NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第21回「松寿丸の命」

囚われの官兵衛様、織田方にとっては突如の消息不明にして、清秀様の密告では随分村重様にお粉をかけれらているご様子、ってな成り行きで人質の松寿丸様の命が風前の灯にいいい!!!そもそも小寺家の人質として預けられている以上、政職様が裏切った時点で首ちょんぱでも不思議ではない境遇ですものねえええ・・・恐ろしや恐ろしやああ。

 先週の牢破り失敗の段、あらサービスで大立ち回りですよ官兵衛様と村重様。有岡城下には、黒田家ご家来サンバカラスと御師の文四郎殿が協力し合って隠密捜査網。摂津の町中にアジトを作って探りを入れられております。
土牢の官兵衛様、お粥を啜って水浸しで震えてる~~~。なんだかやっぱり去年の兄様のお姿が思い浮かばれてなりませぬなりませぬ~。

 織田軍の総攻めが始まるそうで、黒田家の皆様は心配顔。先鋒は万見仙千代殿ですか?一気に総攻め?敵の実力をちゃんと見極める構えが出来ていないような気がするのは私だけでしょうか。
 土牢の穴牢に押し込められている官兵衛様にも砲撃の音が聞こえてまいりました。でもそれが四方八方から聞こえてくるところに注目した官兵衛様、これでは勝てぬと喝破されまして候。これほど守りの固い城なれば、攻めるには一点集中!をするべきで、あっちこっちから分散して攻撃してたら落ちませんよと独り言。ここら辺も軍師開眼の一本立ちの瞬間なんでしょうねええ。

 申し上げます!と伝令が来るたびに討ち死にやら苦戦やらの報告!すっとんきょうな荷物を背負ってくるのが伝令なんですねえ。
 仙千代様はなかなか落ちない有岡城に焦って焦って、敵がわざと作った隙に攻め入って、幕が落ちたら鉄砲部隊!罠にはまって見事討ち死に!こないだうち性格の悪さを披露して来た方なれば、ざまあかんかんみたいな気がしなくもなくも小泉八雲~~~。
 思わぬ苦戦・・・しかも仙千代殿戦士の報せ!自分勝手に圧倒的勝利だと思い込んでいただけみたいな感じですけど、お館様もちょおおっと鈍ったかなあと思わせられるエピソードですけど・・・とにかく思わぬ苦戦にイライラ爆発の信長様。ぐぬぬぬぬ~~~~!
 こちらの攻め手が読まれておるのは何ゆえか?お館様の作戦がダメダメでしたとは言えませんよねええ、メンツがあるから!んで達した結論は→村重ではない官兵衛が裏切ったのだあああ!いやいや、そこまで村重様をDISらなくてもよかろうと思われますけど、とにもかくにも龍角散、官兵衛が裏切ったと思い込んじゃったお館様、秀吉様のおとりなしにも効く耳持たず、松寿丸の首を刎ねよ~~!ひいいっ!地獄の御下知!いくらなんでもタラコでも、秀吉様は断固弱々しき口答えですけど蹴っとばされて勢い負け!ってな所に救いの神、竹永半兵衛様が手を挙げて、それがしが松寿丸の首を刎ねまするですとおおおおっ??
 戦が中休みで一時の勝利宣言で空威張りの荒木村重様。だし様にも念押し念押し、そして、隠れて官兵衛と会ってはおらんな?・・・ヤキモチですか?いやああ、いろんな意味で亀裂のご夫婦だわ!

 よもや織田が負けるとは・・・。有岡城下の黒田隠密部隊は戦々恐々です。村重様が勝っちゃったから余計に殿をお救いしがたい状況に!こおおおなったら敵方に仕官して内情を偵察すると言い出す九郎右衛門殿!そんなに熱いキャラじゃないでしょあなたはあああ!
 あらこんどはお道さん?って、ほらほら、善助殿恋女房の方!こちらも潜入班に加わっちゃってたんですねええ。で、官兵衛様は土牢に押し込められているらしいと言う機密情報を仕入れて来ちゃった!なしてそんな危険な事をおおって怒る善助殿ですけど、みんなの官兵衛様を助けたいムーブメントはおし止めきれず!焦るな焦るなと自分が焦っている善助殿をしり目に単独行動宣言で踵を返す九郎右衛門殿!浮足立ってますなあああ~~。
 この時期は黒田のご家来衆にとっても我慢の忍耐の時なんですねええ。あら、なげしに長い槍がありますねええ、やっぱりお武家さま~~。

 半兵衛様は長岡城にやって来ました。松寿丸様の首を刎ねるために来たと言い放つ半兵衛様。おね様は何とかお止めしたい気配ですけど、松寿丸様は健気に剣術のお稽古中ですけど、いやいや運命の時がやってまいりましたああああ!
 ここ、おね様の涙の演技!いやいや、こないだうちの光様の熱演に対抗意識ですか?おね様も俄然やる気を出してイイ泣き?力入ってましたねええ~!思わず知らず見入ってしまいましたよ黒木様~~~。松寿丸様も野太いお声の演技で成長感を良くかもし出されてお出でで~。

 有岡城では、お前の息子は殺されたぞと官兵衛様に申し渡している村重様。驚愕しつつもまさかと思いつつも、押し返した!信長様はそこまで愚かではな~~~い?いや・・・愚かになっちゃったんですねえこれが~。ここら辺が信長様の年貢の納め時だったのかも、知れませんねえ。ホンナゴツ~~~。

 さて、播磨に戻った秀吉様。姫路城にいらっしゃって、松寿丸様の事をひたすら神妙にお詫び申し上げてます。たった一人の跡取り息子がお館様の御下知で成敗されてしまったとのご報告~!
 最初は気丈に振る舞って、これも覚悟していたことですみたいに言っていた光様ですが、自分でしゃべっているうちに人格崩壊!ひいいいい~~~ん!とてもとても持ちこたえきれませええええん!当り前ですよ!一人息子を殺されてへーコラするくらいならあなたを殺してわらわも死ぬううううううって、その位の気持ちでしょう光様的にはああ!本当に好演って言うか怪演って言うか、見事に熱演!思わず知らずコッチも涙が・・・。
 涙の演技の二重奏ですもの!光様と職隆様と!ようよう我慢したと思って油断したら第二弾が来るんですもの!ついつい泣いちゃいました!本日はまあなんとまあ、お茶の間の皆様の涙を搾り取る事、搾り取る事~~~!
 やっぱり男って言うか大殿って言うか殿がいない以上最高責任者代行の任に付いているって言う責任感から健気に応対している職隆パパ上様。孫の最期の様子を聞きだそうとしますが、そこら辺はよく分からないと口を濁す秀吉様。そして虫のイイ話だがこれまで通り織田に力を貸して欲しいと直談判。
 独り言だが、此度の上様のお裁きはさすがに間違いであったと本音を語りだす秀吉様。さすれば職隆様も独り言として、跡継ぎを二人とも失ってしまって生きる望みさえも亡くなったとおっしゃる!今回ばかりは内心忸怩たるものの有る秀吉様ですが、あくまでも低姿勢に全ては自分の力不足ですごめんなさいみたいに言いつつも、織田とともに歩むことが黒田の生き残り道ですぞと念を押されまして候。
 いやいや、柴田様のお顔の変化を拝見するだけで眼福眼福、説得力に打ちのめされて滂沱の涙でございます!そして、それを受けて野太い表情で返した竹中様もイイ感じでした。見ごたえあるなああ、お金をかけて戦闘シーンを撮るよりも、役者の方の熱演を引きだすことこそスタッフの力量!ね!ね!ですから、今年の大河は良い大河~。

 若が殺されたと驚愕の善助殿以下の面々、太兵衛殿はさっきの槍を持ち出して混乱の極み!それを押し留めて、泣くのは殿をお救いしてからだと言い含める善助殿。リーダーの風格が漂ってまいりました~~!
 土牢で穴を掘っている官兵衛様。そこにやって来ただし様がお詫び!松寿丸様を死なせちゃってごめんなさいみたいな!いやいや、そんなこと言いに来ないで!言われたら苦しむだけなんだから!報せないでよ、だし様~~~!でもここ、官兵衛様の瞳の中に、だし様が持ってきた蝋燭の黄色い灯りがちゃんと反映してて感心しました。こういう細かいところがちゃんとできてるのってやっぱり素敵です~。

 有岡城成敗はならぬまま年を越えてしまいました天正七年の信長様、年始恒例の豪華な家臣との宴も中止で奥方様や母上様とお能を見物。母上様の土田御前様は相変わらず反信長で、謀反者が後を絶ちませぬな~童の首を刎ねたそうで何人殺せば気が済むのか!とイヤミ全開!さすがの信長様も、今回ばかりはやっちまったかなああみたいなご表情でありました~。

 土牢の官兵衛様。足が水に浸ってる。体に悪いわ、この境遇は。思い出されるのは松寿丸様の在りし日のお姿!松寿・・・殺されてしまったのか松寿・・・。
 有岡城では問題勃発。毛利の援軍が繰り延べになりましたようで~。やっぱり問題になっているのは宇喜多直家様の動向だそうで、宇喜多様がハッキリしない以上動くわけにはいかないんだとか~~。村重様的には、裏切り者が頻発したうえ頼みの綱の援軍が来ないのでは・・・短期的には有利になっても長い目で見たら負け戦は必定?キビシイいいいいっ!
 え、そんなご家中に九郎右衛門殿のお姿が!事が露見したら命はないでしょうに、そこまでしてくれますか九郎右衛門殿!官兵衛様はショックのあまりご飯も食べずに最早死を待つばかりの体たらく?

 Wikiった限りでは、この頃は病気静養のために故郷美濃に引きこもっている半兵衛様。そこにやって来たのがおね様。何のためにやって来たかというと・・・かくまわれている松寿丸様の様子を見るためでした~~~!やった~~~!死んでなかった~~~!
 官兵衛様が裏切るはずはなく、松寿丸様を処刑する訳には行かず、しかしそれを秀吉様に知らせるわけにもいかず、すべては半兵衛様とおね様とで進行してきた隠密かくまい同心心得の定なのでございました!全てを話して言い含めた松寿丸様もすっかりご同意の上の隠遁生活・・ああ、お健やかなご様子で何より。そして半兵衛様直々の学問のご教授?いやあああ、これは官兵衛様以上の軍師様に成長されるんじゃないですかねええ、松寿丸様~~~。

 さて、そのおね様から姫路にお手紙が着きました。今後も織田に味方して欲しい云々カンヌん・・・。え、それと一緒に扇が一本?その絵柄が青々とした松の画・・・。なにこれ!イヤミ?と憤る光様でしたが、職隆様がお止めして曰く、その青々として力強い松の姿をみよ!松寿は生きていると報せてくださったに相違ない!ワシは信じる!
 松寿が生きているのですかと喜ぶ光様!こおおおなったら・・・ワシは織田に付く事に決めた!それが唯一我らが生き残る道じゃ!良いな光!と勢いづいて話を作り上げる職隆パパ上様でした~~~。
 にしてもこの松の絵!見てると確かに松寿丸様のモンキーフェイスが目に浮かびます!モチーフが全然違うのに似顔絵だ!すごいな~、この絵を描いた人、天才!

 有岡城の土牢の官兵衛様はさらに水浸し。悲惨な境遇の絵柄でございます、おまけに雪!松寿丸様の健気なお姿を思い浮かべて意気消沈。なんだか瘡蓋だらけのお顔になってる!ついに病気で息絶え絶えの官兵衛様。その官兵衛様を思って祈る光様。そして、掟を破って看病してくれるのはだし様。そしてそのだし様の気配を、今は亡き産みの母上様のように感じている官兵衛様。夢の中の母上は、生きるのです死んではなりません官兵衛・・・と・・・あれ、育ての母上も混ざってましたか?ようよう命を取り留めて、官兵衛様受難の月日がさらに過ぎまして、犬のように粥を啜り、土牢の中からお外の藤の花を見て必死に手を伸ばす官兵衛様。解放されるのは来週あたりかな~?
 ああもう、水分補給しなきゃ。今週はもう、涙涙で水分カラカラですよ、私的には~~

この記事へのコメント

2014年05月25日 21:25
こんばんは、やっぱり牢から藤の花が見える演出ありましたね。なんか、ドラマだからだろうけど、あの半兵衛さんが松寿を匿ってることをおねに話すのは、ちょっとないんじゃないの?と思ったんですが。おねなんか秀吉のすぐそばにいるのに、隠し通せるかな~と思うんですがね。ドラマだからしょうがないけど。中谷さんの演技は鬼気迫るものがよかったです。モンキーフェイスでも松寿丸は可愛いんです笑
本当は女装させて女の子のふりさせてたんじゃなかったでしたっけ?まあいいや。
あと最後のだしの膝枕はないだろうと思ったんですが。
道糞は本当にむかつきます。信長に討ち取ってほしかったです。
2014年05月25日 22:25
巴様、おこんばんは~~~!
出ました藤の花!オンエア目線でも季節感でした。
おね様に打ち明け過ぎって言うか、おね様自由過ぎって言うか、おね様無双なのは最近の大河の傾向なんですかねええ。
中谷様の光様も、モンフェの松寿丸様も、大満足でした。今作の松寿丸様でしたら女装姿も拝見したかったような気もする吾亦紅・・・。
だし様のアレはやり過ぎでしょうねえ。介抱するにしても侍女に命じたら済む話ですし~。それと村重様!この後しぶとく憎まれ役として生きぬく下地はきっちり出来まして候!いえ、心置きなく貶すことのできるキャラとして~~~。
鹿二郎
2014年05月26日 02:38
こんばんは。
官兵衛様幽閉、思うに村重様の作戦だった気もします。猜疑心の強い信長様のこと、絶対に官兵衛様が裏切ったと思い込み、黒田家まで敵に回す失策を犯すに違いない。と、思われたのかも。私の単なる想像ですが。
しかし、松寿丸処刑命令は後世の創作の可能性があるそうです。本当に裏切ったと信長様が判断したら、松寿丸処刑で済むはずもなく、黒田家そのものが攻め滅ぼされてるはずだと。そういえば、松永久秀様謀反の際も人質は処刑され、松永家も滅ぼされてますから、松寿丸処刑命令は後世の創作の可能性が高いですね。

官兵衛様は汚い土牢によく耐えて、涙ものですが、信長様もお辛いですね、信長様はイメージに似合わず意外と親孝行を尽くしていたそうですが。
2014年05月26日 23:13
鹿二郎様、こんばんは~。
村重様の深謀遠慮?成程そのくらい先を読んでいたとしても不思議ではないでしょう戦国武将。いえほら、お館様を始めとして皆様村重様をdisり過ぎっていう感も~。
松寿丸様処刑命令が捏造・・・もしかしたら村重様の陽動作戦が後世の定説になってしまった可能性も(汗)?
官兵衛様は傷だらけの満身創痍。寒い中水浸しできっとあの足はもう・・・(涙)。今回はちょっと鈍ったかと思わせられた信長様ですが、確かに大変そう。っていうかイメージ戦略が行き過ぎて尾ひれが着いちゃった部分があったのかもしれませんねええ。
2014年05月27日 03:25
村重ディスりすぎですみませんね。 前の方の意見にケチつけてる訳ではないので、その辺は分かっていただきたいのですが、松寿丸の処刑命令がねつ造説もあるんですか?じゃあ、身代りに差し出されたあの子の首の話も作り話ってことになるのかな~?あと何回も松寿丸の役の子が猿顔、猿顔って言わないでもらえません?それなら官兵衛役の岡田君、秀吉役の竹中さんだって猿顔だと思いますが~
2014年05月27日 07:20
巴様、こんにちは~。
いえいえ、巴様の事を言っているのではなく、村重様の戦国武将としての実力を認めずに侮っているお館様以下の登場人物の面々に付いて、侮り過ぎ油断し過ぎって言う意味でして、はい~。その意味では巴様は全然disり過ぎてはいないと思いますし、これは巴様へのお返しコメントでもございませんので、ご理解のほどをお願いします。
松寿丸様のお顔、アムロちゃんと似てて可愛いなあと思ったんですが、気になりましたか?こちらは以後気を付けさせていただきます。

この記事へのトラックバック