真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「八重の桜」第31回「離縁のわけ」

<<   作成日時 : 2013/08/04 20:42   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 13

本日は何とW離縁ですって!離縁のわけって、やっぱり八重様が素直に斗南に行かなかったから?なんて単純な理由ではなさそうですねええ〜。覚馬兄様のはもう丸わかりですよ、あの方の所為ですねっ!!って、まあそんなに悪く言っちゃあお気の毒でもあり、どこに怒りの矛先を持って行ったらよいのやら〜〜〜。

会津藩は斗南藩として再興。領地は減ったが思いは熱いが気候は寒いぞ青森県!八重様たちは米沢にて行商の身。雪が降ってまいりました。仲良く歌を歌いながら帰る道筋、愛らしいねえ。「めし」の提灯がおいしそうだし、「ちんちくりん」の歌が楽しい〜。
そんな八重様の所に、斗南にいるダンナの尚之助様から文が届いた!その節は八重様を無理やり追い返してしまった尚之助様ですが、こりゃあいよいよ、こっちゃ来〜のお誘いかしらそうかしら?・・って!りりり、離縁状じゃないですかああああっ!さすがの八重様も絶句!

OPはやっぱり月替わりなんですねえ。今度のは思いっきり深い緑と映像、みたいな?前に奥入瀬渓谷を歩いた時の印象に近いものがあったような、なかったような。

 三行半が来た以上仕方ないとさばさばした表情の八重様。斗南にいい女子でもできたんだべ・・・うら様にそれをおっしゃる!知らぬ事とはいえ、罪作りな一言だったなああ。でも、これにはきっと深いわけがあるに違いないと佐久母上。だったらそれをどうして教えてくれないのか、それが夫婦だべとおっしゃる八重様。何でも一人で決めてしまう、尚之助様は勝手だ・・・。怒ってますねえさすがに。

 斗南は大変!飢えと寒さで人が死んでるんですって。ってな所に行き倒れだ!なんとなんとユキちゃんだ!相変わらず素っ頓狂なユキちゃんだ!誰かに担がれて・・・どうなるんでしょう。
 山川大蔵様、今や浩様と改名されて斗南藩大参事様でございます。って、やっぱり厳しかった!青森の自然を甘く見てましたね!メチャクチャ寒い!お米も取れない!死人の数が増えるばかり?しかもあなた、三万石とは真っ赤なウソで七千石しかないんですって!十和田湖の当たりと下北半島ですか、やっぱり寒いですもんねええ。
 藩士の方が怒って押しかけてきた!頼む耐えてくれと頭を下げる大参事様。川崎殿の米の買い付けさえうまくいっていれば?
 尚之助様正にビンゴの大苦境。捕まってるじゃないの!思わぬ詐欺事件に巻き込まれていたああああ?何かトラブルがあったみたいですよ、尚之助様。

 さてさて八重様幼馴染の高木時尾様、斗南へと向かう途上運命の人、斎藤一様と再会して今や同棲生活ですか!これまでも心を通わせるシーンが随分ありましたものねええ〜。で、そんな所に担ぎこまれたのがさっきの行き倒れのユキちゃん!新選組の斎藤様を見て、新選組は人きりだ新選組のお蔭で会津はこうなったみたいな・・・この人はなんだかもういつもスットンキョウな雰囲気ですよねええ。

 今や江戸改め東京となりました日本の首都。岩倉様のお屋敷に西郷様大久保様木戸様大山様・・・御公家様と薩長の維新の立役者が勢揃い。でも話の内容はとおおってもネガティブで、どこもかしこも一揆だらけじゃ。お金がない!戦で疲弊した財政をどうしたら良いか・・・廃藩置県!いよいよ来ました!生き残った会津の皆様の願いを根こそぎ叩き壊す絶対崩壊!廃藩置県!
 藩を廃絶して県にして、藩のお金を国のモノにっ!取られる方からしたら国って何だよっ!みたいな〜。この廃藩置県万が一失敗したら全員腹を切る覚悟をしてくださいと言い渡す西郷様。重々しい雰囲気でした。しゃべっててもお顔の上半分が微動だにしない顔芸!これは銭の稼げる芸ですよおおお〜。

 川崎様がいよいよ訴訟を起こされた!訴訟元はデンマークの商人の方!米を買うと言っておきながら勝手に取りやめて損害をかけたから?結局のところ、仲介人に騙された?つまりそやつがお金を持ってドロンですか!ぬかったなああああ!
 ・・・いつぞや競馬で大当たりして家族をハワイ旅行に連れて行こうとしたら旅行業者に持ち逃げされて、近所の手前居留守を使ってお正月から物音ひとつ立てずに過ごす羽目になった某車寅次郎様並みのうかつ加減ですよ!尚之助様あああっ!
 で、離縁状の件はなるほど・・・家族だったら類が及ぶかも知れませんし、思い切って縁を切ろうって魂胆でしたね尚之助様。
 斗南藩には川崎様の事件との関わりを問いただす書状が届いてまして、実は尚之助様は全て自分一人でやったことで斗南藩とは無関係だと供述されているんだとか。
 自分一人なら破産してしまえば済むって事ですかねええ。斗南藩の仕事としてやっていたって事になったら当然斗南藩にこそ賠償責任が降ってきますもの。三千両ですって!
 人間の情としては彼を助けるべきなんでしょうけど、それでは斗南藩が潰れちゃう?必死に生きている藩士がさらに大変な目に・・・。山川様は、非常に徹して、一切関係ないと返答せよとのご命令。まあ尚之助様ご自身の意を汲んでって所が救いですけど。
 この件面白く繋いできましたねえ。まるでリアルタイムで事が進んでいるみたいな雰囲気でしたよ。

 んで八重様。口ではなんて事ないみたいに言ってましたけど。かえすがえす読み返す離縁状。わだす間違ったべか?斗南に行っていればよかった、待っていねえで行っていれば。それはでももう言っても詮無き繰り言ですよ。珍しくへこたれた八重様を元気づけるうら様。優しそうないい笑顔。

 こんなに苦闘に苦闘に苦闘を重ねて藩づくりに立ち向かっていた所にやって来た!廃藩置県の通告!なんもかんもぜんぶおわり〜〜〜!デウスエキスマキーナ!ちゃんちゃらちゃん。斗南の皆様大ショック!そりゃそうですよねええ、仇敵の薩長さえもなくなってしまうんですから、究極のノーサイドなり〜。黙ってほろほろ涙を流す山川様。このままでは終われん!

 米沢の山本家に覚馬兄様の弟子だとおっしゃるお客があり、この方がもたらしたのはグッドニュース!覚馬兄様は生きてらっしゃった!やった〜〜〜!一同大喜び〜〜〜!薩摩藩の捕虜となっていた所、例の「管見」のお蔭でしょう釈放となり、一目置かれて今や京都府のお仕事をなさってるんだとか!怒涛の逆転大出世ですけど、こっちから見るとなんだかちょっと手のひら返し?
 京都へ来いと言う伝言に、どうして兄様が飛んでこねえのかとおっしゃる八重様。しかもお手紙が女文字!誰が書いたの!?っていうか身の回りのお世話をしているのは誰!?と問い詰めたらお弟子さんが白状しちゃった。兄様には女があり、すでに赤子まで生まれております。ひゃあああああ!

 京都府大参事牧村様、ちょと会津を見下した感じはありますけど、京都を立て直すために頑張ろうと覚馬兄様と手を取り合う姿勢です。頼りにしてますよ先生、って顧問として力を借りましょうと言う感じでしょうか。

 京都に行けばようやく一息つける山本家の女子衆。んだけんじょ、ちょっと待った!覚馬兄様には女がいた!子供までいる!シャレにならへんで!会津で死ぬほどの目に会って頑張って生き抜いて待って待って待ち続けたうら様への仕打ちがこれか〜〜〜い!このまま京都に行って、二人妻みたいな?いやいや、そんなの酷い!八重様はうら様のために抗議文を、そんな女は追い出せと言う檄文を・・・送ろうとして止められました。母上がおっしゃるには、覚馬兄様にも事情があるだろうと。

 これからどうすると話し合う山川様と梶原様。山川浩様は責任者として会津藩士の行く末を見守るみたいな・・・。そして梶原様、いつかの京人形!あれがまたでて来ましたよ!アレを撫でさすりながら思案して・・・来合わせた二葉様に向かって言うよう、山川家に戻れ。二葉様と子供を頼むと浩様におっしゃって。底の暗い日差しの映像と、梶原さまの突いた手の色合いがよく出来てました。
 これには断固抵抗する二葉様ですが、無理言うなと・・・無精ひげの梶原様はもう抜け殻?もう再起する気力もない感じで取りつく島なし!こちらも離縁でしたか!!

 うら様、私は京都には行けねえと言い出されました。いやいや一緒に行きましょうと言う八重様と佐久母上。一つの家に二人の妻って、やっぱり無理があるもんねえ。それから、私にも女子の意地がありやすと離縁決断!
でも愛娘のみねちゃんはこのまま京都へ連れて行かれることに!みねちゃんの為にはその方がいいのかも知れませんけど、実の母とは生き別れに〜。夕陽の中で抱き合う義理の母と娘でございました。
 翌日、いよいよ山本家が京都へ登る日。実に悲痛な母娘の別れの段なり!泣いて嫌がるみねちゃん、イイ泣きが入りましたよお父さん!母上うら様はその昔覚馬様から頂いた櫛を渡します。おっかさんの宝もんだ。おっかさんのあかぎれの指が良かった!

 ようようCG感丸出しの京都へ着いた八重様たちご一行。さすがは京都府顧問!ちゃんとお屋敷を構えてらっしゃる!出迎えた娘は・・・例の噂の兄様の女ですか!時栄様、ひとめで相手が誰か察しました。複雑な表情の山本家の女子衆。のっけから敵対心満載の八重様が何だか逆に可愛い・・・。
 九年ぶりに再会する兄!息子!生まれて初めて目にする父!手探りで歩いてきた!これはもう誰でも気が付く!覚馬様の目はすでに光を失ってらっしゃる。だから探すことも迎えに行く事も出来なかったんだ!
 すまねかったと詫びる兄様。見えない目から涙溢るる!いきててよがった・・・でもみねちゃん一人は引いてらっしゃる。そりゃそうですよねえ、初めて目にする父の姿ですもの、しかも事情が事情とは言え母を捨てた父なんですもの、複雑ですよねえ乙女心は。

 本日はダブルどころかトリプル離婚の巻でした!それぞれにそれぞれの事情がお有りで〜。獄中の尚之助様はそろそろ見納めですかね。京人形を撫でさするひげ面の平馬様はとっても印象的でした。盲目の演技が胸に迫る覚馬兄様。赤い櫛が似合っていた頃の私を覚えていてもらいたいとおっしゃるうら様のあかぎれの指も心に残りましたねええ。
 兄様夫婦の櫛、梶原様ご夫婦の京人形、に匹敵するモノがなかった八重様チームはちょっと見劣りが・・・斗南藩の窮状を描く背景みたいになっちゃってる感も、はい〜。え?ダルマ?アレはもう既に例の少年鉄砲隊がああああっ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「八重の桜」第31回
   第三十一回「離縁のわけ」米沢の八重のもとに、尚之助から離縁状が届く。気丈に振る舞いながらも悲しみを抑えきれない八重。尚之助は斗南藩のために行った米取り引きで詐欺に... ...続きを見る
日々“是”精進!
2013/08/04 20:50
『八重の桜』第31回
離縁のわけ ...続きを見る
悠雅的生活
2013/08/04 20:55
八重の桜 第31回「離縁のわけ」
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2013/08/04 20:55
【八重の桜】第31回 「離縁のわけ」感想
米沢の八重(綾瀬はるか)の元へ、尚之助(長谷川博己)から離縁状が届く。 気丈に振る舞いながらも悲しみを抑えきれない八重。 尚之助は斗南藩のため米取引に奔走するも失敗し、取引先から訴えられて勾留... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2013/08/04 21:07
〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第31回「離縁のわけ」 八重と川?尚之助は離婚も入籍もしていない?
実は「八重と川?尚之助が離婚した」と言う正式な記録は残っていないそうな。 ただ近代的な戸籍法が日本で制定されたのは明治4年4月4日。 それまで「離婚」とはどういう形でなされたのかな〜って疑問があるな。 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2013/08/04 21:12
大河ドラマ「八重の桜」信念の人31尚之助から離縁状が覚馬から京都へ来いと文が届き八重は激動の知らせば...
大河ドラマ「八重の桜」第31話は八重のもとに尚之助から離縁状が届くもそれは八重にとって突然すぎる事だった。当時の斗南藩は貧困をあえいでおり尚之助は米を調達しようとして ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/08/04 22:05
八重の桜 第31回「離縁のわけ」 泣きべそなんてサヨナラ、ね
八重さんのもとに届いた 尚之助さんからの手紙、ドキドキしながら開けると・・・まさかの離縁状でした。詐欺にあって訴訟をおこされた尚之助さん。人がよさそうなので、いいカモだと狙われたのでしょうが、藩のために、責任を一身に背負うのでした。切り捨てざるをえない 山川大蔵・・・じゃなくて山川浩も、辛いことでしょう。雪に囲まれた過酷な状況が「八甲田山」を見ているようです・・・組織の責任を押し付けられるところが、「七つの会議」を見てるようです・・・おてんば少女が 優しい王子様と結ばれながら、突然の別れがくると... ...続きを見る
風のうわさ
2013/08/04 22:39
大河ドラマ「八重の桜」 #31 離縁のわけ
山本家に迫る2つの離縁。 史実でもあいまいな部分をどう描くかですねぇ。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2013/08/05 06:13
『八重の桜』第31回「離縁のわけ」★ユキ(剛力彩芽)が本人の前で新撰組批判
『八重の桜』第31回「離縁のわけ」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2013/08/05 17:34
八重の桜〜第三十一話「離縁のわけ」
第三十話「再起への道」はこちら。 金曜から花巻に行っておりまして、はたして今日「 ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2013/08/05 19:08
女の意地 〜八重の桜・離縁のわけ感想〜
今回は突然尚之助からの三行半から始まる。 やっぱり妻として苦楽を共にするつもりだった八重は、不思議がるけど、やっぱり意地があったんだろうなあ。 理由は斗南藩の取引で詐欺罪を着せられて訴えられたた... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2013/08/05 20:13
【八重の桜】第31回感想と視聴率「離縁のわ...
第31回の視聴率は、前回の12.6%より上がって、15.4%でした♪裏に、フジの『27時間テレビ』のクライマックスがありましたが、上がって良かったです♪&nbsp;籠城戦は4回かけてやりました... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2013/08/05 22:46
八重の桜 第31回感想
辛かったなぁ・・・ かつて会津で夫婦でいた人たちが どんどん別れていく・・・。うらさん役の長谷川京子さん。あんつぁまが無事だと知った時、一瞬見せた安堵の表情がすごくキレ... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2013/08/11 16:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
番組が終わってから短時間でよくこれだけの長文が書けますね(笑)
いつも参考にさせていただいてます。
これからも楽しませていただきます(^^)
コーチャン26
2013/08/04 21:59
コーチャン26様、こんにちは〜〜〜。
って、むむむ・・・むむ、告白タイム〜!
告白しま〜〜〜す!今回はなんと18時からのBSを見て書いちゃいました〜〜〜!2011年以来BSが見られるようになったのでたまにズルしてるんです〜。
とは言え番組の後書き足したのは最後の2段落だけであとはほぼリアルタイムで書いてはいるんですけど。っていうかもともと某所の実況チャンネルに出入りしてたもので〜。
事前の予習のストーリーブックとはシーンのつなぎ方が全然違っててちょっとあわてながら書いた今回、楽しんでいただけたら幸いでございます〜。
真田
2013/08/05 07:18
こんばんは。
斗南藩の窮乏ぶりは聞いております。米どころか豆食もおぼずかない有様で、藩士の奥方は売春に走る者も続出したとか。やはり7千石(現在価値70億?)で2万人の藩士・家族を養うの”無理”ですね。120万石から30万石に大減俸の上杉家ですら、3万人の藩士家族を養うのに直江様は大苦労でしたし。そういえば、上杉家、会津松平家、両家、会津追い出され組でしたか。なんか呪われているような。

しかし、川崎尚之助様も悲運な。裁判中に肺結核でご他界されるんでしたか。八重様と御離縁との話でしたが、実際はっきりしないそうで、斗南藩の記録にも離縁の記録はなく、実際は死別とか。

 東京では岩倉様、面倒を見切れないのは仕方ないとしても、”役に立たない士族”とは失礼な!! 薩・長・土の士族のおかげで、政治の表舞台にカムバックできたというのに!!

京都では涙の再会。死んだと思われていた家族が生きていたのは嬉しいことでしょう。
しかし覚馬様はスゴイですね。失明・歩行困難。私だったら隠居しますよ、もう。それを京都再建とは、その情熱たるや凄まじい。
しかし、みね様は複雑な表情でしたね。結果的に母を捨ててしまったことに加え、分かれたのが、みね様が赤ちゃんの頃ですから・・・
まったくの他人のおじさん。といった心境でしょうか。
鹿二郎
2013/08/05 19:03
ご無沙汰しております。

かつての維新志士であり現在は明治政府高官の皆様。明治編初回にして、皆様そろって暗黒面に落ちられたような気がいたします。しかし廃藩置県のシーンが、夜の男達の秘密会合のようにしか見えませんでした。板垣様がいなかったのが少し残念でしたが。再来週は征韓論ですか。西郷様と大久保様がとうとう袂を分かたれるのですね。この大久保様ですと西郷様と袂を分ったことが原因で心労をわずらい、喀血されそうな雰囲気の方ですね。
大久保様、昨日の昼間に放送された「相棒」に殺し屋役で出演されていたのですが何とも寂しげで物悲しげな表情をなされていました。「顔のない」というたいとるにふさわしかったです。しかし美形ですね・・・。
時任 愛海
2013/08/05 22:07
追記コメント失礼いたします。
大久保様、出口の見えない暗い森を彷徨う籠の中の小鳥のようでした。
あの物悲しげなお顔立ちがさらに何ともいえないお顔立ちになっていました。

去年の「平清盛」の主演の松山ケンイチさんは、下北半島のむつ市のご出身だそうですよ。斗南藩と聞いて思い出しました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
時任 愛海
2013/08/05 22:25
鹿二郎様、こんにちは〜。
豆も取れないんですか!70億で2万人ってスケールが私ピンとこなかったんですけど、桁を減らしたら70万円で2人養えって勘定ですか。うわあ、厳しい!
尚之助様はせめてもうちょっと、心の思いを打ち明けるようなシーンがあってほしかったような気がいたしますねええ。
岩倉様は、ええ、もしこれを岩倉様ご本人がご覧になったらきっとお怒りになるのではないかと〜。
覚馬兄様、一所懸命勉強してきた成果があればこそで、学は身を助くってな感じでしょうか。みねちゃんの納得してないぞって表情は今後嵐を呼ぶ予感です。
真田
2013/08/08 07:22
時任 愛海様、こんにちは〜。
統一国家を作る生みの苦しみって所なのでしょうか、それにしても西郷様、田原坂へのフラグが立ち始めた感じです。
木戸様と大久保様があっちで競演されてましたか!そういえば超人的なスナイパーで、孤独で孤高でストイックで実は心に大きな傷があって、っていう人物像にぴったりでした。今作でもこれからあんな表情をされるのかも…
こちらこそよろしくお願いします〜。
真田
2013/08/08 07:35
こんばんは。
正確に申しますと、加賀102万石で士族1万6551戸6万7302人、薩摩藩77万石士族4万3119戸34万人。
斗南藩3万石(内石7千石)士族4322戸1万7327人だったようで、斗南領民6万人も加わりますから、これじゃ生活できないはずで・・・

そういえば、うら様。覚馬様との離縁以降は消息不明なんですね。
みね様も24歳で早世、なんか幸薄い女性達。涙です。
鹿二郎
2013/08/08 19:08
◆史実の山本覚馬
政治思想編

(管見)

「時勢之儀ニ付拙見申上候書付」
冒頭文訳文

@先日、薩摩藩の渕邉直右衛門殿に既に申し上げているが、自分は国家の為に尽くしたいと思っています
A勝海舟は薩摩藩と長州藩に罪は無いと幕府に上申していました
B会津藩も私他3名が同様の意見を申し立てたが、幕府は情報に疎いので通りませんでした
C其の後、土佐藩から王政復古の建白がされたが薩摩藩も同じ意見だったでしょう
D徳川慶喜公と我が主君は情勢をよく知っていたので皇国の体制を一新して再び皇国を盛り立てる機会と思って政権を返上しました
Eしかし、幕府の役人や会津の士分は井の中の蛙なので、因循姑息にも自分勝手な論を喚き立ててしまったのです
F幕府の人達は軽佻浮薄な軟弱者
一方我が会津藩は山野に生育して頑なで凝り固まった風俗
G薩摩藩の様な九州の大国では世界の情勢にも素早く反応して公明正大な卓見も出されるものを
H王政復古の大号令が出されて会津藩士や幕臣の視野の狭い人達が不穏な情勢を察して大阪に下ると、官軍と接触してしまい騒然となった事は大罪で、慶喜公に今1度の政権復帰への願望があった為と思われます
Iしかし、其れも国を憂える余り遣った事なので幕府をお疑いにならぬ様、又会津藩や桑名藩を憎しむ事との無い様お願いします
万国公法の様に公明正大なお取り計らいをして下さい
この建白を捨てないで下さい

【管見】は福沢諭吉の【西洋事情】の焼直しでドラマの様な覚馬オリジナルではありません(笑)
長兵衛
2013/08/10 12:32
西洋事情がネタ元一覧

慶応3年5月
@赤松小三郎
◆御改正之一二端奉申上候口上書
A嵯峨根良吉
◆時勢改正

慶応3年11月
B坂本龍馬
◆新政府綱領八策

明治元年3月
C明治天皇
◆五ケ条の誓文

明治元年閏4月
D太政官
◆政体書

明治元年6月
E山本覚馬
◆管見

長兵衛
2013/08/10 12:35
(すみませんあまりに恥ずかしいうっかりミスがありましたのでレスを訂正させていただきます)

鹿二郎様、こんばんは〜。
そ〜並べられてしまうと計算せずにはいられませんねええ!えええっと、102万石で士族が約6.7万人、士族一人当たりではなななんと!約15石也〜!
77万石で34万人でも約2石!イイじゃないですかイイじゃないですか〜。
で、3万石で1.7万人だと一人1.8石ですか、じゃあまあ何とか頑張ってみるかって気分になりますよねええ。
それでオーラスその実は、0.7万石で1.7万人・・・一人当たり0.4石!薩摩藩の5分の1!こりゃキビシイイ!山川浩様が頭を抱えるわけですわ!

うら様がこれで終わりってのがなんともはや切ない!何とか幸せになってほしいと願わずにはおられませぬ。みねちゃんもそんなに早く?うううう・・・
真田
2013/08/10 18:13
長兵衛様、こんばんは〜。
へええ〜、史実ではホントに手のひら返しみたいな?しかも後出し?ちょっとちょっと!覚馬兄様〜〜〜〜!!

とまあそれはそれとして、ちょっと思うんですけど、お書きになられた事は私の記事へのコメントとするにはちょっとスケールが大きいように思うのです。っていうかもったいない。せっかくこんなに有意義な情報を書き込まれるのですから、記事として公開しなければもったいないと思われてなりませぬ。
ちなみにウェブリブログは無料で誰でも参加できますので、ご自分でブログを立てられてトラバしていただいたら皆様お喜びになるのではないかと、ハイ〜。
真田
2013/08/10 18:31
御返信有難うございます

放送終了後ツィッター上で「あんつぁまを鴨川に放り込めっ!」って声が多かった(笑)

あんつぁま株大暴落ですなぁ…

それにしても女性陣は厳し〜い!

今回は便乗公開(笑)ってことで…覚馬様お許しを(笑)

コメント返しはお気遣いなく

長兵衛
2013/08/10 20:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NHK大河ドラマ「八重の桜」第31回「離縁のわけ」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる