしたのが室賀正武様だ!一足早く織田に加わってた?何だかやけに真田家と対立してた人だけど。カツラ・・が勿体ないなあ。お前と上杉の密約の件はすでに信長様に渡っているとダメを押す室賀様。あ、じゃああの書状を奪ったのはあなただったのか~、と恍けてる昌幸様。結局昌幸様の意のままに将棋のコマになってるのは室賀様。人物の大きさで軍配はすでに決しておりますライバル対決。小さな男だ~とパパ様。

 徳川様に話している穴山様。自分の所領は安堵されるのかと・・貴殿は我らから願ったのだから格の違う裏切り者じゃとイヤミたらたらで持ち上げる家康様。面白いなああ。んで、ここに真田が来てますとおっしゃる本多正信殿。真田即ち・・武藤喜兵衛でございますとおお~~~!
 まだまだやんちゃなてぃーんえいじゃーの信繁様、暇に開かせて陣内のあちこちを見て回るうち、出くわしたのが本多忠勝殿アア~~ンド徳川家康様だ!弓立に整然と並ぶ弓を自慢する家康様。ですけど当家では弓立の下に車をつけましたと、身を弁えずに自慢がちに話す信繁様。しかもそれは私が考えましたと!無邪気だから許されるけど・・・
 そこに昌幸様がやって来て、自己紹介。こちらは真田安房守昌幸と二男の源次郎信繁でござる、そちらは徳川三河守家康様と家臣の本多忠勝殿であったかと~~。昌幸様ここで家康様に相談するのは、信長様への貢物。それなら馬が良いと即断即決即回答の家康様。イイ感じ・・と思いきや!三方ケ原で手痛い目にあった、武田軍に武藤喜兵衛というエラク強い侍大将がいたと追及する家康様!存じませぬな~、と見事に肩透かしで送り出した昌幸様!狐と狸の化かし愛ですなあああ。
 そんなところに通りかかるのが明智光秀様だ!なんとも御公家様みたいな人だぞ明智様~!

 さて小県では、信幸様は心配性?何も手につかん?ちっさい男とは言いませんよ?心配性で慎重派なだけですよね、大泉・・ゴホン、いえ、信幸様~。火傷の口をゆすいでいるうち目撃するのは、松様と梅様がどこかへ出かけるところ。あとからきり様も付いていくの?何しにどこへ行くのやら~?
 モチのロンでポンでチーでお二方がやって来たのは、小山田茂誠様が隠れているお寺でした!後から来たきり様も何気に入ってる~!作兵衛殿!なにやってんの!守りが薄いぞ~~!あわてて言い訳している梅様。と、表で信幸様が、空気を読まずに押し問答だ!いちいち見なくても中に何がいてどうなってるのか分かるでしょうに!
 さっそく梅様がお堂に入って何やら工作して、後から信幸様が入って行くと、そこには松様一人。ここに茂誠様を匿っているのかと追及する信幸様ですが、そこは松様が命懸けのオトボケバリアーだ!その上きり様まで、三日に一度ここでどきっ女だらけの四方山話をしているのだ!と強烈な援護射撃!
 カカトがパサパサになったとか、これ見よがしにワザとらしく女同士のおしゃべりを展開されちゃって、すごすごと帰る信幸様でした~。帰りしなに作兵衛殿に、このような猿芝居ワシは好きではない、父上が帰るまでに茂誠殿の行先決めて置けと捨て台詞捨て台詞。きり様は父上への言い分けも苦しいよなああ~。カカトのパサパサ感が~。

 諏訪に戻りまして。滝川一益様に導かれていよいよ信長様の御前に向かう真田親子。まずは前立本尊の織田家ご嫡男信忠様と徳川家康様がお出ましで、二通の文を持ち出します。一通は昌幸様が信長様に臣従をお願いする願書でございます。んでもう一通が、件の上杉家への書状!お誘い有難うと言う!これは二枚舌かあああ!と追及する信忠様でございます。
 ここが勝負よ!真田昌幸様は微動だにせず!冷静沈着に一言、二通目のそれは上杉への返信、ありがたき事ではあるがすぐには決められぬと書いてございます。つまり「方便でござる」!方便とは?
 私が諏訪に来ている間に上杉に侵攻されたらエライ事でしょう!エライ事ですよ!だから所領を守るためにそのような書状を送ったわけで!強力な国に囲まれて生きる弱い国々はこうして知恵をしぼって生きぬいているんですって!こおおおんなに大事な書状をインターセプトして!上杉に届かなかったのをどうしてくれるんですか!真田にとっては死活問題ですよ!かくなる上は信長公には、上杉から我らを守り抜いていただかなくては困ります!!とまあ、あの、意訳してますからね、この通りのセリフではないですよ?でもこんな成り行きで自己正当化で、むしろ上から目線で己を売りこんだ感じの昌幸様~~!
 ここで前立本尊側は次の一手、っていうか家康様。この書状は自分を売り込むために真田が捏造したものではないかと!全てをお見通しだ!さっすがはクローニンバーグだ家康様~~。実は上杉も織田に和睦を求めてきていて、今ここに上杉家臣の直江兼続が来ているのだと!今ここに兼たんを呼んで問いただしたらすべてが明らかになるんだぞと追い打ちをかける家康様!せっぱつまったで昌幸様!!
 んでも昌幸様、腹を固めて肝を据わらせて、一歩も引かずに言い放つ!確かめたければ確かめるがよろしい!追及する家康様、どこまでもしれ~っと恍ける昌幸様。シリアスな目と目の交錯よ!んで、その意気やよしと思われたのか、家康様は自らの読み違いであったと非を認められまして候。そして一言、さすがは勇名を馳せられた武藤喜兵衛殿、肝が据わっておられる!何から何まで見通したうえで真田家に恩を売るって寸法でしたか~~~!油断も隙もないわ戦国~~~!
 で、ようやくご本尊の御降臨~!ちょいと洋風で、物凄い存在感で現れましたよ織田信長様!でかっ!これは撮影の工夫でしょうけど。今のやり取りもきっと聞いてたんでしょう?そして、真田安房の守か、・・よき面構えじゃ!とだけ位残して去りにけり去りにけり~~。おめでとうござると家康様!これで就職決定!やったねパパさん!これからは滝川一益様の配下として織田家のご家中に居場所が決まりました~~。

 勝ち戦じゃ!さすがに我が子には己の手柄を言いたかったんでしょう昌幸様、信繁様にそう言い置いて、一益様と今後のご相談ご相談。武田旧領の上野国と信濃国小県と佐久郡は一益様が直に治めると。でも信濃の国衆の領地はそれぞれの領主に安堵してやるとの事。だがしかし!上野の沼田城と岩櫃城とは滝川のモノとする!つまり真田家の上野国の領地はボッシュート!
 上野に広大な領地のあることが真田のアドバンテージだっただけにこれは厳しいお沙汰ですけど、上様のご意向であると言われたら反抗するよすがもなく、それでも小県のまとめ役としての地位を認めてもらえただけでも上々の首尾と言えます昌幸様。
 ここで穴山様!昌幸様がよおおっと手をあげているのに無視してこそこそと逃げていくさま、やっぱり裏切り者の立場は心苦しいんですかねええ~。

 信繁様は三十郎殿に信長様の事を話してます。静かに見えて眼光鋭く龍の如く、射すくめられたら動けなくなりそうなお方であったとか~~。そんな中、当の信長様が常軌を逸した折檻を繰り広げております!折檻されているのはやっぱりあの方、明智光秀様~~!あないに欄干に頭を打ち付けてたら死んでしまいますがな~~!あ、って事は手加減はしてくれてたのかな?あるいはちゃんと自分の手を間に入れて受け身を取っていたのかなあ、光秀様~~~!・・まあいずれにしても何ともお気の毒な事で~~~。介抱する家康様、目撃する信繁様、次週への伏線ですよねええ、これって~~。

 まずは真田は生き延びた!これ、成功と言っても良いのではないかという首尾を持って帰郷された昌幸パパ上様。やっぱり信長こそは天下人、若き頃の親方様つまり信玄公とも通じるモノがあったとか~~~。
 まずは祝着!でも、残った問題点は二つあり、一つは人質!身内の誰かを安土に出さねばならぬ事。もう一つは先ほど滝川様から言われた、沼田城と岩櫃城の引き渡し。
 人質については信繁様がナイスな提案!姉上では如何でしょう?お付のモノの中に小山田茂誠様をもぐりこませて安全な所に連れて行きましょうと言う裏提案だ!これには松様もご満悦~~~。
 ここで空気を読まずに母上様が人質反対、ア~ンド、ババ上様が人質志願?それじゃあ台無しだってえええ!んで、それ全てを察した信幸様は、姉上でいきましょう!分かってないのは母上様とババ上様だよなああ。んでも、そこまで読めているのならもうちょっとニコヤカにしてても良いのになあ信幸様・・。いや、いや、いい人、いい人、素晴らしきご嫡男様ですとも!信幸様~~~。
 何時の間にこんな立派な大人になったかとお喜びの母上&ババ上ですけど、愛する夫の為にやむなくやってるだけなんだって!そこら辺は少し笑いどころなのかも菜ああ~。
 二つ目の領地引渡しはもうちょっと難航?力がないのは惨めなものだと高梨内記殿にこぼす昌幸様。とくに沼田城を手に入れる時に命がけの働きをした矢沢頼綱殿に申し訳ないと~~。ですがそこは空気を読める頼綱殿、アレが大事な城だと信長が認めたと言う事でむしろ鼻が高いわ~~!とやせ我慢の大笑い。イイ家臣だなあああ。
 二大問題が解消し、さらに家康様の指示通りに見事なお馬を信長様に献上すれば、まずは万事上々の滑り出しでございます~~。

 人質の差配についてはちゃくちゃくと、っていうか信繁様がご同行して、松様が安土城下にやってまいりました。妙に洋風よ?すでに真田屋敷も建ってる!・・あ、建ってなければ来れないか?こりゃまた失礼・・って、街並みを圧する異のアレが!アレが噂の安土城!すげえええ~~~!
 茂誠様とご歓談の信繁様。仲の良い義兄弟ですねええ~。御城下にはセミナリオという学校があり、誰でも市を開けるところでもあり、何から何まで規格外の国際未来都市!安土!信繁様ご満悦~~。松様は茂誠様からいただいた匂袋で夫婦の絆~~~。
 その夜の事である?えええ!このタイミングでご謀反ですか!敵は本能寺にあり?やっぱり史実の通りにやっちまいましたか光秀様~~~!燃えとるで~~~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

鹿二郎
2016年02月02日 20:05
こんばんは。

 昌幸様、凄いですね。恫喝的詰問をされてるのに、逆に恫喝返しで、信忠様を逆に追い詰めて、家康様にも粘り勝ち。交戦中の上杉家の首脳直江兼続が織田本陣にいるわけないということも考えれば分かりますし。・・
 しかし、史実じゃ昌幸様、織田勢と戦う気満々で、上杉や北条に援軍を請っていたそうで、北条からは了承を取り付けていたとも。織田も昌幸様の武田への忠誠心を評価し、織田が請う形での臣従だったとか。史実通りに物語を展開しても面白かった気もします。
 吉田=信長様、存在感は良かったです。ブーツの音が良かった。のですが、洋装は似合ってなかった気がします。初回登場時の朱の着物に、赤いマントのほうが、良かった気もします。

 松様ご夫婦、逆境なはずなのに、別空気の夫婦愛を醸しだし・・面白い。
 その夜に本能寺の変。思いますに、武田家も、もう少し耐えきることが出来れば、滅びずに済んだのでは?と思えてなりません。
2016年02月03日 00:51
鹿二郎様、おこんばんは~。
昌幸パパ様の交渉能力に刮目!すっごいですねええ~。相手の状況を見切って読み切っての上から目線!ああいう交渉が出来たらさぞやしてやったり!みたいな~。
松様と茂誠様のご夫婦は、おそらく笑いどころなのでしょうけど、私的には昌幸パパ上様の斜め上具合の方が笑えるかなああ、って~~~。
にしてもしかし、武田家に皮肉な信長様滅亡の段!ほんっと~に、もうちょっと耐えて生き延びていたら運命が変わってたかも!そこはほらほら、やっぱり岩櫃城に!真田の郷にお越しいただいていたらと!悔やまれて悔やまれて、なりませぬなりませぬ~~~!

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「真田丸」第4回

    Excerpt: 第4回「挑戦」昌幸は信繁とともに、織田信長との面会に向かう。織田の本陣で、信繁はのちに生涯をかけて争うことになる徳川家康と運命的な出会いをする。少しでも有利な条件で織田... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2016-01-31 21:06
  • 真田丸 第四回「挑戦」

    Excerpt: 第三回「策略」はこちら。前回の視聴率は初めて下降して18.3%。うーん、よくわからないな。あんなに面白かったのに。速報を久しぶりに熟読して、むかしの視聴率オタクとしてはやはり色々と面白かった。スマ.. Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2016-01-31 21:56
  • 真田丸 第4回「挑戦」

    Excerpt: 前回までで信長に会う手はずが整った昌幸。信長に会うためにも熾烈な戦があることを今回目のあたりにすることが出来ます。信繁とともに信長の本陣に向かった昌幸にまず待ち構えていたのが家康との神経戦。昔三方ヶ原.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2016-01-31 22:30
  • 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い4昌幸は信長との会談で見事に信長の心を掴んで真田家存続を成功させたが本能寺の変で再び形勢が変わった

    Excerpt: 大河ドラマ「真田丸」第4話は昌幸は信長と面会するために信繁を引き連れて諏訪に来ていた。その前に家康と対面し過去の因縁を絡めながら交渉の席で火花を散らす。そんな中信忠が ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2016-01-31 23:43
  • 「真田丸」4 ☆☆☆

    Excerpt: あれれ、まだ小山田義兄ってご近所で匿っていたんですか?朝寝をする間に逃げろと言われてたのに……(><)そのピンチを『女子会です!』と切り抜けちゃうキリに大笑い。更に、 ... Weblog: ドラマでポン racked: 2016-02-01 01:03
  • 【真田丸】第4回 「挑戦」 感想

    Excerpt: 昌幸(草刈正雄)は信繁(堺雅人)とともに、織田信長(吉田鋼太郎)との面会に向かう。 織田の本陣で、信繁はのちに生涯をかけて争うことになる徳川家康(内野聖陽)と運命的な出会いをする。 少しでも有利な.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2016-02-01 03:04
  • 真田丸 第4回「挑戦」

    Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第4回「挑戦」 あらすじ・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2016-02-01 22:14
  • 大河ドラマ「真田丸」 #04 挑戦

    Excerpt: 信長のところに出向いた昌幸と信繁。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2016-02-01 22:43
  • 真田丸、松は福の神??

    Excerpt: 命がけの就活に出かけた昌幸と信繁 三方ヶ原の戦いでは散々に打ち負かされた家康が、ねちっこく昌幸に迫ってきます しかし、昌幸には勝算があったようです 徳川に内通していた穴山梅雪は降伏した後処刑され.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2016-02-02 11:52
  • 真田丸 第4回「挑戦」簡単ですが感想です。

    Excerpt: まずは、ブログでもプロフでもコメントを下さった方々、ありがとうございますm(__)m今しばらくそのままにしてしまうのをお許し下さいませm(__)mで、今日ラストは大河感想ですが。いや、... Weblog: みやさとの感想文と(時々)感想絵 racked: 2016-02-02 17:28