NHK大河ドラマ「八重の桜」第23回「会津を救え」

我らは忘れじ会津~会津~会津~・・・うううう。いよいよ佳境の山場に差し掛かってまいりました。寄ってたかってスケープゴートにされつつある会津!地獄の死者到来?でもそこに手を差し伸べるご近所様の支援の輪!奥羽団結!みたいな?で、戦闘開始ですかあああ!

アバンは先週の振り返り、悲劇の山本家。涙のパパさん、八重様敵討ち宣言。
そしていつもの桜の木の枝で兄と弟の思い出に浸る八重様。桜の枝がちょっと可哀想かも・・・。
官軍侵攻の解説。苦悩の大蔵様。奥羽鎮撫総督の九条様が仙台到着?なんだかちょっと間の抜けた顔されてますかねえ総督様。で、一人で妖怪みたいなえげつない振る舞いなのが世良様とおっしゃる参謀の方?怖い顔だなああ。今ごろ満開の桜をネタにして東北をディスる?行儀悪いなあ世良様。伊達のお殿様にも上から目線で会津を撃てと迫ります。これすなわち東北に悲劇をもたらす地獄の使者?視点を変えたら、気の毒な位な描かれ方かも参謀様・・・(汗

 角場の机にお花を活けて手を合わせて・・・三郎今日も一緒にがんばんべ・・・八重様そうして弟を悼んでらっしゃる。うら様は柱の傷をなでて感無量。引きこもり?うら様はショックが大きすぎたんでしょうねえ。まだ泣いてる!
 そんな姉様を強引に連れだす八重様。薙刀の稽古場に?中野姉妹が火の出るようなお稽古中!みねちゃんに薙刀を仕込むために母親の姉様も練習せよ?まずは素振り?あ、なるほど、これは八重様機転を利かせた!でも乗り気ではないうら様でしたが、ここにお雪様がやって来た!修理様の悲劇の死を乗り越えて会津を守るために立ち上がった!これまた堂に入ったお稽古ぶりで!
 お雪様の熱気がうら様の心にも火を付けまして、よおおおおっし!立ち直ったあああ!笑顔が戻ったぞうら様。八重様80点~~~。なあ姉様、わだしは信じてます、兄様はきっと生きでるいつかまだ会えっから!んだなし・・・。うわあ、八重様95点~~~♪

 慶喜様はあっけらかんと江戸を引き払って水戸へ戻られる。京で始まり京で終わり、江戸で将軍職を務めた事がない?さしたる感慨もないと言われればさもアリナミンな境遇ですねえ、慶喜様。勝様を前にして、自分には家臣は居なかった、会津のように君臣一体となる家臣はいなかったと嫌味をおっしゃる!
 これで徳川は残り江戸は戦火を免れた、では会津はどうなる?って慶喜様。あああ、あなたがそれをおっしゃいますかあああっ!ある意味あなたの所為でしょおおおお!んもう!最後まで無責任だなああ!

 仙台藩も米沢藩も集まってる?平馬様も大蔵様もご一緒?東北雄藩のご重役が今後の相談・・・鶴ヶ城を明け渡し容保様の首を差し出せ?そんな事を言ってるんですか官軍はあああ!それを回避するにしても鳥羽伏見戦争首謀者の首を三つは差し出せ?非情ですけど、これもギリギリの交渉なんでしょうねええ。
 あ、尚之助様も加勢した!これは会津一国ではなく奥羽全土の問題だと!諸藩が結束して嘆願しようと話がまとまりました!尚之助様、ええ仕事しはりましたなあ~。仙台・米沢の連名で会津救済の書状が回った!会津を救え~~~!

 白河口に頼母様、越後口に官兵衛様、日光口には大蔵様と、それぞれの手配をする土佐様。戦の支度ですねええ。そんな所に新選組も白河口へ。新選組の人にも優しい言葉をかける容保様。斉藤様は山口と名を変えてるの?奥羽諸藩は会津を救うよう結束してくれているけれども・・どうなります事やら。
 新選組の土方様と山口こと斎藤様、近藤様の最後の姿を思い出してらっしゃる。江戸の官軍総督府に自ら出頭して斬首・・何のために彼は出頭したのだろうかと。お怪我をなさっている土方様、あとの事を斎藤様に託して曰く・・刀の時代は終わったな・・。
 そんな所に鈴の音、時尾ちゃんでしたか。お堂に拝んでらした。友達の弟・・・三郎様の事ですねえ。月命日だから?何か共感した二人。斎藤様も一緒に拝みます。自分にも弔いたい人がいるって、近藤様の事なんでしょうねええ。前ボケ後ボケ中ボケと、カメラの性能テストみたいな・・・でもイイ感じでしたねえ。

 山本家では権八パパ上様が現状報告。奥羽諸藩の嘆願書が出て一安心。そもそもそもそも会津には何の何の非もねえんだ、皆奥羽の仲間だ。大事なことだから二度おっしゃったんですかねえ権八パパ上。
 え、そんな時に米沢からお客様?鉄砲を習いに来られた?オール奥羽のチーム練習ですよ八重様!張り切って鉄砲指南!新式のスペンサー銃に米沢の皆様も目が点!合点!有頂天!仲間意識が芽生えまして候。願わくばこれがもうちょっと早かったらなあああ~~~~。

 奥羽列藩連名の会津助命の嘆願書。総督の九条様に奏上するも、割って入った世良参謀様!破り捨てた!こげなもの書くひまに賊徒の首を取ってまいれ!やりたい放題だなあ、この人。
 一方勝先生の紹介状を持って江戸の総督府に乗り込んだ広沢様!西郷さんに直々に会津救済を願い出る所存ですか!命知らずですねええ!そんな事するキャラには見えませんでしたけど、さすがに根性を入れて来られた!西郷さんがここにいたら何とかなったかもしれませんけど、さにあらず!子分たちがインターセプト!取り囲まれて投げ捨てられて取り押さえられて絶体絶命!なすすべなし~!っていうか妙に擦り切れて汚れた格好でしたねえ広沢様、お江戸での御苦労がしのばれます~。

 福島で遊興にふける世良様。これはひどい!遊び狂って酒に狂って・・・色にも狂って最悪!小汚くてだらしなくて下品!超下品!こんな人間に東北を踏みにじって欲しくないにゃああ~。並み居る真面目な藩士の皆様は怒り心頭。
 その世良様の都への密書が盗み見られてます。奥羽全部を敵とみなしてとにかく討っちゃえみたいな?ゆゆゆ、許すまじ世良!お庭に放尿?うわ下品!みんなで抜刀して飛び込んだ!遊女の方が世良様の刀を持ち去った!ナイス!遊女様!参謀が持ち出したピストルは不発!あわれ世良参謀もこれにて終了~~~?
 でも・・・一大事にござります。世良修造が首を刎ねられました!こおおなったら最早和議の余地はねえ。もはや戦は避けられぬと容保様・・・。
 報を受けた白河の頼母様も、追い詰められた感満載です。腹くくれ~~~~!
 大雨の中登城する権八パパ上様、世良参謀が斬られて、いよいよ開戦必至!これが最後の一押しだったんですねえ。全面戦争の!

 砲撃開始ですか!官軍の大砲は何だかスマートで威力がありそうな感じよ?こうしてみてると花火みたいで優雅ですけど・・・撃たれた方はたまんない~~~!会津方の砲は敵陣にまでも届きません!どおおしますか頼母様!こおおなったら突貫あるのみだ?無茶言うな~~~!冷静な斎藤様以下の新選組の面々が必死に止める!
白河の関の戦いは会津の大負け。何だかちょっとダイジェストな戦いでしたねええ・・・

 佐川官兵衛様が怖い顔で交渉しているのは河合継之助様。長岡藩の方ですよねええ。ガットリング砲を買い入れてきた?越後五藩とともに奥羽同盟に加わる!?勇ましいなああ。っていうかだったら早く持ってきて!最前線に持って来て!ガットリングううう!

 尚之助様が手を入れているのは白河から戻ってきた旧式の銃。古いゲベールに火縄銃・・・各藩とも思った以上に旧式の銃だった。八重様は日新館で怪我人の手当てにかり出されてるの?あの白河が・・・いつぞやご夫婦で訪った白河・・・が落ちたんですねえ。そう言えばどうしたかしらあの子!八重様が達磨を差し上げた素直で可愛らしかった男の子も・・・もかしして・・・(汗)
 累々たる負傷兵の皆様。いつも苦労するのは末端の兵隊なのよね~。これも戦だと覚悟を決めて手当に立ち向かう八重様とユキ様です。

 砲弾の雨の中を彷徨う覚馬兄様。なんですかこの映像。巨大な薩摩巨人兵?って、夢でしたか!覚馬兄様!まだ牢屋ね。どこで間違ったんだ、会津は、俺は、と自問自答。ううう~~~ん、京都守護職を仮病でも何でも使って回避していたら・・・なあああ。いまや滅びの道を進む会津、嘆く覚馬兄様。俺にはなんもできねええ!喉が潰れて酷い声!あらまた魘されて幻聴?立ち上がれ~天朝も幕府も藩もいらぬ、その身一つで立ち上がれ~~~・・・これはいつぞやの吉田松陰様のお言葉!立ちあが~れ、立ちあが~れ、立ちあが~れ覚馬~~~!!!俺にもまだできる事があると、何かアイデアが浮かんだみたいよ覚馬兄様・・・。

 負傷兵の傷の手当を続ける八重様。そうとう具合が悪そうな皆様。でも感謝の言葉をかけてもらった八重様にも力が湧いて来てる感じ?ユキちゃんは居なくても良かったかなああ・・・

 って!あらやだ!いつぞやのダルマの少年!来週いよいよですか!いやああああっ!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2013年06月09日 22:25
いよいよ中盤の佳境・・・。
と思いきや、八重はまだまだ若くて、まだ新島襄ともであっていない。
そう考えるとずいぶん会津戦争まで引っ張ったなぁと思ったのは私だけでしょうか。
麿呂
2013年06月09日 23:27
今晩は~。

何か、気の毒過ぎてコメントする気にもなれないな(泣)

其れでも会津藩の面々に「其れは違うだろう?」と突っ込みを入れている自分が居ます(苦笑)

会津藩と仙台藩の会合の席で「鳥羽伏見の首謀者3人の首を出して恭順すれば或いは…」という台詞は禁門の変直後に長州藩がやった事と同じ。敵と同じ事をやれば説得力があるからこの辺でどう?という恭順案だった訳だけど一丸となって居る会津藩面々にとっては火に油を注ぐ効果しか…。其れをやっていれば…長州って其の当時、物凄い決断をして居たのだな~と改めて思います。暗に会津の決断力不足を言っているんですよね…脚本家さん。

江戸城無血開城当日早朝、水戸へ出立する慶喜くん登場!
うーん、このドラマの慶喜くんは最後迄えらいドライですねぇ(苦笑)

史実の慶喜くんは、すっかり変わり果て(痩せ細って)其の姿を見た一同皆(見送りの旧幕臣や従者達)涙にくれたという。
彼らにもの悲しげ~な表情で会釈して、御籠に乗り込み、江戸を去って行った…。
先週の勝っつぁんといい何だかなあ…。

確かこのお2人、前夜は大喧嘩したんじゃなかったっけ…(笑)

おまけに親類になってしまいます…慶喜くんの末っ子が勝家へ養子縁組して勝っつぁんの孫娘と結婚します。
因みに此れは勝っつぁんからの要求です。
又、勝っつぁんの死後、公表されました。
この時、元会津藩士らは「主家を馬鹿にするにも程がある」とか批判的だったとか…云々。旧幕臣達は「勝一流の駆け引きさっ。」だってさぁ(笑)


鹿二郎
2013年06月10日 02:22
こんばんは。
エアコンが急にぶっ壊れてしまい、青ざめてます。灼熱地獄が始まる前に代え買えねばと。笑

それはそうと、世良参謀はお行儀が悪い。長州藩は奇兵隊が有名ですが、いかんせん農民兵も加わり、武士道が徹底されていなかったのでしょうか?
 しかし、思えば、仙台藩は武勇で鳴らした政宗公が藩祖。しかし、九条総督の前の伊達のお殿様、気弱そう。武器も旧式って、政宗公がお聞きになれば泣かれますぞ。って感じです。
 会津はいよいよ戦火に呑み込まれる前夜、火縄銃やゲベール銃で、スナイドル銃に勝てるわけもなく・・
 覚馬様が手配したプロイセン製ライフル銃も、新潟港が新政府軍に押さえられ没収の憂き目。会津はとことん、やることなすこと裏目に出てますね。やはり、前準備不足でしょうか。
そういえば、幽閉中の覚馬様の境遇、相変わらず史実無視の脚本で少々怒りを覚えます。
鹿二郎
2013年06月10日 20:13
追伸。
こんばんは
白河城攻撃の際、臼砲を使うシーンがありましたが、佐賀藩についてはスルーなのが気になります。大砲も、佐賀藩が鋳造したアームストロング砲に似てるような。
2013年06月11日 21:14
ryi様、こんばんは~。
この改変期に山場を持って来ようというアレだったのかしら?
クリスマスとかに合わせて新フォームを繰り出す特撮ものみたいな~。
ただまあ、ここまでの配分を考えても、そこに尺を取るならこっちを端折るなよ!みたいな憤りを感じてしまう今日この頃・・・
2013年06月11日 21:19
麿呂様、こんばんは~。
たしかに!国を守るために命を捨てる覚悟があるのなら、戦を回避するためにその首を差し出す覚悟もあってしかるべし!なんでしょうねええ~。
薩摩長州だって、ここまで来るまでに血で血を洗う悲劇を乗り越えてきたわけで、そこら辺・・・世良様だってただの暴れん坊ではなくってみたいな所を想像して描くのが脚本家様の真骨頂なのではないかしらねええ~え。
あ、それから勝っつぁん事勝先生のしたたかさもおお!
2013年06月11日 21:29
鹿二郎様、こんばんは~。
お行儀が悪いっていうか、下品にも限度があるでしょおおお!って、思わず私、テレビをつかんで揺さぶってしまいました~。
いつぞやの龍馬伝では正義の救世主みたいに見えていたんですけど、長州藩~。ただまあ、彼のあの行動にも、それ以前の血みどろの悲劇があるわけで、そこん所を、ねええ、ちょっとでいいからダイジェストでもいいから描いといて欲しかったかなああ。
敵方を貶めて描いて、貶めすぎて何だか興醒めみたいな顛末の多い昨今の大河ドラマ・・・みたいな・・・
出遅れた会津藩!こうしてみるとやっぱり、モビルスーツの性能の違いが戦力の決定的な差だったんですよ!
それとやっぱりほら、沖縄とか対馬とかを通じて異国と密貿易!これが国力の決定的な差を作ってしまったんでしょう!徳川幕府だって薄々感づいていたんでしょうにねええ~。
鹿二郎
2013年06月12日 00:55
こんばんは。
薩長とも密貿易をしてましたが、長州は、馬関海峡の船の通行税、薩摩は奄美大島の砂糖の専売と、何と言っても”贋金作り”が物を言ったかと。会津藩も贋金作りに手を染めてましたが、会津は財政再建が目的のようでしたし、一方薩摩は財政再建+余剰金の溜め込みが主目的でした。

 密貿易ですか、徳川幕府は気付いていたようですが、薩摩は密貿易の証拠は掴ませず、公儀隠密は残らず摘発、国外追放と見せかけ、国境付近で残らず皆殺しにしていたようです。中には生きて帰った凄腕の隠密もいたそうですが。

しかし、薩摩の面白いのが、500万両(4000億)に上る債務踏み倒しの際、(実際は廃藩置県まで毎年2万両だったと思いますが返済し続けました)幕府に抗議が上ってもいいよう、10万両(80億)のお金をばら撒いて幕府を骨抜きにした手腕。
後の戊辰戦争の勝敗の明暗は、こういう点にあったかと。
2013年06月12日 20:22
鹿二郎様、こんばんは~。
密貿易っていうと・・越後屋おぬしも悪よのうっていう鉄板のアレが脳裏に浮かんでしまいますが、
でもでも世界の趨勢はグローバリズム!でしたか!
もうちょっと早く、薩長の鼻を明かすぐらいに早く開国して、国の代表となって貿易を推進して全ての富を手中にするようなアレがあったなら・・・
ってのは取らぬ狸の皮算用?っていうか、賄賂をもらってお目こぼしをした時点で勝敗決定!なんでしょうねえええ~。

この記事へのトラックバック