NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第31回「命がけの伝言」

ビックリしましたよ・・いえほら、ドラマストーリーブックでの今回のタイトル!「義兄への告白」ってなってたんですよ~。一体全体戦隊艦隊、何が始まるモノやらあああ~と、目を皿のようにして待っていた所が、今回放映に際しては「命がけの伝言」・・これまた誰が誰に伝言なさいますのやら、それでなくてもエスパーぞろいの当作に置いてそんなシチュが成り立つのかどうか疑問が疑問を呼ぶ怒涛の日曜日ではございますけど!やっぱりいろいろ修正してこ~!ってなアレなんでしょうねええ~。と思ったら!サブタイトルがあなた、二度と会えぬなら告白を!どおおおおするつもりなのおおおっ?大河ドラマ枠そのものが大変な事態になるのかもおお~~っ!?

私は母として戦わなければならぬ!必ずやお力にっ!っていう女同士の主従の友情・・なんかモロそうに思えてなりませんねええ、美和様と銀姫様。んで、高杉様はえっさかほっさか逃亡中!必ずとらえよと大号令の椋梨様。ここら辺は先週の振り返りですねええ。品川様を振り切って立ち去る高杉様。
幕府に恭順を示すため三家老は切腹、四人の参謀も打ち首、そして・・・伊之助様野山獄に投獄!兄上の松島様とともに斬首の危機!寅兄様の「至誠」の彫文字と向き合う伊之助様。兄弟そろって牢獄か~~~。
なれど、銀姫様ご懐妊で大忙しの毛利家ご家中の奥の皆様。先週首の皮一枚で居残った美和様にあらせられましても奥の一員としてかいがいしく立ち働く。そりゃそうですよ、奥に入った以上奥の者として成りきらなきゃ!って、ぼお~っとしちゃってる~~~!

 銀姫様の安産のためにお医者まで呼んじゃって盛り上がってる都美姫様。周りは引くわ~。銀姫様にエコヒイキされている感の美和様にはご同僚の皆様的にはお怒りモードですけど、大丈夫ですかねええ。園山様も・・随分美和様を警戒されてます。あれ?そもそもそんな人物を奥に入れた張本人は園山様だったのではないかしら~~~!健忘症?っていうか認知・・・ゲフンゲフン、でもそこら辺が疑わられてなりませぬなりませぬ~~。

 幕府恭順派がヘゲモニーを握った長州藩、当然のごとく諸隊にも解散命令が出されております。帝に従って攘夷を行う目的で結成されたものであれば、サモンアリナミン~。でも奇兵隊を始めとする諸隊は引くわけにもいかず。俺らがいなくなったら誰が五卿をお守りするのかと~。この事態を収拾できるのは文久の三味線野郎の高杉様しかいないだろうと敏三郎様と利助様が渇望!三味線の手つきなんでしょうけど敏三郎様、それじゃあ余りにもエレキの若大将だ~!
 逃亡生活の高杉晋作様は、筑前に逃れてらっしゃる。勤王歌人の野村様のお家?顔広いなああ~。きっと京や江戸やらで人脈を作ってらっしゃったんでしょうねえ、高杉様。でもいよいよ長州滅亡かと聞くや決然立って何やらやらかすお積りだ。いよいよ不朽の決起の時が来ましたか?勤王派の野村様は断固高杉様を押し立てる勢いだ~。

 諸隊が解散命令に従わず、その諸隊が五卿を守っている限り、五卿島流しもできず、困ってますよねええ、長州藩首脳の椋梨様。かくなる上は更なる恭順を示すばかりなり?ってことは、危ないいい~~!松島様が引き出された!獄吏の、ダンカンバカやろ様が引っ立てた!平常心で涼やかに己の最後を受け入れる松島様!処刑!これって見せしめ?結構イイ人っぽかっただけにお気の毒、っていうか諸隊の反乱にこの方が活躍した描写があまりなかっただけに、視聴者は鳩豆鉄砲ででっぽーです~。

 松島様が処刑されたとなると次に来るのは、小田村伊之助の処刑に違いございません。誰よりも浮き足立っているのは、普段は冷静沈着な寿姉様だ~!誰から構わず旦那様の助命嘆願詣で!奥に勤める妹の美和様にまで!力を貸してと頼みに来ちゃった!もうもうふにゃふにゃのマットレスでも頼りにしようって言う緊迫感ですよ!
 これこの通りと妹に土下座ですよ寿姉様!恥も外聞もなくなりふり構わぬ所業ですよ。まあ旦那様が処刑されちゃった日には、息子様たちの将来もメチャクチャですものねええ~。奥勤めが表の世界に口を出すのはご法度って、先週でもう懲りてらっしゃるかと思いきや、またも何か企みだしましたよねえ美和様・・・。

 行き詰った感のある諸隊は喧々諤々。赤禰様はあっさり手のひら返しで恭順派になっちゃいましたけど、まだまだガンガルZな前原様や伊藤様。討伐軍はまだ広島にあり、事と次第によっては戦端が開くは必定な情勢でございます。
 と、ここにヒーロー登場!三味線・・は弾かないんですか?どうせならどっか高い所に登って三味線弾いて再登場位なアレを期待してしまいましたが、それじゃあ午前8時のヒーロータイムになっちゃいますか、こりゃ失敬!
 見事リターンの高杉様の言うよう、戯言じゃ~、諸君らに問う!戦うべきはいつか?もし先なら、そこに大業の見込みはあるんかっ!?つまり、先延ばしにしたって見込みはなかろうっていう?さらに続けて、もし大義を通し挙兵一戦交えたら我ら長州は不朽!不滅!快挙だ!諸君、戦うか?退くか?選べっ!!カッコいい~~~。でも赤禰様は乗って来ないの!
 戦うのは愚行じゃとおっしゃる赤禰様、愚行ではないこれこそ忠義じゃ!諸君が立たないのなら馬を貸せ、ワシ一人でも突き進む~~!かっこええで高杉様~。

 伊之助様には最後の差し入れ、福川様も涙をこらえて。オニギリの下には、必ずあなたは助かりますと気休めの一文。赤禰様はやっぱりでも、恭順される気配です。これで完全に袂を分かっちゃったな、高杉様と赤禰様。
 とにかく伊之助様の処刑は決定みたいで。斬首の報を持ってきた梅兄様。さすがに能天気な杉家の皆様も重い空気だ~~。んで、それをわざわざ美和様に知らせて来たよ!流石に落ち込んでますよ美和様も。
 時は年末。すす払いなど忙しい時期ですけど、そこに藩の表からのお達しのあり、お家は難局に付き銀姫様のご出産の祝義は控えるべし、と~。これに怒り心頭の都美姫様。子供を産み育てる奥の勤めの元締めゆえのお怒りですね、椋梨をここへっ!でもこれ、時局を考えたら無茶ぶりかもおお~。
 椋梨様が来るみたいですよとわざわざ美和様に知らせている日出様。自分も兄を無くした後悔したとか言って、えっ!椋梨様を亡き者にせよとのディレクションですか?猫いらずか何かを渡して、ネズミを退治してくだされとおおおっ?これって本気なのか罠なのか、難しい謎かけだなああ日出様。
 あ、美和様ったら毒を持ってきた!明日椋梨様が使う漆器に?そんなに単純な人だったっけ、美和様・・・。え?椋梨様に日出様が何か悪巧みの持ちかけ?やっぱりこれ、すべては罠なんですねえええ~~~。
 椋梨様をわざわざ呼びつけてお叱り申し渡しの都美姫様。こんな時だからこそ祝義自粛などもってのほかであると~。ここで椋梨様、美和様に目を止めて、この酒を飲めと~~~!日出様得意顔?つまりこれ、椋梨様に毒を盛らせて自分が飲む羽目に落とし込んで、美和様を殺してしまおうって言う?いやああ、そこまで美和様を憎む根拠が理解できないので鳩豆ですけど、お茶の間勢は~~~。
 んで、毒が入っているのかいないのか謎のさかづきを、美和様飲んだ!毒は盛っておりませんでした~メデタシメデタシ~。何ですまるでお毒見のようなって分かり過ぎる解説の銀姫様。一件落着・・っていうかこんな小芝居に尺を割く必要がどれほどありましたかねええ、と思ったところで!美和様しゃしゃり出たっ!・・・嫌な予感がしてたんだ・・・小田村様をお助け下さい私の命に代えてでも~と来たもんだっ!
 藩の大罪人を助けるのに身分の低い女中の命が見合いますかって!私が椋梨様だったら無礼に付き即刻処罰で、小田村の件は別問題じゃからの~と涼しいお顔で申し渡して一件落着ですよおお~。これはないわ・・ほらほら都美姫様も大激怒ですよ!美和様は捕えられて座敷牢ですよ!そりゃあそうですって、身分も弁えずに都美姫様のご差配の邪魔立てをしちゃったわけですから!都美姫様も状況判断が雲の上ではございますけど、そのご主張はあくまでも藩の奥の公務を全うしようって言う大きな問題なのですから。自分の身うちの助命嘆願でしゃしゃり出ちゃっちゃあ、命がいくつあっても足りまへんえ、美和様~。
 鞠様ったら、美和様の気持ちは分かるが無茶すぎですとご忠告。傍らの日出様たるや、わかりません。私に兄はいませんので~ムフフのフ~!つまりすべて美和様を陥れるための一杯食わせ芸だったと、ここで白状しちゃっちゃあ今後の展開が先細りなのになああ・・。

 ・・・え?ちょっと待って!銀姫様!美和様を牢から出すの?いやああ、それは都美姫様と正面衝突ですよ!?早う行け今なら間に合うと、伊之助様に会いに行け?いやああ~、後先考えない主従だなあ・・って、まさかこれが史実に基づいているとか?ま・さ・か~~~(汗)
 命に代えてもおしゅうない大事な人なのであろうと銀姫様に問われ、私の初恋の人にございます?うわああ!これが美和様の命懸けの告白かあああっ!唐突に後の後につなげる伏線が出て来ちゃったよおおお。
 んで、来ちゃった。野山獄。美和様が何でって思うなああ、処刑前の心の交流なら寿様に譲って上げたらイイですのに~。お優し獄吏の福川様、見て見ぬ振りが堂に入ってまいりまして候。
 処刑されるものを救えずに無念だ、と嘆く伊之助様。あなたこそ至誠の人です、寅兄様には友情を、久坂には温情を、寿姉様には家族を・・人の世の誠を皆に教えてくれましたと美和様。二人で見上げる壁には寅兄様の「至誠」の文字。伊之助様の残った希望はどうやら高杉晋作様の存在。松下村塾の暴れ牛高杉晋作、まだあいつがいるではないかと~。
 そして美和様に対して、この国が変わりまたみんなに笑顔が戻る日を見届けてくれ、そして誰も恨むな、幸せになってくれ、と言い残されまして候。この時代の女子として、日本国家の行く末を考えるようなセンスがはたしてございましたかねえ、美和様に・・・。そして決起した高杉様の映像。いつぞやの伊勢谷版の高杉様ともちょっと重なった眉毛感でしたねええ~。

 いよいよ小田村伊之助様処刑の日。ダンカンバカやろ様が引っ立てる!ですがギリギリのタイミングで福川様がインターセプト。ご先代の命日に処刑なんかして大丈夫ですかと、腹の中でまさにダンカンバカやろな言動でございます。それを受けて悩む敬親様。即刻処分をという椋梨様に、ソウセイ・・と言いかけて言葉を飲んでしまったところに、元徳様からもたらされる大ニュース!高杉晋作下関にて挙兵!
 雪の中五卿に対して、これより長州男児の肝っ玉お目にかけ申す!と意気上がる高杉様。諸隊を率いて役所に攻め入り、萩城目指して突き進んでるのか~!全ては一人の男に託された~~~!!

 ここまでやってまだ首にならない美和様・・・なんたる強運の持ち主なんでしょう。あやかりたやあやかりたや~。

この記事へのコメント

鹿二郎
2015年08月03日 20:23
こんばんは。

今回は小田村様の兄上の松島様の潔さが印象に残りました。騒ぐでもなく、ただ笑顔で旅立つ・・
でも、松島様の処刑って、高杉晋作様のクーデターの直後だったような・・

 椋梨様も焦りすぎ&急ぎすぎですね。幕府は決して一枚岩ではなかったですし、15万の征長軍も内容はばらばらの寄せ集めでしたし。

 そして、高杉様のクーデター、確か最初は奇兵隊の支援もなく、僅か80名の挙兵だったはず、それをあっという間に勢いをつけてですから。

 そういえば、高杉様のクーデターの部隊が集結した功山寺、前に行きました。境内には歴代の長府藩主の墳墓もあり、荘厳な感じでしたが、山門やあちらこちらが倒壊の危機なのに、資金不足で修復できず大変とか。境内の掲示板にありましたね・・NHKも援助したらいいのにと。
2015年08月04日 21:19
鹿二郎様、お今晩は~~~。
松島様!実にご立派なご最期でしたっ!これまでも所々で好人物ぶりをアピールしてこられたのもよろしゅうございました。
ただまあ、藩が処刑する程の攘夷派とも思えず、そこら辺はもうちょっとそれっぽく描いといて欲しかったかなああ、って~~。
寄せ集めの大部隊を決死の覚悟の小部隊が打ち破る!これまさに日本人の大好きな成り行きじゃないですかああ!結構勝ち目がありますでって、タイムトラベルが出来るのならこっそり耳打ちして差し上げたいところでございます、椋梨様に~。
そちらのお寺様は、NHKの援助もよろしいですけど、大逆転間違いなしの勝負の神様仏様だ~~~!ってな感じに盛り上げて差し上げるのが大吉ではないかと!
ここですよここから高杉晋作が奇跡の大逆転ですよ~って、イノッチ様辺りにブチあげていただければ!お賽銭長者も間違いなし~~~!!

この記事へのトラックバック

  • 【花燃ゆ】第31回 「命がけの伝言」感想

    Excerpt: 美和(井上真央)は懐妊した銀姫(田中麗奈)の世話に大忙し。一方、藩では椋梨藤太(内藤剛志)による粛清が続き、ついには伊之助(大沢たかお)も処刑されることが決まってしまう。美和は彼を救いたいと思うが.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2015-08-03 00:06
  • 大河ドラマ「花燃ゆ」 #31 命がけの伝言

    Excerpt: 椋梨による粛清。 幕府に従おうと動く長州藩と、それに逆らう形で動く松下村塾の面々。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2015-08-03 07:30
  • 花燃ゆ 第31回「命がけの伝言」

    Excerpt: 大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。 第31回 「命がけの伝言」 あらすじ・・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2015-08-04 21:04
  • 「花燃ゆ」感想 第三十一回「命がけの伝言」

    Excerpt: 「今回、どこが面白い(と思わせる)ポイントだったのかまったくわからなかったYO \(^o^)/」 もうこのドラマが時系列捻じ曲げなくってるのはいいです。そこはもういいです。 でも…。 ご.. Weblog: きまぐれひまつぶし雑記帳 racked: 2015-08-06 13:12