真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第8回「秀吉という男」

<<   作成日時 : 2014/02/23 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 2

先週いよいよ信長様の御前に上られた官兵衛様。プレゼンの売り込みの大一番ですよ!気に入ってもらえればいいんですけど場合によっては・・比叡山のお坊様まで皆殺しにする第六天の大魔王にどんな仕打ちをされるものかー!官兵衛様ガクブルのまま一週間の御無沙汰でした!いよいよ緊張のお目見えから再開です〜〜〜。

 小寺家百年の大計でございます!と、先週の政職様のシーンからプレイバック!いろいろ注意をされながら廊下を進む官兵衛様。織田家御家中の皆様も信長様のご機嫌を損ねぬように走り回っている感じ?さてさて信長様が、ご降臨〜!変に画像の効果を付けるのはもしかして逆効果かも知れませんぞスタッフの方〜。

 村重様の推薦状が功を奏して、話は聞くよって感じの信長様。官兵衛様が申しあげるのは、我が主君小寺政職は織田様にお味方仕る所存ですので是非とも播磨にご出兵の上毛利めをお攻め下さい、我ら小寺が喜んで先鋒を勤めまする〜!みたいな。
 この時信長様は北近江を落とした後、越前の一向一揆勢に手を焼いている真っ最中、柴田勝家さまは官兵衛様の提案に真っ向反対大反対!しかし!一向一揆の大元締めは石山本願寺、その石山本願寺を支援しているのが実は実は、ジャジャ〜〜〜ン!何と毛利家なのでございます!中国から石山本願寺への道筋にある播磨を制することがつまり一向一揆対策の要であると官兵衛様が申し立てまして、柴田勝家様撃沈〜〜〜!
 次なる相手は滝川一益様・・川野様ですか!お懐かしい!とにかく滝川様とそして丹羽様がおっしゃるには、五百しか兵のない黒田家に何ができるかみたいな・・・。戦の勝敗は兵の多寡ではな〜いと官兵衛様。はああああっ!そうでした!そもそも少ない兵力で大逆転の大勝利の桶狭間があってこその織田信長!それを言っちゃあオシャマンベよ滝川アワックテル様〜〜〜!
 こないだまで足利義昭様の下にいたと思ったら何時の間にやら信長様の家来にチャッカリ納まってらっしゃる明智光秀様だけは官兵衛様の提案を支持してます。これつまり、古参のご家来衆と逆の立場を取って、ウマく行ったら自分一人がのし上がろうって魂胆ですね!足の引っ張り合いらしいぞ織田家家臣団〜〜!
 得意げに地図まで持ち出しちゃってプレゼン再開の官兵衛様。とうとうと策略を述べる官兵衛様、厳しい顔で熱心に聞き入る信長様。この播磨一国を説き伏せて信長様になびかせて見せますとぶち上げまして候!って、うあああ!魔王が立ちあがったぞおおお!刀を持ち出した!なになになになに、斬るつもりですかあああ!抜いたあああ!仕舞ったああああ!何よ何々、何する気なの信長様!
 ガクブルの官兵衛様に信長様の申し渡す一言は、この刀ソチに取らせる!メダル8個、ソチに取らせる〜!あらま!気に入られたんだ!やったね官兵衛様、好感触〜〜〜!
 ってな所に大慌てでやって来たのは羽柴秀吉様だ!遅刻の言い分けを縷々述べ立てる秀吉様!出た!心・配・ご・無・用!!官兵衛様に味方してウマい事援護射撃だ秀吉様!
 これに対して信長様は、猿そちが播磨へ行け!毛利攻めの総大将は秀吉様に決定!さっきまでの成り行きから言ったら、官兵衛様の案に賛同していた光秀様が任ぜられるものと思っておりましたが、どとうの大逆転〜〜〜!ソチが申したことは信長の考えと同じだ面白かったぞと信長様!やったね官兵衛様!

 信長様への命がけのプレゼンが一段落した官兵衛様の所に駆け付けたのは羽柴秀吉様!妙にやかましくにぎやかでニコヤカで友好的な人たらしの権化!今や日本一の大都市となった岐阜の町をご案内ご案内〜。
 さっき信長様から賜った刀は「へしきり」っていう名刀なの?いやあ、官兵衛様は前途洋洋だなああ。そしてさっき秀吉様が遅れてきたのは実はワザとなり?事の成り行きを読みに読んで自分が毛利攻めの総大将に任ぜられますように?つまり信長様の心はすでに毛利攻めに傾いていて、その場の論議に参加していなかった秀吉様にこそ白羽の矢が立つに違いないと?
 上様の気持ちがワシにはよく分かると自慢する秀吉様、イイ感じよ!今からでもいいからタイトルを豊臣秀吉に変えても良いくらいよ!

 さてその頃信長様は、ワインを片手に相撲見物、傍らには愛妻お濃様。人こそ一番の道具、つまり皆を競い合わすために秀吉様を脈絡もなく取り立てたって訳ですか!いやああ、いやな経営者かも知れませんなあ信長様、でもこういう人が実績を上げるんだろうなあ、さもアリナミン。
 柴田勝家様はこれで北国攻めにシャカリキになるに違いないと?明智光秀様は丹波攻めを志願してきたと?秀吉様に煽られて皆々懸命の労働強化〜〜〜!
 お濃様が言うよう、あの播磨者も道具ですか?信長様は返して曰く、良い道具を見つけた猿と馬が合えば存外面白い仕事をするかもしれぬ。猿と馬とは古より良い取り合わせですものねえええ。

 小寺政職様は今さらにして毛利攻めの戦法を勤めたくはないと言い出されている?評定の決定をご当主自ら反故にする覚悟ですか?織田に付いて果たして生き残れるのかどうかわからん、ここは思案のしどころじゃのうと。頼りない主君だよなああ、この人・・っていうか櫛橋左京進様の差し金ですか?職隆様もちょおおっと呆れ顔・・・(汗)

 えいえいと松寿丸様と剣術稽古。厳しい母上。競い合ってこそ武将なり!はあああ!又兵衛君ワザと負けた?又兵衛君クレーム!弱い者と戦っても稽古になりませぬ!はあああ!母上がナギナタ持ち出してやって来た!又兵衛君と勝負だ!さすがに負けてませんよ母上光様!お見事!参りましたと又兵衛君。女子ゆえに弱いと侮っていたのが運の付きだと又兵衛君を諌めた光様。見事見事!見事であったと職隆様です。
 御着では光様兄上の調略が進んでおると職隆様。どうしたら良いのかとご相談ご相談。ここは光様一肌脱いでおくれと職隆様。えええ?何をいったい!何を脱いだらよいのでしょうかあああ!

 北近江の城主となった秀吉様、地名も長浜と変えてお城を作って経世済民の真っ最中!町が豊かになればこそ最大の守りとなる!いずれは岐阜にも負けない大きな町にしてみせる!・・・もしかして信長様をいずれは・・・?大望だなあっていうか、野望だなあ秀吉様。まあ歴史の成り行きからしたらそうなる訳だけどさ。
 そんな所に市中引き回しの列が通りかかりまして、この盗人はこれから見せしめに首を刎ねると・・。ここで官兵衛様がしゃしゃりでまして、それはもったいない!生きていればこそ使い道もある、昼間は働かせて夜は牢に入れればよいとのご進言。なるほど、生かして奴隷のように働かせてやっちゃれいと?これが命の使い道ですか?秀吉様この案を取り入れて、盗人君は死罪を免れまして候。まさかこの人が後の石川五・・・んなわきゃないか?あはははは〜〜〜。このシーンで殿を守るためにすくっと槍を構える太兵衛殿がカッコ良かった!こういうのが欲しかったんですよ〜。
 今宵は宴で石田三成君がしきって女子までご用意で!いやあああ!万事弁えてるなあ秀吉様!でも官兵衛様だけは女子を拒否るんですか?皆の衆!今日までわしらは岐阜におったのだぞ!よいな!さあ飲め!とアリバイ工作も準備万端な秀吉様でした〜〜〜!
 さた翌日、おね様とご対面の官兵衛様。でもおね様、官兵衛様への挨拶もそこそこに秀吉様に詰め寄って申し立てるのは、お前様昨夜はどこに泊まられましたか!!!
 秀吉様は深謀遠慮で昨夜は岐阜で泊まっていたと官兵衛様と口裏を合わせてらっしゃいますが、実のところは秀吉様側室様の所で飲めや歌えの大宴会!浮気・・・っていうのは余りにも現代的な解釈ですけど、側室自体後任の時代ですけど、ウソを付くのが許せニャ〜〜〜い!おね様ご立腹でございます。初対面でいきなり修羅場よ!これが夫婦ってもんだよ!きれいごとで夫婦なんかやってらんないんだかんね!って、そこまではさすがにおっしゃいませんでしたけど、おね様ご立腹ご立腹。とぼけなさるなああああ!官兵衛様はぶこつでぶきようで、どこにもおりませなんだととぼける!つくづく不器用だなあああ〜。
 そんなおね様を癒すのは秀吉様側近の石田三成様です。女子の心を癒す常套手段は今も昔もお土産功勢プレゼント大作戦〜〜〜!なかなかわかっている若者の方でございます。
 お怒りが一段落しておね様が持ち出す次の話題は新規設定の増税の事。領民から運上金を取るのはお止め下さいませお前様と。今は領民の心をつかむ時、損して得取れですよ!と〜。さすがはおね様天下一の女房と言うのはだてではなかったとひたすら感心する官兵衛様ですが、取ってつけたようなエピソードではあり・・・。

 さて御着城。斎様を前にお紺様とご歓談の光様。光様の地下工作ですね!織田の敵になったら女子供も容赦なく皆殺しにされてしまいますよと!味方であれば一安心!織田に付くなら問題はないのですけど、お方様からお口添えをひとつ〜〜!奥様を落としたら怖いものなし〜〜!さっそく政職様、ワシは織田に付くと左京進様に申し渡して一件落着〜〜〜!・・・いいのかなあ、こんなので。

 蜂須賀小六殿と太兵衛殿のお相撲!太兵衛殿勝っちゃった!?いやあ、無礼講無礼講。ええええ?太兵衛殿をヘッドハンティングですか秀吉様?五百石とか一千石とか好条件で誘ってますが、官兵衛様のご家来衆は、我らが忠義はびくともいたしませんと真っ向お断り!秀吉様の面目は丸つぶれですが・・・。黒田家家臣の忠義の強さを確認されまして候。
 夜も更けてタイマンでお酒を供になさる官兵衛様と秀吉様。秀吉様の昔話は貧乏自慢、大躍進の逆転人生!さらに秀吉様がしみじみおっしゃるのは、官兵衛様は良い家来を持っておるなと。黒田家に忠義を尽くす善助殿や太兵衛殿が羨ましいと。いやいや、秀吉様だって小六様とか頼りになる家来が結構いたんじゃないですかねえ。え!苦い苦いと食べていたのは百足でしたか!いやあああ!よくもまああんなものを〜〜〜!
 とにかく家来は宝、命の使い道!命を無駄にするなとのおじじ様の教え!味方の兵を減らさぬように勝利するのが戦では肝心だと意気投合するお二人なのでございました〜。こりゃあ信長様の思惑通りウマが合っちゃったなあ官兵衛様と秀吉様。人こそ宝!戦わずして勝つが肝心!友情クロスがムカデでぎゅんぎゅぎゅぎゅーん!

 一方毛利方。いよいよ攻めてきますか織田軍団。だがまだ時間がある、この隙に播磨に手を延ばそう。足利将軍を抱き込んで大義名分を我らの手に!まだまだなかなか手ごわい相手感がみちみちてらっしゃる!

 秀吉様が竹中半兵衛様から聞き出す播磨の情勢。播磨の大勢は毛利方、ですがその絆は薄く調略できそうな感じ?やはり黒田官兵衛は使えそうな男よ?ならば試してみてもよろしゅうございますかと半兵衛様。先輩軍師の半兵衛様の課題の試験が課されるわけですか!官兵衛様に個人的に試練の時が〜〜〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「軍師官兵衛」第8回
  第八回「秀吉という男」官兵衛は岐阜城を訪れ、信長に謁見。明智光秀ら織田家重臣たちが居並ぶ緊張と信長の鋭い視線にさらされる中、必死の思いで播磨攻略法を説く。官兵衛を気... ...続きを見る
日々“是”精進!
2014/02/23 20:43
明るくても、ダーティなのか 〜軍師官兵衛・第6話『秀吉という男』感想〜
ついに信長にあいまみえた官兵衛。 毛利攻めを細かく分析して攻めると言い切る彼。 随分な自信である。 そうした彼に、信長は名刀を突きつけ、彼に任せると言い切った。 一方で秀吉も、官兵衛の毛利攻めをするよう任せられる。 ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2014/02/23 20:49
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術8信長に播磨平定が中国攻めの道と説き、秀吉とは意気投合して...
大河ドラマ「軍師官兵衛」第8話は官兵衛は信長に謁見し信長に播磨を抑えれば中国攻めが有利になると論じ、信長も官兵衛の考えと自身の考えが一致した事で官兵衛に名刀を与え、秀 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2014/02/23 20:59
【軍師官兵衛】第8回 「秀吉という男」感想
官兵衛(岡田准一)は岐阜城を訪れ、信長(江口洋介)に謁見。 明智光秀(春風亭小朝)ら織田家重臣たちが居並ぶ緊張と信長の鋭い視線にさらされる中、 必死の思いで播磨攻略法を説く。 官兵衛を気にいった信長は名刀を授け、播磨攻めの総大将に秀吉(竹中直人)を任命する。 秀吉は、官兵衛を自身の居城・長浜城に連れて行き、妻・おね(黒木瞳)や石田三成(田中圭) らと引き合わせ、夜が更けるまで語... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/02/23 21:19
軍師官兵衛〜第八話「秀吉という男」
第七話「決断のとき」はこちら。 前回の視聴率は15.2%と微増にとどまった。世間 ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2014/02/23 21:35
軍師官兵衛 第8回 「秀吉という男」
竹中直人氏がこのドラマにいて本当に良かった。 ...続きを見る
灼熱伝説
2014/02/23 22:17
『軍師 官兵衛』 第8回「秀吉という男」
JUGEMテーマ:大河ドラマ 官兵衛は、播磨の攻略方法を説き、信長に認められました。織田家の重臣たちがいだく疑問にも冷静に反論して、うなずかせます。名刀をもらい、喜んだそのとき、大げさに広間へ入った人物が。それこそ、これから官兵衛が深く関わっていく羽柴秀吉でした。秀吉は、岐阜城下で官兵衛を案内してくれ、いろいろ話しました。どうやら官兵衛も、この出世にたくみな秀吉の器量を認識したようです。さらに長浜城下にも招かれた官兵衛一行は、妻のおねにも面識をえます。おねは秀吉が側室を隠していると責め、秀吉もあ... ...続きを見る
ふるゆきホビー館
2014/02/23 23:05
「軍師官兵衛」 第8回、秀吉という男
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第8回、秀吉という男。 信長と会った官兵衛は、織田傘下に加わることとなる。 そして、対毛利として、秀吉と協力して行動することになる。 ...続きを見る
センゴク雑記
2014/02/23 23:59
第8回 「秀吉という男」とりあえずの感想
 ちょうど、今、ドラマ黒田官兵衛「第8回 秀吉という男」が終わった。  目の前には、発泡酒「喉ごしの生」350リットル2缶と麦焼酎「いいちこ」200ミリリットルが転がっている。 ...続きを見る
軍師官兵衛−NHK大河ドラマ−プラットホ...
2014/02/24 08:59
軍師官兵衛 第8回「秀吉という男」
大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。 あらすじ・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2014/02/24 21:09
軍師官兵衛 第8回「秀吉という男」
前回前置きがあった信長との初対面から物語は始まります。事前に信長から大変気に入られたということを知っていたので、どれだけ素晴らしい説得を行うのか気になっていたのですが結果的には予想の範囲内でした。分析は非常に的確なのですが、もう少し洞察力のある説明があるとよかったのになと感じてしまいます。 官兵衛に対してもの凄く期待してしまった結果なのですが、それだけのことを言ってくれるのではという思いがあったのも事実。次回からもっと試練が待っていそうなので、そのような場面で視聴者に「こいつ、すごい」と思わせる... ...続きを見る
あしたまにあーな
2014/02/24 21:57
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #08 秀吉という男
官兵衛と秀吉の初対面。 これが運命の対面ですね。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2014/02/24 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

いよいよ、運命の出会いですね。
今は輝いてる二人、いずれ疑心暗鬼に・・・なんてことになるかと思うと。

しかし秀吉公、ヘッドハンティングがお好きなのか、確か徳川家康公も家臣を引き抜かれて呆然としたことがあったとか・・

ムカデを食べていた秀吉公ですが、一番の好物は尾張中村で採れた大根と牛蒡だったのではないでしょうか、正月の御重に必ずつめさせていたそうですし。

にしても官兵衛様、中央政界デビューでしょうか。笑
鹿二郎
2014/02/24 04:45
鹿二郎様、おはこんばんは〜〜〜!
いやああいよいよ運命の出会いの第一印象は好感触!
ですけどこれから茨の道が待ち構えているかと思うと!バラよバラよ〜なガクブルムネワク限りなし〜!
秀吉様は有力な人材をひたすらたらしこんでかなかったら先行きがないわけで、
でもそのかき集めた家臣たちに不信感を持ってしまったらさらにお先真っ暗なわけで、
後々を思うにいろいろ思わせぶりな役作りですよねええ〜え。
ムカデ!ひいいいい!イナゴ、ハチノコ、ザザムシまでならまだしも!ムカデは食べられませんよおお!
カイコもちょっと私的にはノーサンキューですけどおお。やっぱり戦国武将、いろんなところがタフなんですねえええ。
いよいよ歴史の表舞台にまかり出ました黒田官兵衛!こっからがいろおおおんな意味での正念場!ちゃんと見てきた者にとっては来週からがいよいよ楽しみ楽しみ〜〜〜♪
真田
2014/02/24 22:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第8回「秀吉という男」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる