真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「八重の桜」第36回「同志の誓い」

<<   作成日時 : 2013/09/08 20:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 10 / コメント 2

いやいやいやいや、綾瀬様も西島様も長谷川様も綾野様も、引っ張りだこじゃないですか!CMで!こりゃまたお茶の間の人気者になられてますよ〜。こうしてみますとほらほら、視聴率が低い低いと言われてきましたけれども、やっぱりそこは大河ドラマ!パッケージの持てるシェアがそこまでになっただけで、今作辺りはけっこう健闘しているのではないかと、そんな風に思ってしまう今日この頃。今宵も頑張って!盛り上がってまいりましょおおおっ!

明治6年、キリスト教禁止令廃止!それもこれも不平等条約を何とかしたい一心の明治政府のお歴々、ですがいざキリスト教学校を作ろうとしたら四面楚歌の新島襄様!叩きだされて怪我されて、八重様に労わられてプロポーズ・・・は先週の振り返り振り返り。茨城県知事選のテロップはやっぱり目障りでしたよねええ・・・。
槇村様や御親戚に結婚のご挨拶の八重様と襄様です、特に槇村様は鼻高々…ですが、禍福はあざなえるアザトース!さっそく逆風が吹いてまいりましたよ!女紅場の生徒さんの態度が何だか変よ!八重様が作ってくれた教材のビューティフルドリーマーを一切歌わない方が!?耶蘇のキリスト教への反感みたいな予感です!さらに突然お役人が乱入して申し渡されるのは、女紅場解雇の御通告!キビシイイっ!

 何で解雇なのかと驚愕の生徒たち、さっきの反抗心の生徒さんは、お父様から八重様とは口をきくなと言われてたんだとか!で、実は耶蘇の宣教師と婚約したんだと告白する八重様。なして辞めねばなんねえんだべ?槇村様に掛けあってみましょ!
 琵琶湖から運河を作る計画を進める覚馬兄様、こないだヒストリアでやってたエピソードですねえ・・・って、ここでまた覚馬兄様にもやたらと強い風当たり!京都の有力者の方からの異議申し立て、先生は耶蘇なんかいな、耶蘇の学校を作ろうとしてはるんかいなー?キリスト教に対する反発心なんですねええ、やっぱり京都!よそ者には冷たいわああ・・・。
 なんとなんと、これまでごっつぅ味方してくれてはってた大垣屋さんまで連れない事をおっしゃるやないですか〜。とりあえず槇村様が場を納めてくれてはるご様子ですけど〜。え?学校では耶蘇は教えさせません?言っちゃったなああ、槇村様。

 その槇村様の所に八重様が押しかけてきて苦情と異議の申し立て!女紅場を首にしろと指示した張本人はワシであると驚愕の告白ですよ!ななな、なじょしてですか〜!って、耶蘇が危険とみなされるのは仕方ない、キリスト教解禁は単なる「建前」じゃと、味方の振りして敵役だなあ槇村様・・。
 んで、槇村様がおっしゃる事にゃ、女紅場で働き続けたかったら耶蘇にはならんと宣言せえ?旦那が耶蘇で一緒に歩んでいこうって時に、なしてまたそんなイケズな事をおっしゃいますやらああっ!・・・え?「建前」の形だけで良い?心の中はどうでもいいから外面だけ取り繕え?ノオオオオッ!そんな醜い大人の理屈は八重様が受け入れるはずないでしょおおお!!!ダメだダメだこの人はあああっ!!

 交渉決裂で傷心の八重様が山本家に帰ってくれば、迷える八重様に対して、俺は相談相手にはなれねえと突き放す覚馬兄様・・・。
 そんなところに襄様ご帰還なりー。グッドニュースです?京都での外国人居住許可も下りて学校開設にまた一歩前進なりー!耶蘇教を捨てなければ即解雇と言う己の状況を言い出すこともままならず作り笑顔で耐えてるああたああしいい〜〜い。何も知らずに喜んでいる襄様がもう本当に可愛いいい。

 学校に招いた宣教師のディヴィス様を学校予定地へと案内する八重様襄様そして大垣屋様・・・ですが、そこは世紀末ヒャッハー廃墟な状況ですよ?単に荒れているだけではなくごく最近打ちこわしに合ってるみたいな?そこに鳴り響く大音声、バテレン出て行け〜〜〜・・・って、秀吉様や赤影様の時代の言葉でしょう、バテレンって〜〜〜!
 四面楚歌の中顔を曇らせる大垣屋様&デイヴィス様ですが、決してへこたれない襄様!ここに幾つ机が置けるかななどと空気を読まない発言をしまくって厄払い厄払い。大事なのはどこで学ぶかではなく何を学ぶかです!おおおう、それはまた天下の正論!大垣屋様も襄様を見直した表情ですよ。
 って、ここにとうとうならず者が乱入!?耶蘇は余所へ行けとダジャレ交じりで言い放ち、気持ちいいくらいにひたすら低姿勢の襄様をさらにいたぶる構え!いくらなんでも酷過ぎる所業だぞと視聴者のほとんどが思った瞬間、そこは男・大垣屋様が割って入った!帝がいなくなって寂れるばかりでは悔しいやおまへんか云々カンヌん・・・ここはこの大垣屋に任せてくださいと啖呵を切って、襄様に対してもその覚悟がこれきりでないかどうか見続けさせてもらいますと一本大きな釘を刺して、大御所様の見せ所をきっちり見せて!一件落着。ようこそ!京都へ!でもほんっとにお顔が大きく感じましたねえ、松方様。

 さていよいよ女紅場舎監の八重様に運命の朝!槇村様の御下命は、耶蘇を捨てると宣言せいでしたけど、そうそう一筋縄ではいかない八重様の出方やいかに!?私は宣教師の男性と結婚しますと、妻として夫の考えを認め支えなければなりませんと・・おおおう、退校宣言だ!ただまあ、今の世相からすると、夫は夫で妻は妻で、別々の宗教を信じたってよさそうなもんだけどなああ。閑話休題。
 八重様を叩きだすバカ役人、でも生徒たちはビューティフルドリーマーを歌いだした!率先して歌ってるのはこないだ変な表情だった方じゃないの!で、これを歌うって事は八重様の言動を絶対支持しますと言う若者の意思表明だ!いいぞう!穢れ無き素直な魂!!
 クズ役人は八重様を排除してこの会津モノがと言い放ちますが、会津のモノはおどなしく恭順しねえのです!お忘れですか?と、さっすが八重様、会津魂〜〜。さっそうと踵を返して女紅場から立ち去りまして候。
 そこに事情を聴いて息せき切って駆け付ける新夫の襄様!八重様曰く、これはグッドニュース!女紅場辞めて、これからはあなたの行く道が私の行く道ですとおっしゃる八重様に対して、抱きしめる事で感謝の意を示す旦那様。愛情の交歓が美しい・・・ですけどここで襄様一つ釘をさすことは、これからは全てを打ち明けてほしいです・・・あははは〜〜!これって尚之助様との間でもさんざん言われて来てましたよ!三つ子の魂云々ってのは本当ですよねええ〜。ほんっと〜〜に可愛げねえくれえ我慢強すぎんだがら!もうちょっと旦那に甘えろ、八重様は〜。にしてもしかし、今日は一層可愛らしいな八重様。

 さてその頃歴史の表舞台の大向うでは、西郷さん様鹿児島へUターン!そして学校を開いてに生徒を集めて不穏な雰囲気。鉄砲教えてる?生徒即ち不平士族なんですもの、そりゃあ大山様も心配顔で駆け付けますって〜。
 不平分子を集めていると政府からにらまれる西郷さん様を心配する大山様です。でも自分に付いてきたモノを見捨てるわけにはいかない西郷さん様。一方大山様は、政府に戻ってたもんせと懇願です。
 兄さが薩摩に留まるならおいもお傍に置いてたもうせとまでおっしゃる大山様の懇願を受け入れず、枯葉が落ちんな次の花は咲けんと、意味深なお言葉を発する西郷さん様。もう既にこの時過酷な運命を予感して覚悟を固めていられたのでしょうか西郷さん様。もしかしてその脳裏に浮かんでいたのは在りし日の会津の受難だったりして?

 襄様の学校設立前夜祭、まだ問題になっているのは聖書の授業。聖書の授業を正式科目にしたら学校は認めてもらえないが、さてどうしましょう。今は学校設立を優先しましょうってのが襄様の結論ですが・・。って、ここに杉田勇次郎様とおっしゃるディヴィス先生の使用人の方が初お目見え。往年の金田一耕助様みたいなルックスですねえ、勇次郎様。教えていただけるものは全て教えていただきたいです、あ、聖書も教えてもらえるんですかと勇次郎様期待大なり。なら英語もぎょうさん学ばんといけまへんえと時栄様・・・。
 さてこの時覚馬兄様の頓智の鉦がチーンと鳴って、イイ事を思いつきました、って一体?槇村様に提出されたカリキュラムには聖書の授業は入ってなくて、問題なく受理されまして、ここに目出度く学校設立の運び。
 女紅場にやって来た佐久母上、八重先生の母上かと迎えられまして・・・で、英語の先生にスマイルのご挨拶ご挨拶・・・いったい何を?
 覚馬兄様が出した半紙に書かれているのは「同志社」の文字!新しい日本を作る同志の集まる学校だ!イイ名前です!同じ志を持つモノですね!大喜びの八重様と襄様なのでありました〜。

 明治8年11月29日、同志社英学校設立開校!生徒は8人、うち一人はディヴィス様の使用人の勇次郎様!慎ましやかな出航風景です。同志諸君、ようこそ、と、挨拶をして聖書を読みだす襄様。ですが、そこに官吏の乱入だああ!しかもカシラは槇村様だああ!
 聖書は禁止じゃと言うたろうが、と槇村様。襄様は澄まして曰く、これはリーダーの授業です、英語の読み書きの教材にすぎません。はっは〜〜!やりましたねえ襄様、っていうか覚馬兄様〜〜♪
 そんなの屁理屈じゃと言う槇村様を、いいえこれは「建前」です、「建前」が大事だと言ってたのは槇村様でしょう?とまあ、こないだの伏線を手玉にとって言いくるめてぐうの音も出ないように持って行く八重様!いやいや、やり手じゃないですか、八重様も〜〜〜。
 何事もなかったように授業を進める襄様。槇村様はすごすごと退散・・・する途中に出くわす覚馬兄様。アレはアンタの入れ知恵か?アンタには東京で牢屋に繋がれちょった時駆けつけてくれた恩義がある、今回はアンタに免じて良しとしよう、じゃがこれっきりじゃ!と決別宣言の槇村様!もうちょっと鷹揚に構えてくれてたら良かったのになああ、この人〜。

 彼女は兄様そっくりです、いったん確信するともう誰も恐れません・・・と、アメリカの恩人の方へ八重様の事をこれでもかと報告するお手紙を書いているのは襄様です。結婚の報告ですか。結婚前夜ですものねえ。でも私にとっては彼女は生き方がハンサムなだけです・・・おおお、これがハンサムウーマンのなれ初めでしたか!
 八重様にお祝いの言葉を告げる佐久母上が出してきたのはウエディングドレス?女紅場のウエットン先生からいただいたドレスを縫い直してしつらえたんですって?さっきの女紅場のアレはコレだったんだ!イイ仕事したよ!母上〜っ!
 行燈がやけに明るい中、手向けの言葉を授ける母上。おっか様!涙涙のご挨拶だ。おめでと〜!

 じゃじゃん!明治9年1月3日!またなんという日取りで挙式を揚げられましたヤラ・・・ゲフンゲフン、とおおにかく!お目出度い挙式が決行されましたよ奥様!ゴージャスでマーベラスな御衣裳じゃないですか八重様!襄様の方が若干気おくれしているご様子?八重様が蝶ネクタイを直してあげて・・・あ!もしかして直してほしくってわざと乱してたりしてえええっ?
 日本で最初のプロテスタントの挙式ですって!命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?Ido!愛どぅー!はい!はい!はいはいはいはいいいい!・・・あ、よけいな者まで誓いの言葉を差し挟まなくても良かったですか?こりゃ失敬!あまりにもうまらやしいかぎりだったもので・・・
 暗がりのある日本家屋にゴージャスな絹のウエディングドレスが印象的でした。どのような時も私と一緒に歩いてください!マイプレジャー!ここに目出度く挙式敢行〜〜〜!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「八重の桜」第36回
   第三十六回「同志の誓い」襄の求婚を受け入れた八重。しかし槇村は、キリスト教徒である襄と婚約した八重を女紅場から解雇しようとする。キリスト教に入信しないことが雇用継... ...続きを見る
日々“是”精進!
2013/09/08 20:46
【八重の桜】第36回 「同志の誓い」感想
八重(綾瀬はるか)は襄(オダギリジョー)からの求婚を受け入れた。 だが、そのことがきっかけで、槇村(高嶋政宏)は八重を女紅場から解雇しようとし、 「回避したければ、キリスト教に入信しないことを... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2013/09/08 21:02
八重、2度目の結婚 〜八重の桜・同志の誓い感想〜
新島襄と婚約した八重は、女紅場を解雇されそうになる。 まあ当時としては『和魂洋才』がスローガンで、キリスト教に対する偏見も少なくなかったからね。 徳川時代にはタブーだったわけだし。 事なかれ主義... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2013/09/08 21:30
大河ドラマ「八重の桜」 #36 同志の誓い
あっという間に結婚です。 展開が早いですよねぇ。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2013/09/08 22:25
八重の桜 第36回「同志の誓い」
前回のプロポーズ成功から、現在の世の中では様々な出来事があり前回の内容が遠い昔のような気がしてしまいますが、しっかりと婚約も完了しこれからいざ学校設立というときに突然やってきたのが八重の女紅場か... ...続きを見る
ともさんのふむふむ大辞典
2013/09/08 23:03
八重の桜 第36回 「同志の誓い」 今日はなんでもめでたく見える
先週、手作りサンドイッチのおかげで プロポーズを受けた八重さん、新島襄との婚約がととのいました。 ...続きを見る
風のうわさ
2013/09/08 23:05
大河ドラマ「八重の桜」信念の人36キリスト教の入信で八重は女紅場の解雇を受け入れるも迷いは無く襄と共...
大河ドラマ「八重の桜」第36話は八重は槇村の指示により女紅場から解雇を通告される。納得いかない八重は抗議するが槇村は八重にキリスト教の男と結婚する事で快く思わない者た ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/09/08 23:49
『八重の桜』第36回「同志の誓い」★会津の者は大人しく恭順しねえのです
『八重の桜』第36回「同志の誓い ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2013/09/09 16:37
八重の桜 第36回「同志の誓い」
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2013/09/09 20:51
【八重の桜】第36回と視聴率「同志の誓い」
「同志の誓い」&nbsp;前回、お休みしてしまって、すみません。第36回の視聴率は、前回の14.2%より上がって、15.4%でした♪八重と襄さん、ご結婚、おめでとうございます♪(^^)でも... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2013/09/12 18:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
いや、大波乱の幕開けですね。八重様不当解雇、ですが、なんか八重様も聖書をこの時期、女紅場で教えており、親たちが生徒を辞めさせる事態が続出、槇村様はやむなく解雇というのが真相らしいです。
私学校は・・・もともと西郷さん、対露戦を想定した軍事学校らしかったのですが・・西郷さんの思惑にはずれて・・
しかし、西郷さん、覚悟を決めた眼でした。

同志社英学校開設、いろいろごたごたがあったらしいですね。当時、日本は外国人が日本人を雇用するのは禁止だったとか。同志社英学校はアメリカン・ボードの資金で賄われてた為、この規定に引っ掛かり、特例でやっと開設許可が下りたとか。
八重様の花嫁姿はおきれいでした。
そして、槇村様と覚馬お兄様、対立の様相、まぁ、最終的は覚馬様の大勝利で終わるので・・・
覚馬様、この時期には会社も持っており、お金の心配はありませんでしたし。
鹿二郎
2013/09/09 18:37
鹿二郎様!遅ればせながらこんばんは〜〜〜!
いやいやいやいや、PCが不調で!おまけに13日の金曜日のウインドウズ更新ループで!失礼いたしました!!
・・・そろそろ新バージョンにした方がいいんですかねえ、今のところメイン機種はなんとヴィスタなんですけど〜。
その当時のキリスト教への態度はまあ、分からなくもないですよねえ。っていうか新しくやって来た宗教を何も考えずにホイホイウェルカムしている方が珍しいっていうかなん中華本中華。
むしろ障害が大きければ大きいほど神様への愛が試される大いなる試練也!襄様的には、どんとこい!試練現象!くらいなアレだったんじゃあないですかねええ。
八重様のドレスは綺麗でしたし時代の重みを感じてしまいました。にしてもしかし、覚馬兄様の力強い事力強い事、疏水のエピソードとかも入れてって欲しいなああ。
西郷さん様は、もう覚悟を決めてらっしゃるご様子でしたねえ。聞くところでは若い者の暴走を見捨てることができずに命を預けたんだとか、つくづく大きな男ですよねえ、西郷さん様。
真田
2013/09/14 18:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK大河ドラマ「八重の桜」第36回「同志の誓い」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる