真田のよもやま話

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK大河ドラマ「平清盛」第37回「殿下乗合事件」

<<   作成日時 : 2012/09/23 20:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 13 / コメント 6

自分のやりたいことをやりたいように進めてらっしゃる清盛様、まさにこれわが世の春なり〜。でもその陰で何から何まで思い通りにならず胃潰瘍にでもなりそうな苦いお顔なのが何を隠そう跡取りの重盛様!そしてそここそが平家のウィークポイントだと見通してしまったハイボール番長の基房様。風雲急を告げてまいりました。今週はもうもうもうもう、栄華を誇る清盛様の足元が揺らぐ大事件が起こるのかもおお〜〜〜?

本日のアバン〜〜〜。博多のにぎわい宋貿易、若き日の清盛様と西行様。日宋貿易こそ我らが誓い!行けよ行け行け清盛様!の前に立ちはだかる貴族蓮!大輪田の泊りの俯瞰CG、分かり易く表現されてました。でもあの、若い頃のそういう覚醒を今一はっきりと描いてこなかったのが何ともはや〜〜〜・・・いえ、一本の映画ならこれで良いんですけど、悲しいけど連続ドラマなのよね、これええ〜〜〜。

 伊豆の政子様・・・相変わらず弓矢がお好き。父上の時政殿は戒めますが・・・。お茶目だなああ政子様。ってなところに頼朝様ご降臨!時政さまの所になら来れるって?引き籠りの若様が?いつぞやの三老人がやって来て!うわああ、すごい取り合わせだなああ。清盛様の動向などを話し合う、サロン・ド・三ジジ放談?その末席にちょこんと座っちゃいましたよ頼朝様、身分を隠したまま。コミカルに軽やかに見守っているのは無論オムロンダイアポロンの政子様〜。

 福原の清盛様は何だか豪華になりましたね!宋の偉いお坊さん・・かと思いきや!いつぞやの博多の商人?豪華な衣装になりましたね!高そうな天目茶碗でお茶を飲ませて、日宋貿易の具体的な申し入れ!宋の黒幕は呼べませんと尻込みする宋商人を兎丸殿が脅かして!盛国殿がちょっと宥めて!それでもうまくいかないと見るや清盛様が最後通告!そればかりはご勘弁!ってな弱気を見せて!申し入れの段取りが出来てしまいました。トリオ・ザ・ヤクザ!?
 何を贈るか話し合うトリオ・ザ・ヤクザ、金にしましょうと兎丸殿、奥州の金!藤原秀衡様ですか!秀衡様に官職を与えて金を差し出させる算段です。清らかで豪華なお館と、清盛様の真っ赤な衣装が印象的でしたねええ。
 さっそく重盛様が使いっパで公卿に申し入れてますよ!ほんと〜〜に使いっパ!渋る一同を代表する基房様ですが、重盛様は何とかご一同を丸めこまれまして候。
 奥州の秀衡様、京本政樹様ですか!これまたなんともお若い!いつまでもお若い!目張り塗り過ぎ!で、秀衡様からの貢物も得て宋へのプレゼントが整いました清盛様。ようやく面白き事が出来ておるのだとちょっとシミジミ〜〜。でも国と国との取引で無ければ宋人の元締めは出てこない?ううう〜〜〜ん・・・
 え、今度は法皇様の後白河院様を担ぎ出すの!!宋の使者と対面させるって!それは難しいでしょう・・・ってなところに時忠様!そんなの簡単?いやああ、言いますねええ。で、宋から奥州に使わす赤い鳥の羽に注目?
 時忠様ったら、まあ私にお任せあれと・・・。大丈夫かなあ。あらさっそく後白河院様の御前に!しかも赤い鳥の羽!これ見よがしに見せびらかせて!募金ですか!?募金の強要ですか?違う?ううう〜〜む
 さっそく赤い羽根に注目して、それはなんじゃと興味を示された後白河院様!さように赤い鳥がおるのか?宋にはおるのです、ほれこのようにと真っ赤な鳥の羽をいっぱいつけた衣装の踊り子の童を招き入れて、法皇様はますますもって興味津々新之助!
 この鳥に興味がお有りなら、近く福原に宋人を招きますので法皇様直々に宋人にお尋ねになればと申し出れば、負けず嫌いの法皇様は俄然行く気満々!それは異例の事ですと成親様、そしてそれは清盛入道の企みですぞと西光様がご注意すれば、なおの事敵対心から乗り気になる後白河新様!なればこそ面白いのじゃ・・・
 してやったりの清盛様、さっそく相の商人に、国と国の取引として申し入れるのだと申し入れられまして候。

 清盛様が小賢しいと怒り心頭のセッカンブラザーズ!とくに兼実様は苦虫毛虫。なんとしても叩き潰してくれるわと不敵な基房様でした。
 重盛様のお子様は弓の修業が不得手なご様子。忠清殿は手を焼いてますねええ。これがつまり、武士ではなく貴族化していて戦に負ける伏線ですか・・・。
 夜遅く文を読む重盛様、妻の経子様も寄り添ってらっしゃる。激務ですねええ棟梁職!でもうらはらに実に平和な夫婦のご様子。この映像を持ってきたって事は、それをひっくり返すような事件が・・・?経子様は実に可愛らしい表情でらっしゃいましたねええ。そしてこういう夜の灯りのシーンは大河ドラマお得意になった感じです。
 重盛様が見かけた家中の者の首にかかった赤い羽根。アレは何かと尋ねれば、時忠様のご郎党に流行っている由。つまりこれが時忠様の家来のしるしなんですか、こんなにわざとらしい演出は、きっと後々なにかあるっ!?

 重盛様のお子様である資盛様の鷹狩のお帰りの行列にかち合った摂政基房様のお輿。相手は摂政様ですが構わぬ進めと居丈高な資盛様、許すまじと怒り心頭基房様。あああ!乱暴狼藉!幼いお子様に!不躾な振る舞いがあったとしても、相手はお子様ですのに〜〜〜。
 兼実様は慌てふためいてますが、基房様は涼しいお顔。平家の輿と知っての事じゃ?知った上で思い知らせてやったのじゃ?重盛は入道様と違い何事にも筋を通そうとする、きっと何も言えまい。うああああ、お茶目な悪人顔!っていうか読み勝ち?
 これは余りの仕打ちと浮き足立つ平氏一門。お顔に擦り傷作って資盛様。重盛様のご裁断は、礼を欠いたのは資盛の過ちだと・・・この一件を訴え出る気はないようです。そんなところに摂政様からのお使いが来られて、資盛様の輿を襲った手下を罷免しますとご報告・・・いやいやそんな事は不要ですとおっしゃる重盛様。有職故実って言うんですか、前例踏襲身分をわきまえて秩序ある振る舞いを通そうと言う重盛様です。なんかもうまじめ過ぎ?

 なるほど重盛らしい裁断じゃと清盛様。誠に公明正大とほめそやすのはやっぱり盛国殿。しかし正しすぎるのは間違うているのと同じですと時忠様。なにか腹に一物・・・?
 福原にいよいよ後白河院様ご降臨、清盛様が招いた宋人とご対面です。これで清盛様の日宋貿易は国と国との取引であるという形をむりくり作ってしまいました。後白河院様の分からぬ宋の言葉で直接やり取りをする清盛様はやりたい放題。宋からの贈り物はクジャクの羽のウチワ!目を輝かせる後白河院様!珍しや珍しや〜!法皇様ごっきげん〜〜〜♪

 前代未聞の法皇様の外人接待、浮足立つ公卿蓮。ひとり落ち着き払っているのはやっぱり基房様。騒ぐでない、また輿でも襲うてやればよい、どうせ重盛は何も言えん。清盛様不在の内に平家の土台を叩き壊してやるのだ〜〜〜!ひゃはっははは〜〜〜!いい気になってますね!一瞬モヒカンに見えましたよ基房様!っていうかいい味出されてますねえハイボール番長。

 清盛様、盛国殿、そして時忠様、仲良く夕飯をご一緒してます。京に憂いを残しとうないのだと清盛様がおっしゃれば、自分のお役目を察した時忠様。さてその役目とは・・・?

 先だっての振る舞いに仕返しをする気のない重盛様。宗盛様が、兄上はお怒りにならぬのですかと問い詰めれば、棟梁たるもの私心によって物事を決めるわけにはまいらぬと、法治主義の権化でらっしゃる重盛様。でも資盛様の心は深く傷ついちゃったご様子!こんなとこにも亀裂のヒビがっ!
 徳子様が時子様と琵琶のお稽古。一瞬の平和って感じですね。そして挟まれる基房様のお輿のシーン。いい気になって歌ってらっしゃる基房様。うあ!にわかに騒然!なになに!なにが起きたの?覆面集団の襲撃!恐れおののいて悲鳴を上げる基房様!どんどん家来が蹂躙されてます!おゆおゆおゆおゆ、お許しを!乱暴狼藉のやり返しですかあああ!!
 重盛様には青天の霹靂?みんなが自分を怖がって?申し訳ござらぬと泣いてお詫びする基房様。そなたではないと申すか?と問い詰める兼実様。つまりあれですね、基房様の輿を襲ったのが重盛様の配下だと思ってみんな恐れおののいてらっしゃる!
 重盛様が犯行現場に行ってみれば、そこには例の赤い鳥の羽・・・時忠様かあああっ!つまり父の命を受けて叔父がやったことだと丸わかりになっちゃいました!
 福原で優雅に双六をなさってらっしゃる清盛様と時忠様。いやらしい含み笑いよ!京で傷心の重盛様。一門は件の犯行は重盛様の御下命であると思って大喜び!重盛様の胸中は複雑ですねええ。しかもこれ全て清盛様の掌の上で・・・。
 あ、重盛様乱れてる!誰にも当たれなくてモノに当たってる!イケませんねえええ。いじましくも惨めに一人で暴れている重盛様をあやすのは妻の経子様唯ひとり。私がまちごうておったと?いいえ、いいええ!父が偉大過ぎて心労なんですねえ重盛様。あそびをせんとや〜のモノノケのテーマが響いて、清盛様の後ろ姿が映し出されて、重盛様の嘆き全開。

 赤い羽根募金の童子様が押し通る京の町中、カムロっていうの?平家を悪くいうモノを告発する集団なんですか。なんだか平家独裁?
 ってな京の現状を憂えている伊豆のトリオ・ザ・三ジジ放談です。炉端焼き居酒屋の時政亭は相変わらずご繁盛。平家の天下になってしまった、そもそも平治の戦が過ちであった、義朝様になど従うのではなかった云々カンヌん。ここにいるのが頼朝様だと知らないから言いたい放題です。
 でも頼朝様にわかに存在感を打ち出しちゃって、源氏は滅びぬ、我が身は滅びても源氏の魂は断じて滅びぬと涙ながらの宣戦布告?ってところまではまだ行ってないにしても、なんだかちょっと生き返った感じの佐殿頼朝様と、それを可愛らしく見守る政子様なのでありました〜〜〜!

 本日は重盛様の窮状もさることながら、基房様の百面相が印象に残りましたねええ〜。二枚目の方が間の抜けた悪役をなさるとホントにもう、役得!っていうかなん中華・・・。それと物語の進行は頼朝様が仕切ってるっていう雰囲気がきっちり見えた構成でしたねええ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「平清盛」第37回
父上には、なれない… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2012/09/23 20:43
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男37清盛は後白河法皇に宋の使者と対面を実現させ基房の報復に対して報...
大河ドラマ「平清盛」第37話は清盛が宋との貿易を本格化させるために後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会させる事にした。後白河法皇の説得には時忠があたり珍しい物好きの後 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2012/09/23 21:05
【平清盛】第37回
1170年、清盛(松山ケンイチ)は後白河法皇(松田翔太)を福原に呼び、宋人と会わせる。 治天の君が京を離れ、外国人と会うという前代未聞の行いに、貴族たちは驚がくする。 そんな折、重盛(窪田正孝)の... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2012/09/23 21:18
貴族のねたみ 〜平清盛・殿下乗合事件感想〜
日宋の貿易を本格的に行おうとする清盛。 それには金が必要と考え、金の多い奥州の藤原秀衝を鎮守府将軍に懐柔したりと、やることやってる。 続いて時忠に頼んで後白河法皇を懐柔。 時忠は弁が立つからねえ... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2012/09/23 21:52
【平清盛】第37回視聴率と感想「殿下乗合事...
【第36回の視聴率は、9/24(月)追加予定】「殿下乗合事件」奥州の藤原秀衡役の京本政樹さん、化粧、ちょっと濃すぎでは?(^^;)まるで宝塚みたいでした(^^;)平家の皆さん、... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2012/09/24 09:22
平清盛 第37回「殿下乗合事件」★基房(細川茂樹)「お許しを〜〜」
『平清盛』第37回「殿下乗合事件」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2012/09/24 11:49
平清盛 第37回「殿下乗合事件」
今週も一日遅れで 大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2012/09/24 13:08
『平清盛』 第37話「殿下乗合事件」
 清盛の孫と摂政・藤原基房の御輿が睨みあい。  筋としては摂政を立てるべきで、清き心、正しき心の重盛は摂政の顔を立てようとする。  基房もその重盛の性格を考えた上で、御輿を襲った。  ただ、年端もいかぬ子どもに暴力を振るうとは、仮面ライダーにあるまじきの... ...続きを見る
英の放電日記
2012/09/24 13:09
「平清盛」 第37話「殿下乗合事件」
福原で貿易を開始するために 宋の権力者を懐柔すべく画策する清盛-- まずは献上品作戦にて福原に呼び寄せることに成功。 珍しもの好きの法皇をも赤い鳥の羽で呼び寄せて--- 2人の謁見を成功させた清盛は... ...続きを見る
shaberiba
2012/09/24 21:32
「平清盛」 第37話「殿下乗合事件」
福原で貿易を開始するために 宋の権力者を懐柔すべく画策する清盛-- まずは献上品作戦にて福原に呼び寄せることに成功。 珍しもの好きの法皇をも赤い鳥の羽で呼び寄せて--- 2人の謁見を成功させた清盛は... ...続きを見る
shaberiba
2012/09/24 21:32
大河ドラマ 「平清盛」 #37 殿下乗合事件
清盛のあと、重盛がしきる平家。 でもいろいろゴタゴタがあるようで…。 そして藤原秀衡登場。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2012/09/24 22:30
平清盛、主犯は重盛!!
殿下乗合事件(でんかのりあいじけん) 後の人がこう名付けたのでしょうが、何とも安直な呼び名です。 殿下とは摂政・藤原基房のことですね。 乗合とは一般的には不特定多数の人が同乗する事ですが、貴人 と出会った時に降りずに乗ったままでいる事も乗合と言うそうです... ...続きを見る
函館 Glass Life
2012/09/25 10:10
平清盛 第37回感想
9/26追記:このドラマに関して、いつもTB等でお世話になっておりますくうさんのところで紹介されていた「平家物語の女性たち」を読みました(^^)感想を書きましたので、よろしければこ... ...続きを見る
みやさとの感想文と(時々)感想絵
2012/09/26 16:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まるで中国系マフィアのような平家の仁義なき所業、そして公家の皆さまの顔芸大会でしたねえー(汗)細川さま、ノリすぎですwガマンしすぎて荒れる重盛くんを黙って抱きしめる経子ちゃん。現代の悩める重盛な中間管理職パパさんたち涙腺崩壊ですよー(;ω;)
りらく
2012/09/23 22:52
りらく様、いらっしゃいませこんばんは〜♪
マフィア!なるほど!ゴッドファーザーの跡を継いで苦悩するジュニア・・・は、まあ、最後が随分孤独でニヒルでしたけど、
我らが平家のジュニア様にはいったいどういう運命が待っているものかと、いえ大体わかっているだけになおさら涙!涙!
細川様はもう全く乗りすぎ!京本様はもう全く盛りすぎ!兼実様も経宗様も、今宵はずいぶんご活躍でした〜。
真田
2012/09/24 00:00
来週の、入道相国さまは悪そうなお顔でしたね。どこかで見たような。笑
鹿二郎
2012/09/24 02:54
鹿二郎様、いらっしゃいませこんばんは〜♪
予告編の最後の三白眼!悪い顔してますねええ〜!
冷や汗が出るくらい!とうとう清盛様の本当の野望が次週明らかに?
上り詰めた眺めを見てやろうという・・・怖いなああ。
源氏方の方はすっきりとかっこいい定番のエピソードが登場しそうですし、
いやほんとに!破滅の足音が聞こえてくるような感じで!
もしかして最後には往年の白川院様のお姿とオーバーラップした清盛様になってしまうのかも・・・
真田
2012/09/24 19:21
おととい書き忘れましたが、重盛さまの悲痛なお顔が、かって、白河院様に譲位を迫られた際、または白河院様と待賢門院様の密事に苦悩しておられた鳥羽院様にも重なりますね。
鹿二郎
2012/09/26 06:03
鹿二郎様、二回り目、いらっしゃいませ〜〜〜♪
・・・なんだか函館の朝市みたいでしたか?(汗)
重盛様と鳥羽院様、どちらも偉大な先達に頭を押さえつけられて汲々と・・・お気の毒でお気の毒で。
でもそういいながらも重盛様、いいお顔になられましたね!
最初のころは誰が誰やらワケワカメだったご一門の方々もちゃんとそれぞれ役どころのキャラが飲み込めてまいりました。
来週はまたまた清盛様の奇想天外傲岸不遜な行動に振り回されまくる中間管理職なのかしらねええ、重盛様〜〜〜。
真田
2012/09/26 19:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK大河ドラマ「平清盛」第37回「殿下乗合事件」 真田のよもやま話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる